« 年末年始に楽しみたい 日本酒選び | トップページ | 「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」 »

2016年12月31日 (土)

「いただきます おせち料理」

_____゛
()_____)゛
∥   来 |
∥ お  年 |
∥ 願 も |゛
∥ い ヨ |
∥ し ロ | ∩
∥ ま シ |∩∩
∥ す ク ∩∩∩
() ̄ ̄ ̄∩∩∩∩
゛ ̄ ̄ ̄※※※※※
∥∞∥

 今日は、12月31日、「大晦日」。
【年越しかきそば】(333kcal)
『材料』(2人分)
・カキ(むき身)・・・10個(200g)
・和そば・・・2玉
・A
 だし汁・・・3カップ
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ3
・B
 かまぼこ(薄切り)・・・4枚
 刻みのり、長ネギ(小口切り)・・・各適量
・塩、片栗粉・・・各適量
『作り方』
①カキは海水程度の塩水(水1カップ:塩小さじ1)の中で洗い、水けをふいて片栗粉をまぶす。
②鍋にAを煮立て、①のカキを加え、カキの身がぷっくりするまで煮る。器に茹でたそばを入れ、カキを盛り、つゆをかけ、Bを添える。

【わけぎと油揚げのヘルシーそば】(366kcal)
夜遅くに食べるなら、カロリー控えめがうれしい
『材料』(2人分)
・そば(乾麺)・・・150g
・油揚げ・・・1枚
・わけぎ・・・1/2束
・A
 だし汁・・・3カップ
 薄口しょうゆ、みりん・・・各大さじ2と1/2
 酒・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①油揚げは熱湯を回しかけて油抜きをし、水気をしぼって細切りにする。わけぎは斜め薄切りにし、白い部分と青い部分に分けておく。
②鍋にAを入れて強火にかけ、ひと煮立ちしたら油揚げ、わけぎの白い部分を加えてサッと煮る。
③別の鍋にたっぷりの湯を沸かし、そばを表示通りにゆでる。ざるに上げて湯をきる。
④②にそば、わけぎの青い部分を加え、サッと煮る。器に盛る。

