« JRさわやかウォーキング「〜遠州三山 自分巡礼の旅〜 袋井の古刹 紅葉の油山寺と旧東海道を訪ねて」 | トップページ | 塩分・脂質カットに豆乳オリーブオイル »

2016年12月11日 (日)

「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 今日は、12月11日、「胃腸の日」。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <笹(ささ)や笹笹 笹や笹 笹はいらぬか 煤竹(すすだけ)を>。江戸の昔でいえば、師走十三日の煤払いの日も近い。端唄の「笹や節」。二上(にあ)がりの三味線の音がわびしい。うたわれているのは雪の夜、煤払いに用いる笹竹を売り歩いている赤穂義士、大高源吾(おおたかげんご)である。歌舞伎「松浦の太鼓」でもおなじみだろう
▼両国橋の上。源吾は俳句の師だった俳諧師の宝井其角(たからいきかく)とばったりと出会う。其角は身をやつした源吾の変わりように<年の瀬や水の流れと人の身は>と発句する。源吾も句で応える。<明日待たるるその宝船>。「明日」とは無論、吉良邸討ち入りの日。それをほのめかす句だが、其角はその決意に気づかぬまま別れる
▼いい場面だが、後の創作と聞く。一年の汚れを落とす煤払いと主君の無念を晴らす敵討ちが結び付いての発想だろうか
▼十三日の煤払いは今では後にずれ、どこの家も大掃除といえば年末ぎりぎりか。あまり急いで大掃除をしたところで、すぐにまた汚れる
▼この稼業でいえば、洗い落としたくなる一年のほこりとは、気の重くなる事件や出来事かもしれぬ。本社内で十大ニュースの選出が進んでいるが、今年も熊本地震や相模原市の障害者施設での大量殺傷事件など胸が塞(ふさ)がる数々の出来事が起きた。リストをながめため息が出る
▼せめてこれから年越しまでは何もなきよう。そう願い、「笹や節」を口に乗せる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016121102000107.html

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」は、「かがくの里2016 大収穫祭SP」。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
*桜の木(原木):アラゲキクラゲの種ゴマを植え付ける(接種)
 ヒラタケ、タモギタケ、ナメコ、ブナハリタケも育てる予定
・かがくの里鍋2016
 自然薯のとろろ、真鯛&アイナメ、サツマイモの葛切り、大根、ネギ、ニンジン、里芋
「サツマイモの葛切り」
①サツマイモを皮ごとすりおろす
②布巾ですりおろしたサツマイモを包み、水の中で絞る
③放置した後、底にたまったデンプンを取り出す
④デンプンを3倍の水で溶かす
⑤東名に固まるまで湯煎
⑥水分を抜き、氷で冷やして固まらせる。細長く切る。
・かがくの里特製 田舎そば(常陸 秋そば)

http://kakaku.com/tv/channel=4/programID=181/episodeID=1019141/

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「京都 丹波大納言小豆」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
 明治神宮「献菓の儀」
《菓匠 京山》佐々木 勝さん
☆雪うさぎ 140円
『和菓子の美』藪 光生(誠文堂新光社)
<松井農園>
 うねの幅135cm、苗の間隔27cm、土寄せ2回
・小豆ご飯
・おはぎ
※小豆を煮るとき、重曹を入れると、小豆に含まれるアントシアニンが重曹のアルカリ性に反応し、色が濃くなる。
☆練切(白あん、オレンジあん)
 柿、松茸、川、木の葉、田舎家
☆丹波・大地の恵み・わらびもち
(わらび粉を溶いて練り、京きな粉をまぶしわらびもちに。これでつぶあんをくるむ。最後に抹茶をふる。)
・柿の葉もち
(かぼちゃを練り込んだ皮で、粒あんを包む。干し柿を添える。
「家庭でできる!佐々木流おいしい「おしるこ」」
『材料』(8人分)
・大納言小豆  300g
・砂糖     270g
・和三盆     30g
・水      500cc(最初に茹でる分)
・びっくり水  500cc
・水      適量(鍋の小豆から5cm上にかぶるぐらい)
『作り方』
①鍋に小豆300gと水500ccを入れ、強火で煮る。
②沸騰したら、びっくり水(500cc)を足して火を止める。
※そのまま煮続けると表面だけが柔らかくなり、内部まで火が通らないので、びっくり水で温度を下げる。このことにより、温度差が縮まり柔らかく仕上がる。
③30分ほどおいたら水を入れ替えあく抜きをする。
④小豆より5cmほど上まで水を加え、火にかけ沸騰したら落し蓋をして弱火で30分ほど煮る。
⑤砂糖270g、和三盆30gを加えて小豆を潰さないように弱火でかき混ぜ、ことこと音がしたら出来上がり。
※かき混ぜすぎると小豆がつぶれてしまうので注意!
※お好みでお餅や白玉を入れても。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0080/

