« 「豚ロース 生姜焼き」、そして「豚バラ肉の焼酎煮込み」「豚バラとこんにゃくの甘辛炒り煮」「豚肉の甘辛しょうが炒め」「オクラの豚巻きレンジ蒸し」「オクラ豚ロール」 | トップページ | 血中中性脂肪に、魚食の健康効果 スーパーオイル「オメガ3」を摂ろう! »

2017年2月 7日 (火)

冬に食べたい!あったかご当地うどん

 今日は、2月7日、「ふなの日」。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 昨年夏に百一歳で逝去したジャーナリスト・むのたけじさんは敗戦と同時に、新聞社を去った。負けた戦争を「勝った、勝った」と報じ、読者にうそを伝え続けた。そのことへのけじめをつけるべきだ、と考えてのことだ
▼だが、それから六十年後、「やめるべきではなかった」と痛感した。むのさんにそう考え直させたのは、琉球新報がつくった「沖縄戦新聞」である。戦時中は報じることができなかった沖縄戦の真実を、今の情報と視点で伝え直す画期的な試みを見て、「戦後すぐ、これをやるべきだった」と思ったという
▼琉球新報は今「沖縄戦後新聞」をつくっている。抵抗する住民に銃剣を突きつけ、ブルドーザーで家や畑を壊すことで造られた米軍基地や、祖国復帰への歩み。新証言なども掘り起こし、戦後を検証し直して、未来への指標を探る試みだ
▼本土にとっては既に遠い過去の響きを持つ「戦後」が、沖縄ではまだ、現在進行形の生々しさを持っているのだろう。いくら反対しても基地建設が強行される現実は、続いているのだ
▼政府はきのう、辺野古での海上本体工事に着手した。建設される長さ一・八キロの滑走路は、海面からの高さが十メートル。巨大な箱をサンゴ礁の海に置く取り返しのつかぬ工事だ
▼それは「未来への指標」となりうるような事業なのか。孫子の代の検証に耐えうるような行いなのだろうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017020702000109.html

 「クラブツーリズム」より、メール。「スキー&スノーボート ツアー特集」の案内♪
http://www.club-t.com/ski/?waad=gOdgifHU

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「千葉県 鋸南~大喜多 房総半島の知られざる歴史を探す」、「鋸南」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《旅の駅 ファミリーファーム保田》
TEL 0470-55-1809
・イチゴ狩り 1,600円 ※時季によって変わります。
 章姫:酸味が控えめ。大きくなるほど甘く美味。
「おいしいイチゴの見分け方」
 ①ヘタまで真っ赤
 ②ツヤツヤしている
 ③ヘタが反っている
《菊香堂》
・頼朝あんぱん 1個 200円
 平家→梅(赤)、源氏→求肥(白)
 1180年、源頼朝は、石橋山の戦いで大敗。鋸南町で再起を図った。
<鋸山(のこぎりやま)>標高 330m
 江戸時代後期から採石場として賑わった
・鋸山ロープウェー山麓駅 料金 500円(片道)
♪ 木綿のハンカチーフ 太田裕美(1975年)
 昭和33年まで職人の手作業で刃ヅルを使い石を切り出していた。
・房州石:水はけがよく、断熱効果がある。
※鋸山は、日本寺の境内の一部
・百尺観音
・千五百羅漢
・薬師瑠璃如来 31.05m
 平家に負け、頼朝は日本寺へ必勝祈願へ。
・頼朝蘇鉄 樹齢 約800年
・地獄のぞき
《PIZZA GONZO》
・ナマノリータ(生海苔のピザ) 1,300円
 房州石の釜:断熱性が高く、窯内部の熱を保つ
《寿司割烹 なぎさ》
※江戸時代から鋸南町は捕鯨基地として賑わっていた。
・くじらの竜田揚げ 972円
・くじらのタレ 756円

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1034362/

 「昼めし旅」は、「埼玉県 川越市」。11/9の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 蔵造りの町並み、川越はサツマイモの名産地!(紅赤、紅あずま)、焼きイモ、芋おこわ
《右門 一番街店》
☆町家の膳 1,100円
☆いも恋 180円
・コロッケサンド、サラダ
・サラダ、おにぎり
<時の鐘>
 耐震補強などの修復中で、来年1月完成予定。
 約400年前に創建も幾度も焼失。現在残っているものは4代目。
《浜ちゃん》
☆いもスティック 100円
☆レモネード 200円
・焼きそば
①2種類のソースで香ばしく焼き上げる。
②自家製ゴーヤの佃煮(コーヤをしょうゆ・砂糖・酢などで煮込む)をトッピング。
《大八 勝山》
☆川越ラーメン 600円
☆紫いも餃子 370円
 紫いもパウダーを練り込んだ餃子の皮。具と一緒に角切りにしたサツマイモを入れる。
・野菜炒め
①野菜炒めの材料を鍋へ入れる。
②カキ油を入れる。
③溶き卵を入れる。
・名物 紫いも餃子

