« 「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」 | トップページ | 「純米 初しぼり 萬歳楽」、そして「キビナゴみりん干し」 »

2016年12月17日 (土)

ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story)

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 「積ん読」という言葉は、世界に誇るべき日本語らしい。オックスフォード大学出版局は、「愛書家が知っておくべき十の言葉」の筆頭に、tsundoku(ツンドク)を挙げた
▼買った本を読まないまま、積んでおく。そんな状態をずばりひと言で表す言葉が、英語などにはない。日本の読書文化が生み出した見事な言葉なのだ
▼だが、胸を張ってばかりもいられない。本棚からあふれ、廊下や枕元などで山となった本に、自己嫌悪さえ覚えるのに、その山は確実に成長し続ける。そういう「積ん読病」患者にお薦めなのが、若松英輔さんの近著『言葉の贈り物』だ
▼若松さんのお父さんも大変な愛書家で、晩年に目を悪くして満足に読めなくなっても、買い続けた。どう見ても無駄である。父の「積ん読病」を若松さんが同僚に嘆くと、こう言われたという。「読めない本は、読める本より大事なのかもしれない」
▼<人は、いつか読みたいと願いながら読むことができない本からも影響を受ける>と、若松さんは書く。<私たちは、読めない本との間にも無言の対話を続けている。それは会い、話したいと願う人にも似て、その存在を遠くに感じながら、ふさわしい時機の到来を待っている>
▼いい言葉だなと思い、こういう本はじっくり噛(か)みしめるように読もうと、枕元の本の山の一番上に置く。かくして積ん読の山は、また高くなる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016121702000112.html

 昨日の「歴史の道 歩き旅」は、「芝南大門」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《更科布屋》1791年創業
・そば寿司 900円
 そばを特製のお酢などで漬け込み、卵焼きなどの具と一緒に巻いた寿司
<大門(旧総門)>
<三解脱門(山門)>
<増上寺>1598年、徳川家の菩提寺として、現在の地に移転
・本尊 阿弥陀如来
 江戸時代は、徳川家 菩提寺のため、一般人は参拝できなかった。
・安国殿 秘仏「黒本尊」を祀る
・勝運 500円(お守り)
・徳川将軍家墓所 拝観冥加料 500円
<東京タワー>展望料金 900円
 1958年開業。放送事業者により造られた。電波塔をまとめるため建設。電波を静岡県沼津市まで飛ばすため、高さが333m必要だった。
♪ 翼をください 赤い鳥(1971年)
・タワー大神宮(東京23区で1番高い!)
♪ いつか何処かで(I FEEL THE ECHO) 桑田佳祐(1988年)
<泉岳寺>1612年開山
・首洗い池

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1020547/

 「昼めし旅」は、「北海道 積丹町」。7/15の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 神威岬(かむいみさき)
「余別漁港」
 ウニ漁期間:6月~8月
<中畑さん>
☆エゾバフンウニ
☆ムラサキウニ
・スーパーカップ 濃いコクとんこつ カドメン
・シーフードヌードル
・塩ウニ入りおにぎり
「百司漁港」
<>
・真イカの刺身
・生ウニ丼
・真イカの酢漬け
・イカの塩辛
・ホッケの開き
・甘エビの味噌汁

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/978225/

 今日も寒いね・・・でも、映画「ローグ・ワン」を見に行く。当然、字幕だよ!!!
 今日は、「妖怪ウォッチ」も始まるし、混んでいるかなと思ったが、ガラガラだった。

ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story)
 入場券を買い、ポイントで「ポップコーン」を買う。「塩味 バター」だよ♪前回は、カップをそのまま袋に入れてくれたけど、今日は袋に入れてくれなかった・・・。
 今「シネマイレージ 会員限定 キャンペーン」をやっているんだね!
・A賞 10名
 ダイソン ヘアードライヤー スーパーソニック アイアン/フューシャ
・B賞 15名
 JTB旅行券(3万円分)
・C賞 20名
 フィリップ フードプロセッサー「マルチチョッパー」
・D賞 1000名
 TOHOシネマズ ギフトカード(2千円分)

https://www.tohotheater.jp/

 本を読んで、開演を待つ。やがて、入場。ポスターをくれた。
 ふぅ~ん、そうなんだ・・・レイア姫につなげる感じなのね!

ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story)

ローグ・ワン STAR WARS STORY
すべては、ここから始まる。
 -もうひとつの、スター・ウォーズ。
ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story)

