« JRさわやかウォーキング「掛川市フラワーフェスティバルと掛川散策」 | トップページ | ごはんがすすむ 秋の和のおかず »

2016年11月 6日 (日)

「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」

 「クラブツーリズム」より、メール。「現地に行って「タグ付きカニ」を食べよう!」♪
http://srh.club-t.com/ctour/servlet/TourSearch.jsp?ToCD=TL&p_company_cd=1002000&p_naigai=J&p_from=800000&p_baitai=940&p_baitai_web=XX001&p_bunrui2=71J&p_bunrui2=73J&p_bunrui2=74J&p_bunrui2=80O&p_key=WEB%8c%c0%92%e8%8cf%8d%da&waad=tVosu0mg
 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「北海道産 新巻鮭」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/c/0000000154/?scid=rm_206625

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「青森・三沢 ヒラメ」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《銀座 鮨青木》
☆江戸前小肌の酢〆
☆北海道産イクラのしょうゆ漬け
☆愛知県産ゆで車エビ
☆青森三沢産ヒラメ
「三沢漁港」
*平ガニ
<冨田さん>ヒラメ釣りの神様
※潜行板:北海道や青森県でよく使われるヒラメ漁の仕掛け
・ヒラメの刺身(塩でいただく)
《鮨まつさか》
・活ヒラメ
 今朝とれたヒラメ、食感を味わうため、薄く切って3枚重ね(煮切り醤油)
・熟成ヒラメ
 1cmほどの厚さに切る
・昆布〆ヒラメの握り
・いくら醤油漬け ヒラメの握り
 イクラをミキサーにかける。しょうゆを加え、ヒラメを漬ける
・サンマと菊花の棒鮨
・平ガニのおすし
・肝のせ
 肝を鰹だし、しょうゆ、砂糖などで煮詰める。桜チップでスモーク。凍らせる。ヒラメの握りの上に凍らせたヒラメの肝を削ってかける。
・ヒラメの肝和え

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0075/

 「おとな旅 あるき旅」は、「絶景と美食の宝庫 山口・下関~長門の旅」。
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/
<角島大橋>
「角島」
<角島灯台>参観料 200円
《元美人海女の店》
下関市豊北町角島灯台公園駐車場内
tel 083-786-2352
・フルコース 1,250円
(サザエのつぼ焼き、特牛(こっとい)イカの塩焼き、お造り(サザエ、特牛イカ)
「長門」
※焼鳥の町:人口1万人あたりの焼鳥店舗数が全国で1、2を争う。
<元乃隅稲成神社>
長門市油谷津黄498
*龍宮の潮吹き
《こうもり》ネギは、タマネギ
長門市東深川911
tel 083-722-0617
・かしわ 1本 130円
・かわ 1本 130円
・たまご 1本 110円
・きも 1本 120円
「湯本温泉」
<おとずれ足湯>
 音信川(おとずれがわ)遊歩道
《大谷山荘》
長門市湯本温泉
tel 0837-25-3221
・スタンダード和室 1名(1泊2食付) 20,000円~
・エクセルスイート 1名(1泊2食付) 30,000円~
・ガーデンスイート 1名(1泊2食付) 30,000円~
・和会席
(前肴、造り、鍋物(長門和牛のしゃぶしゃぶ)、ふく刺し、ふく唐揚げ、鮑のおどり焼き)

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1242222_6111.html

 今朝のテレビ「健康カプセル!ゲンキの時間」で「免疫力アップ術」をやっていた。
http://hicbc.com/tv/genki/
「食事編」
 NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる
・ヨーグルト:1日1カップ
・β-グルカンが多く含まれるキノコ
「運動編」
・インターバル速歩
 早歩きとゆっくり歩きを交互に3分間ずつ行う
「睡眠」
 睡眠前の入浴。平温+4℃で入る。
「免疫力アップジュース」デザイナーフーズピラミッド
 キャベツ・・・葉4枚、ニンジン・・・1本、レモン・・・1個、ハチミツ・・・適量
 ジューサーにかける。

