« <引き継ごう 昭和の知恵と技>(下) 手作りおもちゃ | トップページ | <食卓ものがたり> 八丁味噌 »

2016年10月18日 (火)

おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <避難所を転々とせし九十三墓に避難すと書きのこし逝く>は、精神科医・根岸敬矩(ゆきのり)さんの歌。東日本大震災についての五十五人の短歌を編んだ『変わらない空 泣きながら、笑いながら』に収められている
▼根岸さんにこの歌を詠ませたのは、一本の新聞記事だったという。原発事故で避難を強いられた福島県南相馬市の九十三歳の女性が、「私はお墓にひなんします」との遺書をのこし、命を絶った。そんな事実に胸を打たれたのだ
▼この女性は、代々受け継いだ田畑を守ってきたという。しかし、その田も汚染された。一家が営々と紡いできた一本の糸を、断ち切られるような苦悩だったろう
▼南相馬市によると、かつて五千ヘクタールだった市内のコメの作付面積は、事故で一挙にゼロになった。今年は千七百ヘクタールまで戻したが、八割は飼料米。田で汗を流し、その結晶の新米を味わう当たり前の営みは、まだまだ戻ってはいない
▼そういう痛みを顧みぬように、政府は原発の再稼働を進めてきた。だが、鹿児島に続き、新潟県知事選でも、異を唱える候補が当選した。原発立地県で示された重い民意だ
▼『変わらない空…』には、新潟の若いお母さんが詠んだ、こんな歌も収められている。<怖がってニュース消す子とふとん干すその時あなたを守れるだろうか>佐藤由佳。そう問い掛ける目に、政府は正面から向き合えるだろうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016101802000102.html

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「鯖街道」の「福井県 小浜」
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《若狭小浜お魚センター》
・あなご醤油干 1本 1,500円
・ふぐのむき身 1かご 600円
・赤えび 1箱 1,500円
《大澤五右衛門商店》
・海鮮丼 2,000円
(タカバ(真ハタ)刺身や煮付けが美味しい白身魚・ヤガラ(割烹料理などの使われる高級魚)・アオリイカ(秋が旬のため「秋イカ」とも呼ばれる)・ブリ・アジ・真ダコ・甘エビ・カジキ・サワラ・サーモン・イクラ・ハモ)
<御食国(みつけくに)若狭おばま食文化館>
*御食国:古代から平安時代まで皇室・朝廷に海産物を献上していた地域
・鯖寿司
・お箸(若狭塗箸)全国シェア8割
 貝殻や卵の殻・金箔を使い海底の様子を描く。
・箸の研ぎ出し体験 900円
♪ う、ふ、ふ、ふ EPO(1983年)
「いづみ町商店街」さば街道起点
《朽木屋(くつきや)》
・浜焼さば 1,200円~

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1003588/

 「昼めし旅」は、「岐阜県 揖斐川町 春日上ヶ流(日本のマチュピチュ 天空の茶畑)」。6/3放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
*日本のマチュピチュ(兵庫県 竹田城、愛媛県 別子銅山跡、福井県 大野城)
<森茶園>
・ミックスサンド、トマトソースオムすび、THEチャーハン、Sandドーナツ(セブンイレブン)
・お茶
<内藤農園>
(・アザミ)
・ワラビの煮物
・大根のなます漬け
《天空の里 かみがれ》
・お茶粉のお餅(餅にお茶粉が練り込まれている郷土料理)
・お茶っ葉の天ぷら
・かみがれ茶ジェラート

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/966291/

 『田舎暮らしの本』2016年11月号より。
【南信州の味覚や気候を肌で感じる「信州駒ヶ根『晩秋』体感2016】
11月19日(土)
 長野県南部の駒ヶ根市で現地体験ツアーを実施。昼食会や移住体験談、物件・生活関連施設の紹介などを予定するほか、地元産のリンゴ狩りも楽しめる。要予約・有料。費用など詳細は問い合わせる。
場所/長野県駒ケ根市内各所
問 商工振興課
TEL 0265-83-2111 内 436

【村の読み方から知ってください!たかぎむら体験ツアー】
11月末までの毎週土曜日・日曜日
 長野県南部の喬木村で現地ツアーを実施。補助制度の説明や生活施設・住宅・名所などの案内、リニアの駅の開業が見込まれる近隣市町の商業施設の見学などを予定。要予約・無料。希望者は宿泊も可能(有料)。詳細は問い合わせを。
場所/長野県下伊那郡喬木村内各所ほか
問 企画財政課
TEL 0265-33-2001

 「クラブツーリズム」より、メール。「一人旅」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/friend/ohitori/?waad=oIqHpbWB

