« 「いただきます 鍋を囲んで」 | トップページ | 丸文漬物 »

2017年1月13日 (金)

「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「静岡県 浜松市 三ヶ日」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《まるや製菓》三ヶ日みかん直売所
・みかん詰め放題 1,000円
・浜名湖遊覧船 乗船料 750円~
・カモメの餌 100円
♪ かもめが翔んだ日 渡辺真知子(1978年)
※1530年頃の浜松、井伊家22代当主、井伊直盛の一人娘としてこの世に誕生した直虎。父のいとこ、直親の許嫁となるが、井伊家の跡継ぎが次々と殺害され、直親は身を隠すため、浜松を後に。一途に想う直虎は、出家を決意する。10年後、直親は浜松に戻り、井伊家の23代当主となったが直虎は出家の身。直親は別の女性と結婚し、世継ぎも生まれる。しかし、直親は暗殺され、跡継ぎは幼子で、井伊家は滅亡の危機に。ここで直虎が立ち上がり、女城主として直政を育て上げる。元服した直政は、24代井伊家当主となり、さらに家康の重鎮となった。直虎は再び尼として生涯を過ごした。
《和洋菓子司 入河屋》
・三ヶ日特産 みかん最中 148円
・かりんとうみそまん 100円
※大福寺納豆:大豆の発酵食品で徳川家康の大好物
《長坂養蜂場》
・手にやさしいはちみつハンドクリーム 1,360円
《浜名湖レークサイドプラザ》三ヶ日源泉「万葉の滝」(自家源泉)
・1泊2食付 11,340円~
*《フレンチレストラン ミコノス》
・直虎フレンチ宿泊プラン 1泊2食付 13,280円~
・直虎フレンチ ~ルージュ~ -プロローグ- ※3月まで
(鱈のポアレと白子のポアレ、フォアグラ大根、イチゴのスフレグラッセ)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1027422/

 「昼めし旅」は、「静岡県 富士宮市」。9/30の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 朝霧高原、ストライプチーズ、食べる牛乳(富士ミルクランド)
<中島酪農場>昭和21年創業(ハートランド朝霧)
☆ソフトクリーム 350円(税込)
☆酪農体験 乳搾り、エサやり、バター作り
 牛乳の販売は要予約
☆プリン 300円(税込)
☆ナチュラルチーズ 1,000円(税込)
*15棟ロッジ 3ヵ所のバーベキュー場
・ナポリタン
・焼き鮭
・揚げナスとピーマン
・キュウリの漬物
・焼きチーズ
(チーズを食べやすい大きさに切り、ホットプレートで焼く)
<>
・ジャンボ落花生:富士宮市の特産品(生産量日本一)
<伊藤家>
・自家製シソジュース
・そうめん
・自家製梅干し

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/999019/

 仕事を終え、スーパーに向かう。
 スーパー付属のATMに行く。「やった!!!ATMが空いている」・・・と思ったら、「調整中。しばらくお待ちください」と表示されていた・・・「しばらく」って、どれくらい???ちょっと待っても、使えないぞ!!!???

 スーパーに入り、「CGC生乳ヨーグルト」138円、「丸守 もめん豆腐」62円、それに売り出しの「タカノ 小粒納豆」62円、409円のところ40%引きで245円の「牛もつ鍋」を買い帰宅。

 寒いね!こんな日は、鍋だね!!!
「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」

 今日買った「牛もつ鍋」で一杯♪
Nipponham
 プリッとした牛もつ入り
 キャベツとニラを加えるだけ!
博多風 しょう油味 あご入り和風だし使用
極旨
1パック(250g)当たり345kcal
日本ハム株式会社 C
大阪市北区梅田2-4-9
TEL 0120-029588

「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」

 レシピには書いてなかったが、「もめん豆腐」も入れる!
昔ながらの生とうふ もめん
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-41112

 ネギを散らし、七味唐辛子をかけていただく。温まるねぇ~!!!

 うどんを入れたかったな!

「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」

 デザートは、頂いた「MADELENE」♪
(株)コージーコーナーB2
東京都中央区銀座1-8-1
TEL 0120-175257

 テレビの「とびっきり静岡」の「とびっきり食堂」で安くておいしそうなお店を取り上げ炊いた!!!
http://www.satv.co.jp/0300program/0010tobikkiri/0004syokudo/
 「浜名屋食堂」
静岡県浜松市中区利町305-1
TEL 080-4858-0999

https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22030927/
http://nikunohamanaya.com/
http://nikunohamanaya.hamazo.tv/
https://ja-jp.facebook.com/nikunohamanaya/

 ここで、鍋料理のレシピの引用♪♪♪
【トマトすき焼き】(440kcal)
有名割烹店の名物すき焼きをおうちで
『材料』(2人分)
・牛肉(すき焼き用)・・・200g
・トマト・・・2個
・たまねぎ・・・1個
・バジルの葉・・・5枝分
・にんにく(薄切り)・・・1片分
・A
 しょうゆ・・・大さじ5
 酒、みりん・・・各大さじ2
 水・・・大さじ3
・オリーブ油・・・大さじ1
・卵・・・2個
『作り方』
①たまねぎは半月切りに、トマトはくし形切りにする。
②鍋を熱してオリーブ油、にんにくを入れてサッと炒め、①、牛肉を加えてサッと焼く。
③合わせたAを加えて煮立たせ、最後にバジルの葉を加え、火の通ったものから溶いた卵につけていただく。
「シメはパスタがおすすめ!」
 具を食べ終わったら、ゆでたスパゲティ、角切りのトマト適量を加えて炒め、器にとって粉チーズをかけていただく。

