« 「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」 | トップページ | マラソンに勝つための食生活とは? 埼玉県が直前1週間メニュー開発 »

2016年10月28日 (金)

カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「山梨県勝沼」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《ロリアンワイン 白百合醸造》1938年創業
・ロリアン勝沼甲州2015 1,836円
(『美味しんぼ』80巻で和食に合うワインとして紹介された)
※マスカット・ベリーA:日本の赤ワインの原料として最も使用されている品種
 甲州:日本の白ワインの原料として最も使用されている品種
・ぶどう踏み体験 650円 ※8月上旬~10月中旬に体験可能
・ワイン生詰体験 1,750円
《ぶどうの丘》
・甲州市推奨のワインが1,1100円で飲み放題!
*タートヴァン:ワインを注いで光を当てると、凹凸に反射して、色合いや濃さがよくわかる試飲容器
*ワインカーヴ:約2万本のワインがあり、全て試飲可能
 白ワイン:果汁だけを絞り発酵させる
 赤ワイン:色や渋みを出すため皮ごと発酵
 ロゼワイン:赤5%、白95%程度をブレンド
・ブロケード勝沼甲州
♪ ワインレッドの 安全地帯(1983年)
<天空の湯>入浴料610円
《展望ワイン レストラン》
・甲州ワインビーフ&ブランドポークの”手作りハンバーグ” 1,900円
(スープ、パン or ライス、コーヒー付き)
・ルバイヤート ルージュ樽貯蔵2012 グラス620円、ボトル3,190円
※料理の色に合わせてワインを決める
 赤い肉(牛・羊・鴨)・・・赤ワイン
 白っぽい肉(豚・鶏)・・・白ワイン
《岩間ベーカリー》
・甲州銘菓 月の雫 11個入り 450円

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1006434/

 「昼めし旅」。8/1放送分。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
「三重県 鈴鹿市」
*「パワースポット」椿大神社(つばきおおかみやしろ)
 かなえ滝:携帯電話の待受にすると愛情運・金運アップ効果がある
*穴子、穴子まぶし
*ジャンジャン焼き
<三重県立白子高等学校>
「栃木県那須町」
*那須温泉神社 には国歌に歌われるさざれ石
 さざれ石:全国各地の神社に置かれている。触ると願い事が叶うという言い伝えも。
<AD小川家>
・ナスのめんつゆがけ
①ナスを切り、フライパンで焼く。(火が通るまで約5分素揚げ)
②刻んだシソをのせ、酢ショウガ(酢とタマネギなどと一緒に漬けたショウガ)をトッピング。
③めんつゆをかける。
・ジャガイモの煮物
①ジャガイモの皮をむき、カット。
②鍋に水とジャガイモを入れ、きび砂糖を加える。醤油で味付け。
③落としぶたをして15分。5分ほど水けをとばす。
・栃木和牛のソテー
①栃木和牛をフライパンで焼き、塩・コショウで味つけ。
②大根おろしのソースをかける。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/983075/

 「サッポロビール」より、メール。「ヱビスプレミアム総選挙」♪
http://www.sapporobeer.jp/sapporo_enq/0229/index.html
 「ニッカ」より、メール。「クイズに答えて正解すると、60万円分の至福の逸品が当たる!キャンペーン」♪
http://www.nikka.com/products/blended/blacknikka/cp/161017-170110/

 去年の営業所から電話が来た。去年ファイルしておくべき資料がなかったから送ってくれとのこと・・・自分は、ちゃんと担当に資料を渡したよ!!!営業所長は、「佐野は、なんで資料をファイルしなかったんだ?」なんて悪口でも言ってるんじゃないの???・・・追い出しておいて、勝手なことを要求するなよ!!!資料をファイルしなかったのは、その担当の責任でしょう!!!そんなので、電話してくるなよ!!!!!それが、仕事のできる方々の仕事ですか???
 気分が悪くなった日だった!!!