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1010173/

 「雨上がりのAさんの話 事情通に聞きました!」で「視野」を取り上げていた。
http://www.asahi.co.jp/a-san/
 「SP速読学院」橘遵学院長と三輪インストラクターが出演。
 関西学院大学の山本教授「視線を計測する装置」
 神戸にある眼のトレーニング教室。米国オプトメトリストの資格を持つ北出トレーナー「1分内で光るボタンをどれだけ押せるかで視野の広さを測ることができます。」

 指を出して、腕を広げ、5分で上下、左右、斜め(顔を動かさず、目だけを動かす。)
http://www.pc-sokudoku.co.jp/tv_special20170117.html

冬に食べたい!あったかご当地うどん

 今朝のモーニングコーヒーは、「NESCAFE GOLD BLEND」。
レギュラーソリュブルコーヒー
35杯分(70g)
ネスレ日本株式会社
神戸市中央区御幸通7
-1-15
TEL 0120-00-5916
http://nestle.jp/

 今日の仕事・・・ん???・・・JRが、「浮遊物が電線に付着」で電車が贈れているとかだと???それで試験開始が30分遅れるんですか???この保証って誰が取るの???

 そんなわけで、仕事をちょっと遅く終え、帰宅。

 帰宅して、「焼きうどん」で一一杯♪

冬に食べたい!あったかご当地うどん

 「ぶなしめじ」を入れたよ♪
信州のチカラ
光と風と水のハーモニー
JA全農長野・JAグリーン長野
JAグリーン長野
長野市藤ノ井布施高田961-2
ja全農長野
光と風と水のハーモニー
TEL 026-236-2248

