« Star Trek BEYOND(スター・トレック ビヨンド) | トップページ | 森でも街でも建てられるログメーカーガイド »

2016年10月23日 (日)

「ハニーレモンジーナ」、そして「国産サバのオリーブオイル漬け&レモンバジル味」

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール♪
 ・・・ココアの効果効能♪・・・
・豊富なポリフェノールで抗酸化作用が高い。
・鉄分が豊富で貧血防止になる。
・カリウムが豊富でむくみ防止になる。
・食物繊維が豊富で整腸作用がある。
・抗菌作用があり、虫歯予防なる。
・記憶力、集中力を高める。
・リラックス効果がある。
・免疫細胞を活性化するため、風邪予防になる。
 ・・・などなど、他にもたくさんの良い効果があるようです!
 身体を温める効果も高く、温め食材として代表の「生姜」より、ココアの方が温かさが持続するという研究結果もあるそうですよ。(*^▽^*)
 今年の秋冬、私はココアで健康を維持しようと思っています。寒い日は 是非ココアを飲んでみてくださいね!.+:\(^o^)/

http://www.rakuten.co.jp/e8010/?scid=rm_191968&scid=rm_191968

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「三重県伊賀市 新米&土鍋 湖底で育った!?特Aランク米」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《恵比寿 笹岡》
☆炊き込みご飯
<松森農園>伊賀米の匠 十二代目
*伊賀米コシヒカリ:日本穀物検定協会 食味ランキング最高位 特A(2011~2015年 5年連続受賞)
※奈良時代から続く伊賀焼
 16連房旧登り窯
樂窯(どらく)>
・焼〆うずくまる
・織部鉢
・黒鍋 1尺(4、5人用) 23,000円(税別)
・伊賀牛のイチボのステーキ
①土鍋を空焚きして、牛脂を入れる。
②塩コショウした伊賀牛のイチボを焼く。
・牛すじのきのこ鍋
・里芋の炊いたん
*京都すっぽん料理の老舗「大市」
☆アマダイの炊き込みご飯
①お魚の骨でとったおダシ(魚のアラだし)でゴボウ、ニンジン、えのき茸とご飯を炊く。
②和栗、むかごは焼き、甘鯛(ぐじ)、銀杏は揚げる。
③ご飯が炊き上がったら、土鍋の中に②を入れ、5~6分蒸し上げる。
※ゆずを絞って食べるのも良い。
 みじん切りにする。
  ニンジン・・・甘味
  ゴボウ・・・香り
  えのき茸・・・うま味
 栗・むかご→焼き
 甘鯛・銀杏→揚げ
「笹岡流 炊き込みご飯」(4人分)
・鮭とイクラの炊き込みご飯」

①みじん切りのニンジン、ゴボウ、えのき茸を炒めます。最初に油で炒めると全体的にコクが出ます。
※空焚きできない土鍋の場合はフライパンで別に炒めてください
<お米とだしの配分とかくし調味料>
・米3合
・かつおだし 540ml
・薄口しょうゆ 35ml
・濃口しょうゆ 15ml
・塩 少々
・サラダ油 小さじ2杯
②土鍋にお米と①、調味液を入れる。
※そしてもう一つのポイントが、炊く直前に小さじ2の油を加えます。コクがアップして、炊きあがりもツヤツヤに!
③焼いた鮭とイクラをのせる。
※他の具材は別に焼いて、炊きあがったご飯にのせて蒸らすと、風味が生きるプロの仕上がりになります。

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0073/

 「もらい酒 みなと旅」は、「三崎漁港」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
・獺祭 純米大吟醸50(だっさい)
 三崎マグロ、キンメダイ、アジ、伊勢海老、クロダイ
《三崎食堂》
・ビール
・三崎マグロ三昧 1680円
(中トロ、赤身、中落ち、タタキ、なめろう)
・海鮮ミックスフライ 1680円
(アジフライ、エビフライ)
「三崎朝市」
・頭身(はちのみ)マグロの頭頂部。濃厚な脂身が美味
・マグロてんぷらそば 400円
<山崎さん>三浦キャベツ
・ヱビスビール
・魚肉ソーセージのキャベツ炒め
(魚肉ソーセージ 1本、卵 2個、キャベツ 1/4個、中華だしの素 小さじ1、塩 少々、コショウ 少々)
・ジャンボニンニクのホイル焼
「お返し料理人」ハチミツ二郎
・厚切りキャベツの塩ちゃんこ鍋

