« 「御食事処 たかみ」、そして「受け継がれる郷土の食(後編)」 | トップページ | 「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」 »

2017年1月 7日 (土)

春の七草がゆをいただきましょう。

 今日は、寒いね!
 今日は、1月7日、「春の七草がゆをいただきましょう。」、
1月7日(人日(じんじつ)の節句)
 1月7日は尽日の節句。古くからこの日に七草がゆをいただき、新年の健康や五穀豊穣を願いました。
 正月疲れをいたわる意味も込め、七草をたっぷり入れたおかゆで一年を元気に過ごしましょう。
七草のいわれ
・芹(せり)競り勝つの意
 香り豊かな水辺の野菜で、食欲増進をサポート。
・薺(なずな)撫でて穢れを祓うの意
 別名、ぺんぺん草。昔は一般的な食材だったとか。
・御形(ごぎょう)仏体の意
 別名、母子草(ハハコグサ)。昔は草もちの材料にされていました。
・繁縷(はこべら)繁栄がはびこるの意
 古くから薬草として親しまれてきました。
・仏の座(ほとけのざ)仏の安座の意
 食物繊維が豊富で、胃腸をサポートするとされています。
・菘(すずな)神を呼ぶ鈴の意
 現在のかぶのこと。古くは葉が重用されました。
・蘿蔔(すずしろ)汚れのない白の意
 現在の大根のこと。ビタミンやミネラルが豊富。

人日の節句・七草
 人日の節句とは五節句の一つ。その日の朝に、寒中に芽を出す七草をかゆにして食べ、無病息災を願います。年末年始のごちそうの食べ疲れも感じる頃なので、七草がゆで胃腸をを休めましょう。七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)。
【かぶとささみのとろとろスープ】(152kcal)
やさしい味わい、体が温まります
『材料』(2人分)
・かぶ・・・2個
・かぶの葉・・・4枚
・鶏肉(ささみ)・・・2本
・A
 酒・・・大さじ1
 塩・・・少々
・片栗粉・・・大さじ1
・にんじん(薄い輪切り)・・・2枚
・しょうが(せん切り)・・・1/2かけ分
・B
 鶏がらスープ(顆粒)・・・大さじ1/2
 水・・・2カップ
・塩・・・少々
『作り方』
①かぶは皮をむいてすりおろす。かぶの葉は長さ3cmに切る。鶏肉は筋を取り、斜めに細切りにしてAをからめ、片栗粉をまぶす。
②にんじんは梅型で抜く。
③鍋にBを入れて中火にかけ、煮立ったら鶏肉、かぶの葉、にんじん、しょうがを加える。アクを取って3分ほど煮たら、かぶのすりおろしを汁気を軽くきって加える。味をみて、塩を加えてひと煮する。

「やさしい料理で からだの調子をととのえる」
 消化がよく、体も温まるメニューを紹介します。疲れ気味や風邪の時にぴったり。
【大根としらす干しの雑炊】(235kcal)
やわらかく煮た大根と、さっぱりおろしのダブル使いがポイントです
『材料』(4人分)
・大根・・・1/6本
・しらす干し・・・40g
・ごはん・・・200g
・A
 だし汁・・・2カップ
 みりん・・・大さじ1/2
 しょうゆ・・・小さじ1
 塩・・・小さじ1/4
・しょうゆ・・・少々
『作り方』
①下ごしらえをする
 大根は2/3を5mm角に切り、残りはすりおろして軽く水気をきる。ごはんをざるに入れ、煮る直前にサッと洗ってぬめりを取る。
②煮る
 鍋にAと角切りの大根を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で5分煮る。しらす、ごはんを加えてさらに1分ほど煮る。器に盛り、大根おろしをのせてしょうゆをかける。
【和風ミネストローネ】(92kcal)
野菜をしっかり炒めてから煮ると、甘みやうまみが引き立ちます
『材料』(4人分)
・長ねぎ・・・1本
・大根・・・1/6本
・キャベツ・・・大2枚
・ベーコン・・・2枚
・オリーブ油・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/3
・A
 コンソメ(顆粒)・・・小さじ1
 しょうゆ・・・大さじ1/2
 こしょう・・・少々
『作り方』
①下ごしらえをする
 長ねぎは幅7~8mmの小口切り、大根は7~8mm角に切る。キャベツは1.5cm四方に切る。ベーコンは幅5mmに切る。
②炒めて煮る
 鍋にオリーブ油を中火で熱し、①と塩を入れる。弱火にし、4~5分ゆっくり炒めてから水4カップ、Aを加える。ふたをして弱火で15分煮る。
【長いもと白菜のスープ 焼き餅入り】(172kcal)
長いもを煮るとほくほくでおいしい!焼き餅を入れればボリュームアップ!
『材料』(2人分)
・長いも・・・150g
・白菜・・・1~2枚
・切り餅・・・2個
・A
 コンソメ(顆粒)・・・小さじ1/2
 塩・・・小さじ1/4
 こしょう・・・少々
『作り方』
①下ごしらえをする
 長いもは皮をむいて長さ3cmに切り、縦に4~6つに切る。白菜は3~4cm四方に切る。
②煮る
 鍋に水2カップ、Aを入れて中火にかけ、煮立ったら①を加える。アクが出たら取り除き、ふたをして弱火で15分煮る。器に盛り、焼いた餅をのせる。

