« 「ウナギ 白焼きをわさびじょうゆで」、そして「浜名湖うなぎ柳川丼」「うなぎとごぼうの卵とじ」 | トップページ | 門外不出!ケンタッキーフライドチキン11種類のハーブ&スパイスはこれだ! »

2017年1月27日 (金)

緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 十六歳の少女が、自分の思いを手記に綴(つづ)ったのは、一年ほど前のことだ
▼福島第一原発の事故のため、故郷の町を離れ、友だちと別れなければならなかったこと。車の中で寝泊まりしながら転々と避難しているとき、普段通りに暮らしている人々を見て思わず、「にくい」と思ってしまったこと
▼岐阜の転校先では、いじめに遭った。靴に「福島に帰れ」と書いた紙を入れられたこともある。給食を配ると、「アイツがさわったから食べられない」と言われたこともある。そういうこともすべて書いた
▼そうして、一度はこう踏ん切ったという。「元の福島での生活に戻れないものは戻れない。現実は現実。嫌なことがあっても事実として受け止め、逃げずにいこう」。だが、今でもやはり、「ずっと福島にいられたら」と思ってしまうそうだ
▼そんな思いで踏ん張っている子が、どれだけいるだろうか。神奈川で、新潟で。福島から避難した子がいじめられていたことが明るみに出たが、その陰では、もっと多くの子どもがじっと声も上げずに耐えているのではないか
▼そういう子たちに、何か言ってあげたいことはあるか? 少女に尋ねたら、こんな答えが返ってきた。「頑張れば何とかなる、なんてことは、気軽に言えません。ただ、話を聞いてあげたい。同情されるより真剣に受け止めてくれる方が、心の支えになるんです」

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2017012702000115.html

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「三重県 伊勢市」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<伊勢河崎商人館>入館料 300円
・勢田川
・山田羽書:1610年頃に生まれた伊勢独自の通貨。藩札の元にもなったといわれる。
・エスサイダー 200円
<松尾観音寺>
・撫で龍:10年前に床板を張り替えた後、姿が自然に浮かび上がった。
「おはらい町」
 伊勢神宮内宮へ通じる街道沿いの町
♪ Hey Lady 優しくなれるかい 庄野真代(1980年)
《赤福 本店》1707年 創業
※お土産:伊勢神宮のお札「宮笥(みやげ)」が由来
・赤福餅 2個 210円
 独自の形は指で押さえた跡
 赤心慶福:他人の幸せを赤子のような素直な気持ちで喜ぶ
「おかげ横丁」
 江戸時代から明治までの伊勢街道の街並みを再現
《ひらき屋》
・さめのたれ(みりん味)
・さめのたれ(塩味)
・さめのたれ 1,300円~ (サメの身)
 サメは古くから伊勢神宮へ捧げられtきた供物
<伊勢神宮 内宮(皇大神宮)>
 天照大御神を祀る全国の神社の本宗。2000年の歴史を誇る。
*御師(おんし):日本全国へ伊勢神宮のご利益を説き、お札を配って歩いた。伊勢参りが認知され、江戸時代になって参拝ブームが起きた。
*ガイド(約1時間) 2,100円~
※内宮(右側通行)、外宮(左側通行)
 御正宮を遠回りしてお参りする。
・宇治橋 長さ101.8m、幅8.42m
・五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)
 五代将軍 徳川綱吉の母 桂昌院(けいしょういん)が寄進。当時の参拝客はここで身を清めた。
*御幌(みとばり)
 自分に向かって揺れることを神風といい、神様が願いを受け入れてくれる印といわれる。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1031303/

 「昼めし旅」は、「新潟県 小千谷市」。10/28の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 錦鯉
<坂詰養鯉場>
★山吹黄金 1尾 3,000円~(税込)
★紅白 1尾 5,000円~(税込)
★大正三色 1尾 5,000円~(税込)
・野沢菜
・カブ漬
・栗ご飯のおにぎり
・ポテトサラダ
・キノコ汁
<坂詰家>
・カボチャコロッケ
・キュウリもみ
・タラコ
・コシヒカリ
「金倉山(かなくらやま)」
 夕日に映える棚田とすすきの風景

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1006778/

 「楽協くん.com」に『ことばあそびレストラン』(のら書店)を注文!
https://www.gakkyo-kun.com/

緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」

 夕方は、「ここち」にて、職場の夕食会・・・自分だけ、飲み会(^^♪
緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」

