« ごはんがすすむ 秋の和のおかず | トップページ | 鮭はらみと煮物の御膳(二色御飯) »

2016年11月 8日 (火)

<食卓ものがたり> 富有柿

 今日は11月8日、「いい歯の日」「刃物の日」。

 「クラブツーリズム」より、メール。「富士山に登り隊」の案内♪
http://www.club-t.com/special/theme/aruku/mt-fuji-noboritai/?waad=oLnYH4Ld
 「日本酒焼酎の専門店 ミツワ酒販」より、楽天メール。「カマンベールチーズ入 チーズいか」が1000円♪しかも送料無料↑
http://item.rakuten.co.jp/mituwa/cheesika-2/?scid=rm_205145
 「津軽甘熟りんご研究会」より、メール。「金の蜜子、蜜子」の案内♪
http://ringokenkyukai.jp/shouhin/ringo/mituko/mituko.html

 9月25日のテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」で、「」を取り上げていた。
 「咳」がでるのは、
・風邪の時
・辛いものを食べた時
・緊張したとき
・お酒を飲んだ時
・朝起きた時
・季節の変わり目
・ラーメンやうどんを食べた時
・寝ている時
 今回、咳の疑問について詳しく解説してくださったのは、順天堂大学医学部呼吸器内科教授の高橋和久先生。高橋先生によると、咳は身体を守る防御機能なのだそう。空気の通り道である気道に、異物が入り込むとその異物を外に出そうとする防御機能が働きます。それが咳なのです。
 咳は異物を外に出すための反射なのでそれ自身はいいのですが、その後ろに病気が隠れている場合もあるのだとか。高橋先生によると、防御機能による咳と、病気による危険な咳があるということです。
 気をつけた方が良い、『危険な咳』を見ていきましょう。
 まずは、「朝起きた時に出る咳」です。
 朝起きた時に、痰(たん)がからむ咳が出たら、ある病気の可能性があります。それが、後鼻漏症候群です。アレルギー性鼻炎や蓄膿症の人は、寝ている間に鼻水がのどの奥に落ちてしまいます。それが、気管に流れ込み、痰のからんだ咳が出てくるのです。
 鼻水が原因の咳ですが、放置すると気管支炎や肺炎につながることもあります。長く続く場合は病院へ行きましょう。
 「季節の変わり目」に、咳が長引くと言う人は、ぜんそくの可能性があるようです。
 喘息(ぜんそく)とは、肺の中にある空気の通り道である気管支の病気です。気管支が何らかの原因で炎症を起こし、気道が狭くなって咳が出てしまいます。気管支の炎症を引き起こす原因としては、ホコリやダニ、カビなどのハウスダストによるアレルギー反応が考えられます。喘息は、激しい咳とともに、気管支が細くなることで呼吸困難になることが特徴です。
 また、「ラーメンやうどんを食べた場合に咳」が出るのも、この咳ぜんそくの可能性が高くなります。
 熱い湯気が秋の気候と同じように気管支を刺激することで咳が出てしまうのです。また、アルコールは気管支をむくませるため、気管支が細くなってしまい咳が出やすくなります。
 「寝ている時に出る咳」は、逆流性食道炎という疾患が疑われるケースがあります。
 胃は食べ物が入ると、食道括約筋と呼ばれる筋肉がしまります。寝ている時に、この筋肉が緩み、胃液が逆流し食道まで到達して炎症を起こし、それによって咳がでるのです。
 寝ている時に咳が出る場合、逆流性食道炎以外にも疑われる病気があります。それが心不全です。
 心不全では、心臓のポンプ機能が低下するために、心臓が全身に血液を送ろうと激しく動きます。さらに、心臓のポンプ機能が低下するために血液の流れが停滞し、その水分が肺にたまって呼吸困難を引き起こしてしまう病気です。心不全による咳の特徴として、横になると咳が悪くなり、座ると良くなるということがあげられます。身体を横にすると、重力によって体内の水分が肺周辺に集まるため咳が出やすくなります。そして、起き上がると水分が下がるため、咳が収まるのです。
 また、息が苦しくなる、喉が詰まるような感じがするという場合も注意が必要ですさらに、ピンク色の泡のような痰がでる咳の場合も、心不全が多いと言われています。高橋先生によると、痰がでない咳が3週間以上続く場合は、咳ぜんそくの可能性があるのだそう。早めに医療機関を受診するようにしましょう。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/160925/

