« おウチでデリカ | トップページ | <引き継ごう 昭和の知恵と技>(上) ものを生かし切る »

2016年10月11日 (火)

自分で育てて食べる ハーブのある暮らし

 体調が優れないな・・・風邪かな・・・???

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「埼玉県 川越」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《和菓子 龜屋 本店》
*川越のさつま芋:江戸時代には飢饉対策として栽培が広まる。
・川越太郎 173円
《桝屋酒店》紅赤(幻のさつま芋)
・川越いも茶 150円
♪ あの鐘を鳴らすのはあなた 和田アキ子(1972年)
「菓子屋横町」
 関東大震災で被災した東京のかわりに菓子製造業者が集まった。
・ようかいけむり 30円
・ポリバルーン 30円
・元祖日本一なが~い黒糖ふ菓子 500円
・狭山茶コーラ 250円
<発砲スチロールアート>
・ハシビロコウ
・カエルとうさぎ
・5円玉に乗ったカメレオン
<川越城 本丸御殿>
・入館料 100円
 川越は幕府防衛の最終砦。代々、徳川家の親戚などが城主を務めた。
 詰所
 大広間

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1001659/

 「昼めし旅」は。「岐阜県 下呂」。4/26の放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
*日本三大名泉(有馬、下呂、草津)
《湯之島館》
☆1泊2食付き 3,4776円+入湯税300円
(飛騨牛のしゃぶしゃぶ)
《ネパール インド料理 オム・ガネーシャ》
☆ランチAセット 1,000円
ダルバート
・ダル(豆のスープ)
①乾燥させたジンブー(ネパールの高山に生える香草)、玉ネギを炒める。
②ブラックダルという黒豆を入れ、クミン、ターメリックなどの香辛料を入れ、水を入れ15分ほど煮る。
・小松菜の炒め物
①菜の花の種を炒める。小松菜を入れ、塩とコリアンダーなどの香辛料を入れる。
・ジャガイモと緑豆の炒め煮
・大根の漬け物
・マンゴーの唐辛子漬け
※カナスル(いただきます)
<曽我農園>源丸屋農機具店
・豚キノコ味噌焼き
①豚バラ肉をひと口大に切り、鉄板にぎっしりと敷き詰める。
②マイタケ、シイタケ、エノキダケをのせる。
③お酒、長ネギ、油揚げをのせ、味噌・砂糖・みりんを合わせたものをかけ、10分ほど焼く。
・折り菜のマヨネーズ和え
①折り菜(菜の花)を下ゆでする。
②からしマヨネーズ、醤油で和える。
・にたく
①古くなった白菜や大根、かぶの漬け物を醤油やゴマ油で煮る。
・ブランド米  銀の朏(みかづき)
(通常のお米と比べて約1.5倍の大きさ)
・豚汁

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/955360/

自分で育てて食べる ハーブのある暮らし

 朝食の納豆は、「たれ、からしを省いた小粒納豆」。
お好みの味付けでお召し上がり下さい。
77kcal
イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

 「恵 ヨーグルト」が「最大10万円分プレゼントキャンペーン」をやっているのですね!
http://www.megumi-yg.com/cp/
http://www.megumi-yg.com/cp/outline/pdf/hagaki2016.pdf

 「ベーカリーレストラン サンマルク」より、メール。「ステーキコースが新しくなりました」の案内♪2,500円(税別~。
・プラチナ窯焼きステーキコース
・ロイヤル窯焼きステーキコース

http://www.saint-marc-hd.com/saintmarc/

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
自分で育てて食べる ハーブのある暮らし

 帰宅して、先日、100g105円買った「かつおたたき」359円のもので一杯♪薬味は、玉ねぎだよ・・・カツオたたきって、タマネギがあうよね↑↑↑
鹿児島県産・枕崎加工
 薩摩 炭火焙り かつおたたき

自分で育てて食べる ハーブのある暮らし

 ぽん酢は、昨日買った1リットル入りの「味ぽん」(^^♪
mizkan
 やがて、いのちに変わるもの。
・おいしさがひきたちます・・・
 鍋もの、おろし焼肉、焼魚
・つけるなら、かけるなら・・・
 サラダ、ぎょうざ、大根おろし、かつおのたたき
大さじ1杯15ml当たり11kcal 食塩相当1.4g
株式会社 ミツカン MO
愛知県半田市中村町2-6
TEL 0120-261-330

http://www.mizukan.co.jp

自分で育てて食べる ハーブのある暮らし

 デザートは、先日頂いた「駿河湾の 桜えびせんべい」♪
 桜えびは日本では水揚げ量の全量が静岡県駿河湾産であり、世界的にも希少な価値のある海老です。
 桜えびを使い、職人のこだわりと匠の技で作り上げた風味豊かな味をお楽しみください。

