« 今月のPick UP「あさり」 | トップページ | オニエビとシマエビのおいしいレシピ »

2017年3月 7日 (火)

FreshMarcheNEWS「えび」

 今日は、3月7日、「メンチカツの日」。「味のちぬや」が決めたらしい。
http://www.chinuya.com/chi-h-day.html

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「没後150年 阪本龍馬の足跡と異国文化をめぐる旅」、「長崎県 長崎市」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
・阪本龍馬像
*長崎ランタンフェスティバル:中国の旧正月を祝う春節祭を起源とする冬の一大風物詩。街中が約15,000個のランタンで彩られ、様々なイベントが行われる。
<眼鏡橋>
《匠寛堂》
*カステラ:室町時代末期にポルトガルから長崎に伝えられた。
 五三焼:全卵ではなく、卵黄5、卵白3の製法。
・特製献上五三焼 佳好帝良(かすていら)「天地悠々」 4,428円
<出島ワーフ>
*《朝市食堂》
 イシダイ、野母んあじ(野母崎沖で一本釣り。全長26cm以上、重さ300g以上)
・野母んあじ御膳 4,200円
「龍馬通り」
<長崎市亀山社中記念館>入館料 300円
※海援隊の前身。貿易の仲介や航海訓練を行った。
・天井裏の隠し部屋
 変名:才谷梅太郎
♪ あの日にかえりたい 荒井由実(1975年)
<亀山社中資料展示場>
 近隣に住むボランティア「亀山社中ば活かす会」が運営
《旨いとんかつ海老フライ 文治郎》
※亀山焼:オランダ人に販売する目的で作られた。50年で廃窯となり「幻の亀山焼」といわれる。顔料の藍色が強く、遊び心のある絵柄。
・上ロース定食(150g) 1,500円
 群馬県産クイーンポークを使用。特製 雲仙の塩で頂く。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1042295/

 「昼めし旅」は、「兵庫県 豊岡市」。12/7の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 但馬牛、伝統のそば
《但馬ビーフはまだ 豊岡店》
※但馬牛:和牛のルーツ。松坂牛や近江牛などの素牛。前沢牛や飛騨牛などの品種改良にも使用。神戸牛は但馬牛の上位ランクのもの。
☆メンチカツ 1個 230円
・牛丼
①カルビ、ロース、バラ、ものなどの切れ端を、塩・こしょうで焼く。
②ご飯を丼によそい、千切りキャベツ、サニーレタスを敷き詰め、焼き上がった但馬牛をのせる。
③数種類の香辛料をベースにした特製ソースをかける。
《農村体験館 八平》
☆自炊コース 3000円
☆1泊2食付き 6500円
 農業体験、こんにゃく作りや野菜の収穫など
☆こんにゃく作り体験 1人 1500円
 刺身こんにゃく
・猪汁
①だいこん、にんじん、里芋などを煮て、味噌で味付けする。
②猪肉を入れる。
③白菜、ネギを入れ、ひと煮立ちさせる。
・いもおこわ
・煮物(大根、里芋、昆布)
「但馬の小京都 出石(いずし)」
 出石城跡
《そばの里 大門》挽きたて、打ちたて、茹でたて
☆出石皿そば 850円
 出石焼の小皿を使用
・鴨ネギ炒めそば
①鴨のスジや残った部分、ダシを取ったシイタケを醤油漬けしたもの、ネギと一緒に炒め、そばつゆのかえしで味付けする。
②そばを茹で、自家製麺つゆをかけ、炒めた具をのせる。
・山菜鴨ごはん
①かえして、鴨、山菜、にんじん、しいたけでご飯を炊く。

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1018055/

 「アサヒビール」より、メール。「アサヒもぎたて」がもらえるらしい!!!
https://www.asahibeer.co.jp/park/cp/170307-170321/
 「日本酒焼酎の専門店 ミツワ酒販」より、楽天メール。「あん肝」が半額!!!
http://item.rakuten.co.jp/mituwa/ankimo-retort-ss/?scid=rm_205145

 仕事を終え、帰宅して「宮城県産 真だら」の「寄せ鍋」で一杯♪
FresMarcheNEWS「えび」

 「遠州きぬ豆腐」を入れる。
生だから旨い
 非加熱西方にこだわった 大豆本来の旨味と甘味を 味わう本格「生」とうふ
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