 今日は、暑いくなったね!
 スーパーに寄り、100g105円の「豚こま」を買いたかった気もしたが、仕事がちょっと遅くなったのでヤメた。
 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。

 暑いから、帰宅して、ビール(^^♪頂いた「Big Katsu BigKatsu」がおつまみ♪
カツ
 おいしさUP!!
 ソフトな口あたり
とんかつソース味
 BIGカツを毎度お買い上げいただきありがとうございます。
 本品は新鮮な原料をベースに吟味された味付けにより、たいへんソフトで口あたりの良いものに仕上げております。また、ソース・カレー味、おいしいチキンエキスがたっぷり入っておりますのでそのおいしさは格別です。
※袋の上面を破り、そのまま押しだしますと手をよごさずに食べられます。
株式会社 菓道(かどう)
茨城県常総市古間木1503-3

 さらに「もやし焼き」♪
 小麦粉ともやしを混ぜて焼いたもの・・・お好み焼きの親戚みたいものだね↑
 それに「ナスの天ぷら」と「サツマイモの天ぷら」♪

おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。

 デザートは、頂いた「ひよ子」♪
銘菓
 吉野堂
株式会社 東京ひよ子S
東京都台東区上野二丁目7番7号

おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。

 日曜日に買った「ぶなしめじ」を冷凍する。キノコは、冷凍すると旨味が増すらしいんだな!!!

 『ふれ愛交差点』2016年8月号の「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食」は、最終回、「おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。」だった。
 基本を知れば、いつもの料理がワンランクアップ。格別の味わいに変わります。後藤先生の手ほどきで家庭料理をもっとおいしく!
*後藤加寿子
 茶道 武者小路千家 十三世家元 有隣斎と千澄子の長女として京都に生まれる。茶懐石料理の第一人者であった母親からの影響で、伝統の京料理や懐石に造詣が深い。一方で、現代の家庭でも作りやすいレシピと、今風の住まいにも合う器の選び方や盛り付けによる独自のスタイルの和食も提案している。近年は、子どものための食育に関する啓蒙活動にも意欲的に取り組んでいる。