 夜中になると、鼻水が出る・・・調べてみた。
「夜になると鼻水が出る原因」
 夜になった時に突然鼻水が出始める原因となっているのは寒暖差アレルギーを呼ばれる症状である可能性が高いと思われます。
 最近は冬だと外はすごく寒くて部屋は暖かい状態になっていたり、夏であれば外は非常に暑いのに部屋の中はエアコンが利いていて涼しいと言った形で1日の中で自分が体感する気温に大きな差が出てしまうことが多くなってきていると思います。
 致し方ないところもあるとは思いますが、あまりに温度差が激しい生活を送っていると鼻の奥側にある毛細血管の粘膜が弱まったり剥がれてしまうことがあると言われています。実はこの症状のことを寒暖差アレルギーと読んでいます。
 身体の中の免疫力を高めるようにしていくということと、アレルギー対策と血行促進を重点的に行なっていくようにすれば夜になると鼻水が出るというような症状を改善することができるようになります。
・免疫力の向上
・アレルギー対策
・血行促進
 ちなみに今ダイエットや美容、健康作用で話題の水素水を使うことによってこの3つの目標を同時に達成させることができるようにもなっています。

http://suisonoheya.com/yoru-hanamizu

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「萩往還 幕末ヒーロー物語と美味巡り」「山口県 防府」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<道の駅潮彩市場 防府>
*《魚屋 さかなやさん》
・萩産瀬付きあじ 1箱 600円
・レンコダイ 1箱 500円
・天然ダイ(大) 2,500円
・ヤナセ(アオハタ)
・サザエ(日本海、瀬戸内)
・太刀魚 1,700円
<三田尻御舟倉跡>みたじり おふなぐらあと
 1611年に作られた毛利水軍の本拠地
♪ 風 はしだのりひことシューベルト(1969年)
<ほうふ昭和館>入館料 100円
 アイロン、こたつ
《天満屋》
・梅小町(12袋入り) 300円
<防府天満宮>
 日本で最初に学問の神様 菅原道真を祀った神社で、日本三天神の1つ
・合格はちまきリレー
 合格者がメッセージを書いて返納し、縁起物として希望者に渡し、リレーする。
・暁天楼(ぎょうてんろう)
 階段の上げ下ろしができ、階段上の板が閉じて隠し部屋になる
 戸袋板の落書き
《喫茶・食事 エイト》
・玉子かけ三色丼 500円
(明太子、ちりめんじゃこ、海苔)
※天満宮周辺の11店舗が参加して、様々な玉子かけごはんを提供している。吉田松陰の義弟 楫取素彦(かとりもとひこ)の好物が玉子かけごはんだったという記述が文献に残されていた。楫取は明治維新と防府市の発展に尽力した人物。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1009539/

 「昼めし旅」は、「奈良県 十津川村」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 日本一大きな村。面積672km、人口約3,500人
「果無集落」(はてなし)
*世界遺産 熊野古道参詣道 小辺地(こへち)
<岩本さん>
 ゼンマイ、エンドウ豆、タマネギ、お茶
・タマネギとジャガイモの煮物
(タマネギ、ジャガイモ、油揚げ)
「七色集落」棚田の里
<辻さん>
・めはり寿司
(高菜の漬け物の茎の部分を刻み、かつお節とご飯に混ぜる。醤油と酢で味付け。おにぎりにして、高菜の葉で巻く。)
 あまりの大きさに「目を見張るように口を開けて食べた」ことに由来
・出し巻き玉子
(卵にカツオだし、みりん、醤油、水を入れて焼く)
・筍の煮物
・たらの芽の天ぷら

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/959983/

 夕方から雨になったね・・・。
 仕事を終え、帰宅して、「酒&FOOD かとう」に行く。「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円を伝票にて買い帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/