 デザートは、頂いた「バウムクーヘン」♪
FresMarcheNEWS「えび」

 それに、「手焼き 栗せんべい」(^^♪
全菓博大賞受賞
浜松銘菓
宏和製菓
 山本 広
浜松市西区舘山寺町241の4

 ここで、『くらし良好』2016年12月号の「FreshMarcheNEWS(フレッシュ マルシェ ニュース)」からの引用♪
「えび」
 赤い色が料理に華やかさを添えるえび。背中が丸まった姿が「長寿」に通じると、おせち料理の縁起物としても欠かせません。身がぷりぷりでむきエビとしてもおなじみのバナメイエビ、肉厚で食べごたえのある有頭エビなど、さまざまな種類がスーパーの売り場で手に入ります。
こんな栄養が含まれます。
・タウリン
 イカやえびなど魚介に多く含まれるアミノ酸の一種。
・カルシウム
 健康な骨や歯のために、積極的に摂りたい栄養素。
・キチン・キトサン
 えびの空などに含まれる、動物性の食物繊維。
「えびがもっと好きになる!おいしいコツ&テク」下ごしらえのコツ
・背わたを取る
 殻つきの場合は、殻の間から竹串などで引っ張り出す。殻をむいて取る場合は包丁で背中に切り込みを入れ、取り除く。
・汚れを洗う
 片栗粉と水、塩をまぶしてよくもんで洗うと、汚れと臭みが落ちやすくプリッとした食感になる。
・身縮みを防ぐ
 天ぷらなどにする時は、まっすぐ仕上げるために、腹に5ヵ所ほど切り込みを入れ、上から押さえて身をまっすぐに伸ばす。
・尻尾の先を切る
 揚げものにする時は、尻尾の先を切ると、水けがとれて油ハネしにくい。斜めに切り込むと美しく仕上がる。

☆えび
 有頭エビは頭つきで調理すると、みそ独特の旨みも楽しめます。口あたりが悪くなる背わたは、殻つき殻なしに関わらず、必ず取っ。
【ガーリックシュリンプ】(152kcal)
殻ごとガブリといただける、にんにく風味の一品。
『材料』(2人分)
・有頭エビ・・・6尾(1尾40g)
・ニンニク(みじん切り)・・・1かけ分
・A
 白ワイン・・・大さじ2
 塩、こしょう・・・各少々
・オリーブオイル・・・適量
・バター・・・20g
・塩、こしょう・・・各少々
・レモン・・・適量
・小麦粉・・・適量
『作り方』
①エビは殻つきのまま、背中にキッチンばさみで切り込みを入れ、背わたを取り、Aで下味をつける。
②①の汁けをふき、小麦粉をまぶす。
③フライパンにオリーブオイルを熱して②を両面こんがり香ばしく焼き、取り出す。
④続いてニンニクを入れて炒め、香りが出たらバターを加えて溶かし、③のエビを戻してからめる。塩、こしょうで味をととのえ、レモンを絞る。器に盛り、好みで生野菜、ご飯を添える。
【えびの中華風春雨炒め】(243kcal)
えびの旨みを含んだ春雨がつるつるおいしい!プリプリで歯ごたえ抜群。
『材料』(2人分)
・エビ・・・10尾
・赤唐辛子(小口切り)・・・適量
・ショウガ(細切り)・・・5g
・タケノコ(水煮)・・・60g
・ピーマン・・・3個
・春雨・・・50g
・A
 鶏ガラスープ(顆粒)・・・小さじ1/3
 酒・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ1
 砂糖・・・小さじ2
・片栗粉、塩、ごま油・・・各適量
『作り方』
①春雨は熱湯で戻し半分に切る。エビは背わたを取って殻をむき、片栗粉、水、塩で洗い、水けをふく。タケノコ、ピーマンは細切りにする。
②フライパンにごま油を熱して赤唐辛子、ショウガを炒め、香りが出たらエビ、タケノコを炒め、Aで味つけする。春雨、ピーマンも加えて炒め合わせ、最後にごま油で香りづけする。
「MarcheMEMO」えびを殻つきで調理するコツ
 殻つきで調理することで香ばしさが加わります。キッチンばさみで殻に切り込みを入れておくと身まで味がしみやすく、食べやすさもアップします。