http://www.nn.zennoh.or.jp/

冬に食べたい!あったかご当地うどん

 デザートは、頂いた「湖郷」(^^♪
クリームどら焼き
山田屋製菓舗 山田孫大
浜松市入野町9140-1
TEL 053-447-1137

 ここで、『JAF Mate』2017年2・3月号より、「冬に食べたい!あったかご当地うどん」の引用↑↑↑
 寒いこの季節、古今東西、全国各地で愛されている、あったか~いご当地うどん。麺、つゆ、具、調理法など、地域によって実はさまざまん。郷土食からB級グルメまで、地域色豊かなおいしいうどんの数々をご紹介します!
【けんちんうどん】(福島県・茨城県)
 大根やニンジン、ゴボウなどがたっぷりと入った「けんちん汁」とうどんがコラボした郷土の味。茨城県では、麺とつゆを別にした「つけ麺」スタイルでいただくことも。
【おしぼりうどん】(長野県坂城町・千曲市)
江戸時代から続く味 決め手は辛味大根)
 特産品「ねずみ大根」のしぼり汁に、味噌・ネギ・かつお節などの薬味を入れ、熱々の釜揚げうどんをつけて味わう。辛さの後から、ほのかな甘み。体の芯からポカポカに。
【味噌煮込みうどん】(愛知県名古屋市)
あつあつ、フーフー!味噌の風味が食欲をそそる一品
 愛知県特産の八丁味噌や赤味噌をブレンドし、和風だしの効いたつゆに、鶏肉や野菜、卵、生麺を土鍋に入れて、よく煮込んだもの。麺は少しかためで、独特の歯ごたえ。
【ひもかわうどん】(群馬県桐生市)
インパクト大!幅が広~いうどん
 桐生名物の「ひもかわ」と呼ばれる、幅広で薄いうどん。つるんとしたのど越しが特徴で、幅は2cmから10cmを超えるものまでさまざま。つゆは、だしの効いた醤油ベース。
【豊橋カレーうどん】(愛知県豊橋市)
地域おこしで誕生!うどん・雑炊の二刀流
 2010年に発売された、ネオご当地うどん。最後までおいしく食べてもらうため、うどんの下には、とろろごはんが!トッピングは、日本一の生産量を誇る豊橋産ウズラ卵。
【稲庭うどん】(秋田県湯沢市)
お殿様をも魅了した繊細で上品な味
 手延べ製法の細麺で、秋田藩主への献上品として代々秘伝とされてきた。のちに製法が公開され、広く普及。夏は冷たくして、冬場は温かいつゆで、一年を通して愛される。
【耳うどん】(栃木県佐野市)
一年の健康を願い「耳」を食す
 仙波地区の正月料理。悪い神様の「耳」に見立てたうどんを食べることで、一年を無病息災で過ごせると伝わる。つゆは濃い醤油ベース。具にはおせちの残りを入れることも。
【鍋焼きうどん】(愛媛県松山市)
昭和の懐かしさとあったかさを満喫
 昭和20年代から市内のお店で提供。アルミ鍋入の場合が多く、ほんのり甘い和風だしのつゆと、やわらかい麺が特徴。具は牛肉、油揚げ、なると、蒲鉾など。やさしい味わい。
【かすうどん】(大阪府南河内地方)
低脂肪・高タンパクのヘルシーフード
 羽曳野市など、南河内地方で昔から食べられているうどん。牛の小腸を揚げた「油かす」は、外はカリッと、中はクニュッとした食感。甘くコクのあるつゆと、やわらかめの麺が相性抜群!
【博多うどん】(福岡県福岡市)
博多っ子はうどんも大好き!
 「饂飩蕎麦発祥之地碑」も建つ博多うどんは、やわらか麺に薄口醤油ベースの「すめ」と呼ばれる、はんなりとしたつゆをかける。ごぼう天や丸天をのせるのも博多風。
【釜玉うどん】(香川県綾上町ほか)
うどん王国の大人気メニュー
 讃岐うどんの特徴は、もっちりとしたコシのある麺。そのおいしさを堪能できるのが、釜玉うどん。茹で上がったばかりのうどんに、生卵と生醤油などを絡めていただく。
【津山ホルモンうどん】(岡山県津山市)
ビールとの相性も◎ 人気のご当地グルメ
 明治以前から牛を食していた津山ならではの料理で、約半世紀前に誕生。ホルモンを麺や野菜とともに鉄板で豪快に焼く。味噌味または醤油味が基本で、市内約20店舗にて提供。
【のっぺいうどん】(滋賀県長浜市)
とろ~り餡で心も体もポカポカ
 長浜市で古くから親しまれている郷土料理。かつおベースの薄味のつゆに、じっくり作り上げた、だしの効いた餡を、自家製の茹でた麺にたっぷりかける。具は、特大の椎茸や湯葉など。最後にのせる生姜がアクセントに。
【五島うどん】(長崎県五島列島)
大鍋で食べる豪快な家庭料理
 遣唐使の時代に、五島列島へ伝わった手延べうどん。細い乾麺で、五島特産の椿油を使用。熱々に茹でたうどんを、アゴ(トビウオ)だしのつけ汁でいただく「地獄だき」が地元の定番。
【魚うどん】(宮崎県日南市)
血液サラサラに!ヘルシーうどん
 トビウオなどの魚をすり身にし、片栗粉や卵などで棒状にしたもので、戦時中の代用食がルーツ。DHAが豊富で、低カロリー・高タンパクと、健康食としても注目される。
「愛すべきご当地うどん」
・はんつ遠藤
 僕は一年をかけて全国を一周しますが、最近特に勢いがスゴいと感じるのが、うどんです。讃岐うどんが注目されがちですが、全国には実に多様なうどんが存在します。今回紹介したほかにも、手延べスタイルだと氷見うどん(富山県氷見市)、切り麺タイプだと超かたい吉田うどん(山梨県富士吉田市)、逆に超やわらかい伊勢うどん(三重県伊勢市)などがあり、最近は地域おこしで新たなご当地うどんも誕生しています。手軽さもさることながら、麺、つゆ、具材に、土地の名物を生かせるという自由さがその理由かもしれません。
 子供から大人まで、みんなが大好きなうどん。お気に入りの一杯を探して、この冬は、うどんのお店をめぐる旅に出かけてみてはいかがでしょうか。
フリージャーナリスト
 執筆と撮影を一人でこなし、取材軒数は8,500軒を超える。全国各地のご当地グルメに注目した本などを26冊出版。フードテーマパークの企画監修も行う。

本日のカウント
本日の歩数:7,747歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「豚ロース 生姜焼き」、そして「豚バラ肉の焼酎煮込み」「豚バラとこんにゃくの甘辛炒り煮」「豚肉の甘辛しょうが炒め」「オクラの豚巻きレンジ蒸し」「オクラ豚ロール」 | トップページ | 血中中性脂肪に、魚食の健康効果 スーパーオイル「オメガ3」を摂ろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬に食べたい!あったかご当地うどん:

« 「豚ロース 生姜焼き」、そして「豚バラ肉の焼酎煮込み」「豚バラとこんにゃくの甘辛炒り煮」「豚肉の甘辛しょうが炒め」「オクラの豚巻きレンジ蒸し」「オクラ豚ロール」 | トップページ | 血中中性脂肪に、魚食の健康効果 スーパーオイル「オメガ3」を摂ろう! »