http://hicbc.com/tv/genki/archive/161106/

 今日は、準仕事・・・身支度をして出かける。

「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」

 今日の昼食は、「鳥膳 一水庵」の「お弁当」♪
(株)鳥膳 一水庵
浜松市中区高丘2-15-14
TEL (053)436-0080

http://www.torizen.co.jp/catering.html

 約束だと16時には終わるはずなのに、16時を回っても終わらない・・・。終わったのは16時半か・・・手際が悪いな・・・。

「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」

 「焙煎屋」に、コーヒー豆を買いに行く。ログハウスの建物だね。「キリマンジャロ」200g1,026円を「ハイロースト(中煎り)」にしてもらい買う。お値段が、ちょっと高めかな・・・。
浜松市中区向宿1丁目8-2
TEL 053(462)9933

http://www.baisenya.co.jp/

 ここで、2016年10月7日のオマケの新聞より、「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」の引用♪
 酸味があるもの、苦みがあるもの・・・『おいしい』と感じる味は個々人で違います。店頭に並んだコーヒーを買うだけでなく、もっと自分好みのものが欲しいと思う方も多いのでは。買って飲むだけではないコーヒーの楽しみ方を専門店に聞いてみました。
味比べも、自分で作るブレンドも 知るほど深まるコーヒーの愉しみ方
 昨年で20周年を迎えたという”自家焙煎珈琲豆”の専門店「焙煎屋」。個人の希望に合わせて生の珈琲豆を店内で焙煎し、焼きたて・挽きたての豆を提供しています。
 「”コーヒーは苦いから苦手”という方もいらっしゃるとは思いますが、コーヒーはそれだけではなく、さまざまな味わいがあります。ぜひいろいろ知って楽しんでいただけたら」と話すのは同店の店主・寺田隆昭さんです。まるでフルーツのようなさわやかな酸味のあるものもあれば、コク・深みや煙の香味が感じられるものもあります。それぞれのコーヒーを飲み比べてみるとその違いにびっくりすると思いますが、コーヒー豆の味わいは「生豆の種類・品質」「焙煎(ロースト)の度合い」の組み合わせで特徴づけられているといいます。また「挽き方」によっても”味の出方”が変わってくるので、用途に合わせた選択が必要です。
 「もちろんおすすめの組み合わせはありますが、当店では”これじゃないといけない”といったようなルールはありません。いろいろ試してみて、一番お気に入りを見つけるという楽しさもコーヒーの醍醐味ですから」と寺田さんは笑います。
苦みと酸味・・・ローストのバランスについて知る
【ミディアムロースト(浅煎り)】
 口当たりが優しく、酸味が主体で苦みが弱い焼き方です。豆の特徴を損ないにくいので、個性のある豆にはおすすめです。用途としてはアメリカンコーヒーに向いています。お茶のようなすっきりした味わいになります。
【ハイロースト(中煎り)】
 酸味と苦みのバランスが良く、すべての基準となる焼き方になります。コーヒー豆の味わいのみで飲み比べする際には、この焼き方で比べてみると良いでしょう。
【シティロースト(中深煎り)】
 酸味も残りますが、コクや苦みが増してくる焼き方です。
【フルシティロースト(やや深煎り)】
 しっかりとしたコクを苦みがあり、酸味はなくなります。
【フレンチロースト(深煎り)】
 豆の表面に脂質が現れ、強い苦みとコク、それから甘い香りが漂います。
【イタリアンロースト(最も深煎り)】
 刺激的な苦みで、焦げ・煙の香味が感じられます。
 ”深煎り”と名前がつくコーヒーは、そのコクや苦みからミルクとの相性が良くカフェオレなどにぴったりです。生クリームを浮かべるウィンナーなどアレンジコーヒー、エスプレッソ、アイスコーヒーにも最適です。
 お湯は82~83度が最適。焼きたて・挽きたての豆はふくらみが違います。
個性を足していく妙味 ブレンドについて知る
 同店ではスタンダード(一種類の豆)だけでなくブレンド(多種の豆の混合)も自由にオーダーできるそうです。アドバイスは大ベテランの寺田さんに求める事はできますが、これも決まりごとはないので「生豆」「焙煎の度合い」「豆の比率」を決めてブレンドします。中煎りと深煎りを混ぜてみたり、個性的な豆の香味を足してみたり・・・自由度は高いですが、やはり大はずれはしたくないというのが心理ですね。初めての方は馴染みの「ブラジル・コロンビア・モカ・マンデリン・ガテマラ」の比較的スタンダードな豆の中で試してみましょう。
 慣れてきたら、お気に入りの豆を混ぜて比率の多少を調整していくのも良いですね。ただ、生豆はそれぞれ産地によって生産量が変わってきますので、希少な豆ばかりをブレンドに使用すると、流通量が少ない時にはそのブレンドが作れなくなってしまいます。お気に入りのブレンドは常に飲んでいたいでしょうから、メインはブラジルやコロンビアなど安定生産している豆の産地を選ぶのが良いかもしれませんね
用途で変える挽き方 味も変わってくる
 豆を選んだら挽き方にもこだわりましょう。同店では、極荒~極細まで豆をどの程度の粒子にするのか7レベルから選ぶことができます。中挽きを基準にして、細かいほど味が濃く、荒くなると口あたりは軽くあっさりします。同じ器具でも少し挽き方を変えるだけで味は変わってきます。細挽きになると、エスプレッソマシン用になります。
   ◇   ◇
 最近は細かな産地や豆の精製方法や淹れ方にまでこだわった「スペシャルティコーヒー」が注目されています。アレンジをメインに楽しむコーヒーショップも多いですが、お茶のように飲めたり、今までとは違った視点でコーヒーを楽しむ人が増えているそうです。「ぜひこの機会に詳しく知って楽しんでもらえたらいいですね」と寺田さん。
 もっと詳しく知りたい人のための「コーヒー講座」も開催しているそうなので、興味のある人は問い合わせてみては。
取材協力:焙煎屋
浜松市中区向宿1丁目8-2
TEL 053(462)9933

