« 「トラヤワイン 月山山麓」、そして「リンゴのワイン、人気じわり 「弘前シードル」をたしなむ」 | トップページ | カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー »

2016年10月27日 (木)

「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
「山梨県 大月」
《中華料理 八仙》
・大ツキチャーハン 850円
・シャトージュン ボトル 3,100円、グラス 700円(ワイン)
「笹子」
《笹一酒造》大正8年創業
・笹一 山廃仕込 1,600円
・シャルドネ2014 2,100円
・甲州新酒 11月3日解禁!
※60年以上前からワインを製造
♪ あなたに今夜はワインをふりかけ 沢田研二(1978年)
<笹子追分人形芝居>
 甲州街道の難所、笹子峠を越える旅人の娯楽だった。
 主使い:右手と頭を動かす。左使い:道具を渡すなど主使いをサポート。足使い:足を動かす
<矢立の杉>高さ28m、幹の周囲9m
♪ 矢立の杉 杉 良太郎(2008年)
「勝沼」
《阪本ぶどう狩り園》
・マニュキュアフィンガー 1kg 1,500円~
・シャインマスカット 1kg 1,500円~
※かすり症(ぶどうの先の斑点)が出るとおいしい
・天山 1房 5000円~6000円(最大で1粒50gにもなる巨大なぶどう)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/1006149/

 「昼めし旅」は、「長野県 川上村」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
<篠原農園>
*レタス(品種:エスコート)
・レタスチャーハン
①フライパンで溶いた卵を焼き、ご飯を入れる。レタス、ネギを入れて炒める。
②塩・コショウ、焼き醤油(フライパンの縁に醤油を入れて焼いてから混ぜる)で味をつける。
・レタスの中華サラダ
①フライパンに多めの油を温める。
②レタスを切り、酢をかける。①の熱した油をかける。醤油をかけ、砂糖をまぶし、混ぜる。
<渡邉家>
*長野県指定 天然記念物「川上犬」
・犬のご飯「牛すじ、鶏むね肉、レタスをにこぼして煮たものをご飯に混ぜる」
・山菜のバジルソース和え
①バジル、ニンニク、松の実をすり鉢でよくすりつぶし、オリーブオイル、塩、レモン汁を加える。
②ニジマスの燻製をほぐして入れる。湯がいたウドの芽と春菊を入れる。
・山菜ちらし寿司
・ワラビとウドの芽の醤油漬け

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/974331/

 昭和の時代の修学旅行について、調べてみた。
「浜松市立中央図書館 浜松市文化遺産デジタルアーカイブ」
 南部中学校を例に取ると、六月七日午前七時十五分の汽車で出発、京都には午後三時過ぎに到着、雨のため予定を変更して宿に直行、夜は新京極に出た。八日は旅館を午前七時半のバスで出発、京都市内の清水寺、平安神宮、銀閣寺、京都御所を拝観、午後は汽車で奈良に向かい、興福寺、東大寺、若草山、猿沢池と回って旅館へ、三日目は法隆寺を見て、奈良駅を午前十時にたち、京都回りで帰路についている。

https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11E0/WJJS06U/2213005100/2213005100100040?hid=ht300850&word=

 今日の仕事は、外なんですよ。

「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 今日の昼食は、「やらまいか弁当」♪
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

お弁当
・音楽の街 浜松 ピアノ
・浜松まつりの 主役 凧
・バイクのふるさと 浜松 オートバイ
・徳川300年の 歴史を刻む出世城 浜松城
・餃子消費量 日本 浜松餃子
・うなぎ養殖の発祥地 浜名湖 浜名湖うなぎ
・全国屈指の漁場 遠州灘 天然とらふぐ
・三ヶ日町の宝 三ヶ日みかん
ゆるキャラグランプリ2015 優勝 浜松 福 市長 出世大名 家康くん
 みなみなさま、応援ありがと なのじゃ!
やらまいか弁当
 白米(国産米)、マス、卵、豆腐、鶏肉、ひじき、さつま芋、ブロッコリー、ミニトマト、筍、里芋、人参、小豆、くず粉、枝豆、椎茸、生姜、桜でんぶ、蕨、えのき茸、山ぜり、きくらげ、ぜんまい
折詰・弁当・料理仕出し 竹泉
浜松営業所:浜松市中区城北1-25-13
TEL 053-472-9623
浜北店:浜松市浜北区内野4257
TEL 053-586-5123

http://www.chikusen.jp/

 外回りの仕事を終え、帰社すると、「谷島屋」から5,600円の請求書が届いていた。9月21日払ったはずなのに???二重に請求しようとしているのか???
 電話で確認すると、「担当者がいなくて分からない」んだって!!!
 そのうち電話が来て「入金が反映されていなかった」だって!!!1ヵ月も入金が反映されないってどういうこと???この会社どんな会社なんだ???担当者が、ネコババしていたのか???大きな会社だからと言って、あてにならないね!!!
http://www.yajimaya.co.jp/