【まいたけと水菜の酢の物】(19kcal)
『材料』(2人分)
・まいたけ・・・1パック(100g)
・水菜・・・3株
・A
 薄口しょうゆ・・・小さじ2
 レモン汁・・・大さじ2
 だし汁・・・1/3カップ
『作り方』
①水菜は熱湯でゆでて水にとり、しぼって3cmの長さに切る。同じ湯で小房に分けたまいたけをサッとゆで、ざるに上げて冷ます。
②①を合わせて、合わせたAをかける。

【海鮮鍋】(1/4量で91kcal)
『材料』(3~4人分)
・はまぐり・・・4個
・かにの足(刺身用)・・・4本
・絹ごし豆腐・・・1丁(300g)
・白菜・・・1/6株(300g)
・生しいたけ・・・6個
・細ねぎ・・・4本
・A
 だし汁・・・5カップ
 酒・・・大さじ3
 薄口しょうゆ・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1
・ポン酢しょうゆ、もみじおろし(好みで)・・・各適量
『作り方』
①はまぐりは砂出しをして、殻と殻をこすり合わせて洗う。かには熱湯をかける。
②豆腐は8等分に切る。白菜は幅3cmに切り、芯と葉に分ける。しいたけは石づきを取り、大きければ半分に切る。細ねぎは長さ3cmに切る。
③鍋にA、はまぐり、白菜の芯を入れて中火にかける。はまぐりの殻が開いたら、かに、豆腐、しいたけ、細ねぎ、白菜の葉を加え、煮えたものから食べる。好みでポン酢しょうゆやもみじおろしを添える。

【ぶりの雪見鍋】(332kcal)
脂ののったぶりが、さっぱりと食べられる
『材料』(2人分)
・ぶり(刺身用さく)・・・200g
・長ねぎ・・・1/2本
・大根おろし・・・1/2本分
・A
 だし汁・・・2カップ
 酒・・・大さじ3
 薄口しょうゆ・・・小さじ1
 塩・・・小さじ1/3
・梅干し(種を除く)・・・1個
・ゆずの皮・・・適量
『作り方』
①長ねぎは幅2cmのぶつ切りにしる。大根おろしはざるに上げ、軽く水気をきっておく。ぶりは厚さ5mmほどに切る。
②鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったら長ねぎ、大根おろし、梅干しを加える。再び煮立ったらゆずの皮をちらし、ぶりを1枚ずつ入れ、色が変わったら食べる。
Memo
 梅干しをくずしながら食べると、何もつけなくてもおいしく食べられます。七味唐辛子をふってもいいですよ。

 2017年1月7日の「衣食住」、より【具だくさんの湯豆腐】(299kcal)。
『材料』(4人分)
・A
 昆布・・・10cm
 水・・・1200ml
・木綿豆腐・・・1丁(4590g)
・白菜・・・6~7枚
・生シイタケ(中)・・・8枚
・ニンジン(1~1.5cmの輪切り)・・・4枚
・春菊・・・200g
・豚ロース薄切り肉・・・200g
<土佐しょうゆ>
 水・・・150ml
 しょうゆ・・・200ml
 たまりしょうゆ・・・大さじ2
 酒・・・大さじ4
 みりん・・・大さじ4
 花かつお・・・10g
・細ネギ・・・2本
・ショウガ(すりおろし)・・・小さじ4
・白すりゴマ・・・小さじ4
『作り方』
①Aの昆布は分量の水に一晩漬け、水出しの昆布だし汁を作る(昆布を水に入れて弱火で煮出しても良い)。
②豆腐は水にさらし、16等分にする。
③白菜はゆでて水に取り、巻きすで巻いて3~4cmの長さに切る。生シイタケはお好みで飾り切りにし、ニンジンは花型で抜いて形を整える。春菊は葉の部分を摘む。
④豚肉は熱湯に入れてサッと霜降りにし、水に取る。
⑤鍋にBを入れてから火にかけ、煮立ったら火を弱めて1分煮てからこす。
⑥土鍋に①の昆布を敷き、昆布だし汁を1000ml入れる。煮えにくい材料から順に入れ、④の豚肉と豆腐を加えて煮立てる。
⑦細ネギは小口切りにする。
⑧⑥を⑤の土佐しょうゆと⑦のネギとショウガ、ゴマの薬味でいただく。
 ユズの皮を添える。
POINT
 土佐しょうゆは市販品もありますが、かつおの香りを利かせて、手作りすると満足感もひとしおです。

本日のカウント
本日の歩数:8,730歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「いただきます 鍋を囲んで」 | トップページ | 丸文漬物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64758446

この記事へのトラックバック一覧です: 「牛もつ鍋」、そして「トマトすき焼き」「まいたけと水菜の酢の物」「海鮮鍋」「ぶりの雪見鍋」「具だくさんの湯豆腐」:

« 「いただきます 鍋を囲んで」 | トップページ | 丸文漬物 »