« 「五橋 トラタン」、そして「いただきます 冬の煮物」(鶏手羽と大根の煮物) | トップページ | 賢くおいしく 値段手頃なスプラウト料理 »

2017年1月18日 (水)

「簡単ロールチャーシュー」「豚しゃぶとピーマンの南蛮煮」「黒豚ときざみ昆布の黒酢はちみつ煮」「豚肉の照り焼き さんしょう風味」「味噌だれチャーシュー」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ある日、洗濯物を軒先に干していると、アパートの隣人にこんなことを教えられたという。「その洗濯物は来年の春まで乾きませんよ」。北海道に単身赴任した経験がある宇宙物理学者の池内了(さとる)さんが書いていた。おそらく年末の話であろう
▼外に干しても洗濯物の水分が夜、凍ってしまい、昼になってもそれが解けるだけの繰り返しなので、乾かない。寒冷地に限った現象ではないが、「春まで乾かない」という表現に、春を焦がれる気分がこもっているようで、なんとも「北の国」らしい言い方に聞こえる
▼その洗濯物はまだかちんかちんだろう。寒い日が続いている。立春はまだ二週間以上も先。されど太陽の光は間違いなく日に日にたくましくなってきている。北風の中に明るさも見つけられる
▼「光の春」。気象エッセイストの倉嶋厚さんによるとシベリア北東部にはそんな美しい名を持つ季節区分があるそうだ。かの地では四月三日に春が始まるのだが、その春の前の季節が「光の春」である
▼二月十五日に始まるという。その時期のシベリアはまだまだ寒い最中だが、日の光で氷柱(つらら)がわずかに解けだす。氷柱から最初の一粒の水滴が輝きながら落ちる。「光の春」とはそういうかすかな変化の季節らしい
▼春は努力して探すものか。寒い。ひどく寒いのだが、うつむき、嘆いているばかりでは希望の春は見つからぬか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017011802000112.html

 アサヒビールより、メール。「フロム・ザ・バレル」の案内。
 ストレートから水割りまで味と口当たりの変化を楽しめる”ウイスキーフロート”。飲みはじめはストレートに近い飲み口で、『フロム・ザ・バレル』ならではの”樽出しう”に近い、重厚なコクを味わえます。その後は水割りとして、このウイスキーが持つ本来の香りや味わい、余韻の深さを一層感じることができます。今夜はおうちでじっくりと”ウイスキーフロート”で愉しんでみませんか。
【ウイスキーフロートの作り方】
①氷を入れたタンブラーにミネラルウォーターを7分目まで注ぎます。
②ウイスキーを静かに注ぎ、氷の上にウイスキーを浮かべます。
「ズバうま!おつまみレシピ」

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/search/recipe.psp.html?CODE=0000002075
 「アサヒ」より、メール。「ズバうま!おつまみレシピ」♪
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/search/recipe.psp.html?CODE=0000001731
 「j-s-nnksince2000」より、迷惑メール!!!
 メッセージにはテキストの内容がありません。
 あなたはそれを1月17日までにお支払い下さい。

などと書いてあり「1'16-1'17.87847542.ZIP」の添付ファイルがついている。ウイルスか?どんなウイルスなんだ???