「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 仕事を終え、帰宅して「サンマ塩焼き」で一杯♪

 それに「ポテサラ タマネギスライス」♪

「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 デザートは、頂いた「栗マシュマロ」♪無印良品♪

 『ふれ愛交差点』2016年10月号の「10月の旬」は、「新米」。
 食欲の秋、実りの秋-この時期のお楽しみといえば、一年に一度、この時期にしか味わえない新米です。日本人の主食であるお米の「旬」をおいしいおかずとともに満喫しましょう。
・新米とは
 新米とはその年に収穫された米のことで、JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によれば、「新米」と表示できるものは12月31日までに精米・袋詰めされた米のことに限るそうです。年が明けてから精米されたものは、同じ米でも「新米」とは呼べなくなります。
 新米は、早場米として南の沖縄、九州から、6月末頃から出始め、米どころの新潟や東北、最近ではおいしいお米の生産地としても知られる北海道と続き、10月頃にはほぼ出揃います。生産地や品種の違いによる食味の違いを味わってみるのも、新米の楽しみ方の一つだといえるでしょう。
・栄養と食味
 新米の栄養価は、普通の米と比べても特に違いはありませんが、食味と食感には新米ならではの特徴があります。食味は、甘みと香りが強いといわれ、食感は水分量が多いため、やわらかくて粘りが強く、炊き上がったごはんの色は、普通の米より白いのが特徴です。
・新米の上手な保存方法
 米の味は、精米した時から劣化が始まるといわれています。これは、胚乳を守っている玄米の果皮・種皮などが精米で取り除かれることにより、胚乳の酸化が起こるからです。新米を開封したらすぐに米びつに移して、日光の当たらない湿気の少ない場所に保管しましょう。また、ペットボトルやジッパー付きの保存袋に移して、冷蔵庫の野菜室に入れて保存してもよいでしょう。いずれにしても、開封後はなるべく早く食べきるようにしましょう。
「新米をおいしく炊こう!」
①とぐ(研ぐ)

 精米技術が進化したため、昔ほど力をいれてとぐ(研ぐ)必要はないともいわれますが、油分を含む「ぬか」をきちんと取り除くために、お米は水で洗うだけではなく、お米同士をこすり合わせるようにして、まさに「とぐ(研ぐ)」作業が必要。新米は、ギュッギュッと力を入れてとぐと割れることがあるので、やさしく手早くとぐのがポイントです。
◆とぎ方/まずはたっぷりの水ですすぎ、濁った水をきって指先で手早くかき混ぜ、もう一度すすぎます。そして、指先で30回ほどといだたすすぎ、これを2回繰り返し、ざるに上げて水けをきります。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 すすぐ時に蛇口からチョロチョロ水を流し入れるとぬか臭が残りやすいので、ボウルにためた水を一気に加えてすすぐようにしましょう。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 水が多いままといでもぬかが落ちないので、すすいだら濁り水をしっかりきってとぐようにしましょう。
②浸水させる
 炊飯器の場合は、といだ新米を入れ、水を目盛りまで加えて浸水させます。土鍋で炊く場合はボウルにといだ新米、かぶるくらいの水を加え、浸水させます。秋冬の浸水時間は1時間が目安ですが、新米は水を吸収しやすいので、ムラなく真っ白になるくらいまで浸ければよいでしょう。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 すべての米粒が真っ白になり、十分に浸水した状態。浸水が不十分だと半透明のところが残っています。浸水が不十分の状態で炊くと、芯が残ったり、炊きムラができ原因に。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 といだ米をざるに上げて吸水させる方法もあります。この方法だと、食感のしっかりした炊き上がりになるので、好みに合わせるとよいでしょう。
③水加減をする
 炊飯器の場合は、炊くための水に浸けているので水加減は必要ありません。土鍋の場合は、浸水させた米をざるに上げて水をきり、土鍋に入れて米と同量の水を加えます。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 十分に浸水させた米の水加減は、米の同量が基本。新米は水分量が多いので1割ほど減らすとよいともいわれています。1回目は米と同量の水で炊いてみて、好みに合わせて水の量を加減してみましょう。
④炊く・蒸らす
 炊飯器の場合は、スイッチを入れたら「蒸らす」までおまかせでOK。土鍋の場合は、まず強めの中火にかけて煮立たせ、すぐに弱火にして、15分炊きましょう。ふたを開けてみて、水や泡が出ていたら1分ずつ追加で加熱します。水も泡も出ず、米粒がふっくらしていたら火を止め、ふたをして10分蒸らします。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 土鍋の形状によっては吹きこぼれるので、煮立つまでは目を離さないこと。写真のようにブクブウしだしたら、すぐに弱火にしましょう。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 弱火で15分炊いたら、ふたを開け、写真のようにふっくら炊けていればOK。鍋肌に水や泡が出ていたら、まだ炊き上がっていないので、ふたをしてさらに1分加熱しましょう。
⑤ほぐす
 炊飯器はスイッチが切れたら、土鍋は蒸らし終わったら、ふたを取り、濡らしたしゃもじでさっくりと混ぜましょう。この工程で、鍋の上部と下部の水分が均一になり、余分な水けがとんでふっくらしたごはんに仕上がります。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 まずは鍋肌にじゃもじを差し込み、全体を3~4等分に分けて上下を返すのがコツ。ごはん粒をつぶさないように、切るようにして混ぜましょう。
「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」

 ごはんをよそう時は、1回で盛らずに2~3回に分けるのがコツ。ふんわりと山高に、間に空気が入るように盛ると口当たりも良くなります。

本日のカウント
本日の歩数:7,187歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.8kg
122-79
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「トラヤワイン 月山山麓」、そして「リンゴのワイン、人気じわり 「弘前シードル」をたしなむ」 | トップページ | カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64406630

この記事へのトラックバック一覧です: 「やらまいか弁当」、そして「10月の旬「新米」」:

« 「トラヤワイン 月山山麓」、そして「リンゴのワイン、人気じわり 「弘前シードル」をたしなむ」 | トップページ | カボチャがおいしくなるトリック ハロウィーン・メニュー »