« エイサー(acer)のパソコンを買って馬鹿を見た | トップページ | ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story) »

2016年12月16日 (金)

「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」

 今朝のオマケの新聞に「「焼肉 or しゃぶしゃぶ 食べ放題&飲み放題!」お一人様(120分)4000円!」という広告が載っていた↑↑↑
新忘年会ご予約受付中!
 40名様まで可!
 無料の送迎バスあり
・焼肉 or しゃぶしゃぶ 食べ放題&飲み放題!通常お一人様(120分)4,250円を「中日ショッパーを見た」と予約時にお伝えいただいた方に限り、お一人様4000円に!
・ご贈答品には直売店のハム・ソーセージなどがピッタリ!
「ミートレストラン とんきい」
浜松市北区細江町中川1190-
営業時間:ランチ11時~14時、ディナー(金・土。日)17時~22時1
水曜定休
TEL 053-522-2969

http://www.tonkii.com/

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「東京 新橋」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<浜離宮恩賜庭園>入園料300円
・三百年の松(1709年~)
 六代将軍 徳川家宣によって植えられた黒松。元々は三代将軍 徳川家光の三男 綱重が埋め立てて造った出城。
 石垣は櫓門だったなごり。その後、鷹狩場など様々な用途に変化。
・ 延遼館
 明治2年に建てられた外国要人の迎賓館
*《濱見世 KIOSK》
・濱御殿饅頭 880円
・飴アソート(お赤飯・幕の内) 各540円
・手軽に抹茶 160円
・三色団子 130円(1本)
*《中島の御茶屋》
・お抹茶セット 薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう) 510円
「新橋駅前SL広場」
 新橋は、江戸時代から武家屋敷が並び、人の往来も多かった。明治時代、新橋から横浜まで日本初の鉄道が開通。
・C11形蒸気機関車
 開通100周年を記念して、姫路機関区より運ばれた。
<ニュー新橋ビル>
♪ 生きがい 由紀さおり(1970年)
*《健康生ジュース専門店 ベジタリアン》
・生野菜ミックスジュース 500円
(セロリ・小松菜・人参・ブロッコリー・ケール・キャベツ・ピーマン・みかん・グレープフルーツ)
・リンゴサンド 100円(1個)
*《カレーは飲み物。》
・黒い肉カレー 890円
(味付け卵、フライドオニオン、バジル風味の豆サラダ)
《新正堂》1912年創業
・義士ようかん 1,200円(48本入り)
・仮名手本忠臣蔵 味こよみ 1,300円(1箱)
・切腹最中 350円(1個)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1020257/

 「昼めし旅」は、「山口県 下関市 角島」。7/14の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 ふぐ刺し、あんこう鍋、角島(死ぬまでに行きたい世界の絶景)
《中野水産》漁協鮮魚直売所
☆剣先イカのお刺身 1,200円(税込)
<高野さん>
・アカバナと剣先イカの刺身
・イカご飯
・魚の煮付け
《和食処 夢岬》
☆イカ刺身定食(天ぷら付) 1,800円(税別)
<村田さん>
・天ぷら(エビ、オクラ、えのき)
・お味噌汁(大根、わかめ、えのき)
・釜で炊いたご飯
 「うまかっちゃん」は、ナシよ。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/977947/

 職場のパソコンに「efax message from 03 5586 5147」なるメールが添付ファイル付きで送られてきた。怪しいねぇ~!!!
https://www.efax.co.jp/

 今日の昼食は「いわしの浜納豆煮」。

 ここで、2016年7月10日の「土井善晴の料理は楽し」より、【鰯のカレー天ぷら】(542kcal)の引用♪♪♪
キラキラ鮮魚を「手開き」
 鰯の強い味に、カレーの風味がよく合います。天つゆもいいですが、ウスターソースで食べると、またひと味違うおいしさです。
『材料』(2人分)
・イワシ・・・2~4尾(1尾約100g)
<衣>
 小麦粉・・・50g
 卵1個+冷水・・・合わせて1/2カップ
 カレー粉・・・大さじ1
・小麦粉・・・適量
・揚げ油・・・適量
・キャベツのせん切り、ウスターソース・・・適宜
①イワシを手開きする
 イワシはウロコを取って頭を切り落とし、腹を縦に切って、包丁の刃先で内臓をこそげ出す。流水で腹の中までていねいに洗い、水分を拭き取る。
 腹を手前にして手のひらにのせ、両手の親指を中骨の上に入れて、骨に沿わせながら身を開く。開き終わったら、尾のところで中骨を折り、折った中骨を頭に向かって引くようにして、身からはずす。
②衣を作る
 小麦粉はふるう。卵と冷水をボウルに入れて、卵を溶きほぐす。ここにふるった小麦粉、カレー粉を加えて、さっくりと混ぜる。
③揚げ油を熱する
 フライパンの底から5cmほどの深さに油を入れ、火にかけて温める。菜箸を入れると、泡がある程度しっかり上がるぐらいに温まればよい。
④天ぷらを揚げる
 ①のイワシに小麦粉を薄くまぶし、余分な粉をはたき落す。尾のつけ根を持って、②の衣をつける。熱した油の中に手早く入れて、2~3回返しながらこんがりと揚げる。
⑤盛りつける
 器にイワシの天ぷらを盛り、キャベツのせん切りを添える。ウスターソースでいただく。
《食のこころ》
 サラサラと天ぷらの揚がる音が軽やかになると、同時に良い香りが立ちのぼる。食欲をそそるカレーの匂いだ。淡泊なキスやエビではなく、個性の強いイワシの天ぷら。衣に混ぜたカレー粉が魚のクセを和らげて、アジフライにも負けない、うまみとボリュームのおかずにしてくれる。
 小さめのフライパンで、少ない油で揚げてよし。においが移る油を一回で処分しやすい。ただし少量の油は温度が上がりやすいので、こまめに火を調整すること。
 イワシやアジは内臓を抜いて、開かれた状態で店先に並んでいたりもする。それを買ってきてもよい?と尋ねると、土井さんは「あらかじめ開いてある魚は、鮮度が落ちています。食べる前に自分で開くのが、やっぱりおいしい。おいしさが違います」。
 幸いイワシは手で開けるので、魚をおろすころに慣れていなくても扱いやすい。キラキラとした新鮮なイワシを買ってきて、スパイシーな天ぷらを食べよう。

 今日も寒いね・・・。
 仕事を終え、帰宅して、ホット焼酎といきましょう!!!
 おつまみは、「竜田揚げ」「白菜の味噌汁」「菜飯」。
「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」

 薬味は、先日、野菜の無人販売で買った「長ネギ」。

「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」

 デザートは戴いた「スペシャル 歌舞伎揚」♪
Special
1枚当たり 136kcal
株式会社 天乃屋
東京都武蔵村山市伊奈平2-17-2
TEL 042-560-6665

本日のカウント
本日の歩数:時計がリセットされたので不明
(本日のしっかり歩数:2,955歩)
本日:56.3kg
145-93
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« エイサー(acer)のパソコンを買って馬鹿を見た | トップページ | ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(7-2)「鰯のカレー天ぷら」:

« エイサー(acer)のパソコンを買って馬鹿を見た | トップページ | ローグ・ワン(Rogue One:A Star Wars Story) »