〈塩ちゃんこ鍋のベース〉
 鶏がらスープの素、和風かつおだし、創味シャンタン、塩 各適量)
〈塩ちゃんこ鍋の材料〉(4人前)
 油揚げ 2枚、しめじ 半束、豚肉(しゃぶしゃぶ用)220g、キャベツ 1玉
〈特製つくね〉
 鶏もも挽肉 300g、味噌 大さじ1、ごま油 適量、長ネギ 半分、おろししょうが 適量、塩 適量、卵黄 1個、おろしニンニク 適量、砂糖 適量
<大畑鮮魚>《居酒屋 とも》
TEL 882-5919
・生ビール
・マグロの胃袋(さっと湯引きし、ショウガ醤油)
・キンメダイのお刺身(ポン酢)
「長井漁港」
 ムギイカ、ヒイラギ
《房竹丸直売所》
 カマス
・自家製ムギイカの沖漬け
・アサヒビール
・葉山牛のザブロンの炭火焼き
<石渡>
・のどごし生
・石渡流キンメの煮付け
(醤油、砂糖、ショウガ、みりんを沸騰させ、キンメダイのぶつ切りを入れ煮る)
<長井海の手公園 ソレイユの丘 温浴施設「海と夕日の湯」>
《荒崎海音 さがみや》

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/979113/

 先日の「タモリ倶楽部」は、「買い物が100倍楽しくなる。スーパーマーケットの折込チラシ大熟読祭!」。
http://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/
・企画:行事に合わせたスペシャルなコーナー
・日替り:日々の生活に欠かせない特売品のコーナー
(Z型に進む人の目線に合わせて紙面の角におすすめの商品を配置している)

http://matome.naver.jp/topic/1Lwdi

 「深夜食堂3」は、「第二十四話 紅しょうがの天ぷら」。
 しょうがはしっかり水分を切ってスライス。衣をつけた後は、油で揚げる。
http://www.mbs.jp/meshiya/
http://www.meshiya.tv/

 「スギちゃんのさすらいグルメ旅」は、「知多半島 釣にグルメにワイルド三昧」。
《えびせんべいの里 美浜本店》
・はませんえびうす焼
・いかのワイン煮 540円
<美浜フィッシングパーク>
*フィッシング遊
・潮汁
・真鯛の塩焼き
・真鯛のユッケ(塩、コショウ、ニンニク、ショウガ、ごま油)

 今日は、休日にもかかわらず、仕事なんですよ・・・・!!!でも、休日手当は出ないんですよ!!!

 仕事を終え、買い物に出掛ける。レジが込んでいたねぇ~!!なぜだろう???「しめさば」398円のところ30%引きで278円、「ナチュレ恵」129円、「味わい中粒納豆」3パック50円、「緑豆もやし」19円、「うどん玉」20円、「浜木綿おでん」192円を買い帰宅。

「ハニーレモンジーナ」、そして「国産サバのオリーブオイル漬け&レモンバジル味」

 帰宅して、「ハニーレモンジーナ」を飲む。おいしいねぇ~!
HOMEY LEMONGINA
 FRENCH Lemoneadeo
ハニー&レモン
 Born in France
 Bottled in Japan
ハニーレモンジーナは、レモン果実を香り豊かなはちみつで楽しむフランスの知恵がいきたレモネード炭酸です。
 ハニーレモンジーナは、レモンをベースにグレープフルーツとオレンジをブレンドした果実炭酸です。
100mlあたり47kcal
サントリーフーズ(株)
東京都中央区京橋3-1-1
TEL 0120-139-320

http://orangina.jp

 「酒&FOOD かとう」に出掛ける。「ダバダ火振」2,570円、「月山山麓」2268円を伝票にて買い、帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/

「ハニーレモンジーナ」、そして「国産サバのオリーブオイル漬け&レモンバジル味」

 夕方は、「切れてる! お刺身 しめさば」で一杯♪
MONDE SELECTION 2104 SILVER AWARD
SINCE 1961
モンドセレクション2014 銀賞受賞
 しめさばでは初!
 脂ののった本秋鯖を伝統の調味酢で仕上げた逸品。
100gあたり194kcal
株式会社 ディミール TK
青森県八戸市沼館一丁目10-46
TEL 0120-030-804
保存温度変更者:(株)ベイシアFd浜松雄踏店
浜松市西区雄踏町1丁目32番2号

