« 丸文漬物 | トップページ | <作ってみよう郷土のおやつ>嫁から嫁へ受け継ぐ味 五平餅 »

2017年1月15日 (日)

伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」

 今日は1月15日、「小正月」、「いちごの日」。
あずきがゆでひと息ついて
 元旦の大正月に対して15日前後を小正月といいます。女正月とも呼ばれ、女性の休みとされることもありました。あずきがゆを食べて一年の無事を祈りましょう。あずき色に染まるので、染がゆ、桜がゆと呼ぶ地域もあります。あずきは水で戻さずそのまま調理できるので、意外に簡単。ぜひ作ってみてください。食べる時にはお好みで塩を入れて。
【あずきがゆ】(1/6量で72kcal)
『材料(4~6人分)と作り方』
①鍋にあずき1/4カップとたっぷりの水を入れ、2分ほど煮て煮汁を捨てる。新たに3カップくらいの水とともに火にかけ、煮立ったら弱火にし、30分ほどアクを取りながら煮る。※1カップはといでざるに上げておく。
②あずきと煮汁をいったん取り分け、煮汁に水を足して7カップ分にする。鍋に戻し、あずき、米を入れてアクを取りながら30~35分ほど、あまり混ぜずにふたをして煮る。
【ゆであずきヨーグルト】(207kcal)
ヨーグルトは水気をきると濃厚な味に
『材料』(2人分)
・プレーンヨーグルト(無糖)・・・200g
・ゆであずき(缶詰)・・・100g
・きな粉・・・大さじ2
・キウイフルーツ(輪切り)・・・2枚
『作り方』
①ざるにコーヒーフィルター(またはペーパータオルなど)をのせてヨーグルトを入れ、ボウルに重ねて冷蔵庫に入れ、2時間ほどおいて水気をきる。
②器に①とゆであずきを盛りつける。きな粉をふり、キウイを半分に切って添える。
Memo
 ゆであずきの代わりに、黒豆をのせるのもおすすめです。

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。数の子などが安そう(^^♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/aji-kazu200g/?scid=rm_206625
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。日本テレビの「ズームインサタデー」で紹介された「水郷どりまるごと一本」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/marugoto1/?scid=rm_197493

伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」

 今朝の朝食は「おかめ納豆 極小粒」。
CGC GROUP
納豆・たれ・からし(1パック56.7gあたり)107kcal
タカノフーズ株式会社
茨城県小美玉市野田1542
TEL 0120-030710

http://www.takanofoods.co.jp

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「神奈川県 三浦市 三浦大根」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
<神田明神(神田神社)>
《こなから本店》中田利雄さん
※ひょうたん型 純銅おでん鍋
*三浦野菜(スイカ、キャベツ、カボチャ)
『相模風土記』
<川島農園>
*三浦大根:水分量が多く、甘味・辛味・苦味がある。加熱すると苦味がうま味になる。味が良く染みるが煮崩れしにくい。
・豚バラ三浦大根
(西側を向いて座る)
 みそ汁、みぞれ煮、ほろふき大根
※マグロ肥料を与える
 <三崎恵水産>マグロの切り粉と肥料を混ぜ、「マジックバイオくん」で24時間発酵させる。
《まるいち魚店》
 真鯛、ヒラメ、アジ
☆三浦おでん三種
(大根、アジのつみれ、鯛とヒラメのさつま揚げ)
<アジのつみれ>
 アジ 2尾、しょうゆ 小さじ 2、塩 小さじ1、みりん 小さじ1、片栗粉 大さじ1、おでんだし 40ml、すりショウガ 10g、卵白 1/2個、大葉 2枚
 材料をミキサーにかけたものと、粗く叩いたものを混ぜる。
<だし>
 日高昆布、サバ節(枕崎)、カツオ節(焼津)、干ししいたけの軸(大分)を使用。塩で味付け。
※ひょうたん型の大きい方は約70℃、小さい方は約50℃
 大きい鍋で火を通した後、小さい鍋に移し、だしを染みこませる。
「匠が直伝!おいしいおでん大根の作り方」
 大根を生のまま冷凍する。(繊維質が崩れ、だしが染みやすくなる)
 下ゆで:米のとぎ汁で約20分ゆでる。
 おでん:沸騰させないように約45分間煮込む。
☆三浦大根のおでん 540円(1/15~17まで販売)
☆青首大根のおでん 378円