 「おとな旅 あるき旅」は、「秋晴れの橿原~明日香へ おとなのハイキング」。10/22の放送分
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/
「畝傍(うねび)」
<藤原宮跡>
「今井町」
《恒岡醤油醸造 本店》
奈良県橿原市今井町3-2-34
tel: 0744-22-2071
・かけ醤油 夢ら咲 200ml 410円~
《河合酒造》
奈良県橿原市今井町1-7-8
tel: 0744-22-2154
・秋ごのみ 純米酒うねび 720ml 1,250円
《和彩まゆう》
奈良県橿原市今井町4-9-28
tel: 0744-37-2176
・お重箱ランチ 1,500円 ※要予約
(さつま芋ツル大和ポーク巻き焼き、筒井蓮根饅頭、大和肉鶏と温野菜のサラダ、柿うずら サツマイモの茶巾、明日香村の栗ごはん)
<鞄工房山本>ランドセル
奈良県橿原市南浦町899
tel: 0744-20-1771
・グレースシルバー・ラフィーネ 69,000円
《みるく工房飛鳥》
奈良県橿原市南浦町877
tel: 0744-22-5802
・絞りたてミルクのソフトクリーム 378円
・飛鳥の蘇 80g 1,080円
<キトラ古墳壁画体験館>
奈良県高市郡明日香村阿部山67
tel: 0744-54-5105
《オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井》
奈良県桜井市高家2217
tel: 0744-49-0880
・エグゼクティブスイート 1部屋 55,000円~
・デギュスタシオン ディナーコース 1人 17,820円
(奈良県野菜の田園仕立て、鱧のロワイヤル、甘鯛の炭火焼き ナージュ仕立て 焼きナス添え、大和牛フィレ肉とフォアグラのソテー)

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1242279_6111.html

 先日の「もらい酒 みなと旅」は、「千葉県 鴨川漁港」。8/21の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
《番屋》
・アサヒスーパードライ
・アジの刺身となめろう
・鴨川産おにぎり
・純米吟醸二重橋(宮内庁限定販売銘柄酒)
「お返し料理人」中村静香
・中村静香特製 ムツの粕汁
①ニンジン、大根、こんにゃくを一口大に切り、下茹でする
②ムツを切る(たんぱくな白身魚なら何でもOK)
③食材に火が通るまで煮込む
④煮込んだ具材に酒粕を入れる。一煮立ちさせる。油揚げを入れる
⑤醤油・味噌で味付けして一煮立ちさせる。
《晴好》

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/988095/

「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 お歳暮を買いに出かける。「山本亭 本店」の前を通ると、「閉店」の文字が・・・!1回来たかったのに!!!
「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 店の前で、みかんの無人販売をやっていたので、100円で買う。
 「山本亭 本店」
静岡県浜松市西区馬郡町2228
TEL 053-592-0057

http://www.yamamototei.com/

「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 「魚秀」に到着。
 オマケの新聞に広告が載っていたし、「博多華丸」も来ていたので気になっていたんだな!!!
遠州名産の白はんぺん
 魚のうま味を生かした、もちもち持ちとした食感の「白はんぺん」にファンが多い「魚秀直営店」。お歳暮や年末年始のごちそうに鍋物用セット「だんらんおでん鍋」(3,600円税・送料込)を中日ショッパー読者限定で販売中です。
 白はんぺんはもちろん、おでんに入れるとさらにおいしく味わえる。様々な種類のはんぺんがぎっしり詰め合わせになっています。さらに、直営店で3,000円以上購入された方に、先着200個「魚秀特製カレンダー」をプレゼント中です。人気のカレンダーなのでお早めにどうぞ!
海からの贈り物-
 魚秀のはんぺんは創業以来、魚のうま味を充分に味わえるよう「蒸す」という技法を守り続けています。この度、蒸しはんぺん・揚げはんぺんにうなぎエキスを入れてより一層、おいしいはんぺんに仕上げました。
 今回、お歳暮に贈り物に浜松ならではの商品をご用意させていただきました。
◆浜名湖おでんセット
 浜松特産の食文化を全国に発信する遠州食品加工業協同組合にも認定された新商品。浜名湖特産うなぎのエキスいり「白はんぺん」「あげはん」、浜名湖産うなぎの蒲焼入り「うなぎ巻き」のほか、「大根」「こんにゃく」「サクラ卵のゆで玉子」入りとボリュームたっぷり。レトルトタイプなので温めるだけですぐに食べられるほか、常温保存ができるので贈り物としても最適です。
 料金は3個セット4,700円(消費税・送料込み)。
「はんぺんの 魚秀直営店」
TEL 053-592-0325
FAX 053-592-6865
浜松市西区舞阪町舞阪59
9:00~16:00