☆タラ
 漢字で「鱈」と書くように、冬が旬。和洋様々なお料理に合います。
【タラと唐揚げのみぞれ煮】(314kcal)
あっさりしながら旨みがあり、さらに油のコクがからんで絶品!
『材料』(2人分)
・タラ(切り身)・・・2切(1切80g)
・酒・・・大さじ2
・厚揚げ・・・200g
・A
 水・・・1と1/2カップ
 めんつゆ(2倍濃縮)・・・1/3カップ
・大根(すりおろし)・・・100g
・片栗粉、サラダ油、青ネギ(小口切り)、七味唐辛子・・・各適量
『作り方』
①タラは半分に切り、酒で下味をつける。厚揚げはひと口大に切る。
②タラの汁けをふき取って片栗粉をまぶす。
③フライパンにサラダ油を熱して②のタラを両面焼き、A、厚揚げを加えて煮、煮汁が半分ぐらいになったら大根おろしを加える。器に盛り、青ネギを散らし、七味唐辛子をふる。

☆かに
 殻ごと調理すれば、香ばしさが出ておいしいだしにもなるのでおすすめです。
【かにのフライパンカレーピラフ】(352kcal)
カレー風味+かにの甘み。フライパンだから香ばしいお焦げも簡単です。
『材料』(4人分)
・ズワイガニ(鍋物用、カットしたもの)・・・300g
・白ワイン・・・大さじ3
・タマネギ(みじん切り)・・・1/4個分
・ニンジン(みじん切り)・・・30g
・米・・・2合
・カレー粉・・・大さじ1と1/2
・ブイヨン(顆粒)・・・大さじ1
・水・・・2カップ
・バター・・・20g
・塩、こしょう・・・各少々
『作り方』
①米は洗って水けをきる。カニはキッチンばさみで切り込みを入れる。
②フライパンを熱して、バターの半量を溶かし、カニの表面を焼き、白ワインをふり、蒸し焼きにして取り出す。
③②のフライパンに残りのバターを溶かし、タマネギ、ニンジンを炒め、しんなりしたら米をサッと炒め、カレー粉、ブイヨン、水、塩、こしょうを加える。米を平らにし、沸騰したらカニを並べ、ふたをして弱火で汁けがなくなるまで炊く。
④最後に強火で約30秒間加熱し、火を止め、ふたをしたまま約10分蒸らす。好みでパセリをふる。
「MarcheMEMO」かにの殻の処理は?
 丸ごとのかにをさばく場合、頭と脚の部分を切り離します。キッチンばさみで脚の両面に切り込みを入れると食べやすくなります。

☆合鴨ロース
 旨みや栄養素が溶け込んだ汁ごと食べられる料理がおすすめです。火を通しすぎると固くなるので注意しましょう。
【鴨とセリの鍋】(504kcal)
食べごたえのある鴨の旨みを、香り野菜の風味が引き立てます。
『材料』(2人分)
・合鴨ロース(薄切り)・・・10枚(150g)
・つくね(市販)・・・6個
・長ネギ・・・1本
・セリ、水菜、春菊などの青菜・・・100g
・ごぼう(ささがき)・・・60g
・絹ごし豆腐・・・1丁(300g)
・しらたき(または糸こんにゃく)・・・100g
・A
 鶏ガラスープ・・・4カップ
 ショウガ汁・・・小さじ1
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ2
・スダチ・・・適量
『作り方』
①長ネギは斜め切りにし、青菜は5cm長さに切る。豆腐はひと口大に切り、しらたきは下茹でする。
②鍋にAを煮立て、具材を煮る。スダチを絞っていただく。

【鴨の餅入り治部煮】(436kcal)
とろみに包まれた具が、つるんとなめらか。体が芯から温まります。
『材料』(2人分)
・合鴨ロース(薄切り)・・・10枚(150g)
・小カブ・・・1個(100g)
・長ネギ・・・1本
・ニンジン(5mm厚さの輪切り)・・・4枚
・もち(半分に切る)・・・2個分
・A
 だし汁・・・1と1/2カップ
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ1
・片栗粉、ワサビ・・・各適量
『作り方』
①カブはくし形に切り、葉の部分は4cm長さに切る。長ネギは4cm長さに切り、もちは焼く。
②合鴨に片栗粉をまぶす。
③鍋にAを煮立て、カブ、長ネギ、ニンジンを煮、火が通ったら、合鴨を加えてサッと煮、最後にもち、カブの葉も加えてサッと煮る。器に盛り、ワサビを添える。
○治部煮とは・・・
 鴨肉(または鶏肉)と四季折々の食材を使った、石川県金沢市の郷土料理。とろみとわさびが特徴です。

