« 「浜松総合庁舎 10F 食堂」、そして「キングコング 髑髏島の巨神」 | トップページ | お酒に合うサラダ »

2017年3月28日 (火)

「いただきます ショウガでぽかぽか」【鶏肉のショウガ焼き】

 今日は3月28日、「三つ葉の日」、「三ツ矢サイダーの日」。

 「アサヒ飲料」より、メール。「「三ツ矢サイダー」詰め合せをプレゼント!」の案内♪
http://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/campaign/mail/170328/
 「ごちそうカントリー」のプレゼントに応募↑↑↑
 でも「InternetExplorerが動作を停止しました」なんて、出た!応募できたのだろうか???
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScR8UAqiKSWXZfooM1V4OqScvAsx75ZvoIKufMIH1Poc2MsVQ/viewform?c=0&w=1

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「絶対オススメ!東京の桜の名所を巡る旅」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
「駒込」
<都立庭園 六義園>入園料300円
・しだれ桜:樹齢 約60年のエドヒガン 高さ15m、幅20m
♪ さくら ケツメイシ(2005年)
*《吹上茶屋》
・お抹茶セット 510円
《こうさぎ》
・しだれ桜餅 250円
 桜餡を求肥で包み、塩漬けの桜を飾る
<JR駒込駅>
・さくらポスト
*ソメイヨシノ発祥の地
 ソメイヨシノは伊藤伊兵衛正武(政武?)という植木師が、桜のエドヒガンとオオシマザクラを交配した。
<藤林山 西福寺>
*「染井之植木屋」北尾正美(1803年)
・西福寺前の桜並木
♪ チェリー・ブラッサム 松田聖子(1981年)
<豊島区立駒込小学校>
 駒桜(ソメイヨシノ)駒込地区の開花標準木。樹齢約70年。
<豊島区立染井よしの桜の里公園>
・カワザクラ
♪ 桜の花びらたち AKB48(2006年)
 エドヒガン、オオシマザクラ
《東京染井温泉 SAKURA》入館料 1,296円
・(春限定)Sakura 海老天重 1,200円
「北区 王子」
《寿し屋のやすけ》
・いくら手巻き 270円
<飛島山>標高25.4m
♪ 桜坂 福山雅治(2000年)
・コヒガン:小さめの花びらが特徴。3月中旬に咲く。
 ソメイヨシノを中心に、650本が咲いている。
※徳川吉宗が江戸庶民に花見を推奨。江戸の各所に花見どころを整備させた。
<北とぴあ>
・17階展望ロビー
 入場無料で飛鳥山を見下ろせる。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1048078/

 「昼めし旅」は、「ご当地ならでは!びっくり食材SP」。1/4の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
「山口県 長門市」
 東後畑棚田(ひがしうしろばた)、元乃隅稲成神社(もとのすみいなり)
<北下家>
*田屋なす:重さ500g、長さ30cm以上のものは「萩たまげなす」という名で流通
・田屋そうめん
①田屋なすの皮をむき、縦に切り、スティック状にする。お湯の中に入れ茹でる。
②流水にさらして、ぬめりを取り、お皿に盛る。天つゆをかける。
・田屋なすびステーキ
①輪切りにしたナスを、サラダ油をひいたフライパンへ。
②5分ほど蒸し焼きにする。
・栗ご飯
「北海道 登別市」
 登別温泉、地獄谷
<藤崎わさび園>わさび棚
・鮭児の刺身
①鮭児(けいじ)をさばく。
②背中の部分は、お刺身にする。(半分凍ったルイベでいただく)
③本わさびをする
・鮭児の塩焼き
①ハラミの部分は、塩焼きにする。
・レンコンのきんぴら
①砂糖、醤油、みりんで味付け。
・自家製わさび漬け
「福井県 小浜市」
 越前ガニ、恐竜の化石発掘数 日本一
《民宿 かどの》かどや丸
・メカブのとろとろ
①メカブをさばく。
②よく洗い、熱湯で茹でる。包丁で叩く。
③醤油をたらして、よく混ぜる。
・ヘシコ(サバに塩を振り、ぬか漬けんした郷土料理)
①ヘシコのぬかをとり、薄切りにする。
・茎ワカメのきんぴら
・もずくの天ぷら

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1025277/

 今日の仕事・・・「申込用紙」の請求!
http://www.eiken.or.jp/eiken/

 仕事を終え、帰宅して「鶏肉のショウガ焼き」で一杯♪タレに蜂蜜を入れるといいかもしれないな・・・。
「いただきます ショウガでぽかぽか」【鶏肉のショウガ焼き】

 鶏肉は、ちょっと前に100g41円で買った「国産 鶏ムネ肉」!

