« 果実酒でカラダの中からキレイになろう。 | トップページ | 「スペシャルのり弁」「浜松唐揚げ」、そして「お酒後のデトックス」 »

2016年9月15日 (木)

お酒のおつまみ

 今日は、「十五夜」。
 秋の真ん中にあたる旧暦8月15日の夜が「十五夜」で、十五夜の月は満月に近い月。昔は収穫を感謝する初穂祭としての意味合いもあって、9月頃に収穫するいもをお供えして、「芋名月」と呼んだそうです。現在は、満月に似せた丸い月見だんごとススキを供えるのが一般的です。
【お月見だんごのさつまいもあん添え】(466kcal)
『材料』(2人分)
・上新粉・・・150g
・さつまいも・・・50g
・ゆであずき(缶詰)・・・100g
・砂糖・・・大さじ3
・熱湯・・・3/4カップ
『作り方』
①耐熱容器に上新粉、砂糖を合わせ、分量の熱湯を少しずつ加えながらへらでよく混ぜる。
②ラップをし、電子レンジで約1分加熱し、取り出してへらで混ぜる。これを3回繰り返す。
③②を濡らしたすりこぎ棒でつき、あら熱がとれてコシが出てきたら濡らしたふきんに包んでよくこね、15等分して手に水をつけて丸める。
④さつまいもは皮付きのまま1cm角に切り、ラップに包んで電子レンジで1分20秒~30秒加熱してゆであずきと混ぜる。
⑤③を器に盛り、④を添える。
【さといもの黒ごま汁粉風】(226kcal)
『材料』(2人分)
・さといも・・・小6個
・すりごま(黒)、砂糖・・・各大さじ3
・豆乳(無糖)・・・1カップ
・塩・・・少々
・A
 片栗粉・・・小さじ1
 水・・・小さじ2
『作り方』
①さといもは厚めに皮をむいて丸くととのえ、やわらかくなるまで煮て、ざるに上げる。
②鍋にごま、豆乳、塩、砂糖を入れて温め、Aを加えてとろみをつける。
③器に①を入れて、②を注ぐ。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 「飛んで火に入る夏の虫」ならぬ、「飛んで火に入らぬ街の虫」が増えている。そんなユニークな研究成果を、科学誌『日経サイエンス』の九月号が伝えていた
▼欧州の進化生物学者が、都市と田舎でそれぞれ採集した蛾(が)の幼虫を育てて成虫にし、蛍光灯にどう反応するか調べた。田舎生まれの蛾はほぼすべてが灯に向かって飛んだが、都市生まれの蛾のうち三分の一は灯に引き寄せられなかった
▼夜の街はさまざまな人工の光が輝き、夜行性の虫にとってはあまりに過剰な光の誘惑に満ちあふれている。だから、光への反応を鈍くすることで生き残りをはかる進化的適応が「街の虫」の中で起きているのではないか、というのだ
▼夜行性の虫だけでなく、月や星の光を道しるべにする鳥やウミガメも、人工の光に惑わされている。北米では年に百万の単位の鳥がまばゆいビルなどに衝突するなどして死んでいるともいわれる
▼欧米の研究チームの分析によると、そういう「光害」のために、世界中の人々の三分の一は、天の川を見ることができない明るい夜をすごしており、日本で天の川が見られる地に住んでいるのは、人口の三割にすぎないのだそうだ
▼きょうは、中秋の名月。その光も、闇に沈む空間があってこそ、冴(さ)えわたるもの。やたら明るい夜道では、こういう名句も生まれまい。<われをつれて我影帰る月夜かな>素堂

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016091502000114.html

 「よなよなの里」より、楽天メール。「ハートチップル」って何だ?
 【噂のシークレットビールとは!?】秋の福袋 好評発売中!
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/10001453/#head
 「クラブツーリズム」より、メール。
▽「旅の友」Web版【中部・東海版】はこちら
http://www.club-t.com/nagoya/tabinotomo/?waad=Ls91SLdP

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「浜松」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<浜松城>入場料 200円
 1570年に徳川家康が築城。歴代城主が数多く幕府の重役に出世したため”出世城”と呼ばれる。
 水野忠邦
・徳川家康公像
・濱納豆 470円
¥「日本一」出世大名 家康くん(1727体中 第1位のゆるキャラ!)
¥「日本一」浜松市の人口の7%にあたる約5万6千人が鈴木さん
《むつぎく》
・餃子 (16個) 960円
¥「日本一」餃子の消費量
*浜松餃子:餡にキャベツが多いのが特徴。真ん中にゆでたもやし。もやしは口の中をさっぱりさせるため。
 共働き家庭が多く、惣菜文化が広がった。
¥「日本一」電子楽器製造
<浜松市楽器博物館>入館料800円
<ミュージアムショッ アンダンテ>
¥「静岡の日本一」
 茶 収穫量
 プラモデル 出荷額
 サッカー経験者の割合
 二輪自動車・原動機付き自転車 輸出量
 ソーラーシステム導入件数 など
「家康の散歩道」
♪ 幸福への招待 堺正章(1972年)
<浜松駅>
¥「日本一」みかんの生産量
《遠鉄百貨店》
・温室みかん大福 346円

