« 焙煎屋「キリマンジャロ AA」 | トップページ | 「いただきます スープいろいろ」 »

2016年11月13日 (日)

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 「クラブツーリズム」より、メール。「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/fuji-susono/?waad=5nxMBp7A

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「茨城県ひたちなか市 べにはるか」!
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《ル パティシエ タカギ》
☆べにはるかのスイートポテト
<安農園>
 春こがね(甘さが特長)×九州121号(形が良い)
            ↓
        べにはるか(甘さしっとりした食感)
※白い汁
 ヤラピン:整腸作用があると言われる。
・焼き芋
 約70℃~80℃の温度でじっくり焼くのが一番おいしく、甘味を蓄えるやり方
・サツマイモのピザ
*貯蔵庫
 キュアリング処理:4日間、暖かく湿度の高い環境に置くことで、サツマイモが活性化され傷が治る。
 サツマイモには自分で傷を治そうとする
 寝かせることで甘味を引き立たせる
《お宿 浜田館》
☆サツマイモのミルフィーユ
①サツマイモをスライスして揚げたチップスの間に、サツマイモのクリームと旬のフルーツ。
②マンゴーやピスタチオのソースを散らす。
「べにはるかのクリーム」
 生クリームのみを加えるだけでしっとり仕上がる。
「サツマイモチップス」
 約3mmの厚さに切って170℃の油で揚げる。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0076/

 この間の「くさデカ」は、「女子&男子 人気No.1ラーメン」♪
http://www.sut-tv.com/show/kusadeka/
《らーめん 一本》静岡市駿河区宮竹
・元祖おろしとんこつ 850円
・こく辛 鶏白湯(ぽいたん) 800円
☆鶏グラ 1,100円 ※夜限定1日20食
(エビ、カニ、ホタテ入り自家製グラタン)
《横浜家系 麺匠家(めんしょうや)》浜松市中区幸
・豚骨醤油ラーメン(並) 680円
・ネギチャ丼 300円
☆豚骨味噌ラーメン(並) 780円
《サスケ》静岡市葵区紺屋町
・醤油ラーメン 700円
・たっぷりパクチー春辛麺 1,000円 ※1日10食限定 2017年1月末まで
☆ゆず辛麺 950円
《遠州濵松・拉麺 しるし》浜松市東区半田山ALOMA半田
・しるしラーメン 680円
・しるしオリジナル唐揚げ(3個)300円
☆黄金の塩つけ麺(並)780円
《藤一番 原島店》浜松市東区原島町
・しょうゆらーめん 650円
・濃厚しょうゆとんこつらーめん 680円
☆名古屋名物 台湾らーめん 740円
《麺屋 にのみや》静岡市駿河区池田
・特製にのみやラーメン
・豪麺 842円
☆豚骨醤油角煮ラーメン 1,058円

http://www.sut-tv.com/show/kusadeka/search/search_result.php

 「深夜食堂3」は、「第二十七話 しじみ汁」。
http://www.mbs.jp/meshiya/
 しじみの砂を抜くときは、真水に塩を少しだけ。しじみをしっかり広げて、暗くしてあげましょう。
 中火でしっかり煮立ったら、お味噌を入れて完成です。

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2019

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 今日は、「ピカピカ大作戦」という地域の清掃活動に参加。15年ぐらい前に始まったんだよね。バンダナは、参加者と一般者を識別するために配布したんだよ!
 活動を終え、お茶とお菓子をもらった。

 杏林堂に行く。売り出しの「サッポロ 黒ラベル」6缶1069円、「ネスレ ゴールドブレンド」430円、それに「遠州きぬ豆腐」51円、162円のところ40%引きで97円の「まぐろハラミ バーベキュー」を買う。

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 「くら寿司」に寄り、昼食(^^♪パネルで「牛丼」を注文する。ちょっと待たされたね・・・。
 やがて、特急レーンで運ばれてくる。ご飯はすし飯なんだね・・・ちょっと、甘めだな・・・。
 「くら寿司」は、まだ割り箸を使っているんだね・・・。
 370円+TAXで、399円を支払い、帰宅(^^♪
http://www.kura-corpo.co.jp/
「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

牛丼を超えた牛丼。
 こだわりの牛肉を、7種の魚介だしでじっくり煮込んだ、くら寿司ならではの贅沢牛丼。
『厳選した素材』
 こだわりの牛肉と国産の玉ねぎ、厳選した国産米を贅沢に使用。
『7種の魚介だし』
 鮪・鰹・宗太鰹・鯖・鯵・潤目鰯・鰯の7種の魚介だしを贅沢に使用。

http://www.kura-corpo.co.jp/fair/2016gyudon.html

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 「アミカ」に、来週の協働センターまつりの買い出しに行く。
 待ち合わせ時間より、早く着いたので店内に入り、「ねりからし」300g408円を買う。
 そして、外で待っていたら待ち人来たり・・・。来週の協働センターまつりの買い出しをする。ちょっと値上がりしている物もあり。5,803円を支払う。500円のサービス券をくれたよ!2年間有効だって♪