http://www.yamakikaisan.com/

 ここで、『we:la』2016年10月号の「ていねいな暮らし」の、引用。
少しの知識と心がけで・・・毎日がもっと特別になる!
 あわただしい生活の中で忘れがちなこと。なかなかできないでいたことに少し意識を向けてみませんか。季節を感じたり、プロセスを楽しんだり、お気に入りのモノをじっくり探したり・・・
 毎日をもっと豊かにするヒントを詰め込みました。
「自分で育てて食べる ハーブのある暮らし」
新鮮なハーブを取り入れて気持ちをリラックス
 ハーブのある暮らしって「憧れるけどなんか難しそう・・・」と思っていた人も大丈夫。ハーブは、生命力が強いタイプが多く、あまり手をかけなくても意外と簡単に育てることができます。たとえお庭がなくても、鉢植えやプランターで気軽に栽培できるのが魅力です。香りだでけなく、見た目の美しさや味覚も楽しませてくれるハーブ。自分が育てたハーブを摘んで、お料理のアクセントにしたりフレッシュなハーブティーを楽しんだりしてみませんか。
Q 初心者が育てやすいハーブは?
・レモングラス
 レモンに似た香り。消化の促進や抗菌、殺菌、虫除けの効果も。
・バジル
 イタリア料理に欠かせないバジル。イライラを静めたり、体の機能を高めたりする効果が。
・オレガノ
 胃腸の調子を整えます。心身の疲労回復にも効果があるといわれています。
・コモンセージ
 肉料理の臭み消しにぴったり。抗菌・防腐・神経安定などの効果があるとされる万能ハーブ。
・ミント
 スーッとした清涼感のほか、消化の促進、鎮痛やリラックス効果も。
・レモンバーム
 レモンのような香りですが酸味はなく、不安な気持ちや緊張を和らげてくれます。
Q 栽培をはじめるなら、種から?苗から?
 初めてなら、苗からがおすすめ。簡単で手間が少なく、早く収穫が楽しめます。ホームセンターなどに苗を見に行ってみましょう。
Q 水やりはどれくらい?
 土の表面が白っぽく乾燥してきたら水やりをします。多湿を嫌うため、乾くまで水を与えないのがコツ。水やりするときは、鉢の外に水が流れ出るくらい、たっぷりと与えてください。
Q どんな場所で育てるのがいい?
 半日陰で、風通しが良い場所が最適。室内の場合は、ときどきプランターや鉢を日なたに出してあげましょう。
Q どれくらいの期間楽しめる?
 11月上旬まで楽しめます。多年草のものは、冬になると一旦葉が落ちたりしますが春になったらまた芽が出てくるので、数年は栽培を楽しめます。
CHECK「ハーブを使ったレシピを紹介」
【フレッシュハーブとトマトのパスタ】

『材料』
・ハーブ(オレガノ、バジル)
・トマト
・パスタ
・エクストラバージンオイル
・塩、コショウ
『recipe』
①ハーブ、トマトは食べやすい大きさにしておく
②茹で上がったパスタに、①とオリーブオイル、塩・コショウを混ぜる
one point
 シンプルな料理なので、塩・コショウにもこだわるとさらにおいしい!
 簡単なのに見た目もgood!自慢したくなる鉄板レシピ
【フレッシュハーブティー&ハーブウォーター】
『飲み物に向いているハーブ 一例』

 ミント系、リーズマリー、トゥルーシー、レモングラス、レモンバーベナ etc
『recipe』
・ハーブティー
 カットしたハーブをポットに入れ、沸騰したお湯を注ぎます。フタをして、5分ほど蒸らしたら出来上がり。
・ハーブウォーター
 ハーブにプラスしてフルーツ(りんご・キウイ・オレンジ・レモンなど)を入れると甘みが出て見た目も鮮やか。
*教えてくれたのは
チムグスイ 代表 鈴木七重さん
 フィトセラピー(植物療法)を身近に取り入れてもらうため、ハーブティー、精油、植物オイルを使ったアロマ製品、草木染めの布などを製作。植物療法が学べる「ハーバルセラピーカレッジ ボタニカ」も運営しています。
浜松市中区曳馬1-16-11
TEL 053-571-1397

http://www.chimugusui.com

本日のカウント
本日の歩数:9,785歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« おウチでデリカ | トップページ | <引き継ごう 昭和の知恵と技>(上) ものを生かし切る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64331773

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で育てて食べる ハーブのある暮らし:

« おウチでデリカ | トップページ | <引き継ごう 昭和の知恵と技>(上) ものを生かし切る »