« 「WaLTZ ワルツ」、そして「車で行きたい、くつろぎカフェ」 | トップページ | 低栄養状態は老化を早めるもと バランス良くしっかり食べよう »

2017年1月10日 (火)

お餅余ってませんか 一口大に切ってアレンジ

 今日は1月10日、「糸引き納豆の日」「明太子の日」「かんぴょうの日」「さんま寿司の日」。
 糸引き納豆はねばりが強いことから、受験生の合格祈願に食べられるとか!?

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 落語家の金原亭馬生さんは五十四歳で亡くなっているが、年齢よりもかなり老けて見えた。意識的に老けて見せていたようだと弟子の五街道雲助さんが書いている
▼白髪を染めたがらないし、歩く時にはわざと背中を丸める。心境もそうだったようで、ある席で「これからは(林家)三平さんのような若い人にがんばってもらわないと」と話したが、実際は三平さんより年下。枯れた芸を目指した馬生さんは早く年を取りたかったか
▼馬生さんならがっかりするだろう。六十五歳以上を高齢者とする現在の区分を、七十五歳以上に見直そうという日本老年学会などの提言である
▼十年前に比べて、高齢者の身体、知的能力は五~十歳ほど若く、六十五歳以上では現状と見合っていないという。そう聞けば、悪い気はしないし、現在の高齢者の中には提言に「もうひと踏ん張り」と勇気づけられる方もいるだろう
▼半面で六十五歳を節目にゆっくりしたいと設計してきた人には「ゴール」が遠のく気分であろう。提言が年金支給年齢の引き上げなどの材料に使われる可能性もある
▼七十五歳以上とすれば。高齢者人口はほぼ半減するというけれど、国をあげて年齢でサバを読む話に聞こえなくもない。「お若いですよ」。その世辞が体力を実際に回復させ、腰や膝の痛みを魔法のように消してくれるのならば、ありがたいのだけれど。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017011002000097.html

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「井伊直虎が活躍した舞台や「姫街道」を巡る旅」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
「愛知・赤坂宿」
※姫街道:浜名湖の北側を抜ける東海道の脇街道。
《どんぐり茶屋 あかり》
※江戸時代の籠かきの呼び名な”雲助”。
☆雲助飯:赤味噌とネギと油揚げの混ぜご飯
・雲助飯せんべい 1袋 300円
<旅籠 大橋屋>
<浄泉寺>
・ソテツ:1887年頃、浄泉寺境内に移植された。
<御油の松並木>
 1944年、国の天然記念物に指定。1604年、徳川家康の命令で整備。
♪ センチメンタル 岩崎宏美(1975年)
《Pino Cafe(ピーノ・カフェ)》
・焼豚の釜めし 1,300円
「東海道・御油宿」
<華の館>
「愛知県・豊川」
<豊川稲荷>

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1026578/

 昨日の新聞の広告欄に「阿含の星まつり」の案内が出ていた。
炎の祭典・第44回 神仏両界大柴燈護摩供(だいさいとうごまく) 阿含の星まつり
 2017年(平成29年)2月11日(土・祝)
 修法地=京都市山科区北花山(阿含宗総本殿境内地)
 導師=阿含宗管長 深田靖阿少僧正
神々と仏に会える特別な一日
 神仏の聖地(ぽわースポット)を巡る「特別参拝」
入場無料
東海本部
名古屋市中区松原3-13-25
TEL 052-324-5550

http://www.agon.org/
 「阿含の星まつり 日帰り バスツアー」¥5,900~¥9,500
近畿日本ツーリスト岐阜支店
TEL 052-533-2701

 「クラブツーリズム」より、メール。「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/fuji-susono/?waad=5SujoVDp

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅・・・今、仕事が佳境なんですよ!!!

