« 「いただきます おせち料理」 | トップページ | 暮らしの中のオノマトペ「ぱちぱち」 »

2017年1月 1日 (日)

「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用↑↑↑
 あけまして、おめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします
▼<大旦(おおあした)はじめの言葉嬰が出す>長谷川双魚。年の初めに、まず言葉を発したのは、赤ん坊。新たな家族を迎えて、お正月を迎える。思い浮かべただけで、ほおがほころぶ情景です
▼詩人の石垣りんさんは、「新年の食卓」という詩を書いています。<元日に/家族そろって顔を合わせ/おめでとう、と挨拶(あいさつ)したら。/そこであなたは/どこからおいでになりましたか、と/尋ねあうのも良いことです>
▼見知らぬ旅人にでもするような質問を、年の初めにわざわざ家族に尋ねる。随分と奇妙な勧めですが、詩人は言います。<ほんとうのことはだれも知らない/不思議なえにし/たとえ親と子の間柄でも/いのちの来歴は語りきれない>
▼なるほど、他人が出会って、新たなつながりをつくる。それが幾筋も幾世代も重なり合い、紡ぎ出された不思議な縁。分かりきったつもりにならず、初めて会った旅人同士が向き合うような気持ちで新年の食卓を囲めば、その味わいもまた深まるでしょう
▼詩は、こう結ばれます。<ことしの花を咲かせるために/喜びの羽音を聞くために/杯を上げよう。/では向き合って/もう一度おめでとう!/互いの背後には/新しい波がひたひたと寄せて来ている>。良い波が、みなさんの背中を押す一年でありますように。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017010102000092.html

 今日は1月1日、「元日」。
 元日とは1月1日全体のこと、元旦は元日の朝の日の出頃のことをいいます。旦の字は、地平線から太陽が昇るのを表しているからと、覚えるといいですね。
おせち料理で一年息災
 おせち料理は年神様にお供えした料理を、皆で食べることで新年を祝い、息災に過ごせるようにとの願いを込めるものです。忙しいときは、全部を手作りしなくてもかまいません。市販品でも、家族でともに同じおせちを食べる伝統を伝え続けていきたいものですね。

 テレビで「うどんが主役」特選の「絶対に失敗しない美味いお店」をやっていた。美味しそうだった♪
 今年10月に新人アナウンサー5人が初MCを担当し、大好評だった番組が新春スペシャルで登場!今回もアナウンサーがそれぞれカリスマグルメレビュアーの「うどんが主食」とアンタッチャブル柴田英嗣と共に、行列のできる店、予約がとれない店、正月らしい豪華な店など、ハズさないおいしい店を紹介していく。ステーキ、とんかつ、焼肉、鍋にイタリアン、寿司など・・・注目グルメも盛りだくさん。さらに勝村政信、ゲッターズ飯田、振分親方、水原希子、森泉、横澤夏子、渡部建ら豪華ゲストを迎え、ひと回り大きくなった新人アナウンサーたちが“まわし力”やゲストの魅力を引き出す“トーク力”を磨いていく!ぜひお楽しみ!
http://ameblo.jp/alwaysudon/
https://twitter.com/alwaysudon
https://tabelog.com/rvwr/alwaysudon/
http://alwaysudon.jp/

 AbemaTV(アベマTV)って、インターネット上で無料で見られるのですね!知らなかったぁ~!!!CMをはさみ込んで放送するので、従来のテレビと同じ、番組を無料で見られるということ。しかも、登録の必要なし!!!
 昔懐かしいアニメもやってるじゃないですか!!
 「ジョジョの奇妙な冒険」の第1部もやるんだね♪
https://abema.tv/

 ムラの神社に初詣に行く。
 お札を返して、お詣り。
 甘酒を頂いた・・・ありがとうございます。温かい~♪ちょっと、塩が多かったか?

「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 そのまま、「遠州 信貴山」に行く。
 お詣りをして、「TOTO BIG」と「LOTO 7」を納める。
「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 「梟 御守り(ふくろう おまもり)」500円を買う。
(諸願成就)
梟の七つのいわれ
・福籠と書いて、福が籠るから幸福いっぱい
・作った家庭を一生涯守るから夫婦円満
・長寿な鳥で、梟長寿と書いて不老長寿
・首が三百六十度見回せるから交通安全
・眼光鋭く見極めが良いから商売繁盛
・不苦労と書いて悠々自適の苦労知らず
・知恵梟と書いて学業成就