伝説の原点へと続く、”もうひとつ”の物語(アナザー・ストーリー)誰も知らない「スター・ウォーズ」が、ここにある-。
 ”「スター・ウォーズ」の世界には、別の形で語られるべき物語がある”という、ジョージ・ルーカスのアイデアから本作品が生まれました。
 この『ローグ・ワン』は、家族の物語という「スター・ウォーズ」の価値観を継承しつつ、これまでのファンはもちろん、新しい世代の観客をも魅了するような作品になるでしょう。
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
製作:キャスリーン・ケネディ
 全世界を熱狂で包み込んだ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から1年-その感動が冷めやらぬ中、新たなるSWプロジェクトの幕が開ける。それは「スター・ウォーズ」伝説の原点へと続く、まったく新しいキャラクターたちによる、新たな世界を描いた”もうひとつ”の物語。
 SWシリーズで最初に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でレイア姫がR2-D2に託した、帝国軍の宇宙要塞”デス・スター”の設計図。反乱軍はいかにして、この究極兵器の設計図を帝国軍から盗み出したのか?ジョージ・ルーカスのアイデアから着想を得て、かつてないスリリングでドラマチックなアナザー・ストーリーが誕生した。監督は、圧倒的なスケールでリブートさせた『GODZILLA ゴジラ』で、世界中の映画ファンから賞賛を集めたギャレス・エドワーズ。
 そして、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズを筆頭に、演技力の優れた国際色豊かな豪華俳優たちの競演とともに、SWシリーズの中で最も高い人気を誇るダース・ベイダーの登場にも大きな注目が集まっている。
STORY「ひとりでは、戦えない-」
 銀河全体を脅かす、帝国軍の究極兵器”デス・スター”。その設計図を奪うため、無法者たちによる反乱軍の極秘チーム(ローグ・ワン)に加わった女性戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明となっている彼女の父に隠されていた・・・。
『ローグ・ワン』誕生秘話
 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の作品冒頭、おなじみのテーマ曲とともに流れるオープニング・クロールの中にある”反乱軍のスパイは帝国の究極兵器に関する秘密の設計図を盗み出すことに成功した”という部分から生まれた。
監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエルゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド

http://www.STARWARS-JP.COM/R1

ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story)

もうひとつの、スター・ウォーズ。
 希望は、死なない-。
-スター・ウォーズ最新作- 『エビソード4』の直前を描く、もうひとつの物語。
 全世界待望-SWシリーズの原点「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」の直前を描く、アナザー・ストーリがついに幕を開ける。帝国軍の究極兵器<デス・スター>の設計図を奪うため、反乱軍の”ならず者”たちによる極秘チーム<ローグ・ワン>に加わった女戦士ジン。彼女は個性的な仲間と共に97.8%生還不可能なミッションに挑みながら、行方不明の父の謎に迫っていく・・・。
 「エピソード4」の冒頭でレイア姫がR2-D2に託したデス・スターの設計図は、いかにして入手されたのか?そこには、わずかな希望をつなぐため、命を懸けたミッションに挑んだ名もなき反乱軍戦士たちの、誇り高き感動のドラマが隠されていた・・・。
 SWの生みの親、ジョージ・ルーカスのアイデアから着想を得て、かつてないスリリングでエモーショナルな”もうひとつのスター・ウォーズ”を生み出したのは、「GODZILLA ゴジラ」で世界中の映画ファンから賞賛を集めたギャレス・エドワーズ監督。そして、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズを筆頭とした、演技力に優れた国際色あふれる豪華俳優たちの競演とともに、SWシリーズの中で最も高い人気を誇るダース・ベイダーの登場にも大きな注目が集まっている。
 謎に満ちた父との愛と葛藤の物語、友情を超えたチームの絆、そして圧倒的スケールのアクションによって、スター・ウォーズの世界はさらにドラマチックに進化する!
「-ひとりでは、戦えない」希望のために、命をかける。彼らの名は-<ローグ・ワン>
反乱軍
・ジン(フェリシティ・ジョーンズ)
 愛を知らない孤独な戦士
SPECIAL ABILITY
 驚異の戦闘能力
・キャシアン(ディエゴ・ルナ)
 反乱軍のクールな情報将校
SPECIAL ABILITY
 高度な諜報活動
・チアルート(ドニー・イェン)
 フォースを信じる武術マスター
SPECIAL ABILITY
 変幻自在の棒術
・ボーディー(リズ・メッド)
 元帝国軍のパイロット
SPECIAL ABILITY
 天才的な操縦テクニック
・K-2SO(アラン・デュディック)
 元帝国軍の警備ドロイド
SPECIAL ABILITY
 正確すぎる戦略分析
・ベイズ(チアン・ウェン)
 友情にあつき勇者
SPECIAL ABILITY
 武器のエキスパート
帝国軍
・ダース・ベイダー
 漆黒マスクの帝国軍司令官
・AT-ACT
 帝国軍の装甲歩行型貨物輸送機
・デス・トルーパー
 帝国軍の将校に仕える機動歩兵
・ストームトルーパー
 帝国軍の機動歩兵

 夕方、「OAナガシマ」より、電話。パソコンが直ったとのこと・・・明日取りに行くことにする。

 夕方は、「大根おろし」「ポッポコーン」で一杯♪

ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story)

 デザートは、いただいた「シュガーバター サンドの木」♪
Sugar Butter Sand Tree Produced by 銀のぶどう
GINZA TOKYO

本日のカウント
本日の歩数:20,055歩(二日分です。)
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」 | トップページ | 「純米 初しぼり 萬歳楽」、そして「キビナゴみりん干し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story):

« 「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」 | トップページ | 「純米 初しぼり 萬歳楽」、そして「キビナゴみりん干し」 »