http://uohide.jp/

 お歳暮を包んでもらう。なかなか量があるね♪♪♪
「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 ついでに「しらす揚天」70円を買う。これは、「もらい酒 みなと旅」で、博多華丸氏が食べていたやつなんだな♪
遠州灘産ちりめんじゃこが衣に

はんぺん 魚秀
 創業以来、魚秀は昔ながらの技法で魚本来の旨味を大切に伝統の味を守り続けています。
魚秀のはんぺん
 遠州浜名湖・舞阪にて、はんぺんの製造を開業して高品質をモットーに魚本来の味を生かした製品を作り続けてまいりました。
 特に、遠州名物の白はんぺんは、魚の旨味が凝縮された歯ごたえのある食感です。
 職人が納得できる製品のみ製造しておりますので、生でも食べられる逸品です。
えびす講 鯛はんぺん
 百年以上前から11月20日(10月20日の月遅れ)は、商売の神様であるえびす様に1年の感謝を込めてお供えをしてきました。
 静岡県西部地区では、鯛のはんぺんと野菜(れんこん・長いも・こぶ・しいたけ等)を煮た「おひら」、にんじんと大根の酢の物「おなます」にお桜ごはんを添えてえびす様にお奉りしています。
 当社では、創業以来「鯛はんぺん」を作り続けています。
 1月10日(所によって20日)は初えびすと言って、これからの1年の商売繁盛や家内安全を願いお供えをします。
・蒸しはんぺん各種(mushi-hanpen)
 遠州名産の「白はんぺん」は、魚の旨味を生かしたもちもちっとした食感です。
 浜名湖産「のりはんぺん」
 青しそ入り「しそはんぺん」
 静岡産「桜えびはんぺん」
 昔懐かしい味「いわしはんぺん」
 油揚げで包み込んだ「しのだ」
 季節に合わせて色々なバリエーションを取り揃えています。
・揚げはんぺん各種(age-hanpen)
・おつまみ揚げ(otsumami-age)
 唐辛子の入ったピリッと辛いおつまみ揚げ。一口サイズの食べやすい大きさで、お酒のお供に最適です。
・お魚コロッケ(gyorokke)
 魚のすり身と野菜で作りました。特製ソースもご用意しています。
・お魚そうめん
 そうめんのつゆに薬味を添えて・・・。ごまドレッシングやマヨネーズ等でサラダ感覚でご賞味いただくことができます。
※洗わずにそのままご使用ください。
「魚秀はんぺん お召し上がり方」
 当社の製法は、そのまま生でご賞味頂けますが、フライパン・オーブントースター等で焼き目をつけて、わさび・しょうが醤油でお召し上がりいただくと、一味違った味わいがございます。
 また、おでん種としてもご賞味下さい。
 生ものですので、お早めにお召し上がり下さい。
・引出物セット
 定番の紅白かまぼこ、細工物はんぺん各種、取り揃えております。
・ご贈答セット
 できたての美味しさをお届けするために、ご注文後の製造となります。
◆ご予算に合わせてご注文承ります。
海・湖の幸に恵まれた町、舞阪。
株式会社 魚秀
静岡県浜松市西区舞阪町舞阪59
TEL 053-592-0325
FAX 053-592-6865
代表取締役 岡安 俊成
創業 昭和20年10月
設立 昭和49年5月
事業内容 水産加工品の製造・販売
取扱品目 魚肉練製品(蒲鉾・すりみ・はんぺん・揚半等のおでん種)、水産物(あさり・ちりめん・のり 他)

 

 帰宅途中、ベイシアに寄り、「博多の華そば焼酎」993円、「納豆」50円、「ヨーグルト」98円、「もやし」19円、「浜木綿おでん袋」213円、「木綿豆腐」38円を買う。

 ジャスコに寄る。WAONに1000円チャージ!そして、売り出しの100g105円の「かつおたたき」265円と305円のものを買う。腹側が欲しかったんだけど、いいのが1つしかなかったな!
 KADLIを覗く。ホットコーヒーが美味しいねぇ~!

