« 「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」 | トップページ | 伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」 »

2017年1月14日 (土)

丸文漬物

 今日の朝刊のコラム欄より、引用。
 ぱやぱや、のっつのっつ、もつもつ…。いずれも、雪が降るさまを表す東北地方の方言だ。ぱやぱやは粉雪が頼りなさげに舞うさま、のっつのっつ、もつもつは、どっさりと降る様子
▼しんしん、こんこん…も美しい擬態語だが、北国の方言のオノマトペからは、雪とともに生きる人々の、息遣いやぬくもりまでが、じんわりと伝わってくるようだ
▼この冬一番の寒気が流れ込み、雪国のみならず、そこかしこで、のっつのっつ、もつもつ…と雪が降る週末になりそうだという。「よりによって年に一度の大学入試センター試験の日に」と、受験生や親御さんは、きのうから心配げに冬空を見上げていたかもしれぬ
▼そんな冬空に、無数の輝きを見たのは、詩人の吉野弘さんだ。雪深い山形県酒田市で生まれ育った吉野さんは「雪国抒情(じょじょう)」という作品で、天から際限なく舞い降りてくる雪を、うたいあげている
▼<韓国語で/目のことをヌンと言い/雪のことをヌーンと言う/おそらく/天上の目が雪なのだ/こまかな億万の目が/地上を見ようとして/いそいそとまぶしげに降ってくる/天と地の間が/この世ならぬ興奮でいっぱいになる…>
▼今年のセンター試験には、五十万人を超える受験生が挑むという。未来を見つめようとして、どきどきしながら冬の道を歩む百万もの瞳を、天上の目がやさしく見守ってくれるといい。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017011402000115.html

 テレビの「迷っても行きたい!路地裏の名店9」で美味しそうなお店を取り上げていた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/18508_201601311954.html
《KUNIKAGE》
東京都世田谷区三軒茶屋2-14-16
TEL 03-6413-8026
・ウニの出汁のブリしゃぶ
《とんかつ 穂久斗(ほくと)》
東京都港区芝大門1-8-4
TEL 050-5799-5969
・ハンコロ定食 900円

http://r.gnavi.co.jp/pr/p_24102/tv/

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「静岡県 浜松市 気賀」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<気賀関所>徳川家康が設置。1990年に復元。
・関所通行料(通行手形) 150円
・着替え体験 300円~ ※要予約
《お菓子のとやま》
・直虎とうふ(チーズ・チョコレート) 各180円
・みそまん 105円
《内山製菓》
・いい!直虎゛(いい なおドラ)(抹茶・黒糖・ノーマル味) 各150円
・月泉(みかん・ブルーベリー) 各150円
 井伊直虎の戒名。妙運院殿 月泉祐圓禅定尼
《龍潭寺売店》
・井伊直虎 静岡茶そば 700円
・直虎カレー 640円
♪ 女城主・井伊直虎 1,300円(浜北弘二)
・井伊直虎 刀 チョコインクッキー (6個入り) 700円
・出世法師 直虎ちゃん 出世ノート 320円
<龍潭寺>
♪ 夢で逢えたら 吉田美奈子(1978年)
・参拝料 500円
 井伊家の菩提寺
『井伊家傳記』
・井伊家墓所
 藤原鎌足 12代目
 彦根

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1027705/

 「昼めし旅」は、「江ノ島電鉄」。10/7の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
《カフェテラス鵠沼 Family》(くげぬま)
・ポテトサラダのサンドイッチ
①食パンを焼き、バター・マスタード・マヨネーズを塗る。
②片方のパンに、レタス・トマトを乗せる。
③もう一方のパンにポテトサラダを塗り、2枚を重ねる。食べやすい大きさに切る。
・卵サンドイッチ
①卵と牛乳を混ぜ合わせ、フライパンで焼く。(オムレツのように)
②バターを塗ったパンに乗せ、塩・コショウをかける。
③もう一枚のパンを重ね、食べやすい大きさに切る。
・牛肉のビール煮
《扇屋》
☆江ノ電もなか(10個入り) 1,300円(税込)
<大久家>
・明太もんじゃ
①小麦粉を水で溶き、キャベツを入れ、ホットプレートで焼く。
②餅、明太子、さきイカをのせる。
③醤油で味付け。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1000885/