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0083/

 先日の「深夜食堂1」は、「第四話 ポテトサラダ」。
http://www.meshiya.tv/
 ジャガイモは皮ごとゆでると、甘みとうま味が逃げずに、おいしくできます。
 タマネギを加えるときは、熱いうちに入れると、しんなりとおいしく仕上がります。
 マヨネーズは、ジャガイモが冷めてから入れましょう。

http://www.meshiya.tv/series/shinya01

 「マツコの知らない世界」で「築地」と「餃子」を取り上げていた。
http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/
おすすめ名店
・浜松「浜太郎」

http://www.hamatarou.jp/
・宇都宮「和の中」
http://www.tochinavi.net/spot/home/index.shtml?id=174
・横浜中華街「DALIAN 大連餃子基地」
http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/archive/20150106.html
http://www.tokyogyoza.net/archives/42215604.html

 今朝の朝刊の折り込みチラシ「しごと情報 アイデム」より、引用。
【派】【紹】①ライン作業・構内作業②ライン作業・軽作業
・仕事→①ライン作業・構内作業/男性活躍中
    ②ライン作業・軽作業/女性活躍中
・給与→①時給1,300円②時給1,100円
・時間→2交代制/6:30~15:30、15:30~翌0:10※日勤のみ応相談
・休日→週休2日制(基本土日/応相談)、長期連休有
・待遇→各種保険完備、車・バイク通勤可、寮有(当社規定)
・勤務地→浜松市西区または湖西市、他 浜松市市東区、及び、磐田市(旧豊岡村)、袋井市でのお仕事も有
★ご希望の勤務地でのお仕事も紹介できます!
・労働者派遣業(派22-300532)、有料職業紹介事業22-ユ-300433
「株式会社リブライフ」
袋井市久能1887-5
TEL 0538-44-4488、090-1616-3131

【委】外国語講師のヘルパー、サポート
・資格→日常英会話ができる方、ご自宅でメール・インターネット環境がある方、自家用車で移動可能な方、経験不問
・報酬→一件ごとにお支払いします。800円~5,000円/1件※仕事内容により異なる
・時間→短時間・月数回の不定期なお仕事です。応募者の方のご都合を考慮しお仕事をお願いします。(事前に御連絡します)
・応募→履歴書(写貼)、職務経験書の両方をワードかエクセルで作成の上、以下のアドレス宛メール添付にてご送付下さい。
    件名に「応募者名」及び「浜松市希望」と明記下さい。
    書類審査通過者のい2月末までにご連絡致します。
 「応募・お問い合わせ先」
***-hamamatsu@interac.co.jp
  (***をaltに変えます)
・学校/官庁/企業内の国際化及び語学研修の総合コンサルティング
「株式会社インタラック関西東海 浜松支店」
浜松市伝馬町311-14 浜松てんまビル5F

 雪が積もって寒かったけど、「伝兵衛商店株式会社」の「薪ストーブの基礎講座」に出掛ける。
 「YAHOO 地図」で調べていった場所には「かんたろう」という鰻屋があった。結局、場所が分からず、帰ることにした。
薪ストーブで暮らし、ぽかぽか。
 新規導入をお考えの方へ
薪ストーブの基礎講座
 薪ストーブ導入にあたり、知っていただきたい事を分かりやすくお伝えします。
2017年1月15日&2月5日(日)
①10:30~
②14:00~
「伝兵衛商店株式会社」
浜松市南区飯田町739-3
TEL 053-467-0751
火曜・水曜定休日
営 午前10時~午後6時/平日12時~

http://www.den-bay.jp/
https://www.facebook.com/denbaydo

伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」

 帰宅途中、「なか卯」に寄る。
http://www.nakau.co.jp/jp/index.html
伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」

 おっと、今「とん汁」が180円のところ「お客様感謝100円セール!」で100円♪そこで、「和風牛丼」350円と「とん汁」100円で合計450円を注文。
 寒いから、とん汁が温かいねぇ~!!!ここの牛丼も好きな味だねぇ~!!!
 お茶は、冷たいんだね・・・。

 通り道だったのでついでに「片山酒店」に寄る。でも、日曜定休だった・・・!
静岡県浜松市中区砂山町510-9  
TEL/053-453-1791
Fax/053-454-1198

http://www.sake-jazz.com/
http://www.japan-net.ne.jp/~katayama/

 帰宅して、「ホットコーヒー」!寒いから、温まるねぇ~♪

 車のディーラーから、車検の案内の電話が来た。「知人のところでやるからいいよ」と伝えると、「それは、どこですか?」としつこく聞いてきた!!!何弾だ!?プライベートのことでしょう!!!