<食卓ものがたり> 富有柿

 帰宅して「玉子入り おでん」で一杯♪お鍋で温めて、「ちくわぶ」も入れたよ↑
風味、際立つ かつお一番だしと北海道産昆布の合わせだし
 かつお本枯れ節使用
一正 6種6個
・厚切大根
・厚切こんにゃく
・北海道産昆布
・玉子
・さつま揚
・焼ちくわ
1袋(430g)124kcal
「あ!これ つくろ」おいしさひろがるおすすめレシピ
最後のオススメ!
 おでんの後の残りのスープにキムチとごはんを加えて 簡単キムチ雑炊に!
 お好みで卵を加えると、まろやかになりより美味しくいただけます。
製造者:一正蒲鉾株式会社
新潟県東区津島屋7丁目77番地
TEL 0120-023773

http://www.ichimasa.co.jp/

 デザートは、頂いた「浜北の次郎柿」♪これが、大きくて美味しいですよ↑↑↑

 ここで、2016年10月29日の朝刊より、「<食卓ものがたり> 富有柿(岐阜県瑞穂市)」の引用♪
 ゴト、ゴト-。選果場にコンベヤーの音が響く。載っているのは直径十センチほどの鮮やかなオレンジ色の柿。十、十一の二カ月間は柿の収穫・出荷の時期だ。「九月の雨で早生(わせ)の品種が影響を受けたけれど、富有柿(ふゆうがき)は豊作の見込みです」。JAぎふから選果場を借りて運営する岐阜県瑞穂市の瑞穂市柿振興会の小寺徹会長(74)は笑みを広げた。
 十月は早生品種の大秋(たいしゅう)、早秋(そうしゅう)、早生富有。十一月に入ると富有柿だ。今年は四品種計約五十七万キロを出荷する。富有柿は大きさ、形、色、甘みから「甘柿の王様」といわれ、海外でも盛んに栽培されている。その世界的な品種が生まれたのが、この瑞穂市だ。
 その地で柿作りの中心となっているのが振興会。市内の柿農家約二百五十世帯が出荷で協力するほか、講習会で技術を磨き、傷がなく形がきれいで甘みが十分な、発祥の地にふさわしい品質を保っている。
 柿の生産で忙しいのは出荷時期だけではない。年末からは枝を切って枝の張り方を決める剪定(せんてい)をし、五月にはつぼみ、引き続き花を間引く。一つの実を大きくするとともに、多くつきすぎて実同士がこすれ合って傷付くのを防ぐ作業だが、根気と経験が必要だ。
 小寺さんも、五十歳で公務員を辞して父親の柿畑を継いだが、初めは周りの人に聞いたり、手伝いに行ってやり方を見たり。「枝の張り方をイメージして剪定できるようになるのに三、四年はかかる。その後もつぼみや花の間引きのほか、土壌や日当たりなど、工夫することはたくさんある」
 最近は、定年退職してから柿作りを継ぐ人が多い。経験豊富な会員の技術を広く共有することが、産地を守るのに欠かせない。「いろいろな地域で作っているけれど、発祥地の物だと喜ばれる柿を作っていきたい」。努力が詰まった柿の出荷が、間もなく始まる。
 (丸山崇志)
◆学ぶ
 富有柿が生まれた岐阜県瑞穂市。同様に柿の生産が盛んな本巣市との境近くにある天神神社脇に、富有柿の母木と、発祥の地の碑=写真=がある。
 振興会などによると、幕末に現在の同市内で生まれた福嶌才治(ふくしまさいじ)氏が、明治時代の中頃、地元でおいしい柿がなると評判だった御所柿の木を接ぎ木したのが始まり。全国各地の品評会に出品して高い評価を受け、中国の歴史書の一節にちなんで富有柿と命名された。
 現在も残る母木は、1929年に移植により枯死したと思われたが、翌年に根から芽を出し、再び立派に枝を張っている。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016102902000001.html

本日のカウント
本日の歩数:7,665歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
142-88
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« ごはんがすすむ 秋の和のおかず | トップページ | 鮭はらみと煮物の御膳(二色御飯) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64462115

この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> 富有柿:

« ごはんがすすむ 秋の和のおかず | トップページ | 鮭はらみと煮物の御膳(二色御飯) »