 帰宅して、庭の草取りをする。たくさん生えていて、採りきれないや・・・。

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 今日は、「日本酒2016 大きき大会 ~ルール108酒!新型日本酒もここにあり!!!~」に参加しようと思っていたが、朝からいろいろと忙しく疲れちゃったので、断念!
定員300名打切り!
 昨年の認定者の方、連続達成で商談認定証!!発行いたします!!
108酒達成者には達成証を!!
 「良いお酒を、佳い方に」をスローガンに、全国でなんと三番目に日本名門酒会に加盟した浜松遠州地区は36周年!。こんなに早くから、お酒にこだわっていた。なんて・・・と、それならここをきき酒のメッカにしましょうよ!!と「日本酒大ききs酒会」を開催決定。
 108酒を超えるお酒の数々をきき酒していただきます。全酒達成者には達成認定いたします。是非お試しください!たくさんのみなさまのご来場をお待ちしております。
なお!有段者の方に特別企画!!
 午後 15:00~15:30 蔵元さんと!特別イベント!
 蔵元さんといっしょに楽しむセミナー&トークショー
 有段者の方には抽選でご案内状をお送りいたします!
   返信先着30名様!
11月13日(日)午後15:45会場(16:00~18:00)
場所 プレスタワー17F
会費 お一人様2000円税込(当日券2500円)
日本名門酒会浜松支部

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 そんなわけで、夕方は自宅で、「希少部位 ハラミまぐろ 味付け こく旨 バーベキュー」で一杯♪
簡単調理
焼くだけだから食べやすい
 味付けですので、そのまま中火で表面を焼いてお召し上がりください。
フライパンで調理簡単!
 グリル器。フライパン、オーブン等でそのまま焼いてお召し上がり下さい。
名称:ウロコマグロ加工品 001408
原材料名:ウロコマグロ(ガストロ)(国産または韓国産)、醤油、砂糖、おろしにんにく、蛋白加水分解物、濃縮りんご果汁、植物油、香辛料、濃縮洋梨果汁、香味食用油、ごま、醸造酢、味噌、濃縮レモン果汁、寒天
製造者:株式会社サスイチ
静岡市清水区蒲原堰沢348

 「ウロコマグロ」なんて、初めて聞いたね!
http://temaeitamae.jp/top/t7/a/tuna.1.html

「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」

 デザートは、いただいた「お菓子」♪

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「岩国蓮根肉みそ」(山口県)の引用♪
穴が一つ多い!?
 山口県岩国市。日本三名橋のひとつ錦帯橋で有名だが、江戸時代に保存食として考案された岩国寿司も土地の名物。アジやサワラなどの身をほぐして酢飯に混ぜ、上に錦糸卵、レンコン、シイタケ、でんぶなどを乗せ何層にも重ねた押し寿司である。特に欠かせないのがレンコン。”岩国蓮根”と呼ばれる自慢の名産で、一般のものに比べ穴が一つ多く九つあり、皮が白く肉厚で柔らかいのが特徴だ。
 これを、寿司ネタだけではなく、多彩な商品に仕立てているのが、全国向けの業務用食品卸業を行う池本食品。なかでも人気が「岩国蓮根肉みそ」。「コチュジャンと豚肉、味噌、バターなどを独自の調合で練り上げ、刻んだレンコンをたっぷり加えたもの。県の”逸品!やまぐちフェア”の商品にも選ばれました」と、副社長の清水きえさん。
 ピリ辛味に、ほんのりとした味噌の甘みと肉の旨味、レンコンのしゃきしゃきした歯応えが絡んで独特な味わい。癖になる味、ともいえるだろう。
 同社ではこのほか「地場もん国民大賞・審査員賞」を受賞した蓮根麺や、蓮粉、はすの葉茶なども好評。
【取り寄せ先】
(有)池本食品
山口県岩国市三笠町3の9の7
TEL 0827(21)2054
FAX 0827(21)0335
1瓶(120g)、税込み540円(送料別途)ほか

http://ikemoto-shokuhin.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「キクイモ」の引用♪
お花の下に天然インスリン
・和名:菊芋 キク科ヒマワリ属
・英名:Jerusalem artichoke
・食べられる部分:塊茎
・注目の栄養素・機能性成分:ナイアシン、ビタミンC、カリウム、食物繊維
 緑の草地や川辺に群れ咲く黄色い花。丈は高いが、一輪一輪は小さなヒマワリにも似て可憐。どこでも見られるその花の、根っこが食べられるとは知らなかった。
 晩秋から冬にかけて、花が枯れた後、土を掘り返すと、根塊がポロポロ出てくる。これがキクイモ。大きめの根ショウガのようにも見える。包丁を入れるとシャキッとした感触とともに、ジワッと水気が上がってくる。かじるとシャクシャクしてほのかな甘みが。食感はどこか梨にも似ている。
 原産地は北米とされ、先住民が食べていたという。日本への到来は江戸時代で、当初は飼料用だった。戦時中は食料として利用されたが、人気はなかったらしい。
 それが脚光を浴びるようになったのは、薬効が明らかになってから。血糖値のコントロールに効果的な水溶性食物繊維のイヌリンが豊富に含まれているとして、「天然のインスリン」とも称されるようになった。
 野菜としておいしく味わおうという動きも広まっている。皮をむきスライスして、サラダなど生で食べるのもいいし、炒めるとシャキシャキの食感に。揚げたチップスもパリパリしておいしい。
 低カロリーで、多彩なミネラル分をバランスよく含んだ優れもの。ただし、繁殖力が強すぎて、要注意外来生物に指定されてしまった。また、土壌汚染の影響を受けやすく、無防備に野生のキクイモを食べるのは考えもの。優れものには落とし穴もあるものだ。

本日のカウント
本日の歩数:9,032歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 焙煎屋「キリマンジャロ AA」 | トップページ | 「いただきます スープいろいろ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64487030

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピカピカ大作戦」「くら寿司 牛丼」、そして「岩国蓮根肉みそ」:

« 焙煎屋「キリマンジャロ AA」 | トップページ | 「いただきます スープいろいろ」 »