「いただきます ショウガでぽかぽか」【鶏肉のショウガ焼き】

 デザートは、頂いたお菓子♪
Chocolat

 ここで、「生姜料理」のレシピの引用♪
 2017年1月8日の朝刊「いただきます ショウガでぽかぽか」は、【砂肝とゴボウのショウガ炒め】(122kcal)。
『主な材料』(2人分)
・砂肝・・・100g
・ゴボウ・・・1本(150g)
・ショウガ・・・小1かけ(10g)
『作り方』
①砂肝は洗って、硬い部分と青白い薄皮をはがす(手ではなしにくければ、包丁でそぎ落とす)。薄く切る
②ゴボウは皮をこそげて、縦半分に切り、4~5cm長さの斜め切りにする。水にさらしてざるにあげ、水気をきる。ショウガはみじん切りにする
③フライパンにごま油大さじ1/2を中火で熱し、香りが出たらゴボウを炒める。ゴボウが透き通ったようになるまで炒めたら砂肝を加え、色が変わるまで炒める
④ショウガをさっと混ぜ、塩・こしょう各少々で調味する。

 2017年1月9日の朝刊「いただきます ショウガでぽかぽか」は、【豚肉のアップルジンジャーソテー】(355kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚とんかつ用肉・・・2枚
・リンゴ・・・1/4個
・ショウガ・・・15g
・はちみつ・・・大さじ1
・クレソン・・・2本
『作り方』
①リンゴとショウガはすりおろし、しょうゆ大さじ1と」1/2、はちみつを合わせ、たれを作る
②豚肉は筋を数ヵ所切り、塩・こしょう各少々をふり、かたくり粉大さじ1/2をまぶす
③フライパンに油小さじ1を温め、盛りつけたときの表が下になるようにして肉を中火で焼く。焼き色がついたら裏返し、酒・水各大さじ1を加えてふたをし、2~3分蒸し焼きにする
④①を加えてからめる。器に肉を盛り、たれをかける。クレソンを添える。

 2017年1月10日の朝刊「いただきます ショウガでぽかぽか」は、【ショウガワンタン】(306kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚ひき肉・・・100g
・白菜・・・100g
・ニラ・・・1/2束
・長ネギ・・・1/3本
・ショウガ・・・20g
・ワンタンの皮・・・24枚
・ポン酢しょうゆ・・・適量
・ラー油・・・適量
『作り方』
①白菜はみじん切りにし、塩小さじ1/4をふり10分おき、水気をしぼる。ニラ、長ネギはみじん切りにする。ショウガの半量はすりおろす
②ひき肉、①、酒・しょうゆ・ごま油各小さじ1、塩・こしょう各少々をよく混ぜ、24等分する
③ワンタンの皮で②を包む
④残りのショウガはせん切りにし、ポン酢しょうゆ、ラー油を合わせる
⑤鍋に湯を沸かし、ワンタンをゆでる。④のたれを添える。③のワンタンは冷凍保存可能。

 2017年1月11日の朝刊「いただきます ショウガでぽかぽか」は、【鶏手羽のショウガスープ】(205kcal)。
『主な材料』(2人分)
・鶏手羽先・・・4本
・ショウガ・・・40g
・長ネギ・・・1本
・ニンニク・・・大1片
・白菜・・・200g
・大根・・・150g
・(あれば)クコの実・松の実・・・各大さじ1
『作り方』
①手羽先は塩小さじ1/2をもみ込み、5分おく
②ショウガは薄切りにし、長ネギの緑の部分とニンニクは包丁の腹で押しつぶす
③鍋に①、②、水700ml、酒50mlを入れて火にかける。あくを取り、ふたをして弱火で20分煮る
④白菜はざく切り、大根は1cm厚さの半月切り、長ネギの白い部分は3cm長さに切る。これらを③に加え、さらに20分煮る
⑤塩少々で味を調え、クコの実、松の実を加えてさっと煮る。

 2017年1月12日の朝刊「いただきます ショウガでぽかぽか」は、【カレイのショウガ煮】(173kcal)。
『主な材料』(2人分)
・子持ちカレイ・・・2切れ
・ショウガ・・・20g
・ミツバ・・・30g
『作り方』
①カレイはうろこを取り、卵に届くくらいに切り込みを入れる
②ショウガは薄切り、ミツバは4cm長さに切る
③鍋にショウガ、水150ml、酒50ml、砂糖・みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ1と1/2を入れて火にかける。煮立ったらカレイを入れ、スプーンで煮汁をかける
④あくをとり、落としぶたをして、中火で15~20分煮る。途中で1~2回煮汁をかける
⑤煮汁を鍋に残してカレイを器に盛る。煮汁が少なければ水を足し、ミツバを加えてさっと煮て、カレイに添える。煮汁をかける。

 2017年1月13日の朝刊「いただきます ショウガでぽかぽか」は、【鶏肉のショウガ焼き】(348kcal)。
『主な材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚(250g)
・ショウガ・・・大1かけ(20g)
・キャベツ・・・2枚
『作り方』
①鶏肉はひと口大のそぎ切りにする
②ショウガはすりおろす。ショウガの1/3量、塩少々、酒小さじ1を合わせて肉につけ、10分ほどおく
③残りのショウガに酒・みりん・しょうゆ各大さじ1を合わせる
④キャベツはせん切りにし、水につけておく
⑤肉の汁気をきり、かたくり粉大さじ1と1/2をまぶす。フライパンに油大さじ1/2を温め、中火で鶏肉の皮を下にして焼く。焼き色がついたら返して弱火で5~6分焼く。③を加えて全体にからめる。器に盛り、水気をきったキャベツを添える。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:3,459歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「浜松総合庁舎 10F 食堂」、そして「キングコング 髑髏島の巨神」 | トップページ | お酒に合うサラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/65077638

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます ショウガでぽかぽか」【鶏肉のショウガ焼き】:

« 「浜松総合庁舎 10F 食堂」、そして「キングコング 髑髏島の巨神」 | トップページ | お酒に合うサラダ »