« 「お手軽小鍋料理」 | トップページ | 「スガキヤ 特製ラーメン」「初午」、そして「山廃純米 飛良泉」 »

2017年3月 3日 (金)

「しず花」、そして、「気分ほっこり「高木の甘酒」」

゜+*:;;:*゜+*:;;:* ひな祭り*:;;:*+゜゜+*:;;:*

((||))  [∩]      ≦Ж≧  ((||))
 ▽   (*^_^)     ('-'*)   ▽ 
 ||  
|@|п|@|    「つп//ヽ  || 
 || <彡!人!ミ>  ム彡!人!ミハ  || 
 △ [田田田田田田]  [田田田田田田]  △ 

 ゜+*:;;:*゜+*:;;:* ひな祭り*:;;:*+゜゜+*:;;:*

 今日は、3月3日、「耳の日」、「上巳の節句(ひな祭り)」。
【タラモピンチョス】(1個32kcal)
ひな祭りのパーティーメニューにいかが?
『材料』(8個分)
・じゃがいも・・・1個
・たらこ(薄皮は除く)・・・30g
・プロセスチーズ(薄切り)・・・4枚(30g)
・粉チーズ・・・大さじ1
・きゅうり・・・適量
『作り方』
①じゃがいもは皮をむき、厚さ1cmの半月切りにする。チーズは半分(3cm四方ほど)に切る。
②耐熱のボウルにじゃがいもを入れ、ラップをふんわりとかけて電子レンジで3分加熱する。熱いうちにつぶし、たらこと粉チーズを加えて混ぜ合わせ、1/8量ずつ一口大に丸める。
③チーズの上に②をのせ、きゅうりをピラーで削ってひだ状に折りたたんでのせ、ピックで刺して留める。
※食べる時はピックに気をつけて。

 以前の「クックマート」の折り込みチラシより、「気分ほっこり「高木の甘酒」」の引用♪
 三月三日ひな祭りは、女の子のすこやかな成長を祈る年中行事です。ひな人形に桃の花を飾ったり、白酒などを美味しく頂いたりして成長を祝う節句の行事です。最近では、白酒よりもお子さんが飲みやすい甘酒を召し上がる方が一般的となっています。そこで、愛知県田原市のおいしい甘酒、仲神商店の「高木の甘酒」をご紹介します。この甘酒は保管方法は要冷蔵となっています。なぜなら、一切の添加物を使わず全て手造りで、生きた米こうじを使用しているからです。飲めば甘くてコクのある濃厚な味わい。真っ白なお酒と桃色の花びらのコントラストが想像しただけでも美しいです。ひな祭りにはご家族で温かい甘酒などはいかがでしょうか?気分をほっこりさせてくれること間違いなしですよ。
http://cookmart-blog.com/index.php?id=109

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 なぜか、この歴史的な曲に応援団の三三七拍子を連想してしまう。ザ・スパイダースの「フリフリ」である。「ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ」のリズムのせいか
▼日本のロック音楽の「起源」には諸説ある。一九五五年、江利チエミとダークダックスが「ロック・アラウンド・ザ・クロック」を日本語で歌ったことを挙げる人もいるが、日本語によるオリジナルの歌詞と楽曲という点では、六五年発売の「フリフリ」を大きな第一歩と考えても差し支えないだろう
▼その曲を作詞作曲した「日本のロックの父」が亡くなった。ムッシュかまやつさん。七十八歳。グループサウンズ、フォークソングから、懐かしき「バイタリス」のCMまで、幅広い世代がその独特の声を忘れまい
▼当時のスパイダースは海外アーティストの曲が発売されるとわずか数日後にはステージで演奏して聴かせていたと、若き日に魅了されたギタリストの山口冨士夫さんが書いている。かまやつさんの情報収集力と「耳」の力が興奮と熱狂の音楽を若者に教え、伝え、やがて暗く湿っぽかった「日本の歌」を大きく変えた
▼「フリフリ」の耳に残る「ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ」はムッシュの日本のロックや新しい時代に向けた、「応援歌」だったのかもしれぬ
▼音楽性、時代センス、お人柄。三三七拍子ならぬ三拍子そろった「良き友」がステージを今降りた。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017030302000117.html

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「静岡県 熱海」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<熱海梅園>入園料 300円
 約60品種 500本の梅が咲き誇る
・蠟梅(ろうばい)
・梅ゆかり(金粉が入った梅茶)
♪ ロマンス 岩崎宏美(1975年)
<小沢(こさわ)の湯>
 温泉卵を作る。(7~8分)
《天神酒店》
・卵 1個 30円
《レストラン スコット》
・ビーフシチュー 3,348円
*あたみ桜
 明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた寒桜のひとつ。
♪ 桜三月散歩道 井上揚水(1973年)
「熱海サンビーチ」
・貫一お宮の像
 尾崎紅葉の小説「金色夜叉」の名場面を再現。1897年、新聞小説として連載。
 貫一の婚約者 お宮が結婚を前に、大富豪の元へ。激怒した貫一が熱海でお宮を問いつめ、蹴り飛ばすシーンが有名。
 小説の舞台を見ようと、観光客が押し寄せた。
<市外通話発祥の地 熱海>
 明治時代、政治家や政府高官が療養に訪れる。熱海の内務省施設から、東京へ連絡するために電話回線が敷かれた。
<大湯の源泉>
<熱海温泉 日航亭大湯>入浴料 1,000円
 家康は2度、大湯にて入湯。その後、毎年数回 江戸へお湯を運ばせていた。
『諸国温泉功能鑑』(1817年頃)

