« 春の七草がゆをいただきましょう。 | トップページ | 「WaLTZ ワルツ」、そして「車で行きたい、くつろぎカフェ」 »

2017年1月 8日 (日)

「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「アウトレット干物」が1kgで2,200円のところ1,980円!しかも、送料無料!
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/1397357/?scid=rm_206625
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「手羽餃子鍋」が、2,000円!しかも送料無料!
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/1397357/?scid=rm_206625

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「東京・清瀬市 カブ」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《レストラン よねむら》
<小寺農園>
※カブは少しの傷でも味が落ちる。カブは傷がつくと外敵が来たと感じ、アルカロイドなどの成分を分泌する。分泌された成分は苦味・えぐ味の原因になる。
・カブのつけもの
・カブの焼きもち
☆カブの千枚漬けとみかんと海老のサラダ
①塩を振って昆布で〆たカブのスライスを大皿に並べる。
②カブの皮と葉、ゆずの皮をきざんでまん中に盛る。
③軽くボイルしたエビとみかんを並べる。
☆カブのビーフシチュー
(カブをカツオと昆布のだしで炊いて、オレガノを入れる)
☆カブとスッポンの餡かけ粥
①スッポンのだしにカブをすりおろして入れ、粥の上にかける。
②おろししょうがをのせていただく。
(京料理 甘鯛のかぶら蒸し)
「家庭で簡単!米村流 お粥の作り方」
①沸騰したお湯の中にお米を入れる。(最初から沸騰したお湯でお米を炊く)
②お米が固まらないよう、ときどき混ぜて15分。
③お好みのダシやトッピングを乗せて。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0082/

 先日の「もらい酒 みなと旅2」は、「松重豊&光石研が来たバイ!福岡県仁ドンチャンSP」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
《二〇加屋長介》中目黒
 いわし明太 680円、酢ごぼう 480円、鶏白湯あつかけうどん 980円
*丸天:魚の練り物を揚げたもの。福岡を中心にうどんの具として親しまれている。
・ビール
・焼丸天 400円
(魚のすり身で作った薄い丸天を軽く炙る)
・厚切雲仙ハムカツ 600円
・ごぼ天あつかけうどん 800円
《いずみ田》中目黒
 慶州鍋 1,480円、つぼだい味噌焼 1,223円、活イワシ磯辺焼 815円
・日本酒
・焼酎
・ごまさば 1,000円
(鯖に醤油といりごまを和えた博多の家庭料理)
*光石研オススメのおつまみ「や亀や」さつま揚げ
 おまかせ小箱セット 799円
*松重豊オススメのつまみ
 マスカルポーネチーズのマグロの酒盗のせ
・慶州鍋 1,480円(韓国味噌をべーすにしたピリ辛スープの鍋)
《焼貝 あこや》恵比寿
 おまかせ焼貝盛り合せ 5品 4,200円、季節の貝の釜飯 一人前 1,500円
・日本酒
・肝のすき焼き 850柄園(季節によって変わる肝は、生卵で食べる)
《ジンギスバル まーさん》千歳船橋
・ビール
 「飲むばい 酔うばい 12時まで い~や2時まで」
・ラム肩ロース 790円
・ラムチョップ 100g 800円

http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/71062/558763/

 今日も寒いねぇ~!!!
 「酒&FOOD かとう」に出掛ける。「瑞泉」43度3240円、「久寿玉」3002円を伝票にて買う。「若竹 立春朝搾り」の案内をもらい帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=2100

 スーパーに行き、「海鮮太巻」540円の予約をする。店員さんがタブレットで入力していたが、時間がかかる・・・去年までのように手書きの方が速いぞ!!!
 店内で「鍋〆ます!ラーメン」159円を買い帰宅。

 3連休といっても特にすることもないね・・・テレビを見てもつまらないし・・・。

「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」

 夕方は、「久寿玉」で一杯♪
ひやおろし 山廃純米 久寿玉
 蔵の中で眠っていたお酒は、暑い夏が過ぎ涼風が吹き始めると急速に熟成の度合いを高め、味ノリしてまろやかになります。そのまま冷やで、あるいはぬる燗でお楽しみください。
・酒質/特別純米
・アルコール分/18%
・原材料名/米(岐阜県産)、米こうじ(岐阜県産)
(原料米/ひだほまれ100%使用)
・精米歩合/60%
・日本酒度/+4
・仕込水/北アルプス伏流水(軟水)
「おいしい召し上がり方」
・ロック 0~5℃
・冷 8~15℃
・ストレート 室温
・ぬるめの燗 35~45℃
・熱めの燗 45~55℃
有限会社 平瀬酒造店
岐阜県高山市上一之町82
TEL 0577(34)0010

