« 「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」 | トップページ | <食卓ものがたり> 富有柿 »

2016年11月 7日 (月)

ごはんがすすむ 秋の和のおかず

 今日は、11月7日、「立冬」「鍋の日」「あられ・おせんべいの日」。
 今日から、暦の上では冬。

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「栃木県那須塩原市」
<臼井さん>
・アユの塩焼き(塩を振った鮎を遠火に並べ、炭火の遠赤外線で焼く)
 ドラム缶で作った専用のカマ、覆いをして、新聞紙で蓋をして、1時間蒸し焼きにする。
《Chus チャウス》
・高原野菜大根
<市村農園>
・麻婆風大根
①大根の皮をむき、1cmくらいの角切りにする。
②フライパンに油をしき、ニンニク、ショウガを炒める。挽肉を入れる。大根を入れる。
③めんつゆで味付け。自家製辛味噌を入れる。およそ15分煮込んだところで、みじん切りの大根の葉とネギを投入。
④水で溶いた片栗粉でとろみをつけ、仕上げは風味付けのごま油。
・大根おろし
 大根おろしをご飯にのせて、上に大根の葉をかけて、しょうゆを垂らす。
【移住して悠々人】
「長崎県佐世保」
・シーカヤック
《海上に浮かぶ牡蠣小屋 マルモ水産》
・九十九島かき 1kg 900円

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0078/

 「バナナマンのせっかくグルメ!!」は、「兵庫県 丹波篠山」。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
《Paku-Paku パク・パク》
・たこ焼き 100円(税込)
・ソフトクリーム 100円
《風輪里(ふわり)》
・豚カレーうどん 750円(税込)
 篠山産タマネギと鹿児島産豚バラ肉を使用
《喫茶 美貴(みき)》
 かき氷
《大手新丁》
※丹波篠山はぼたん鍋の発祥の地
・ぼたん鍋 3900円(税込)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1009416/

 「ごちそうカントリー」は、「浜松市北区 三ヶ日町 三ヶ日みかん」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<JAみっかび ミカちゃんファーマーズ 特産物直売所(本所敷地内)>
※極早生、早生、青島
・みっか美ネガー 1本 972円(税込み)
・三ヶ日みかん羊かん 1袋 388円(税込み)
・三ヶ日みかん あおしまみかんジュース 1本 158円(税込み)
・氷美柑 1袋 308円(税込み)
「本坂地区」
<後藤農園>

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=50572

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 帰宅して、superに向かう。明日が臨時休業だから、5時から売り出しなんだよね↑↑↑
 「さんま刺身」429円のところ40%引きで257円、「いかの唐揚げ」100g168円で324円のところ20%引きで259円、それに「ヨーグルト 恵」149円を買い、帰宅。

ごはんがすすむ 秋の和のおかず

 帰宅して「北海道産 さんま刺身(解凍)」で一杯♪薬味は、一味唐辛子↑↑↑これが、当たり!!!!!・・・脂がのっていて、なかなか美味しいぞ♪♪♪

 北海道、釧路・根室地方 に住む北海道民は醤油にある 薬味 を加えて、サンマ の 刺身 を食べているという。しょうゆに、たっぷりの 一味唐辛子 を加え サンマ の 刺身 を食べるというもの。
 この食べ方は、元々漁師が刺身を食べるときに、わさびや生姜をする手間を省くために手軽な 一味唐辛子 を使ったといわれます。
 また、北海道の サンマ は鮮度がいいので、わさびや生姜で臭みを消す必要がないとのことでした。
 北海道の 浜中町 というところでは、醤油に こしょう をたっぷりかけて食べていました
「イーグル食堂」

http://pono-nature.com/wp/%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93-%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%9e-%e3%81%ae-%e5%88%ba%e8%ba%ab-%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b-%e8%96%ac%e5%91%b3-%e3%81%a8%e3%81%af-%e7%a7%98%e5%af%86%e3%81%ae%e3%82%b1