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1041160/

 「昼めし旅」は、「セカンドライフスペシャル」で「韓国 済州島」。12/5の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
★太刀魚煮付け 36,000ウォン(約3,600円)
・トルハルバン:住民を守護する石伸
<テフン里 競売場>甘鯛の村(昔から質のいい甘鯛が獲れるので)
☆高級魚 甘鯛 1kg 7,000円
《オクドム・マウル》
・甘鯛鍋
①味が染みるように甘鯛に切り込みを入れる。
②水の入った鍋の中に入れる。沸騰したら焼き塩で味付け。
③千切りにした済州島の大根を入れる。10分ほど煮込む。
④刻んだ唐辛子、ネギを入れる。
・カニのおかゆ
①カニを潰す。コンブ出汁に入れる。
②鍋にお米を入れ、漉したカニの出汁を加える。
③ごま油と塩を入れ、15分ほど火にかける。
・カニの醤油漬け
・ニンニク醤油漬け
・もやしナムル
・大根のピリ辛和え
・湯豆腐
・ニラキムチ
・キムチ
・かぼちゃの煮付け
「タウンハウス」<キム家>
 エリア内に同じような家をいくつか建て町のようにする。今、済州島へ移住してくる人たちに人気。
・ウニ入りスープ
①鍋にワカメを入れ、ごま油を少し加え、しょうゆ少々入れ、軽く炒める。
②水を入れ、ウニを入れる。刻みニンニクを入れる。
③塩で味付け。
・シャコと野菜のバター炒め
①鍋にバター、オリーブオイルを入れ、刻んだキャベツ、ニンジン、紫タマネギを炒める。シャコを加える。
③すったニンニク、塩、コショウで味付け。
 サンチュにタチウオの塩辛と一緒に巻いて食べる。
・うずらの醤油煮込み
・唐辛子と牛肉の醤油漬け
・手作りキムチ
・アワビの醤油漬け

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1017488/

 「スガキヤ」では、3月4日、5日に「スーちゃん祭」として、いろいろ半額になるらしい!!!
http://www.sugakico.co.jp/

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。
★★☆『【ポン・デ・リング1個無料クーポン!】楽天スーパーSALE×ミスタードーナツ特別クーポン  』 ☆★★
 期間:2017年3月4日(土) 19:00から2017年3月9日(木) 01:59

http://m3.rakuten.co.jp/campaign/supersale/20170304/other/misdo/%253fl-id%3dss-pre_pc_top_cp_misdo01%26scid%3drm_191968/-/6/444g/bavyo/5/76mi0/
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。
◎5,000円以上の商品と同梱で99%OFF!
『本格派やきとり丼(200g入)』

http://m3.rakuten.co.jp/suigodori/vip-yt/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/bauey/3/76mi0/

「しず花」、そして、「気分ほっこり「高木の甘酒」」

 今日の仕事は、外に出る・・・「つくし」が出ているじゃあありませんか!!!もう、春ですね!!!

「しず花」、そして、「気分ほっこり「高木の甘酒」」

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅して、まず、頂いた「いちごの滴」190円で一杯♪これって、日本酒が合うんじゃないの!!!

「しず花」、そして、「気分ほっこり「高木の甘酒」」

 これって、予約待ちでなかなか手に入らない逸品ですよね!!!
 食べると、やっぱり美味しいねぇ~↑↑↑

 ここで、ちょっと前のオマケの新聞より、引用♪
師走の味覚「いちごの雫」発売 新春祝い菓子「花びら餅」も発売
 季節に応じて四季折々の和菓子を作り続けるお店「しず花」。師走のにぎわいとともに、人気和菓子2題の発表です。
 「花びらのごとくうすい餅、穏やかな味噌味、ごぼうの風味・舌触り、初春にそっと差し出す和の心『花びら餅』」を新年のごあいさつにどうぞ。12月中旬から1ヵ月の期間限定です。
 また、冬季限定「いちごの雫」発売の時期となりました。採れたてのいちごを丸ごと1個使い、いちご餡と求肥で包んだ高貴な味わいは、見た目も愛らしく、特に女性には大人気の商品です。
「しず花」
浜松市西区舘山寺町2335
(静銀舘山寺支店前の交差点を西へ10m)
TEL 053(487)6256
営:9:00~19:00
休:月・火曜日(年末年始は12月30日~1月3日まで連続営業)
 4月から月曜日定休

https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22010474/
http://sax.hamazo.tv/e6480128.html

「しず花」、そして、「気分ほっこり「高木の甘酒」」

 それから、先日、100g108円で買った「かつおのたたき」283g305円のもの♪「新タマ」が薬味(^^♪
太平洋産刺身用かつおたたき(解凍)
 「たたきのたれ」が付いている!
株式会社 鈴勝
静岡県焼津市吉永1915

 それに、「ゆで花やさい」と、昨日の残りの「おじや」かな・・・♪♪♪

本日のカウント
本日の歩数:11,110歩
(本日のしっかり歩数:3,593歩)
本日:56.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「お手軽小鍋料理」 | トップページ | 「スガキヤ 特製ラーメン」「初午」、そして「山廃純米 飛良泉」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64965686

この記事へのトラックバック一覧です: 「しず花」、そして、「気分ほっこり「高木の甘酒」」:

« 「お手軽小鍋料理」 | トップページ | 「スガキヤ 特製ラーメン」「初午」、そして「山廃純米 飛良泉」 »