 仕事を終え、帰宅して、スパゲティで一杯♪ワインには、スパゲティ合うよね♪

カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー

 さらに、だいぶ前に頂いた「じゃがりこ 手羽先味」♪
東海限定
 手羽ひまかけてつくりました。
Calbee
1袋20g当たり99kcal
カルビー株式会社
東京都千代田区丸の内1-8-3
TEL 0120-55-8570

http://www.calbee.co.jp/

 もうすぐ「Halloween」。ハロウィンと言えば、カボチャで「jack-o'-lantern」というちょうちんを作るよね↑↑↑ここで、2016年10月10日の朝刊より、「カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー」の引用♪
 ハロウィーンといえばカボチャ。味や栄養分を逃さない下ごしらえで、カボチャのおいしさを存分に味わえる料理を東京ガス「食」情報センター主幹の杉山智美さんに聞いた。
 今回はガスこんろのグリルを使い、アルミ箔(はく)で包んだカボチャを蒸し焼きにした=【下ごしらえ】参照。杉山さんは「蒸した方がゆでるより、味も栄養分も残る。この方法ならグリルに入れて放っておけます」と話す。
 コロッケは簡単で、カボチャのおいしさが凝縮された一品。モッツァレラチーズやエビを入れてもいい。もちもちのニョッキは、カボチャの甘みとチーズソースの組み合わせが絶妙だ。
<下ごしらえ>
 カボチャは皮と種を取り除き、厚さ約5ミリにスライスする。広げたアルミ箔になるべく重ならないよう並べ、水大さじ2を入れてアルミ箔でふたをし、縁を折って包む。両面焼きグリルで、上下強火で6~9分加熱する=写真(上)。片面焼きなら9~14分を目安に加熱する。
(竹上順子)
【コロッケ】
『材料』(8個分)
・カボチャ(皮と種を取り除いたもの) 200グラム
・ロースハム 2枚
・塩 小さじ1/4
・こしょう 適量
・小麦粉、卵、パン粉 各適量
・揚げ油 適量
『作り方』
①下ごしらえしたカボチャをボウルに入れてマッシャーでつぶし、塩、こしょう、約5ミリ角に切ったロースハムを加え、手でよく混ぜ合わせる。8等分し、形よく丸める。
②(1)に小麦粉、溶き卵、パン粉を順に付け、180度の油でほんのり色づくまで揚げる。
【ニョッキ】
『材料』(作りやすい分量)
・カボチャ(皮と種を取り除いたもの) 200グラム
・強力粉 100グラム
・卵黄 1個分
・塩 小さじ1/4
・バター 10グラム
・チーズソース(ピザ用チーズ50グラム、生クリーム100ミリリットル)
『作り方』
①下ごしらえしたカボチャをボウルに入れてマッシャーでつぶし、熱いうちにふるった強力粉を加えて、さっくり合わせる。卵黄と塩を加え、よく混ぜ合わせる。耳たぶくらいの硬さになるよう、必要なら強力粉(分量外)を加える。
②(1)がひとまとまりになったら四つに分け、それぞれを直径約2センチの棒状にして10等分する。
カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー

③(2)の生地を丸めてフォークの背に載せ、指で転がして跡を付ける=写真。
④鍋に湯を沸かして塩(分量外)を入れ、(3)をゆでる。浮いてきたらすくい取って湯を切り、熱いうちにバターを絡める。
⑤アルミ箔でカップを作ってチーズソースの材料を入れ、両面焼きグリルで上下強火で約7分加熱する。
⑥(4)を皿に盛り、好みで(5)のソースをかける。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016101002000005.html

本日のカウント
本日の歩数:9,109歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9kg
123-76
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」 | トップページ | マラソンに勝つための食生活とは? 埼玉県が直前1週間メニュー開発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64411118

この記事へのトラックバック一覧です: カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー:

« 「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」 | トップページ | マラソンに勝つための食生活とは? 埼玉県が直前1週間メニュー開発 »