 11月20日のテレビ「流れ板アマノッチのカラダにいい飯ウマい飯」。
http://www.ctv.co.jp/amano/
*韓国 金州(チョンジュ) 糖調唐辛子
※血糖値の上昇をおさえるのと、ダイエット効果も期待できる。
☆チーズタコ串 4000W
・糖調唐辛子の塩昆布和え
『材料』(4人分)
 糖調唐辛子 6本、トマト 2個、おろしニンニク 1片分、塩昆布 20~25g、ごま油 大さじ2
①糖調唐辛子を食べやすいサイズに切る。
②切った糖調唐辛子と塩昆布をビニール袋に入れ、よくもむ。
③糖調唐辛子は4~5分寝かせ、その間にトマトをざく切りにする
④糖調唐辛子をボウルに入れ、トマトを入れる。ごま油、おろしニンニクを入れ、和える。
★糖調唐辛子のソバギ
『材料』(4人分)
 糖調唐辛子 8本、大根 200g、タマネギ、ニンジン、梨 適量
<タレ>
 生姜、ニンニク、イワシ、もち米粉、梅エキス
①大根、ニンジン、タマネギ、梨を千切りにする。
②梅肉エキス、イワシのエキスなどで味付け。お湯で溶いたもち米粉を入れ混ぜ合わせる。
③塩を加えたぬるま湯に漬け、切り込みを入れ種を出した糖調唐辛子に②を詰める。
④冷蔵庫で2~3日寝かせる。
★糖調唐辛子のスジェビ
『材料』(4人分)
 糖調唐辛子 160g、小麦粉 400g、オリーブ油 小さじ1、塩 適量
<スープ>
 干したイワシ 10匹、昆布 1枚、しょう油、塩 適量
①糖調唐辛子をフードプロセッサーでペースト状にする。
②ペーストを小麦粉や塩・オリーブ油に合わせ、20分ほどこねる。生地を冷蔵庫で30分ほど寝かせる。
③生地をちぎって、イワシと昆布などでとったダシでひと煮立ちさせる。(しょう油と塩で味を整える。)器に盛り、千切りにした糖調唐辛子を散らす。
・糖調唐辛子の肉味噌炒め
『材料』(4人分)
 糖調唐辛子 8本、豚バラ肉 300g、輪切り赤唐辛子 少々、ニンニク 1片、ショウガ 1片、ごま油 大さじ2、テンメンジャン 大さじ3、日本酒 大さじ2、オイスターソース 大さじ1、長ネギ 1/6本、塩 少々、こしょう 少々
①豚バラ肉、糖調唐辛子を食べやすい大きさに切る。
②中華鍋にごま油をひき、ニンニク・ショウガ・赤唐辛子を香りが出るまで炒める。
③豚バラ肉を入れ、色が変わるまで炒める。
④糖調唐辛子を入れ、さらに炒める。(シャキシャキ感を出すため、炒め過ぎない)
⑤味付けはテンメンジャン、日本酒、オイスターソース。刻んだ長ネギを加える。器に盛って、赤唐辛子をかける。
※糖調唐辛子のチャプチェにしてもよい。
*新潟県 村上市 三面川(みおもてがわ) 遡上直前の秋鮭
※鮭に入っているDHAがコレステロール値を調整してくれる。EPAは血液をサラサラに、中性脂肪を減らす効果も期待できる。
・アマノッチ風 鮭のちゃんちゃん焼き
『材料』(4人分)
 鮭 半身、糖調唐辛子 8本、もやし 1袋、赤味噌 大さじ3、日本酒 大さじ3、白だし 小さじ2、白砂糖 大さじ1、いくら 適量、キャベツ 半玉、レンコン 250g、サラダ油 適量、バター 40g、おろしショウガ 小さじ1
①半身の鮭と野菜をホットプレートに乗せて焼く。(レンコン、糖調唐辛子、キャベツ、もやし)(レンコンは水にひたしてアク抜きすべし)
②塩、こしょうをしてふたをして、180℃で20分蒸し焼きにする。
③赤味噌、日本酒、白砂糖、白だし、おろしショウガを混ぜ、上からかける。
④バターといくらをトッピング。
・秋の炊き込みご飯
『材料』(4人分)
 米 3合、昆布 1枚、水 500~550ml、白だし 100ml、鮭 4切れ、しいたけ 3本、しめじ・まいたけ 1/2株、大葉 5枚、いくら 適量
①土鍋にお米を水、白だし、昆布を入れる。
②しめじ・まいたけ、しいたけをちぎって入れる。炊く。
③湯気が勢いよくでてきたら、2分後に火を消し、20分蒸らす。
④鮭を焼く。
⑤炊いたご飯の上に焼いた鮭をのせ、身をほぐすようにしながら混ぜる。
(魚の臭みを出さないよう、鮭は後乗せ)
⑥茶碗によそって、いくら・千切りの大葉を乗せる。
*愛知県 愛西市 れんこん
※レンコンは食物繊維が豊富、ビタミンCも多い。肌にもいいし、風邪予防にも。
・れんこんスティック
『材料』(4人分)
 れんこん 2本、塩 少々、サラダ油 適量、カレー粉 少々、つぶマスタード 適量、小麦粉 大さじ3、こしょう 少々、塩こぶ茶 適量、マスタード 適量、マヨネーズ 適量
※レンコンは20分ほど水にひたして、アク抜き。
①れんこんを縦に切ってホクホクの食感を演出。
 スティック状にしたレンコンをビニール袋い入れ、小麦粉を加えよくまぶす。
②180℃~200℃の油で揚げる。
 水分が抜けきっちゃうと、ホクホク感がなくなちゃう。
 3種のソースをお好みでつけていただく。
  ・つぶマスタード+マスタード+マヨネーズ
  ・塩+カレー粉
  ・梅こぶ茶

「いただきます おせち料理」

 今朝のモーニングコーヒーは、「UCC 職人の珈琲」。
あまい香りのモカブレンド
MOCHA BLEND
神戸市中央区港島中島7-7-7
TEL 0120-050-183

http://www.ucc.co.jp

 今日は、寒いねぇ~!
 職場に行き、異常がないか点検。新聞・郵便物を取り入れる。
 そのまま、買い物の出かける。うりだしの「お徳用おろし生わさび」175g278円、それに「木綿豆腐」60円を買う。
 もうひとつのスーパーに行き、売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」149円を買う。
 『ふれ愛交差点』1月号をもらおうと思ったが、1月2日にならないと入れてくれないらしい・・・もっと消費者のことを考えて入れてよ!!!

