« 「協働センターまつり」、そして「珍味ほたて」 | トップページ | 「冬物語」「SMOKED SALMON」、そして「いただきます サケのおかず」 »

2016年11月21日 (月)

「西京漬 さわら」、そして「奥三河里芋」

 今日は、11月21日、「かきフライの日」「フライドチキンの日」。

 「キリン」より、メール。「『ビールあた~るアンケート』開催中!」。
 キリン一番搾り生ビール350ml缶 1ケース<24本入り>を抽選でプレゼント!
皆様におなじみのアンケートといえば!
Q:お酒とはあなたにとってどのようなものですか?あえて漢字一文字で表現するとしたら?
・楽
・癒
・酔
・快
・喜
・造
・笑
・友
・嬉
・幸
・食
・活
・力
・生
・絆
・愛
・命
・金
・助
・搾
・独
・その他(_自由記入_)

http://m.kirin.co.jp/pg/cl.php?qIds=7VofCjmfkDd7ifookCZ_zIqkUv&G

 「サンマルク」より、メール。「メール配信サービス」が終了のなるらしい・・・代わりにスマートフォン対応の『サンマルク公式アプリ』を使えということらしい。
「アプリダウンロードはこちらから」
https://saint-marc-hd.com/saintmarc/appli/index_mail3.html

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 脚本家、倉本聰さんによる北海道を舞台にした作品には駅がしばしば描かれる。このドラマの第一話もそうだ。<布部駅ホーム 列車がすべりこむ。ホームにおり立つ五郎、純、蛍。三人、階段のほうへ歩く>。代表作の「北の国から」。布部駅には、<北の国此処(ここ)に始(はじま)る>という倉本さん直筆の看板がある
▼布部駅のある、根室線富良野-新得間も廃線の検討対象に挙がった。JR北海道は深刻な経営状態を踏まえ、同社単独では維持困難な十路線十三線区を公表した
▼対象は同社運行在来線の約五割。今後、沿線自治体と協議していくが、中には悲しい別れも避けられぬ駅もあろう
▼あのドラマの第三話にこんな場面がある。布部駅から東京へ帰る純少年(吉岡秀隆さん)を一人の老人(大滝秀治さん)が見送る。こんな昔話をする
▼入植した仲間が次々とこの地を去った。「仲間が四軒いっしょに離農してな。わし、やっぱり送りに来たもンだ」「そんとき心ん中で正直何を考えていたかいおうか」…。「お前ら、いいか。敗(ま)けて逃げるンだぞ」「逃げ出して行くンじゃ」「そのことだけはようおぼえとけ」
▼北海道に限らぬ。JR他社も地方に赤字路線を抱える。過疎化や少子化。結局、止める手だてが見つからない。そして廃線か。「敗けて逃げるンだぞ」。あの言葉が、日本という社会全体に向けられている気がする。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016112102000110.html

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「静岡県 下田市」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
《市場の食堂 金目亭》
☆金目姿煮定食 1,800円
☆あぶり金目丼 1,500円
☆金目天丼 1,300円
・金目三色丼 1,400円
(地金目鯛の刺身、平金目鯛の漬け、平金目鯛の刺身)
 平金目鯛:クセがない白身で脂が少ない
 地金目鯛:下田湾近海で捕れ、旨味が多い
<>
☆伊勢エビ 1kg 6480円
☆サザエ 100g 180円
☆下田S級サザエ(400g以上) 100g 210円
(沖合の激しい潮にもまれるため巨大化。漁獲量が少なく、地元でもあまり出回らない)
《ガーデンヴィラ 白浜》
・刺身(カツオ、ワラサ、イサキ)、金目鯛の煮付け

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0079/

 「ごちそうカントリー」は、「東京 立教大学 池袋キャンパスで静岡茶」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
「セントポールズフェスティバル」
①お湯を60℃に冷ます。
②1人2gnお茶の葉を急須に入れる。
③60℃に冷ましたお湯を注ぎ、1分蒸らす。
④急須を軽くゆすり、すこしずつ注ぐ。
・桜葉の風味「まちこ」
・「深蒸し茶」
<まんさいかん>藤枝市青木
・ほろにが静岡茶モンブラン 350円(税込み)

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=50800

 「バナナマンのせっかくグルメ!」は、「佐賀県 太良町」。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
《鶴荘》
・竹崎ガネ(カニ) 1杯 3000円(税別)※大きさによって異なります。
(ワタリガニの一種)
《kiwi cafe》
・キウイパフェ 700円(税込)
(ゴールドキウイ)
・キウイバーガー(金星豚バーガー) 500円(税込)
(太良町永渕ファーム 金星佐賀豚)
《お食事処 海望》
・カニちゃんぽん 1800円(税込)
(竹崎カニを丸ごと一匹使う。カニ味噌を昆布だしを合わせる。野菜や麺にカニの旨みをしみ込ませる。竹崎カニを盛り付けて完成)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1013348/

西京漬 さわら

 仕事を終え、帰宅して、「味付け 西京漬 さわら」で一杯♪白身魚だね↑↑↑
Fast Fish 骨とり魚
 骨取りだから食べやすい
フライパンで簡単調理!
 グリル器、フライパン、オーブン等でそのまま焼いてお召し上がり下さい。
製造者:株式会社 サスイチ
静岡市清水区蒲原堰沢348
保存温度変更者:(株)ベイシア Fd雄踏店
浜松市西区雄踏町1丁目32番地2号