 夕方は「豚肉の生姜焼き キャベツの千切り添え」で一杯♪

伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」

 デザートは、いただいた「MADLEINE」♪
ショコラ
(株)銀座コージーコーナー B2
東京都中央区銀座1-8-1
TEL 0120-175257

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「あゆの姿煮」(宮崎県)の引用♪
豊かな自然 味わう
 宮崎県のほぼ中央部に位置し森林が約8割を占める綾町は、ユネスコエコパークに登録され、綾北川や綾南川が日本の名水百選に選ばれているほど自然豊かな地。もちろん山の幸、川の幸は魅力たっぷり。なかでも清流に育まれた川魚を代表するアユは、江戸時代以降の当地の名産である。
 そのアユの料理で知られるのが、綾北川の名勝・綾川渓谷の入り口にあり、養殖池を持つ民宿・あゆの山水。「別荘気分で滞在するなじみ客が多い」そうだが、それも環境に加え食事がおいしいからにほかならない。同店では、料理以外にも加工したさまざまなアユ製品を販売。これがまた店名を高めている。
 特に人気を呼ぶのが「あゆの姿煮」。「小アユに醤油、みりん、酒、砂糖などを加え、弱火で5時間かけてじっくりと炊き上げた甘露煮です」と、40年余にわたり炊きを担当してきた先代店主の夫人・猿渡彰子さん。身は軟らかく味付けはしっかり、そしてほのかなアユの香味が鼻をくすぐるのがいい。このほか「焼あゆ」「あゆの昆布巻」「アユの塩辛「うるか」」、「箱詰めセット」などが好評だ。
【取り寄せ先】
(株)あゆの山水
宮崎県綾町北俣1768の1
TEL 0985(77)1626
FAX 0985(77)2098
あゆの姿煮(160g・約15~16尾)税込み1000円(送料別途)

http://www.index-f.jp/308/sansui/syokuji.html

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「ミツバ」の引用♪
お正月を過ぎてから
・和名:三葉 セリ科ミツバ属
・英名:Japanese honeywort
・食べられる部分:葉、茎
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、カリウム
 ミツバといえっば、香りの高い春の野草。本来はそうだったはずだ。今も野生のミツバを摘みにいくなら春に限る。だが、市場に最も多く出回る時期ということなら、ミツバは冬の野菜だ。関東などではお雑煮にも欠かせない。そしてまた、一年中店頭に並ぶ、季節を越えた存在でもある。
 ミツバはもともと日本の山野に自生していたが、野菜としての栽培が始まったのも早かったらしい。既に江戸中期には、現在の東京都葛飾区の水元町で、遮光して育てる軟白栽培が行われていたという。
 現在、市場に流通するミツバには主に三つのタイプがある。通年出回るのは「糸ミツバ」「青ミツバ」と呼ばれるハウス水耕栽培のもの。細くやわらかく、手軽に使える。
 最も香りがよいとされるのは「根ミツバ」。畑で栽培し、根元に土寄せして茎を白く仕上げたもので、春先に根がついたまま出荷される。歯応えがしゃきっとしていて、さわやかな春の味覚だ。おひたしや卵とじでたっぷり味わいたい。
 一方、冬が旬とされるのは「切りミツバ」。遮光して栽培し、葉が出てから日光に当てて緑にして、根を落として出荷される。上品な香りで、お雑煮や吸い物などに向く。
 ミツバの香りには食欲増進や消化促進、さらに心を穏やかにする効果もあるという。清々しい香りは新しい年の初めにもぴったり。年末から値段が高騰するが、お正月を過ぎるとだいぶ落ち着くので、存分に楽しみたい。

本日のカウント
本日の歩数:8,824歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 丸文漬物 | トップページ | <作ってみよう郷土のおやつ>嫁から嫁へ受け継ぐ味 五平餅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」:

« 丸文漬物 | トップページ | <作ってみよう郷土のおやつ>嫁から嫁へ受け継ぐ味 五平餅 »