 「一ノ蔵」も「立春朝搾り」を出しているんだね!
http://item.rakuten.co.jp/mizusato/c/0000000503/

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「墨田区 両国」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<両国 -江戸NOREN->
 江戸の食文化を学びながら食べられる施設
※江戸時代の天ぷらは魚介が中心
*《両国橋茶房》
・本山茶:徳川家康も愛した静岡県産のお茶
・抹茶しるこ 780円
*《東京商店》
・日本酒の自動販売機 300円(1杯)
 純米吟醸 原酒 江戸開城 1杯 50cc
※江戸の酒造業:幕府が奨励したことで発展した
*《政五ずし》
※江戸時代の寿司は屋台が主流
 華屋与兵衛は、蔵前の米問屋の番頭さんだった。寿司を寺の境内で売り始め、徐々に広めていった。
・与兵衛ずし 3,000円
(シャリは、酒粕で作る赤酢と塩で味付け。ネタとの間には海苔。
*<両国観光案内所 すみだのれん>
・北斎カードケース 2,100円
・北斎通帳入れ 2,650円
・北斎扇子 富嶽三十六景 神奈川沖浪裏 2,160円
<回向院(えこういん)>1657年開創
 明暦の大火で亡くなった無縁仏のため建立。
・力塚(力士の慰霊碑)
 江戸後期から、資金集めの歓進相撲が行われ、明治まで続いた。
・布袋尊
・鼠小僧の墓 1832年、罪人として捕まり処刑
 削った粉は、お守りの中へ。
♪ 怪盗ルビイ 小泉今日子(1988年)
《安美 両国総本店》
・焼きちゃんこ 2,880円(1人前)
・ラーメン 302円(1人前)
『北斎漫画』全15編:人物・風俗・動植物など約4000図

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1028802/

 「昼めし旅」は、「江ノ島電鉄」。10/14の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
<三宅家>
・ゴーヤと牛肉の卵とじ
①「岩井の胡麻油」410円(税込)で、ゴーヤと牛肉を炒める。
②「寿雀卵(じゅじゃくらん)」を溶いてかける。
③「十年さいしこみ生搾り イ号醤油」360ml1,300円(税抜)を、かけて食べてもよい。
<八木家>
・黄色いトマト
・ヒジキの梅干煮
・新ショウガの甘酢漬け
・天ぷら(特製ダレで温め直す)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1002799/

 仕事を終え帰宅して、「豚肉の生姜焼き」で一杯♪
 台所の水道の水漏れで、水道が使えないのは、辛いね・・・!

「簡単ロールチャーシュー」「豚しゃぶとピーマンの南蛮煮」「黒豚ときざみ昆布の黒酢はちみつ煮」「豚肉の照り焼き さんしょう風味」「味噌だれチャーシュー」

 デザートは、先日頂いた「通の味 あられ おかき」♪
(株)片岡食品
埼玉県さいたま市大宮区三橋4-798
TEL 048-621-1834

「簡単ロールチャーシュー」「豚しゃぶとピーマンの南蛮煮」「黒豚ときざみ昆布の黒酢はちみつ煮」「豚肉の照り焼き さんしょう風味」「味噌だれチャーシュー」

 さらに「味付落花生」(^^♪
こだわり原料使用
 産地を特定し、天日干しした落花生を厳選加工しました。
(株)カネタ・ツーワンKTO
仙台市若林区御町三丁目8番1号
TEL 022-782-1241

 ここで豚肉料理の紹介♪♪♪
【簡単ロールチャーシュー】(225kcal)
『材料』(作りやすい分量)
・豚バラ肉(薄切り)・・・400g
・片栗粉・・・適量
・A
 焼肉のたれ(市販)・・・大さじ4
 はちみつ・・・大さじ1と1/2
 酒、水・・・各1/2カップ
・サラダ油・・・大さじ1/2
『作り方』
①豚肉は4~5枚ずつずらして重ねて並べ、まんべんなく片栗粉をふり、手前からきっちり巻く。まあ4~5枚ずつずらして重ねて並べ、先に巻いたものを手前にのせ、片栗粉をふり、きっちり巻く。これを繰り返してかたまり肉のようにし、たこ糸で縛る。
②熱したフライパンに油を入れ、①を中火で全体がこんがりするまで焼き、Aを加えて一度煮立たせ、弱火にしてふたをし、時々転がしながら約15分煮る。
③冷ましてたこ糸をはずし、輪切りにする。
▼完全に冷まして落ち着かせると、きれいに切れます。