 「酒&FOOD かとう」に1升瓶を返しに行く。
http://slowkato.hamazo.tv/
 ついでに「こだわりウインナー&うずら玉子」254円のところ170円、「ペルー産 有機バナナ」特価429円のところ大特価5本108円を買い帰宅。
「いただきます おせち料理」

 昼食は、「こだわりウインナー&うずら玉子」♪
とんきいポークウインナー、こだわりうずらたまご、パン粉、国産小麦粉、鶏卵、菜種油、塩、コショー

「いただきます おせち料理」

 デザートは、「ペルー産 有機バナナ」♪
NATURAL HERO ナチュラルヒーロー
JAS 日本認証サービス
日本農林規格登録認定機関
Save the Children
 売り上げの一部が、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて世界中の子どもたちのために役立てられます。
■「ナチュラルヒーロー」オーガニックバナナは、有機JAS認定を受けています。
・有機JASマークは、JAS(日本農林規格)に基づいた有機農産物にだけに与えられるマークです。
・生産農園に於いて圃場ごとに「化学合成肥料を一切使用しないで生産」されたことが記録されています。
・契約農園のみで厳しい管理の基に生産された「安心/安全」を求めたバナナです。
■セーブ・ザ・チルドレンについて
 国連公認の子どもたちのあめの民間国際援助団体(NGO)です。
 1919年にイギリスで創設され、現在120ヶ国以上で子どもたちのための教育支援、食糧支援、医療保健などの活動を行っています。

http://seica.info
ID 00114862
総輸入元:株式会社 ヒロインターナショナル
TEL 03-3406-1091

「いただきます おせち料理」

 夕方は、昨日買った「上州名物 もつ煮」で一杯♪「モツ煮」には、やっぱり日本酒が合うよねぇ~!薬味に、長ネギと七味唐辛子がいいねぇ~♪
ビールのお共に!!ご飯のおかずに!!
国産豚使用
400g
100g当たり89kcal
(有)村上食品
群馬県前橋市富田町1053-8
TEL (027)268-3371

http://genkitei.com/

「いただきます おせち料理」

 今日買った「木綿豆腐」を入れる(^^♪
富士山の伏流水
100g当たり72kcal
静流食品株式会社 MF3
静岡県富士市大渕字元篤3800-50
TEL 0120-71-8323

「いただきます おせち料理」

 年越しそばは、夏に石川で買った「山菜そば」♪
 カツオと昆布で仕立てたすっきり旨みだし
山菜にたけのこが仲間入り
 わらび・ぜんまい・たけのこ・チンゲン菜入り
イトメン
1食(80g)当たり354kcal
イトメン株式会社
兵庫県たつの市揖西町小神841
TEL 0791-6-2733

http://www.itomen.com

「いただきます おせち料理」

 デザートは「元祖 柿の種」♪
ピーナッツ入り
浪花屋

 寒いから、今日も湯たんぽを抱いて寝ましょうね!

 2016年12月25日の朝刊「いただきます おせち料理」は、【黒豆】(250kcal)。
『主な材料』(7人分)
・黒豆・・・250g
・重曹・・・小さじ1/2
『作り方』
①黒豆は洗ってざるにあげる。鍋に水1500ml、砂糖180g、しょうゆ大さじ1、重曹を合わせて黒豆を入れ、一晩(約8時間)漬ける
②そのまま火にかけ、煮立ったらあくをすくい、鍋の表面が静かに沸騰を保つくらいに火を弱める。クッキングシートを鍋の大きさに切り、2~3ヵ所穴を開け、落としぶたにする。ふたを少しずらしてのせ、5~6時間煮る。豆に絶えず煮汁がかぶっているように、煮汁が足りなくなったら、水を足しながら煮る。豆が軟らかく煮えたら火を止め、煮汁につけたまま味を含ませる。

 2016年12月26日の朝刊「いただきます おせち料理」は、【数の子入り松前漬け】(67kcal)。
『主な材料』(4人分)
・松前漬けセット(スルメと刻み昆布入の市販品)・・・50g
・塩蔵数の子・・・50g
・ニンジン・・・30g
『作り方』
①ニンジンは3cm長さのせん切りにする
②鍋に砂糖大さじ1/2、しょうゆ大さじ4、酒大さじ3、みりん大さじ1と1/2を合わせてひと煮立ちさせる。冷ましてからスルメ、昆布、ニンジンを漬け、時々混ぜながら2~3日以上おいてなじませる
③数の子は塩水(水200mlに塩小さじ1/2)につけ、半日~1日おいて塩抜きをする。塩気が強ければ、塩水を1~2回かえる
④数の子の表面の薄い膜を取り、2~3mm幅に切り、①に混ぜ、半日以上おく。