 「オムレツ」「パスタ」「ピザ」などあったが、自分は「スペシャルメニュー」♪「岡崎おうはんと峯野牛のThe・ハヤシライス」♪♪♪
 「アペタイザー(前菜)」とドリンクが付いて、1,800円+税↑↑↑ドリンクはお代わり自由。プラス100円でフリードリンクになるし、アルコールも可。
 生ビールは、550円+税♪合計3杯も飲んじゃったよ♪
緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」

 「アペタイザー」は、種類が多い!これだけで、お腹がいっぱいになる。
緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」

 サラダやスープもある。
 もうお腹がはち切れるくらい食べた!!!もう満足。これで1,800円+税は安いね↑↑↑
 2時間ぐらいいたよ。そして、会計・・・3,240円支払う。「サービスカード」をくれた。
・ランチタイム限定:ドルチェセット 300円→200円へ
・ディナータイム限定:アンケートに答えてバースデーハガキご持参でドルチェセットが「バースデープレート」にグレードアップ!

 帰路に就く。

「緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」」
 生産地の中にある農園レストラン CoCoChiビレッジ
想い
 サラダ菜、チンゲンサイなど数百種類の野菜の生産地である大久保地区を元気にしたい。地元で収穫できる野菜を地元で使う場所=CoCoChiをつくり、そこで多くのお客様に心地よさを提供し、喜んでいただきたい。
「竹」
 大久保地区の課題、景観悪化や生態系への悪影響を招く放置竹林。私たちは竹本来のパワーに着目しました。
 免疫力を高める効果がある植物性乳酸菌
・粉砕した竹チップを作り農家へ支給。野菜や家畜の飼料にして、栄養価の高い野菜や肉、卵に。
・竹パウダーを練り込んだパスタやヨーグルトなどのメニュー開発。
「野菜」
 生産地の中にある農園レストランならでは。農家が直接持って来てくださる宵採り・朝採りの採れたての野菜を使ったおもてなし。
「卵」岡崎おうはん
 農水省管轄の独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場で開発され、日本の風土や食習慣に適した純国産鶏種。高い生産性と品質の良さ、大きな卵黄が特徴です。
 CoCoChiビレッジ内に建つ鶏小屋では平飼いでのびのびと暮らす【岡崎おうはん】が、毎日元気に卵を産んでくれています。浜北の契約農場の協力の元ご提供しています。
生産地の中にある農園レストランCoCoChi
 半径10km以内の食材を調達するフード・マイレージを元に、竹・大久保野菜・岡崎おうはんを中心とした地域資源を最大限に活かした安心・安全なフードメニュー。
☆オムライス(ランチタイム:1,600円(税抜)、ディナータイム:1,800円(税抜))
 岡崎おうはんを使用。選べるスタイル、オムライス。
・ドレス・ド・オムライス
・オムライス(スタンダードタイプ)
☆パスタ(ランチタイム:1,600円(税抜)、ディナータイム:1,800円(税抜))
 大久保の竹を使い乳酸菌が豊富なパスタです。
・フレッシュトマトとバジル
・ボンゴレビアンコ
・たっぷりきのこの醤油バター
・カルボナーラ
☆ピッツァ(ランチタイム:1,600円(税抜)、ディナータイム:1,800円(税抜))
 野菜が選べるカプリチョーザ
・マルゲリータ
・サラダピッツァ
トマトベース
 ベーコン
 エビ など
和風ベース
 照り焼きチキン
 釜揚げシラス など
メインの具材はシェフにおまかせください。
 アペタイザーのピッツァ専用コーナーからお選びください。
☆肉料理/季節料理
 季節により内容が異なります。
・ここちのKAMA炊きチキンライス 2,000円(税抜)
・峯野牛ローストビーフのディナープレート 2,400円(税抜)
楽しみ方 メイン料理+アペタイザー(前菜)+ドリンク(おかわり自由)
①メイン料理をお選びください。
 オムライス・パスタ・ピッツァ・肉料理より、1品チョイス。
②飲み物をドリンクメニューよりお選びください。
③メインがくるまで、アペタイザー(前菜)をお楽しみください。