 寒いね・・・おっと!雪が降っているじゃないか!!!センター試験の頃って、だいたい雪が降るよね・・・いっそのこと、外国のように、「9月入学」にして、受験を、積雪の心配のない、且、インフルエンザが流行していない時期にしませんか!???
 雪が降っているけど、予約しておいた眼科に出掛ける。検査・診察をしてもらい、いつもの薬を処方してもらう。4,320円支払う。

 スーパーのATMに寄る。

 寒いけど、ちょっと晴れてきたので、「New Education Expo 2016 in 浜松」に行くことにする。
丸文漬物

 早く着きすぎたので、百貨店に寄り、「冬の大北海道展」を覘く。すごく混んでいたねぇ~!「佃善」の「じゃが豚」を買いたかったが、すぐに帰るわけではないので、買わなかった。

 「New Education Expo 2016 in 浜松」は、面白かったね!!!最新の機器が並んでいたよ!!!
http://school.ecumo.jp/news/expo2016/

 帰宅途中「ビッグ富士」に寄る。売り出しの「トンボまぐろ」100g116円を買うためだ。
 「ひと口さば 味付」「ひと口さば 水煮」105円、「くこの実」246円、「トンボまぐろ」311円、318円、205円のもの、「しめじ」3パック216円を買う。マグロは、腹側の脂の乗っていそうな部分をセレクト!!!
 「一味唐辛子」が105円のはずが116円とレジで打たれたので買うのはやめた!(広告に偽りあり!!!)
http://www.bigfuji.co.jp/

丸文漬物

 昼食は「ザ・ホテル・カレー」♪このシリーズは、美味しいね!
The HOTEL CIRRY
焙煎スパイス織りなす 香りの中辛
1人前180g222kcal
洗練された贅沢な香りとコク
 約6分の1になるまで炒めた玉ねぎ、じっくり煮込んだブイヨンに特製のカレーパウダー。代々レシピを受け継ぎ磨き上げている伝統ホテルで味わうカレーのような、洗練された贅沢な香りとコクをお届けします。
 焙煎したスパイスが織りなす豊かな香りと、奥深いコクの贅沢なおいしさをお楽しみください。
販売者:ハウス食品(株)
大阪府東大阪市御厨栄町1-5-7
製造所:サンハウス食品(株)
愛知県湖南市高屋町西里77
TEL 0120-50-1231

http://www.housefoods.jp

 クリーニングに行き、背広を受け取る。

丸文漬物

 「丸文漬物(まるぶんつけもの)」に行き、無人販売で「はくさい漬」150円を買う。本当は「キムチ」(昔は「朝鮮漬け」と言ったね)を買いたかったんだけど、もう作っていないらしい・・・残念!!! 
〒432-8006 静岡県浜松市西区大久保町4307-1
TEL 053-485-0707

http://hotpepper.omisenomikata.jp/shop/2257942/

丸文漬物

 夕方は、今日買った丸文の「はくさい漬」で一杯♪これが、なかなか旨い↑↑↑おススメだね!!!
静岡県浜松市大久保町4307-1
和久田文夫
TEL (053)485-0707

丸文漬物

 さらに今日買った「トンボまぐろ 生食用」274g318円♪腹身で脂が乗っていておいしい♪♪♪

丸文漬物

 デザートは頂いた「ラーメンピー」♪

本日のカウント
本日の歩数:11,939歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」 | トップページ | 伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸文漬物:

« 「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」 | トップページ | 伝兵衛商店株式会社「薪ストーブの基礎講座」、そして「あゆの姿煮」 »