 職場に寄り、新聞を取り入れ、一巡。

 今年は、年賀状が来るのが来るのが遅いね・・・。
 お昼近くに年賀状が来た。
 年賀状を書き、郵便局に出しに行く。

「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 昼食は「カレー職人 ビーフカレー(中辛)」♪
本格的なソースが楽しめる
 あめ履玉ねぎのコクと旨み
1人前/170g
 あめ色玉ねぎをブレンドしてじっくり煮込み、豊かなコクと旨みを引き出したビーフカレーです。
江崎グリコ株式会社
大阪市西淀川区歌島4-6-5
TEL 0120-917-111

http://www.glico.co.jp

 お正月って、することもなく、・・・テレビを見ていてもつまんないね・・・。

「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 夕方は、「ぐち入り 蒲鉾」で一杯♪
紀文
 おいしさそのまま塩分35%カット
1包装・130gあたり107kcal
いつもの蒲鉾で、おいしさそのまま塩分カット
(株)紀文食品
東京都中央区銀座5丁目15番1号
静岡県島田市大柳297-1
TEL 0120(012)778

http://www.kibun.co.jp/

「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 デザートは、頂いたお菓子♪
白い風船
亀田製菓株式会社

http://www.kamedasekia.co.jp/

「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」

 お正月だから「するめ」も食べようっと(^^♪
するめ足
 前浜で獲れたするめいかの足です。軽く炙ってお召し上がり下さい。
(有)おつまみカンパニー 02K
東京都目黒区目黒4-14-9
TEL 0120-919-208