④ドルチェ付きにもできます。(プラス300円(税抜))
☆アペタイザー(前菜)
 CoCoChiの醍醐味、毎日変わる、時間で変わる、アペタイザー
☆特製ドルチェ
 プラス300円(税抜)でドルチェ付きに。ショーケースから2つお選びいただけます。
・CoCoChiプリン
・OHKUVOヨーグルト
・レアチーズタルト
・ミルクレープ
・NINJINロール
「お子様料金」大人1名につき、お子様料金3名様まで。11歳以上より通常料金
・チャイルド Child(3~6歳)セット
 アペタイザー(前菜)+ドリンク(おかわり自由)600円(税抜)
 上記+ドルチェ付き プラス300円(税抜)
・ジュニア Junior(7~10歳)セット
 通常の大人料金から 500円OFF(カフェタイムは含まれません)
 上記+ドルチェ付き プラス300円(税抜)
「カフェタイム」(ドリンクおかわり自由)15:00~17:00
 セットにはドリンクが付きます・
・アペタイザーセット 1,100円(税抜)
・上記+ドルチェ付き プラス300円(税抜)
・ドルチェセット 800円(税抜)
・追加ピッツァ 900円(税抜)
 マルゲリータ
 サラダピッツァ
 野菜が選べるカプリチョーザ
「体験型」7日前までにご予約ください
 体験時間 約120分
※3名様からご体験いただけます。
※持ち込みはご遠慮ください。
※お子様のみでの利用はご遠慮ください。
※その他詳しくはスタッフまで、お気軽にお尋ねください。
・石窯ピッツァ作り 体験料(お一人様(税抜))
 大人・・・1,500円
 こども(3~10歳)・・・1,000円
・バーベキュー 体験料(お一人様(税抜))
 大人・・・2,800円
 こども(3~10歳)・・・1,500円
「CoCoChi MAP」
・テラス
 竹林を感じ自然と一体になれるテラスは、ご利用シーンにあわせて2スペースございます。
 オープンテラス:店内と同じくグランドメニューをお楽しみいただけます。
 体験テラス:石窯ピッツァ作りやバーベキューなどをお楽しみいただけます。
・竹林
 CoCoChiビレッジのコンセプトである「竹」。南面を囲うのは広大な竹林。
・夜のCoCoChi
 昼と夜で別の顔をもつのがCoCoChiの特徴の一つです。
 夜になるとホロライトを用いた”世界初”の竹林ライトアップで、幻想的な緑の煌めきが見られます。
・月見の名所
 南北朝時代の親王がこの辺りに昇る月を愛したとも云われる古来名高い月見の名所です。
・筍狩り(3月初旬~4月中旬)
 あく抜きしなくても食べられる筍を開発中。採った筍はバーベキューテラスですぐに食べられます。
・梅狩り(6月初旬)
 梅狩り体験で採れたての梅で梅ジュース作り。
・金の卵
 縁起の良い金の卵がお客様をお出迎えします。触ればご利益があるかも!?
・からたいの小道
 駐車場からCoCoChi/弁財天/鶏小屋を結ぶ。自然と笑顔があふれる語らいの歩道です。
・遊具
 子どもたちが自由に遊べます。
・弁財天
 CoCoChiビレッジを見守る弁財天。弁財天は宝船に乗る幸福やお金を呼ぶ七福神のひとつ。七福神の中で紅一点、福徳・諸芸能の神様。子どもたちも大好き、おみくじが引けます。
・遊歩道
 弁財天へ続く遊歩道。竹林の中を気持ちよく散歩できます。
・鶏小屋(岡崎おうはん卵拾い体験)
 拾った卵はレストランでオムライス?玉子焼き?
・駐車場
 駐車場スペースは約50台分ございます。
・店内
 自然素材をふんだんに使用した吹抜けの開放的な、四季を感じられる心地よい空間です。ご来店の人数やシーンにあわせてお楽しみいただけます。
 店内:50席
 テラス席:50席
「緑の谷のごちそうテラス CoCoChi ここち」
事業主:NPO法人 OHKUVO
運営:株式会社ジー・ディー・エス
静岡県浜松市西区大久保町1173
TEL 053-489-3273
営業時間 11:00~21:30
無料送迎承ります。お気軽にご相談ください。

https://www.facebook.com/ここちcocochi緑の谷のごちそうテラス-1706743909565384/
http://www.gds.co.jp/
「OHKUVO PROJECT」
http://ohkuvo.jp/
http://ohkuvo.jp/?mode=f4