 「杏林堂 富塚店」に寄る。売り出しの「サッポロ 冬物語」6缶1,069円を買うためだ。駐車場が込んでいた↓↓↓なんとか、入店。
 見当たらないので店員さんに尋ねた。「出ていなければありません」と言われたので、「在庫はないのか確認してください」とお願いした。奥に引っ込み、しばらくして「入荷していなません」とのこと・・・売り出し品が入荷していないってどういうこと???それなら、お詫びの表示をするでしょう???
 何も買わずに店を出る。
http://www.kyorindo.co.jp/

「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」

 スーパーに寄る。駅弁大会の駅弁を買うためだ。時間が遅くなったので、狙いの駅弁は売り切れ。しかし「海の宝石箱」1,000円のところ、20%引きで799円を買い帰宅。

 帰宅して近くの杏林堂に電話。「サッポロ 冬物語」の在庫はあるか聞くと、「ある」とのこと。お取り置きをお願いしたら、日替わりの商品はお取り置きできないとのこと。売り切れならその値段で取り寄せはできるが、売り切れではないので取り置きはできないそうだ・・・富塚店なら、日替わり価格て取り寄せができると言う・・・富塚店でそんな説明はなかったぞ!!!不親切なお店だ↓↓↓
 もう、話にならない!!!

「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」

 夕方は、「海鮮ちらし寿し 海の宝石箱」で一杯♪
山陰 吾佐衛門寿し本舗
 色とりどりの海の幸が お口の中で贅沢に広がる 鮮やかな盛り合わせ。
・鱒
・鯖
・蟹
・鯵
・いくら
米吾 KOMEGO
340gあたり673kcal
 米(国産)、昆布、たまご、鯖、鯵、鱒、紅ズワイかに肉、いくら、醸造酢、砂糖、食塩、味醂、しょうゆ、植物油脂、酒精、還元水あめ、ゼラチン、風味原料
株式会社 米吾
鳥取県米子市奈喜良248-4
TEL 0859-26-1511