お餅余ってませんか 一口大に切ってアレンジ

 帰宅して、先日買った「豚ロース焼肉用(生姜焼肉」(輸入)アメリカ産」100g95円、375gで356円のもので「豚生姜焼き」を作り一杯♪
 この色の濃さは、味に関係しているのでしょうか???
お餅余ってませんか 一口大に切ってアレンジ

 昨日「野菜の無人販売」で買った「キャベツ千切り」を添える。小ぶりだし、ちょっと硬いね・・・。

お餅余ってませんか 一口大に切ってアレンジ

 デザートは、頂いた「ロールカット」♪これがうまい!!!
株式会社 まるたや洋菓子店
浜松市中区神田町367番地
TEL 053-441-9456

http://www/marutaya.net/

 ここで、2017年1月9日の朝刊より、「お餅余ってませんか 一口大に切ってアレンジ」の引用♪
 お正月用のお餅が余ったら、アレンジして食べてみませんか-。料理研究家の宮沢史絵(しえ)さん=横浜市=は、一口大に切った餅を使った料理を提案している。
 宮沢さんがエスニック風アレンジで着想のヒントを得たのが、棒状の餅を使う韓国料理「トッポギ」。日本の餅も縦四等分に切ってコチュジャンや砂糖などで甘辛く炒めるとトッポギ風になる。餅に少し芯が残っていても、余熱で火が通り、ちょうどいいやわらかさに仕上がる。
 キムチも餅によく合い、チーズを加えてグラタンの具にすることを宮沢さんは提案する。辛い物が苦手な子ども用にはキムチを抜いたり、代わりにミートソースを使ったりしてもいい。
 ベトナムの「チェー」を参考にしたスイーツは、コンデンスミルクで甘みを付けたココナツミルクに焼いた餅を入れるだけ。好みのフルーツの他、お正月料理の定番、黒豆煮を加えると甘みと彩りのアクセントになる。
 (細川暁子)
【トッポギ風甘辛炒め】
『材料』(2人分)
・切り餅 4個
・タマネギ 1/2個
・ニンジン 1/3本
・ピーマン 1個
・ニンニクの芽 4本
・A(コチュジャン大さじ2、酒大さじ2、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、しょうゆ小さじ1、水大さじ2)
・ごま油 小さじ2
・白いりごま 小さじ1
『作り方』
①餅は縦に4等分の棒状に切り、タマネギは薄切り、ニンジンは短冊切り、ピーマンは1センチ幅に切る。ニンニクの芽は長さ4センチに切る。Aを合わせておく。
②フライパンにごま油を入れてニンジンとタマネギを炒め、ニンニクの芽とピーマンを加えてさっと炒める。Aと餅を加えて混ぜ合わせ、ふたをして1分ほど中火で煮る。
③タレにとろみと照りが出て、餅がやわらかくなったら火を止め、白いりごまを加える。
【キムチーズグラタン】
『材料』(2人分)
・切り餅 4個
・キムチ 100グラム
・タマネギ 1/2個
・ベーコン 2枚
・小麦粉 大さじ2
・牛乳 400ミリリットル
・コンソメ(顆粒(かりゅう)) 小さじ1/2
・卵 2個
・ピザ用チーズ 適宜
・パン粉 適宜
『作り方』
①餅は4等分のひと口大に切り、タマネギは薄切り、ベーコンは1センチ幅に切る。
②フライパンに少量の油(分量外)を入れてベーコンとタマネギを炒め、タマネギがしんなりしてきたら、小麦粉を加えて炒め合わせる。
③粉っぽさがなくなったら、牛乳と餅とコンソメを加えて混ぜ合わせる。とろみがつき、餅がやわらかくなってきたら火を止める。餅は芯が残っているぐらいでもいい。
④耐熱容器2つに(3)を半分ずつ入れ、キムチ、ピザ用チーズ、パン粉をそれぞれのせる。中央にくぼみを作って卵を1個ずつ割り入れ、オーブントースターで8~10分焼く。
【チェー風スイーツ】
『材料』(2人分)
・切り餅 2個
・黒豆煮 40グラム
・ココナツミルク 200ミリリットル
・コンデンスミルク 40グラム
・イチゴ 2個
『作り方』
①餅は6等分のひと口大に切り、トースターで焼く。イチゴはヘタを取り、4等分に切る。
②鍋にココナツミルクとコンデンスミルクを入れて、弱火でコンデンスミルクを溶かす。
③(2)を半分ずつ器に注ぐ。(1)と黒豆煮を半量ずつ添える。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017010902000004.html

本日のカウント
本日の歩数:8,182歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「WaLTZ ワルツ」、そして「車で行きたい、くつろぎカフェ」 | トップページ | 低栄養状態は老化を早めるもと バランス良くしっかり食べよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お餅余ってませんか 一口大に切ってアレンジ:

« 「WaLTZ ワルツ」、そして「車で行きたい、くつろぎカフェ」 | トップページ | 低栄養状態は老化を早めるもと バランス良くしっかり食べよう »