 2016年12月27日の朝刊「いただきます おせち料理」は、【ヤマノイモのきんとん】(174kcal)。
『主な材料』(4人分)
・ヤマノイモ・・・250g
・リンゴ(紅玉)・・・1/5個(40g)
・甘納豆・・・50g
『作り方』
①ヤマノイモは皮をむき、1cm厚さの輪切りにして水にさらす。たっぷりの水と一緒に鍋に入れ、軟らかくなるまで15分ほどゆでる。湯を捨て、熱いうちにつぶす
②砂糖50g、水大さじ1を加えて弱火にかけ、木べらで練り混ぜる。みりん小さじ2、塩少々を加えて混ぜ、全体がぽったりしてきたら火を止める
③リンゴは皮付きのまま約7mm角に切り、砂糖大さじ1、水100mlで、汁気がなくなるまで煮る
④練ったヤマノイモ、煮たリンゴを合わせ、甘納豆を混ぜる。

 2016年12月28日の朝刊「いただきます おせち料理」は、【エビのユズみそ焼き】(45kcal)。
『主な材料』(4人分)
・エビ(有頭・殻つき)・・・4尾
・みそ・・・大さじ1/2
・卵黄・・・1個分
・ユズ・・・1/4個
『作り方』
①エビはキッチンばさみでひげを切り落とす
②殻をつけたまま背開きにする。まず、キッチンばさみで頭の後ろから背を殻を切り開く。続いて身に包丁を腹側まで入れて開く(腹側の殻は切らない)。背わたを除く
③酒大さじ1/2、塩少々をふって10分ほどおく
④ユズの皮の表面をすりおろし、みそ、卵黄、砂糖・酒各小さじ1を混ぜ合わせる
⑤グリルを温め、強火でエビの両面を焼く
⑥身に④を塗り、弱火で30秒~1分グリルで焼いて乾かし、これを2~3回繰り返す。

 2016年12月29日の朝刊「いただきます おせち料理」は、【だて巻き】(167kcal)。
『主な材料』(4人分)
・卵・・・5個
・はんぺん・・・100g
『作り方』
①はんぺんはちぎり、クッキングカッターに約10秒かける。溶きほぐした卵、砂糖大さじ4、みりん大さじ2、酒大さじ1、うすくちしょうゆ小さじ1/4を加え、さらに約10秒かける。万能こし器でこす
②アルミホイルを2枚重ねて角型(15×20×2cm)を作る。クッキングシートを敷き、①を流し入れる
③230℃の電気オーブン(ガスは200℃)で約15分、焼き色がつくまで焼く
④熱いうちにシートをはがし、裏返す。2~3cm間隔で横に浅い切り込みを入れ、アルミホイルでおさえながら巻く。包んだまま冷まし、切り分ける。

 2016年12月30日の朝刊「いただきます おせち料理」は、【ローストビーフ和風ソース】(183kcal)。
『主な材料』(4人分)
・牛もも肉(かたまり)・・・300g
・万能ネギ・・・2本
・ユズ・・・小1個
『作り方』
①牛肉は室温に30分ほどおいてから、塩・こしょう各少々をすり込む
②ユズは汁をしぼる。半分の皮を薄くむいて、千切りにする。万能ネギは小口切りにする
③しょうゆ・酒・水大さじ2を合わせる
④フライパンに油大さじ1/2を温め、牛肉を入れ中火で全体に焼き色がつくまで焼く。③を加え、ふたをして弱火で約10分焼く。途中上下を返す
⑤あら熱がとれたら、肉を5mmの厚さに切って皿に盛る。④の汁にゆずのしぼり汁を加えてかけ、万能ネギとユズの皮を散らす。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:8,049歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 年末年始に楽しみたい 日本酒選び | トップページ | 「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます おせち料理」:

« 年末年始に楽しみたい 日本酒選び | トップページ | 「遠州 信貴山」、そして「祝いの初春ごはん」 »