http://www.komego.co.jp

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「海老れんこん佃煮」(茨城県)の引用♪
健康食材の炊き合わせ
 茨城県東南部に広がる霞ヶ浦は全国第二の大きさを誇る淡水湖。ワカサギ、シラウオなど多種の魚が生息する湖で知られる。
 ここで多く獲れる川エビと生産量日本一を誇る茨城県産のレンコンを炊き合わせたものが、安部の人気商品「海老れんこん佃煮」。
 薄めにスライスしたレンコンと海老の風味が醤油ベースの汁になじんでシャキシャキ感とともに、実山椒の香りと辛みがピリッと効いて深い旨みを楽しませる。ご飯のおかずに何よりで、食卓に常備したい一品だ。温めて食べると一層おいしい。
 「エビは自社の漁船で水揚げから鮮度管理まで行っている」と語る代表の安部知明さん。鮮度、独自の加工法、みりんに頼らないコクのある味がモットーだという。
 レンコンはビタミンC、ポリフェノール、エビはタンパク質、カルシウムのほか、どちらも食物繊維が豊富な健康食材で、かつ縁起食品。
 同社は漁、養殖、水産加工など一貫する食品加工会社。ワカサギ、ハゼ、アサリ、昆布など、”あべ佃煮”でおなじみの各種佃煮の折詰も進物に好評だ。
【取り寄せ先】
株式会社 安倍
茨城県かつみがうら市牛渡2716の13
TEL 029(898)2664
FAX 029(898)2328
10時~17時、水・日曜休
海老れんこん佃煮 1袋(120g)を2袋(税込み1080円)以上
※クール便で宅送

http://www.abeno-tukudani.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「トンブリ」の引用♪
ヘルシーな畑のキャビア
・和名:とんぶり 箒木(ほうきぎ) ヒユ科バッシア属
・英名:kochia seed
・食べられる部分:実
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンK、ビタミンE、葉酸、銅、食物繊維
 キャビアといえば世界三大珍味の一つ。チョウザメの卵の塩漬けだが、あまりに高価で庶民には近寄りがたい。それに比べ親しみやすいのが”畑のキャビア”。トンブリだ。見かけは似ているが、こちらは植物の実の加工品。野菜の仲間なのだ。
 秋田名物として有名だが、全国どこでも手に入る、わりとなじみの食材。だが、その真の姿は意外に知られていない。ならば珍しい植物化と思えば、実はそうでもない。
 公園や庭の植栽で、まん丸ふさふさの植物を見たことがないだろうか。コキアの名でも知られるホウキグサ。夏には緑に茂り、秋には赤く色づく一年草だ。冬には枯れて、刈り取ってホウキにも利用されてきた。
 これがトンブリの本体だ。ただし食材になるのは、園芸種とは少し異なる専用種らしいが。ふさふさの枝先には、晩秋になると細かな粒々の実がたくさんつく。これを集めて乾かし、加熱処理して果皮を取り除いたものが、トンブリとして出荷される。
 ちなみにトンブリの語源も魚卵にある。秋田でブリコと呼ばれるハタハタの卵に似ていて、それが唐から来たというので「唐ブリコ」、縮めてトンブリになったとか。
 風味は淡泊だが、プチプチした食感が心地よい。食べ方は、ヤマイモの短冊切りやすりおろしに添えるのが定番。だが洋風もいい。オリーブ油やクリームチーズと合わせてカナッペにしたり、クリームパスタに添えたりして、キャビア気分でどうぞ。

本日のカウント
本日の歩数:5,110歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« JRさわやかウォーキング「掛川市フラワーフェスティバルと掛川散策」 | トップページ | ごはんがすすむ 秋の和のおかず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64452920

この記事へのトラックバック一覧です: 「鳥善 一水庵」「焙煎屋」「専門家に聞く コーヒーの知識を深めてもっと楽しんでみよう!」「海の宝箱」、そして「海老れんこん佃煮」:

« JRさわやかウォーキング「掛川市フラワーフェスティバルと掛川散策」 | トップページ | ごはんがすすむ 秋の和のおかず »