大久保町発!地産地消のレストラン cocochi~緑の谷のごちそうテラス~
 「大久保は宝の山です!」大久保で育った谷野氏が、自然豊かな我が町の魅力と夢についてお話します。
 4月27日、入政で木工事をさせていただいたレストラン、「cocochi」がオープンしました!焼き肉「牛角」のエリア本部を展開する(株)ジー・ディー・エス(大久保町28401)が手掛ける、地域活性化を目標とした地産地消、こだわりのあるレストランです。
 こちらのレストラン『cocochi』では、半径10キロ圏内から仕入れをし、地元の素材を生かした体に優しいメニューが好評です。街中を少し外れた自然の中、非日常空間で楽しむカフェレストランとして女性に人気です。夜は竹林のライトアップがされ、ちょうど環状線を走ると幻想的な緑の光が目に留まります。地域活性化に貢献しながら、地域の方も遠方の方も楽しめる、安心安全で健康志向な食事を提供しています。
 谷野氏は、『cocochi』オープンに伴い設立したNPO法人「OHKUVO」の売上げの一部を、大久保地域発展のために使おうと考えています。レストランのお話はもちろん、谷野氏の大きな町おこし構想を聞きに来ませんか?
「緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」」
浜松市西区大久保町1173
TEL 053-489-3273
ランチタイム11:00~15:00
カフェタイム15:00~17:00
 17:00~

http://www.at-s.com/blogs/casdora/2016/04/post_1446.html
http://www.hotpepper.jp/strJ001144780/

 2016年7月5日の朝刊より、「竹で地元の味メニュー 浜松に今春開店」の引用。
 放置竹林が目立つ浜松市西区大久保町にある、竹を使ったメニューを扱う農園レストラン「緑の谷のごちそうテラス CoCoChi(ここち)」が注目されている。地元で採れた農産物をふんだんに使い、竹を肥料に使って育てた野菜も並ぶ。運営会社の谷野(やの)剛一社長(66)は「地域の財産を無駄にせず、活性化につなげる循環型モデルを目指す」と語る。
 静岡県と甲信越で焼き肉や居酒屋のチェーン店を手掛ける「G.D.S」(大久保町)が、空き倉庫を改装して四月下旬に開店した。パスタやピザといったイタリア料理を提供し、昼は千六百円(夜は二百円増)から。ミツバ、トマトをはじめ季節の野菜が中心のサラダバーも楽しめる。
 竹は繊維質や乳酸菌を多く含み、パウダーにして練り込んだパスタや竹の乳酸菌を生かしたヨーグルトといった健康志向が売りのメニューが目玉だ。果物のソースと絡めたヨーグルトは「竹を食べているのだと実感してほしい」(谷野社長)とあえて独特のえぐみをほんのりと残した。夜は近くの竹林を緑色に照らす演出もある。
 大久保町では県の森林再生事業で放置竹林の伐採が進んでいるが、切り出した竹木の処理が課題になっている。谷野社長は昨年末、自治会や有志とNPO法人「OHKUVO」を設立。伐採後に砕いたチップ状の竹を地元農家などに提供し、肥料として役立ててもらう事業を始めた。
 メニューには、竹の肥料で育てた野菜が既に使われていて、地元で農業を営む谷野守彦さん(49)が五年ほど前から栽培を続けるアスパラガスもその一つ。畑の表層を覆うようにチップを敷き詰めることで「土の保湿性が良くなり、竹やぶ由来の微生物による効果も見込まれる」という。将来的にこうして育てた野菜を増やしていきたい考えだ。
 谷野社長は、レストランの売り上げの一部をNPOの運営費に回し、今後はタケノコ掘りなどの食育体験を充実させるとともに、竹で作った地物野菜をブランド化して売り出すことも考えている。「地元の農家が自慢の野菜を持ち込み、おいしく食べてもらう姿を励みにしてもらえたら」と期待する。
(久下悠一郎)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160705/CK2016070502000113.html

本日のカウント
本日の歩数:9,855歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「ウナギ 白焼きをわさびじょうゆで」、そして「浜名湖うなぎ柳川丼」「うなぎとごぼうの卵とじ」 | トップページ | 門外不出!ケンタッキーフライドチキン11種類のハーブ&スパイスはこれだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64820118

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の谷のごちそうテラス「CoCoChi」:

« 「ウナギ 白焼きをわさびじょうゆで」、そして「浜名湖うなぎ柳川丼」「うなぎとごぼうの卵とじ」 | トップページ | 門外不出!ケンタッキーフライドチキン11種類のハーブ&スパイスはこれだ! »