「ハニーレモンジーナ」、そして「国産サバのオリーブオイル漬け&レモンバジル味」

 デザートは、頂いた「大地の恵み ナッツ&フルーツ」♪
gift from the nature
 クランベリー
 カシューナッツ
 かぼちゃの種
 クコの実
 バナナチップ
 アーモンド


 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「国産サバのオリーブオイル漬け&レモンバジル味」(岩手県)の引用♪
復興めざす「元気缶
 サバは日本各地の沿岸で獲れる秋の魚。塩焼き、味噌煮、締め鯖など広く好まれる大衆魚。海から遠い地ではサバ缶で親しまれてきた。
 その缶詰でブレークしているのが、東日本の水産業復興支援をしている東の食の会と三陸フィッシャーマンズプロジェクト、岩手缶詰、岩手県産の四者が大震災からの復興をめざして共同開発した「国産サバのオリーブオイル漬」(サヴァ缶)だ。
 大きめにカットした身を新鮮なうちにオリーブオイルに漬けて詰めたもので、サバ特有の旨みをそのままにクセがなくまろやかな味付け。「ご飯のお供のほか、身をほぐして野菜サラダやパスタなど和洋の料理にじつに幅広く手軽に応用できます」と岩手県産・商品開発課長の佐々木信広さん。
 三年前の発売以来、120万缶を超える売れ行きで、三月には爽やかな風味に富む「レモンバジル味」を発売。
 黄色にフランス語をあしらったラベルのポップなデザインもシャレている。サバに掛けた「サヴァ」はフランス語で「元気?」の意。缶の中には復興にかける”岩手の元気”も詰まっている。
【取り寄せ先】
岩手県産株式会社(通販課)
岩手県矢巾町流通センター南1の8の9
TEL 0120-000-784
FAX 019(638)6890
10時~18時、土・日曜、祝日休
サヴァ缶食べくらべ(オリーブ2缶&レモンバジル味1缶=合計3缶セット)税込み1294円

https://www.iwatekensan.co.jp/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「ムカゴ」の引用♪
ヤマノイモの赤ちゃん
・和名:零余子 ヤマノイモ科ヤマノイモ属
・英名:propagule
・食べられる部分:珠芽
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンB1、カリウム、銅、アミラーゼ、ムチン
 姿形が最も冴えない野菜といえば、ムカゴではないだろうか。灰茶色のころころした小粒の球。大きさは豆みたいだけど、やや湿り気を帯び、芋っぽい感触もある。
 豆のようにザラザラと洗って、塩茹でしたら、まさに小芋のような香り。ホクホクねっとりして、山里の秋の恵みというにふさわしい。蒸しても素揚げでもいいし、酒や塩を加えて炊き込むムカゴご飯も美味。地味ながら滋味あふれる野菜なのだ。
 実りの秋を迎えると、ムカゴもよく直売所に並ぶが、その素性を知っている人は、意外と少ない。山芋や長芋などの地上部、蔓を伸ばして葉を開いた、その葉の付け根にできる、いわばヤマノイモの赤ちゃんだ。とっても、花が咲いて実を結ぶのではない。ぽつんと生まれて膨らむ株芽(しゅが)。これは「栄養繁殖器官」なのだそうだ。
 その言葉の意味は、自分で植えてみてよくわかった。栽培というほどでもない、食べ忘れて根が出た山芋の切れ端を土に植えてみたら、蔓が伸びて葉が茂ったのだ。そしてある日、小さな株芽を発見。数も少なく、落ちるに任せていたら、翌年そこからいっせいに芽が出てぐんぐん蔓葉を伸ばし、たくさんのムカゴができたのだった。
 無精者でもこの収穫。実にありがたく、そして小さなムカゴに秘められたエネルギーに感嘆する。ミネラル分も豊富。消化酵素も多く含み、疲労回復にもいいという。深まる秋、疲れた夜の一杯のお供に、ぜひどうぞ。

本日のカウント
本日の歩数:7,993歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« Star Trek BEYOND(スター・トレック ビヨンド) | トップページ | 森でも街でも建てられるログメーカーガイド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64388246

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハニーレモンジーナ」、そして「国産サバのオリーブオイル漬け&レモンバジル味」:

« Star Trek BEYOND(スター・トレック ビヨンド) | トップページ | 森でも街でも建てられるログメーカーガイド »