 さらに「里芋のお味噌汁」♪

 ここで「奥三河里芋」の紹介♪
 「黒ボク土」という土質が上質の里芋をつくる。
 茹でた「奥三河里芋」を塩、甘味噌、生姜だまりで食べる。

 さらに、2016年11月13日の朝刊「しずおか 徒然草」(66)より、引用。
日本人とサトイモの長い付き合いのこと
 寒くなった。連想ゲーム風にいえば焼き芋、芋といえばサツマイモとなるのだが、この芋は薩摩という地名がついているように、17世紀ごろに九州に入ってきて次第に普及したものだ。ジャガイモも同じころに外国から入ってきた。こちらはオランダ人が持ち込んだといわれる。当時、オランダの支配下にあったジャワからきたということで、ジャガがなまってジャガイモと呼ばれた。どちらも南米が原産地であり、大航海時代の大きなうねりに乗って、はるばる日本にやってきた、いわば同期生である。
 この二つのイモが日本人に知られる前、芋とはサトイモのことだった。その原産地は東南アジアで、今でも現地で重要な主食となっているタロイモなどの仲間である。おそらく焼き畑に伴う栽培植物として持ち込まれたのではないかと思われ、時代的には縄文時代にまでさかのぼるらしい。数千年にわたる栽培の歴史の中から、いろんな品種が生まれたし、中国から新たに渡ってきたため唐芋と呼ばれるものもある。えぐみが強いが収穫量が多いシマイモ、いも飯用の赤芽、あるいはヤツガシラなど、収穫時期や味わいの違いに着目し、いくつものタイプが作り分けられてきた。
 そんな歴史を背景に、サトイモは日本人の暮らしに深く浸透し、とくに年中行事やお祭りなど、伝統行事の儀礼食には欠かせない食材となっている。年越しの晩に作る煮しめには必ずサトイモを入れるところがあるし、お正月の雑煮には、サトイモが不可欠だ。お月見のお供えも、本来はサトイモが中心だった。また旧暦十月の亥の子という年中行事では、米とサトイモを混ぜた餅を作る例がある。おそらくサトイモの収穫祭といった意味合いがあったのだろう。冬が来る前に畑から掘り上げたサトイモは、家の近くの水はけのよい場所に穴を掘って入れ、上に藁をかぶせておくと長く貯蔵できる。その意味でも大切な食料だった。
 サトイモの煮ころがしのなめらかな舌触りは、子どものころの食卓の風景を思い起こさせる。塗り箸で挟もうとしてもうまくいかないし、突き刺そうとしても皿の外に逃げてしまう。何べんも箸で追いかけて行儀が悪いと叱られたものだ。冬の祭りを見に行くと、控所の囲炉裏の灰には、ゆでたサトイモを串に刺して砂糖みそをつけたものが何本も立っている。思わずおなかが鳴りそうなよい香りと、囲炉裏の暖かさが心地よい。神様とともにいただくような気がする最高の御馳走である。
*中村羊一郎(静岡産大総研客員研究員)

 ここで、【海老芋サラダ】(94kcal)の紹介♪♪
 海老芋は、親芋、小芋、孫芋共に食べられ、煮崩れしにくいので、煮物や汁物、素揚げにして甘辛だれをからめるなど、さまざまな調理方法があります。じゃがいもと同じようにサラダにすると、なめらかな舌ざわりのサラダになり、和風の煮物が苦手な人でも食べやすい料理です。孫芋は小芋より柔らかく、クリーミーなのでサラダやムースなどのお菓子の材料としても向いています。
『材料』(2人分)
・海老芋・・・100g
・にんじん・・・20g
・きゅうり・・・20g
・マヨネーズ・・・大さじ1と1/3(16g)
・塩・・・少々
・こしょう・・・少々
『作り方』
①海老芋はひと口大の大きさ、にんじんは3mm厚さのいちょう切り、きゅうりは3mm厚さの輪切りにする。
②海老芋、にんじんは柔らかくなるまでゆで、冷ます。きゅうりは煮立った湯の中に入れ、さっとゆで、冷水にとり冷ます。水気をしぼっておく。
③海老芋、にんじん、きゅうりをボールに入れ、マヨネーズ、塩、こしょうであえる。(味をみて加減する)
*ホールコーンを加えてもよい。
・海老芋
 海老のような形をしていることから海老芋と呼ばれ、里芋の仲間です。冬の京料理に欠かせない高級食材で、現在では磐田市が生産量日本一です。

西京漬 さわら

 デザートは、頂いた「しらす かるせん」♪

本日のカウント
本日の歩数:14,338歩
(本日のしっかり歩数:3,901歩)
本日:55.4kg
137-87
(昨日、塩分の取り過ぎか!???)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「協働センターまつり」、そして「珍味ほたて」 | トップページ | 「冬物語」「SMOKED SALMON」、そして「いただきます サケのおかず」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「西京漬 さわら」、そして「奥三河里芋」:

« 「協働センターまつり」、そして「珍味ほたて」 | トップページ | 「冬物語」「SMOKED SALMON」、そして「いただきます サケのおかず」 »