http://www.kusudama.co.jp/

「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」

 おつまみは、「赤かぶら」♪これが、なかなか旨い!!!やはり、同じ土地のお酒とおつまみが合うんだよね↑↑↑
 ん~っ・・・日本酒には、塩気の濃いおつまみが合うのかな・・・!?
若宮謹製
WAKAMIYA'S PICKLES
飛騨高山 推奨土産品
TAKAYAMA-CITY Recomended souvenior
 飛騨清見ピクルスの森でじっくり乳酸発酵しました。
100gあたり29kcal
飛騨の赤かぶら
 朝晩の冷え込みが厳しくなった晩秋の頃、飛騨の赤かぶらの漬け込みが始まります。
 当社は、有機肥料を豊富に使用した製法で栽培された赤かぶらを湧き水で水洗いし、丹念に漬け込みます。
 そして年明けの雪深い頃、まっ赤に漬け上がり、食べごろとなります。当社では、年間冷蔵保管により、そのおいしさを大切にしております。昔ながらの飛騨の味をご賞味下さい。
若宮食品株式会社
岐阜県高山市清見町三ツ谷615
TEL 0577-68-3011

http://www.akakabu.jp/

「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」

 デザートは、頂いた「塩胡麻 ちんすこう」♪
命の塩 ぬちまーす
琉球銘菓
鹽 しお
株式会社 御菓子御殿
沖縄県読谷村字宇座657-1
TEL 0120-040-892

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「手むきしじみ佃煮」(島根県)の引用♪
粒より 宍道湖の恵み
 島根県東部の松江市は人口20万4千人の県庁所在地。国宝松江城をはじめ石垣、掘割、武家屋敷など歴史の面影をいまも残す松平氏の旧城下町だ。目の前に広がる宍道湖や街を巡る堀川が水の都の風情を湛えている。
 夕映えの美しさで名高い宍道湖は海水が混じる汽水湖。スズキ、アマサギ(ワカサギ)、シラウオ、シジミなど”宍道湖七珍”ほか多種の魚介が獲れる天然の生け簀だ。
 とりわけヤマトシジミはやや大粒で味が濃く、全国に知られる名産品である。
 「ここのシジミのうま味を逃がさぬよう、身を一粒一粒ていねいに手で剥いたむのを、地元で評判の創業百余年、井ゲタ醤油の昔ながらの天然醸造醤油と、刻んだ生姜とで甘辛く炊き込んだ」と自負するのが中浦食品の「手むきしじみ佃煮」。
 温かいご飯にのせて口に運ぶと、醤油の香りと味が染みたシジミの身とシャキッとした歯応えでピリッとくるショウガの食感が一つになって、食がよく進む。
 日本ではシジミは半数以上が輸入という昨今。国産のヤマトシジミだけを使った、高価で贅沢な佃煮である。
【取り寄せ先】
中浦食品(株)
松江市東出雲市錦浜583の41
TEL 0852(53)0844
FAX 0852(53)0843
9時~17時、日曜休、ほか不定休
手むきしじみ佃煮 1個(60g)税込み1944円
※送料別、常温で宅送

http://www.nakaura-f.co.jp/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「チョロギ」の引用♪
認知症も防ぐ縁起物
・和名:丁呂木 シソ科カッコウゾウ属
・英名:Chinese artichoke
・食べられる部分:塊茎
・注目の栄養素・機能性成分:オリゴ糖、アクティオサイド
 1月8日は正月事納め。お正月もおしまいだが、時に残ってしまうおせち料理の食材がある。ふだん使うものならいいが、これは少々首を傾げる。チョロギ。ネジネジの独特な形状。黒豆に添えられたりする小さな紅色。そういえば、その正体って何?
 古来珍重されてきた長寿の縁起物。名前に当てられる漢字も「長老喜」「長老木」「千代ロ木」などおめでたい。石蚕(いさご)という虫に似ているからと「草石蚕」とも呼ばれる。妙な生き物にも見えるが、れっきとしたシソ科の植物。野菜の仲間だ。
 50cmにも育つ丈高い草で、6、7月頃に赤紫の可憐な花を咲かせ、晩秋から冬に枯れたら収穫期。根っこを掘り返すと出てくる2、3cmほどの塊茎がチョロギだ。おせちのチョロギは主に梅酢漬けで赤く染まっているが、本来は色がなく白っぽい。
 漬物はシャキシャキしているが、加熱するとほっくりした食感に変わる。フランスでは茹でたり炒めたりして、肉料理の付け合わせや煮込み料理にも使われるという。
 小ぶりながら栄養的には優れもの。中医学書「本草綱目」にも記載され、血の巡りをよくし精神を安定させる漢方とされてきた。抗酸化力や整腸作用も期待できるとか。近年の研究では、脳を活性化し認知症予防に効果があることがわかってきたという。
 知るほどに面白いチョロギ。特産品として栽培を進める地域もある。これからお正月以外にもお目にかかる機会が増えるかもしれない。

本日のカウント
本日の歩数:7,382歩
(本日のしっかり歩数:4,556歩)
本日:54.9kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 春の七草がゆをいただきましょう。 | トップページ | 「WaLTZ ワルツ」、そして「車で行きたい、くつろぎカフェ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64736813

この記事へのトラックバック一覧です: 「久寿玉」「赤かぶ」、そして「手むきしじみ佃煮」:

« 春の七草がゆをいただきましょう。 | トップページ | 「WaLTZ ワルツ」、そして「車で行きたい、くつろぎカフェ」 »