1月の朝、食べて免疫力を高めましょう
 からだにうれしい朝ごはん
 寒さからくる冷え、風邪の流行が気になる時期。体の中の免疫力を高める朝ごはんがおすすめです。
【しめじのスープ餅】(337kcal)
『材料』
・もち・・・4個
・シメジ(石づきを落とし2~3cm長さに切る)・・・1パック分
・小松菜(2cm長さに切る)・・・40g
・ベーコン(5mm幅に切る)・・・2枚分
・みかんの皮・・・1/2個分
・ショウガ(すりおろし)・・・適量
・コンソメ(固形)・・・1個
・水・・・2カップ
・A
 しょうゆ・・・小さじ1
 こしょう・・・少々
『作り方』
①もちは焼き、みかんの皮はよく洗い、内側の白い部分を包丁の背でこそげ取り、細切りにする。
②鍋に水とコンソメ、シメジを入れて火にかけ、沸騰したら小松菜とベーコンを入れる。Aで味つけし、サッと煮る。
③もちを器に盛り、②をかけ、ショウガ、みかんの皮をのせる。
※おすすめ朝食材
・しめじ
 腸と肺の調子を整え、βグルカンが免疫力を高めるとされます。
・みかんの皮
 水分代謝を整えて体を冷えにくくし、免疫力低下を防ぐとされます。 
相乗効果!
 薬膳では腸と肺はつながっていると考えます。咳や鼻水などが気になるときは、しめじとみかんの皮で腸と肺をサポートしましょう。
*槇玲(まり)
 管理栄養士、料理研究家、おうち薬膳家
 薬膳と管理栄養士の両方の知識を生かした「体も心もいたわる料理」を提案。スーパーで手に入る旬の食材を使った、手軽に作れるレシピが大人気。各種メディアで活躍中の3児の母。著書に「おうち薬膳」など。

http://www.onomari.com/

 「クラブツーリズム」より、メール。「☆おじゃMAPで紹介された観光地へ行くコースです☆
 5種の本ズワイガニ料理食べ放題とイチゴ狩り食べ放題in群馬
旅行代金:8,980円/1月~3月出発 (日帰り)
・昼食は5種の本ズワイガニ料理を食べ放題[約50分間]!
(茹でカニ・網焼き・カニ飯・カニ天ぷら・カニ鍋)
・昼食時に5種のスイーツバイキングもお楽しみ
・旬の甘~いイチゴ狩り食べ放題[約30分間]※やよいひめ限定
・ポピー(3本)お持ち帰り
・とろ~り湯葉づくり体験!揚げ湯葉やトロゆばなどの食べ比べもお楽しみ

http://www.club-t.com/mail/u/l?p=w6Bq7zZtV3oZ

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「谷中」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<東覚寺>福禄寿、ご利益は福徳・長寿
・赤紙の仁王尊
 寛永18年(1641年)に建てられた仁王様。赤い紙は「悪魔を消滅する火」。自分の悪い所を赤紙を貼って身代わりになっていただく。祈願が成就したら、わらじを奉納する。
・赤紙 20円(2枚)
・線香 200円
・版画代 1,000円
・御朱印 200円
《レストラン ザクロ》中東料理
*トルコランプ:ガラス製のランプにビーズや鏡などが張り合わされたトルコの伝統的なランプ。
・1,000円幸せコース 1,080円
(ナン、コラーゲンスープ(羊の頭と足を4時間煮込みトマトやニンニクなどの野菜に10種類のスパイスが入る)、漬物、きゅうりのピクルス、チーズナンなど15種類以上)
<修性院>布袋 高さ2m、重さ200kg
 「大量を司る神様」といわれていまして、量は「器」という意味があり、大きな器になることができるとか、心が広くなるというご利益。
 「子育ての布袋様」といわれ、小さな子の発育や頭がよくなるというご利益もある。
『未刊随筆百種 第2巻』三田村鳶魚(享和雑記)
・御朱印 200円
「谷中銀座商店街」
♪ ささやかなこの人生 風(1976年)
《松寿庵》
・谷中七福神そば 880円
(エビ:恵比寿、フクロダケ:大黒天、紅白かまぼこ:弁財天、鶏肉:毘沙門天、うずらの卵:布袋、海苔:寿老人、竹の子:福禄寿)
<護国院>大黒天
<青雲時>恵比寿
<天王寺>毘沙門天
<長安寺>寿老人
・御朱印 200円
「上野」
<不忍池辯天堂>弁財天、ご利益は芸能・福徳
*天海大僧正:徳川家康の側近。江戸幕府初期に深く関わりのある人物。
※琵琶湖・竹生島を見立てた
・清水観音堂:京都・清水寺を模して作られた。
・9月「巳成金大祭」御開帳
※七福神めぐりを始めたのが、天海大僧正であったといわれている。
・御朱印 200円

