« 「七人の侍」「かきめし」、そして「肌を潤す!「かき」と「アーモンド」」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「掛川市フラワーフェスティバルと掛川散策」 »

2016年11月 4日 (金)

「まちでもおいしい馬路村のゆず こぶ茶」

 今日は、11月4日、「かき揚げの日」。

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「中禅寺湖」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<華厳の滝>
《華厳滝 菱屋》
・ゆばカツ 350円(塩か醤油で)
・缶ビール 370円
「達人オススメ!!日光の絶景紅葉スポット!」
*八丁出島
<中禅寺湖観光センター 快速モーターボート>5名 5,000円~
 八丁=約870m
「達人オススメ!!日光の絶景紅葉スポット!」
*イタリア大使館別荘
*イギリス大使館別荘
「達人オススメ!!日光の絶景紅葉スポット!」
<中禅寺>拝観料 500円
 784年創建、世界遺産。輪王寺の別院
・吉祥天:歌ヶ浜に現れた天女のこと
・御朱印 各300円
「達人オススメ!!日光の絶景紅葉スポット!」
*五大堂
 十一面千手観音
 立木観音
♪ 人生の空から 松山千春(1980年)
<英国大使館別荘記念公園>観覧料 200円
*《Tea Romm 南4番 Classic》
・英国茶とスコーンのセット 1,500円
<イタリア大使館別荘記念公園>観覧料 200円

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1008394/

 「昼めし旅」は、「京都府京都市」。5/23の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
※寺町通
 豊臣秀吉が京都再建のために市中の寺社を一つの通りに集約
※本能寺
 本能寺の変の後に寺町通に移築
*おばんざい
<横山竹材店>創業97年
※犬矢来(いぬやらい)
・本煤竹(ほんすすだけ)茅葺き屋根等のいろりの煙で燻された竹
・200万円の本煤竹:虫食いが無く、太くて長い燻された竹
・亀甲竹(きっこうちく)
※竹は火で炙ると色が変わる。竹の油を拭き取ることで数十年も長持ちする。
<木版画 竹笹堂>
 創業125年の竹中木版が手がける木版画の作品を販売。知100年の町家が作業場。
*壷庭
*おくどさん
・若竹煮
(カツオダシに下茹でした筍を入れ、20分ほど煮る。薄口醤油・みりん・酒を入れ、5分ほど煮る。ワカメを入れて煮る。)
・サワラの西京焼
(サワラ(西京漬け)をグリルでじっくり火を通す。
・ネギの味噌汁

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/963115/

 「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~ 」に、Dr.コパ氏が出演していた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/jikkuri_kiitarou/
「金運が上がる」
 来年の運気の上げ方:今年の11月からやるとよい。
・貯金する。
・白身魚、根菜を食べる。

http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/66485/539479/

+………+………+………+………+………+………+………+…………+

「まちでもおいしい馬路村のゆず こぶ茶」

 頂いた「まちでもおいしい馬路村のゆず こぶ茶」を飲む。これがなかなか美味しいねぇ~♪♪♪
 山の村、ゆずの里の香りを一体つめこみました。
 田舎の空気の中で育った柚子を使用し、さっぱりとした味に仕上がりました。
 毎日、爽やかな香りをお楽しみください。
「美味しいゆずこぶ茶の入れ方」
①ゆずこぶ茶1袋を、湯飲みに入れます。
②次に、熱湯(約100cc)を、注いで素早く混ぜます。
内容量 3.5g
馬路村農業協同組合
高知県安芸郡馬路村388-4
TEL 0120-559-659
FAX 0120-059-359