ごはんがすすむ 秋の和のおかず

 さらに「いかの唐揚げ」♪♪♪
いか(中国産)、澱粉、醤油、清酒、生姜、砂糖、香辛料、米油、調味料

ごはんがすすむ 秋の和のおかず

 デザートは、昨日戴いてきた、「不二家 ホームパイ」♪
FUJIYA HOME PIE

 ここで、『ふれ愛交差点』2016年10月号より、引用。
 食欲の秋。おいしく炊いた新米ごはんにおすすめの、秋の食材を使った「和」のおかずをご紹介します。
【さんまの竜田揚げ】(565kcal)
『材料』(2人分)
・さんま(三枚おろし)・・・2尾分
・さつまいも・・・1/2本
・ししとう・・・6本
・片栗粉・・・適量
・A
 しょうゆ・・・大さじ1
 酒・・・大さじ1
・揚げ油・・・適量
『作り方』
①さんまは1枚を3つに切り、合わせたAをからめて約10分おく。
②さつまいもは皮付きのまま1cmの厚さの輪切りにし、ししとうは切り込みを1ヵ所入れる。
③160℃の揚げ油で②を順に素揚げにして、油をきる。揚げ油の温度を170℃に上げ、汁けをふいて片栗粉をまぶした①をカラッと揚げて油をきる。器に盛り合わせる。
※お好みで半分に切ったすだちを添える。
【さばの梅味噌煮】(321kcal)
『材料』(2人分)
・さば(切身)・・・2切れ
・塩・・・少々
・梅干し・・・2個(30g)
・A
 味噌・・・大さじ1
 酒・・・1/2カップ
 みりん・・・1/4カップ
『作り方』
①さばは塩をふってしばらくおき、ざるに並べて熱湯を回しかけ、流水でサッと洗って水けをふく。
②鍋にAを合わせて梅干し、①を加え、ひと煮立ちさせる。弱火にして落としぶたをし、約10分煮る。
【鮭の西京焼き】(155kcal)
『材料』(2人分)
・生鮭(切身)・・・2切れ
・塩・・・少々
・A
 白味噌・・・大さじ2
 酒・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
・みりん・・・適量
『作り方』
①鮭は塩をふってしばらくおき、水けをふく。
②合わせたA、①をジッパー付きの保存袋に入れて軽くもんでなじませ、冷蔵庫に入れてひと晩おいて味付けする。
③鮭を取り出して味噌をぬぐって魚焼きグリルに入れ、途中で2~3回、ハケでみりんを塗りながら両面をこんがりと焼いて火を通す。
※焦げやすいので火加減に注意しましょう。
※お好みで青じそ、薄切りにした酢漬けしょうがを添える。
【きのこと水菜の煮びたし】(12kcal)
『材料』(2~3人分)
・しめじ・・・1パック(100g)
・しいたけ・・・4枚
・水菜・・・1株
・A
 しょうゆ・・・大さじ1
 だし汁・・・1カップ
『作り方』
①しめじはほぐし、しいたけは5mmの厚さに切り、鍋に入れてAを加え、強火で約3分煮て火を止める。
②水菜はざく切りにし、①に加えてサッと混ぜる。
【秋野菜たっぷりのけんちん汁】(112kcal)
『材料』(2~3人分)
・さといも・・・3個
・れんこん・・・40g
・にんじん・・・30g
・まいたけ・・・1/3パック(約30g)
・ごぼう・・・40g
・木綿豆腐・・・1/4丁
・細ねぎ(小口切り)・・・適量
・A
 塩・・・小さじ1/4
 しょうゆ・・・小さじ1
 だし汁・・・2と1/2カップ
・ごま油・・・大さじ1
『作り方』
①さといもは4つ割りに切り、れんこん、にんじんはいちょう切りにし、まいたけはほぐす。ごぼうはささがきにして水にさらし、水けをきる。
②熱した鍋にごま油を入れ、豆腐をちぎりながら入れて強火で炒め、油が回ったら①を加えてサッと炒め合わせる。
③Aを加えて煮立たせ、弱火で約8分煮る。火を止めて器に盛り、細ねぎをのせる。

本日のカウント
本日の歩数:8,128歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.1kg
152-92
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」 | トップページ | <食卓ものがたり> 富有柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごはんがすすむ 秋の和のおかず:

« 「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」 | トップページ | <食卓ものがたり> 富有柿 »