 ここで、『くらし良好』2017年1月号より、「きちんと伝統ほどよく今風 祝いの初春ごはん」の引用♪
 いわれや伝統を盛り込みながらも、食べやすい工夫を加えてお正月のごちそうを楽しみましょう。
知っておきたいお正月 食材のいわれ
・海老
 腰が曲がるまで長生き出来るようにと長寿を願います。
・黒豆
 まじめにまめまめしく働き、健康に暮らせるようにとの願いを込めています。
・里芋
 親芋、小芋、孫芋と増えていくことから、子宝や子孫繁栄を願っています。
・れんこん
 穴のあいた形から「将来の見通しがよい」という縁起をかついで加えます。
・鮭
 塩漬けで日持ちのする鮭は、特に東日本でお正月の年取り魚として珍重されます。
・鯛
 姿も味もよく、めでたいに通じるとして祝いの料理には欠かせない魚です。
・数の子
 たくさんの卵がつまっていることから、子孫繁栄を願っています。
・田作り
 豊作を願い、畑の肥料にするイワシの稚魚で作られたのが始まり。五万米(ごまめ)とも呼ばれます。
【海老と柚子の香り煮しめ】(186kcal)
お煮しめ
 根菜を中心にいろいろな具を一緒に煮込むことから、家族一緒に仲良く過ごせる願いが込められています。
 縁起のよい海老や、帆立貝柱を使って。
 柚子とオリーブオイルの香りが新鮮です。
『材料』(4人分)
・エビ・・・8尾
・ホタテ貝柱、里イモ・・・各8個
・ニンジン・レンコン(各7mm厚さの輪切り)・・・各8枚
・小カブ・・・1個(150g)
・ゆず(輪切り)・・・4枚
・A
 だし汁・・・2カップ
 淡口しょうゆ・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ3
 塩・・・少々
・塩、オリーブオイル・・・各適量
『作り方』
①エビは背わたを取る。里イモは皮をむき、塩もみし、洗う。カブはくし形に切って皮をむき、葉は4cm長さに切る。
②鍋にA、里イモを入れて火にかけ、煮立ったらニンジン、レンコン、カブを入れ、落としぶたをして煮る。野菜に火が通ったら、エビ、ホタテ貝柱、ゆずを加えてサッと煮、最後にカブの葉も加える。
③器に盛り、オリーブオイルをかける。
〈きちんとひと手間〉具材を入れる順番に気をつけて
 火の通りにくい根菜は先に、火を通しすぎると固くなる魚介は後で加え、均一な仕上がりに。
【鶏肉と黒豆のおこわ】(436kcal)
おこわ
 昔は貴重とされたもち米。そのもち米を蒸したおこわは、晴れの日のごちそうとされていました。
 おこわといえば、晴れの日の定番。
 黒豆や栗を加えるとお正月らしく仕上がります。
『材料』(4人分)
・鶏肉(もも、ひと口大に切る)・・・150g
・黒豆(甘煮、市販)・・・50g
・梅干し(手でちぎる)・・・大1個
・もち米・・・2合
・米・・・1と3/4カップ
・A
 塩・・・小さじ2/3
 酒・・・大さじ2
 黒豆(煮汁)・・・大さじ1
・栗甘露煮(市販)・・・4個
『作り方』
①もち米は洗って水(分量外)に1時間つけ、ザルに上げて約30分おく。炊飯器に入れ、水を入れる。
②①にAを加え、鶏肉、黒豆、梅干しを入れて混ぜ、炊く、器に盛り、栗甘露煮を飾る。
〈きちんとひと手間〉もち米は浸水し、いったんザルに上げて
 洗ったもち米は、1時間浸水させたあとザルに上げて約30分おくことで、ふっくらと炊き上がります。
【鮭と根菜のマーマレードみそ漬け】(206kcal)
 マーマレードを使ってほんんり甘めに。
 根菜も漬け、一緒に焼いて付け合わせにします。
『材料』(4人分)
・生鮭(切り身)・・・4切(1切60g)
・レンコン、ニンジン(各7mm厚さの輪切り)・・・各8枚
・A
 みそ・・・大さじ3
 オレンジマーマレード・・・大さじ3
・塩・・・適量
『作り方』
①鮭は塩をふってしばらくおき、汁けをふく。
②Aを混ぜ合わせる。
③ビニール袋に②を入れ、①、レンコン、ニンジンを漬ける。冷蔵庫で約3時間、できればひと晩おく。
④みそをキッチンペーパーなどでぬぐい、オーブントースターの高温(約1000W)で7~8分焼く。器に盛り、オレンジマーマレード(分量外)をのせる。
<年取り魚>
 ごちそうを用意して年神様をお迎えすることを「年取り」と言い、その料理に用意された魚のことをさします。
【鯛と香味野菜の焼きマリネ】(246kcal)
 お正月の定番・鯛を、中華風にアレンジ。
 鯛は焼き、野菜と漬け込みます。
『材料』(4人分)
・タイ(切り身)・・・240g
・パプリカ(赤・黄、ひと口大に切る)・・・各1/2個
・A
 調味酢(市販)・・・1/2カップ
 ごま油・・・大さじ1
 いりごま(白)・・・大さじ1
・長ネギ、セロリ(各細切り)・・・各1/2本分
・塩、ごま油・・・各適量
『作り方』
①タイはひと口大に切り、塩をふってしばらくおき、汁けをふく。
②フライパンにごま油を熱して①、パプリカを両面焼き、熱いうちにAに漬ける。長ネギ、セロリも一緒に漬け、味をなじませる。
【フライパンで煮豚】(全量:1477kcal)
 子どもも大人も大好きな煮豚。
 食べごたえがあり、保存もきき、ぜひ手づくりしたい一品。
 冷蔵庫で3~4日保存可能
『材料』(作りやすい分量)
・豚肉(ロース、ブロック)・・・400g
・ゆで卵・・・4個
・塩・・・小さじ1/4
・サラダ油・・・適量
・A
 だし汁・・・1カップ
 しょうゆ・・・大さじ2と1/2
 みりん・・・1/4カップ
 砂糖・・・大さじ2
 ショウガ(薄切り)・・・5g
『作り方』
①豚肉の表面に塩をまぶす。
②フライパンにサラダ油を熱して、肉の表面に焼き色をつける。
③Aを加え、煮立ったらアクを取り、ふたをして弱火にし、肉をときどき返しながら約30分加熱する。ゆで卵を加え、冷めるまでそのままおき、取り出す。残った煮汁はかるく煮詰め、ソースにする。切り分けて器に盛り、好みの生野菜を添える。
<きちんとひと手間>しっかり表面を焼いて
 表面を焼き固めることで、肉汁を閉じ込めてふっくらやわらかく仕上げます。
「手軽に作り方 祝いの小鉢」
 数の子や田作りなど、お正月の縁起の食材を使って今風のアレンジでおしゃれな前菜風に。
【紅白かまぼこなます】(87kcal)
甘酢サラダ風で食べやすい一品
『材料』(4人分)
・大根・・・200g
・ニンジン・・・40g
・かまぼこ(5mm厚さに切り、型で抜く)・・・40g
・ゆずの皮(型で抜く)・・・適量
・A
 調味酢(市販)・・・1/2カップ
 オリーブオイル・・・大さじ1
・塩・・・適量
『作り方』
①大根、ニンジンは短冊切りにし、それぞれ塩をふり、しんなりさせる。
②①の大根、ニンジンは洗って水けをふき、かまぼこ、ゆずの皮と一緒にAに漬ける。
【数の子クリームチーズ】(112kcal)
ぷちぷち&kりーみーが見事にマッチ
『材料』(4人分)
・数の子(味つき)・・・4本
・クリームチーズ・・・40g
・キュウリ・・・1/4本
・リンゴ・・・1/4個
・ベビーリーフ、削りがつお・・・各適量
・A
 ワサビ、しょうゆ・・・各適量
『作り方』
①数の子、クリームチーズ、キュウリ、リンゴは1cm角に切る。
②①とベビーリーフを器に盛り、削りがつおを盛り、好みでAをかける。
【キャラメルナッツ田作り】(116kcal)
『材料』(4人分)
・ごまめ・・・30g
・ミックスナッツ(食塩不使用タイプ、粗く刻む)・・・30g
・レーズン・・・20g
『作り方』
①ごまめは耐熱皿に広げてラップをせずに電子レンジで約1分加熱し、取り出して混ぜ、更に約30秒加熱する。
②耐熱容器にAを入れ、ラップをして電子レンジで約1分加熱し、取り出して混ぜる。
③②が熱いうちに①、ミックスナッツ、レーズンを加え、混ぜ合わせる。クッキングシートを敷いたバットに広げて冷ます。

本日のカウント
本日の歩数:9,109歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.9kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「いただきます おせち料理」 | トップページ | 暮らしの中のオノマトペ「ぱちぱち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64705791

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」:

« 「いただきます おせち料理」 | トップページ | 暮らしの中のオノマトペ「ぱちぱち」 »