「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 夕方は、「しらす揚天」で一杯♪
魚秀のはんぺん
 魚肉・馬鈴薯澱粉・卵白・砂糖・食塩・みりん・うなぎエキス(国産)・調味料(アミノ酸)

 それに、2016年6月19日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」に載っていた【豚肉の生姜焼き】で一杯♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2016/07/6-3-b500.html
「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」

 豚肉は、先日100g84円で買った「アメリカ産豚ロース焼肉用(生姜焼用)」239g200円のものを使用。

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「柿千両」(奈良県)の引用♪
果物感しっかり
 奈良県は和歌山県に次いでカキの生産量全国二位だが、市町村単位では県内の五條市が日本一。市内の西吉野地区を中心に栽培され、実りの季節には一帯のJAや農家の直売所に山と積まれる。
 そのカキのみを商うのが石井物産。創業以来半世紀を数え、”柿の専門店”としては全国で唯一といわれる名店だ。加工品に定評があり、干し柿や柿酢、柿バター、さらに羊羹や和風ケーキ、新感覚スイーツをはじめとした菓子類など60品目にも及ぶほど。なかでもこの地ならではの商品が、県の優良観光土産品推奨審査会で数々の受賞歴を誇る「柿千両」。カキの奈良漬である。
 「まだ硬さの残る実を丸ごと、地場を代表する蔵元の酒粕に3カ月ほど漬け込みます。カキの食感を残すため開発した独自の製法で仕上げたもので、販売開始以来、30年にわたるロングセラー商品になりました」と、専務の石井和弘さん。口にすると、カキのサクッとした歯応えや風味、独特のほんのりとした甘みを保ちながら、奈良漬の味わいも楽しめる。丸ごと二個詰めた「2ヶ玉」と、食べやすく切った「スライス」の二種がある。
【取り寄せ先】
石井物産(株)
奈良県五條市西吉野町八ツ川458
TEL 0747(34)0518
FAX 0747(34)0508
柿千両・2ケ玉756円、柿千両・スライス(箱入り)756円(いずれも250g、税込み、送料別途)

http://a-kaki.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「芽キャベツ」の引用♪
キャベツの子にあらず
・和名:姫甘藍(ひめかんらん)/子持甘藍(こもちかんらん) アブラナ科アブラナ属
・英名:brussels sprouts
・食べられる部分:結球葉(脇芽)
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンA、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、食物繊維、ビタミンU、カリウム
 知っているようで、実はよく知らない野菜というものがある。芽キャベツもその一つではなかろうか。芽キャベツ自体を知らない人は少ないだろう。キャベツをそのまま小さくしたような、コロンとかわいい姿。キャベツの赤ちゃんともいわれる。
 だが、畑の姿はずいぶん違っている。普通のキャベツの葉が地面近くでだんだんに巻いてまとまっていくのに対し、芽キャベツは茎がぐんと伸び、その上に葉が広がる。同時に茎にたくさん脇芽がつき、それぞれが結球して芽キャベツになるのだ。鈴なりになった様は、なかなか圧巻。
 姿形は小さくとも、芽キャベツの栄養価は驚くほど高い。キャベジンと呼ばれるビタミンUをはじめ、ビタミンCやKをキャベツの何倍も含んでいる。さらに、βカロテンやカリウム、葉酸なども豊富。
 生食はしないが、調理は簡単だ。軽く茹でるだけでおいしく食べられる。味にクセは少なく、甘みがあって、ほっくりした食感。シチューなど煮込み料理にもよく合い、バター炒めやベーコン炒めもいい。きれいにやわらかく仕上げるなら下茹でをして。
 英国ではクリスマス料理に芽キャベツが欠かせないという。七面鳥など肉料理の付け合わせの定番。クリと芽キャベツの炒め煮という伝統料理もあるらしい。
 寒くなると甘みが増して、よりおいしくなる冬野菜。クリスマスだけでなく、忙しい師走の栄養補給としても、ぜひご利用を。

本日のカウント
本日の歩数:9,100歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« JRさわやかウォーキング「〜遠州三山 自分巡礼の旅〜 袋井の古刹 紅葉の油山寺と旧東海道を訪ねて」 | トップページ | 塩分・脂質カットに豆乳オリーブオイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「山本亭 本店」「はんぺん 魚秀」、そして「柿千両」:

« JRさわやかウォーキング「〜遠州三山 自分巡礼の旅〜 袋井の古刹 紅葉の油山寺と旧東海道を訪ねて」 | トップページ | 塩分・脂質カットに豆乳オリーブオイル »