【豚しゃぶとピーマンの南蛮煮】(309kcal)
『材料』(2人分)
・豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・150g
ピーマン・・・4個
・赤唐辛子(輪切り)・・・少々
・片栗粉・・・適量
・A
 酢、砂糖・・・各大さじ3
 しょうゆ、水・・・各大さじ1
・サラダ油・・・適量
『作り方』
①ピーマンは1cm幅の輪切りにする。豚肉は片栗粉をまぶす。
②熱したフライパンに多めの油を入れ、ピーマンを入れて中火で揚げ焼きにする。ややしんなりしたら豚肉を加えて強火にし、火が通るまで炒め、焼き油をきる。
③赤唐辛子、合わせたAを加え、強火で手早くからめる。

【黒豚ときざみ昆布の黒酢はちみつ煮】(334kcal)
『材料』(2人分)
・黒豚(しゃぶしゃぶ用)・・・150g
・きざみ昆布・・・15g
・にんじん(せん切り)・・・30g
・しょうが(せん切り)・・・20g
・A
 はちみつ・・・大さじ3
 黒酢・・・大さじ6
 しょうゆ・・・大さじ4
 酒・・・1/2カップ
・水・・・適量
・サラダ油・・・適量
『作り方』
①きざみ昆布はたっぷりの水に約10分浸して戻す。ざるに上げ、戻し汁1と1/2カップ分を取っておく。
②熱した鍋に油を入れ、①のきざみ昆布、にんじん、しょうがを入れて炒め、油が回ったらAと①の戻し汁を加えて煮立たせ、落しぶたをして弱火で約5分煮る。
③豚肉を1枚ずつ加えて火を通し、味がなじめばできあがり。

【豚肉の照り焼き さんしょう風味】(411kcal)
『材料』(2人分)
・豚ロース肉(1cmの厚さ)・・・2枚
・そら豆(正味)・・・70g
・A
 酒、しょうゆ、みりん・・・各大さじ1
 砂糖・・・小さじ1
・さんしょうの粉・・・適量
・サラダ油・・・大さじ1/2
『作り方』
①豚肉は筋切りをして、4等分に切って薄力粉をまぶす。
②熱したフライパンに油を入れ、中火で①の両面を焼いて火を通し、合わせたAを回し入れ、強火で軽く煮詰める。
③器に盛ってさんしょうの粉をふり、ゆでたそら豆を添える。

【味噌だれチャーシュー】(352kcal)
『材料』(2人分)
・豚肩ロース肉(かたまり)・・・250g
・A
 にんにく、しょうが(各すりおろし)・・・各小さじ1
 味噌、砂糖、オイスターソース・・・各小さじ2
 酒・・・大さじ3
 しょうゆ・・・大さじ1/2
『作り方』
①豚肉はたこ糸で縛って形をととのえ、合わせたAとポリ袋に入れ、よくもみ込んで冷蔵庫で約2時間おく。
②①を袋から取り出して漬け汁ごと耐熱容器にのせ、ラップをして約5分電子レンジで加熱して取り出し、上下を返してラップをし、さらに約5分加熱し、ラップをはずしてさらに約3分加熱する。そのまま約30分おいて味をなじませる。
③②を薄切りにして器に盛る。
※お好みで香菜、くし形に切ったトマト、からし、トーバンジャンを添える。

本日のカウント
本日の歩数:7,938歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「五橋 トラタン」、そして「いただきます 冬の煮物」(鶏手羽と大根の煮物) | トップページ | 賢くおいしく 値段手頃なスプラウト料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64779395

この記事へのトラックバック一覧です: 「簡単ロールチャーシュー」「豚しゃぶとピーマンの南蛮煮」「黒豚ときざみ昆布の黒酢はちみつ煮」「豚肉の照り焼き さんしょう風味」「味噌だれチャーシュー」:

« 「五橋 トラタン」、そして「いただきます 冬の煮物」(鶏手羽と大根の煮物) | トップページ | 賢くおいしく 値段手頃なスプラウト料理 »