http://kazuko-sansyo.com/
おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。
 2013年9月号から3年間にわたって、「和の食と心」を伝える料理研究家の後藤加寿子先生から教えていただいてきました「きちんと和食」は、今月号で最終回となります。1年目は、和食の基本となる「だし」のとり方を教わり、そのだしを応用したおいしいメニューの数々を教えていただき、2年目は毎日の食卓に旬の食材や季節感、行事食などを取り入れる大切さを、3年目は旬の食材を取り入れたおもてなしの献立について教えていただきました。
 3年間の連載の最終回にあたり、後藤先生から「和食」への思いと、読者へのメッセージをいただきました。
世界が注目する「和食」
 日本人が当たり前のように培ってきた「和食」という食文化が、平成25年にユネスコ無形文化遺産に登録されてきました。世界からも注目される「和食」の素晴らしさを再確認してもらって、ぜひ、毎日の食卓に取り入れていただきたいと思いました。
 和食の味の基本は「だし」です。だしをきちんととってうまみを引き出せば、調味料の量は少なくてすみ、塩分や糖分、油脂分も減らせてヘルシーで、素材の味が引き立ちます。最近では海外のシェフたちもだしのおいしさに気づき始め、調理に取り入れる人も出てきているようです。
和食の基本は「だし」
 「だしをとるのは面倒」という声をよく耳にしますが、最初にきちんとだしをとると、和食のほぼ8割は完成したとも言えます。そう考えると、きちんと「だし」をとりたくなりませんか。朝、水を張った鍋に昆布を入れておく。寝る前に準備をしておいてもいいでしょう。ほんのひと手間をかけるだけで、驚くほどうまみが出ます。西洋の料理や中華のだしに比べたら、日本のだしはインスタント食品を作るかのように簡単なのです。
旬は栄養たっぷりでおいしい 家庭料理こそ旬を活かして
 和食で大切にしたいのは「だしをきちんととって味の基本とする」こと、もう一つは「旬の素材を取り入れる」ことです。”旬”はその素材が最もおいしい時期で、たくさん出回るために価格も安く、栄養価も高くて、三拍子揃った優れもの。家庭料理でこそ、季節の時期に季節のものをいただくようにしてほしいもので、お母さんが食材の旬を知り、その時期においしい旬の素材を見極める目を持って、食卓にわが家の料理として提供していただければ、子どもたちも自然に季節の味を覚えるようになるのです。
家のごはんで季節を感じる
 私が育った京都では、お弁当の中身がみんな一緒だったことを覚えています。春になると青豆ごはんに鰆やたまご焼き、たけのこが出始めるとたけのこごはん。どの家庭も旬を自然に取り入れていました。青豆ごはんが食卓に上がると「春が来たなあ」とうれしくなったものです。四季ごとに変化する素材を慈しみ、季節感を重んじる。こうした和食の奥深さは、日本の素晴らしい文化といえます。
・春
 若竹煮
・夏
 うざく
・秋
 かますのつま折れ焼き
・冬
 鯛とはまぐりの雪間鍋
「基本のだし」(かつおと昆布の合わせだし)
①材料を選ぶ
 水1.8Lに対し、昆布30g、かつお節30gを用意する。昆布はうまみが出やすい真昆布、かつお節は鮮度の良い、きれいなピンク色のものがおすすめ。
②昆布を水につける
 昆布は濡らしたペーパータオルで砂などの汚れをサッとふき、鍋に分量の水とともに入れ、常温で5~6時間つけてじゅうぶんに戻す。
③中火にかける
 ②の鍋を中火にかけ、アクを取りながら10分ほど煮出す。煮立たせないように注意する。昆布の表面に泡がブツブツとついてきたら取り出す。
④かつお節を加える
 火をやや強めて沸騰直前まで温め、かつお節をほぐしながら一気に手早く加える。
⑤均一に火を通す
 浮かんだり、固まったかつお節を菜ばしでそっとほぶしながら押さえ、均一に火が通るようにする。これをしないと、だしが濁りやすい。
⑥こす
 再び煮立ったら火を止め、ペーパータオルを敷いたざるでこす。一気に、静かに流し入れるとよい。
⑦しぼる
 だしが落ちなくなったら、かつお節をペーパータオルで包み、菜ばしで押さえてしっかりしぼる。
⑧基本のだしの完成
 昆布のグルタミン酸とかつお節のイノシン酸、2つのうまみ成分が合わさり、相乗効果でおいしさが増します。
※冷凍保存容器で冷凍すると便利。取り出して凍ったまま鍋に入れ、溶かして使いましょう。
家庭の「和食」は一汁三菜が基本です
 家庭での和食は、ごはんとおかずの組み合わせによって成り立っているので、ごはんに汁もの、おかずを三種類組み合わせた「一汁三菜」が基本です。主菜一品と副菜二品と考えるとわかりやすく、主菜は魚か肉など、副菜は野菜や海藻、卵などで献立を組み立てるとバランスの良い食事になります。具だくさんの味噌汁であれば、二菜であっても十分に満足できます。
家庭のために心を尽くす 家庭料理としての「和食」の真骨頂
 毎日、毎食、何度食べても飽きないというのが家庭料理です。風邪気味だから食べやすいものに、栄養のあるものにしよう。スポーツをする子どものために少し濃い味でボリュームのある献立にしよう。こうした気遣いは、家庭料理だからこそできることです。主菜や副菜のすべてが、伝統的な和食である必要はありません。今の時代に即した和食は肉類を取り入れたり、和の中に世界の料理のテイストを取り入れたりするのも自然の成り行きです。私は主食のごはんに合って、和のおかずと調和が取れるものであればいい、と思っています。
 和食のおいしさ、楽しさをご家庭の中から育み、次の世代へとつないでいただければありがたいです。
最後にご紹介するのは ごはん、味噌汁、煮物のシンプルな献立です。【かぼちゃときぬさやの煮物】【すくい豆腐の味噌汁】
 この時期に手に入る材料で考えた献立です。
 豆腐は植物性たんぱく質で、味噌は発酵食品。しっかりとだしのきいた味噌汁は、それだけでもごちそうです。
 最近は煮物をする方が少ないようですから、かぼちゃときぬさやの煮物にしました。かぼちゃは保存がきくので冬至の頃にもいただきますが、旬は夏。昔のかぼちゃは少なくなりましたが、あっさりした味はごはんによく合います。旬のきぬさやを添えて、目にもおいしい彩りの良いおかずです。
 白いごはんに、味噌汁、煮物を添えた、八月におすすめの献立です。
三年間、本当にありがとうございました。
 おいしい家庭料理は、家族を笑顔にしてくれます。これからも食卓に「和食」を取り入れてください。

本日のカウント
本日の歩数:8,998歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.4kg
129-80
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« <引き継ごう 昭和の知恵と技>(下) 手作りおもちゃ | トップページ | <食卓ものがたり> 八丁味噌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64366694

この記事へのトラックバック一覧です: おいしく、手軽に、和食を楽しみましょう。:

« <引き継ごう 昭和の知恵と技>(下) 手作りおもちゃ | トップページ | <食卓ものがたり> 八丁味噌 »