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1025756/

 「昼めし旅」は、「石川県 金沢市」。9/14の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 加賀百万石の城下町、」ズワイガニ、のどぐろ、加賀野菜
「近江町市場」
※鮮魚・青果・精肉・乾物など約180店舗が並ぶ。
《(有)清商店》
☆能登活シマエビ 1尾 500円
《大口水産》
 ゴゾクラ(ブリの子)
・いわしのフライ
・鶏とごぼうの炊き込みご飯
(1食200円)
「大野町」醤油の五大名産地
《ヤマト醤油味噌》
☆しょうゆソフトクリーム 350円
☆生しょうゆスプレー 540円
☆塩糀カレーランチ 1,000円
☆発酵美人ランチ 1,500円 ※要予約
・赤イカと甘エビの煮物
(赤イカに甘口醤油、甘エビやカボチャを入れて、一煮立ち)
・発酵玄米ご飯
・アサリのしんじょのみそ汁
「西茶屋街」
 花街として栄え、現在22名の芸妓さんがいる。
《桜桃(ゆすら)》
*お茶屋:芸妓さんの待機場所やお客さんを接待するお座敷がある。
・桜桃カツサンド 700円
(高温の油でサクッと揚げる)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/994607/

 職場に仕事に出掛ける。休日出勤なのに無給・・・サービス出勤だよ!!!

 仕事を終え、買い物に出掛ける。
 「納豆」50円、「明治ブルガリアヨーグルト」148円、「絹ごし豆腐」30円、「木綿豆腐」38円、「もやし」19円、「赤かぶら丸漬け」298円、「ぶなしめじ」84円、「味ぽん」1L538円、それに売り出しの「アメリカ産牛肉こま切れ」100g128円360gで460円のものを買う。牛肉に「ブラック アンガスビーフ」って書いてあるけど、どんな牛肉なのだろう?

 寒いねぇ~・・・夕方は、「みそ煮込うどん」で一杯♪寒いから、温まるよねぇ~↑↑↑
 前回は、鶏肉を入れたけど、豚肉も合うと思ったから、今回は、豚肉を入れる。それに、絹ごしとうふ、白菜、卵を入れなきゃね!!!
春の七草がゆをいただきましょう。

 キノコは今日買った「長野県産 ぶなしめじ」(^^♪
信州 なかの
♪カナカナカノカ ナンセカンセ ドッコイサノ♪♪
しめじっちゃんと孫のにこちゃん
【かんたん!塩しめじ】
『材料』
・ぶなしめじ・・・200g
・えのきたけ・・・300g
・赤とうがらし・・・1本
・塩昆布・・・大さじ2
・酒・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2
『作り方』
①しめじはほぐし、えのき茸は長さを3等分する。赤とうがらしは種を除く。
②鍋に水、酒、みりん、赤とうがらしを入れて火にかけ、煮立ったらしめじを加えて、塩をふる。
③混ぜながら煮て、しめじがしんなりしたら、えのき茸を加え、時々混ぜながら4~5分煮る。
④塩昆布を加えてひと煮立ちさせる。
JA中野市
長野県中野市三好町1-2-8
TEL 0269-22-4195

春の七草がゆをいただきましょう。

 デザートは、頂いた「開運 遠州 どらやき」♪
開運どら焼
有限会社 エルドール 美崎屋
浜松市南区新橋町1845-1
TEL 053-449-8800

本日のカウント
本日の歩数:6,326歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「御食事処 たかみ」、そして「受け継がれる郷土の食(後編)」 | トップページ | 「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の七草がゆをいただきましょう。:

« 「御食事処 たかみ」、そして「受け継がれる郷土の食(後編)」 | トップページ | 「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」 »