http://www.yuzu.or.jp/

 ここで、『JAF Mate』2015年1・2月号より、「全国ご当地うまいタレ選手権(8) 過疎の村を救ったぽん酢しょうゆ、「ゆずの村」」の引用♪
 いや、よく見かけるなあとは思っていた。東京のスーパーマーケットでである。手描きのような味わいのラベルが貼られたぽん酢の瓶。でも、その「ゆずの村」がどこかは知らなかった。
 高知市内から車でおよそ2時間、初めて訪れた馬路村は、高い山に囲まれた谷間におよそ1,000人が暮らす小さな村だ。明治時代から森林鉄道が走るほど林業が栄えていたが、昭和30年代に衰退し人口も大きく減ってしまった。
 地元農協は、昔から村民が家の庭先で自家用に育てていたゆずに目をつけ、特産品として栽培することを決意。収穫したゆずを搾って果汁を瓶に詰めたものの、思うように売れない日々が続いた。
 そこでゆずを使った加工品づくりに挑戦、昭和61年に発売したゆず入りぽん酢「ゆずの村」が、東京の百貨店で行われた物産展で最優秀賞を獲得すると、注文が殺到。馬路村とゆずの知名度は一気に全国区に押し上げられた。
 たった10人で始めたゆず栽培も現在では190戸に増え、ついにはショールームと通販のコールセンターを備えた立派な加工場が建った。山あいの村は、華麗なる転身を遂げたのだった。
商品名 ぽん酢しょうゆ・ゆずの村
内容量 500ml
小売価格 税込610円
問合せ 馬路村農業協同組合
TEL 0120-559-659

http://www.yuzu.or.jp

 さらに、『田舎暮らしの本』2016年12月号より、引用♪
知県馬路村(うまじむら)から、ボリューム満点なのに ゆずで後味さっぱりの「お肉のたれ」が新発売
 ゆずの産地、高知県馬路村から、肉料理のための「お肉のたれ(旨辛みそ味)」(200ml 417円)が発売された。焼き肉はもちろん、炒め物やミートボールなど、さまざまな肉料理によく合う。ボリューム感があるのに口の中にゆずが広がるさっぱりとした後味だ。お肉が食べたいときや元気をつけたいとき、お弁当や今晩のおかずに困ったときなどに活躍すること間違いなし。
問 馬路村農業協同組合
TEL 0120-559-659

http://www.yuzu.or.jp

「まちでもおいしい馬路村のゆず こぶ茶」

 帰宅して、30%引きの179円で買った「おでん」で一杯♪
浜木綿 HAMAYU Taste of Traditional Japan
 焼津産かつお節と日高産昆布エキス使用 本格つゆ付
10種18品
・ごぼう巻 2本
・さつま揚 2枚
・焼竹輪 2本
・野菜天 2枚
・平がんも 2枚
・いわしつみれ 2個
・がんもボール 2個
・白ボール 1個
・赤ボール 1個
・こんにゃく 2個
100g当たり133kcal
株式会社 浜木綿
東京都江戸川区臨海町4-3-1
TEL 0120-14-1189

「まちでもおいしい馬路村のゆず こぶ茶」

 98円で買った「ちくわぶ」も入れたよ♪
タケちゃんのちくわぶ
内容量 160g
 おでん・煮物・すきやき等!
ちくわぶのおいしい召し上がり方
・ちくわぶは一度水洗いしてからお使い下さい。
・斜め切りにして、おでん・すき焼・けんちん汁・水たき又各種鍋物の具になります。
・牛や豚肉と一緒に砂糖、しょう油で煮こんだり、天ぷらにしても美味です。
100g当たり163kcal
株式会社 いわて屋
神奈川県横須賀市公郷町2-16-1
TEL 0120-193439

本日のカウント
本日の歩数:8,320歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.6kg
133-81
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「七人の侍」「かきめし」、そして「肌を潤す!「かき」と「アーモンド」」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「掛川市フラワーフェスティバルと掛川散策」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「まちでもおいしい馬路村のゆず こぶ茶」:

« 「七人の侍」「かきめし」、そして「肌を潤す!「かき」と「アーモンド」」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「掛川市フラワーフェスティバルと掛川散策」 »