☆白菜
 鍋以外でもおいしくいただける白菜。じっくり煮るとトロトロに、サッと炒めるとシャキシャキに、生でサラダにしてもおいしくいただけます。
【白菜と鮭のレンジ焼きうどん】(378kcal)
レンジ仕上げで白菜の食感が活きる!鮭が入ってごちそう感もプラス。
『材料』(2人分)
・塩鮭・・・1切(80g)
・白菜・・・150g
・長ネギ・・・1本
・好みのキノコ数種類・・・50g
・うどん(冷凍)
・A
 オイスターソース・・・大さじ2
 ショウガ汁・・・小さじ1
 砂糖・・・小さじ1
 ごま油・・・小さじ2
『作り方』
①塩鮭、白菜はひと口大に切り、長ネギは斜め切りにする。キノコは石づきを落とし食べやすく切る。
②耐熱ボウルにうどんを入れ、ラップをして電子レンジで約6分加熱する。
③②に①をのせ、Aをかけ、再度ラップをして電子レンジで約3分加熱し、取り出してよく混ぜ、器に盛る。
【白菜とリンゴのサラダ】(267kcal)
さっぱり爽やかな味わいと、生の食感が楽しい!鍋に箸休めにも。
『材料』(2人分)
・白菜・・・200g
・リンゴ・・・1/4個
・セロリ・・・60g
・水菜・・・30g
・鶏肉(胸)・・・1/2枚(150g)
・A
 酒・・・大さじ1
 塩・・・少々
・ごまドレッシング・・・適量
『作り方』
①鶏肉は耐熱皿に入れ、Aをまぶし、ラップをして電子レンジで約2分30秒加熱し、冷めたら手で裂く。
②白菜の軸は薄切りにし、葉はひと口大に切る。リンゴはいちょう切り、セロリは斜め薄切りにし、水菜は5cm長さに切る。
③器に②を盛り、①をのせ、ごまドレッシングをかけていただく。

☆ほうれん草
 油代わりにマヨネーズやバターで炒めるとコクと風味が加わります。
【ほうれん草とひじきのカレーマヨ炒め】(145kcal)
マヨネーズで炒めて、まろやかに。カレー味が食を刺激します。
『材料』(2人分)
・ホウレンソウ・・・100g
・ひじき・・・10g
・大豆(水煮)・・・50g
・ニンジン(細切り)・・・30g
・カレー粉・・・大さじ1/2
・マヨネーズ・・・大さじ2
・塩、こしょう・・・各少々
『作り方』
①ひじきは水で戻し、水けをきる。
②ホウレンソウは4cm長さに切り、軸と葉に分けておく。
③フライパンにマヨネーズを熱してひじきを炒め、水分がとんだら大豆、ニンジンを炒める。火が通ったらホウレンソウの軸を加え、カレー粉、塩、こしょうで味をととのえる。最後にホウレンソウの葉も加えてサッと炒める。

☆かぶ
 鮮度が落ちやすいので、葉と根をわけて保存しましょう。
【かぶの肉詰め焼き】(240kcal)
かぶの優しい満足感に、お肉のジューシーさが◎。
『材料』(2人分)
・小カブ・・・4個(400g)
・A
 鶏ひき肉・・・150g
 パン粉、牛乳・・・各大さじ2
・B
 ブイヨン(顆粒)・・・大さじ1/2
 水・・・3/4カップ
 塩、こしょう・・・各少々
・バター・・・10g
・塩・・・適量
『作り方』
①カブはヘタを切り落とし、周囲5mm位の厚みを残して切り込みを入れる。ティースプーンで中をくり抜く。くり抜いたカブはみじん切りにし、塩をしてしばらくおき、水けを絞る。
②Aと水けを絞ったカブを混ぜ、カブの器に詰める。
③耐熱皿に並べてヘタを添え、Bをかけ、バターをところどころにのせる。200℃に熱したオーブンで約20分焼く。

本日のカウント
本日の歩数:8,932歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 今月のPick UP「あさり」 | トップページ | オニエビとシマエビのおいしいレシピ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64983793

この記事へのトラックバック一覧です: FreshMarcheNEWS「えび」:

« 今月のPick UP「あさり」 | トップページ | オニエビとシマエビのおいしいレシピ »