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/994540/

 この間の「極上!旅のススメ」は、「草野仁が行く長崎の旅」。
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/
*長崎の旅
<長崎空港>
「島原」
・有明海
・湧水の郷
<かづさイルカウォッチング>
長崎県南島原市加津佐町乙251-11
TEL:0957-87-4640
<島原城>
長崎県島原市城内1丁目1183-1
入館料 大人 540円、小・中・高生 270円
 1618年、藩主 松倉重政が築城
・南蛮貿易の交易品
<武家屋敷>
・山本邸
長崎県島原市下の丁1995
・武家屋敷休憩所
長崎県島原市下の丁
 湧水:11℃~18℃
「森岳商店街」
<猪原金物店>
住所:長崎県島原市上の町912
0957-62-3117
・刺身包丁 99,000円(税込)
・手裏剣 9,980円~10,800円(税込)
・毛抜き 8,800円(税込)
・天然砥石「すゐた」 1,500,000円(税込)
*《茶房 速魚川(はやめがわ)》
・宇治ミルク金時 800円
・ほうじ茶ミルク金時 800円
・トマトの玉手箱 950円
《銀水》
長崎県島原市白土桃山2丁目1093
TEL:0957-63-4610
・かんざらし 350円
《会席料理 はしもとや》
※完全予約制
長崎県島原市城内3-991
TEL:0957-64-0012
・島原城下町会席 10,800円(税込)
(おこぜのお造り、おこぜの皮 肝 胃袋、はも 真子 煮凝り、雲丹入り茶碗蒸し、車海老蝋焼き、がんばの湯引き、鮑蒸し焼き、きじはた煮付け、多比良ガネ、島原和牛ヒレステーキ、おこぜアラ味噌汁、季節のデザート)
※がんば(ふぐ)、多比良蟹≒竹崎蟹
<島原精霊流し>
猛島海岸、霊丘公園海岸、湊新地海岸
・宮の町町内会
 切り子灯篭
《雲仙温泉・雲仙宮崎旅館》
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
TEL:0957-73-3331
・季節の会席 1泊2食付き 32,400円~54,000円(税込)
(長崎和牛の陶器焼き)
・貴賓室 1泊2食 54,000円~64,800円(税込)
*長崎名物 湯せんぺい
<ハウステンボス>
長崎県佐世保市 ハウステンボス町
TEL:0570-064-110
入場料 1DAYパスポート 大人 6,700円
*《ホテルヨーロッパ》
・1泊朝食付き 30,800円~32,400円(税・サービス料込)
*《ホテルアムステルダム》
・素泊り 22,800円~24,400円
*《フォレストヴィラ》
・素泊り 9,500円~12.000円(税・サービス料込)
*カナルクルーザー
*ワッセナー(分譲住宅)4,500万円~1億2,000万円
「アンブレラストリート」
*《フラワーアイスカフェ》
・ソフトドリンク(氷グラス付) 700円(税込)
*釣りアドベンチャー
*<ハウステンボス ヘリコプター遊覧>
エス・ジー・シー佐賀航空
TEL:080-1544-2052 3分 11,000円~ ※定員3名
*レンタサイクル 1日500円~3,500円
*<アドベンチャーパーク>
・天空の城
・シューティングスター
*《変なホテル》
・1泊朝食付き 14,100円~15,200円(税・サービス料込)
 ちゅーりーちゃん
 草刈りロボット
 窓拭きロボット
 クロークロボット
*《変なレストラン》ビュッフェ 60分間
・大人 昼 2,180円/夜 3,180円(税込)

http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/backnumber/0034/

 今日は、明日の準備のため、忙しかったね・・・。
 皆さん、まだ仕事をしているけど、定時に終え、帰宅。
 帰宅して、先日、「ぺんきやのおっちゃん」」に頂いて、食べきれなかったハゼを天ぷらにして一杯♪刺身と違って、また美味しいねぇ~♪
 これなら、内臓をとり、頭ごと揚げる「唐揚げ」っていう手もあるな♪
http://pennkiyasan.hamazo.tv/

お酒のおつまみ

 この間、119円で買った「日清 薄力粉 フラワー」を使用!
薄力小麦粉
色々な料理にお使いいただけます
・お好み焼き
・天ぷら
・お菓子
・うどん
NET 1kg
「おいしく作るには」
・山いもを使ってふわっとした食感に
・へらで押さえつけず、ふたをして、ふんわり仕上げる。
【お好み焼きの作り方】(約2枚分)
『材料』
・薄力粉・・・100g(1カップ弱)
・卵・・・Mサイズ1個(50g)
・キャベツ・・・100g(目安2枚)※粗みじん切り
・だし汁(又は水)・・・120cc(1/2カップ)
・山いも・・・30g ※すりおろす
・お好みの具(いか、えび、豚肉、ねぎ、ちくわ、揚げ玉、紅しょうがなど)・・・合わせて約150g
①生地を作る
 だし汁に卵、山いもを混ぜ合わせます。さらに、小麦粉を2~3回に分けて混ぜ合わせます。
※ダマがなくなるまでよく混ぜる。
②混ぜる
 キャベツとお好みの具を加えて、さっくりと混ぜ合わせる。
 豚肉の場合は、焼く前に生地の上に広げてのせます。
※下から上に空気を入れるように
③焼く
 180℃に熱しておいたホットプレート、又はフライパンに油を薄くひき、生地の裏面がきつね色になるまで焼きます。
※でき上がりまでヘラで押さえつけない
④ひっくり返す
 裏返した面もきつね色になるまで焼き、再び表に返したらでき上がりです。
※ふたをすると、さらにふんわり
・ソース、マヨネーズなどを塗り、鰹節、青のりなどをかけてどうぞ。
「ご注意」
《油で揚げるお菓子などを作る場合》
 以下のことを必ず守ってください。生地が破裂して油が飛び散り、やけどをするきけんがあります。
・ドーナツ、アメリカンドッグなど、水で練った生地の場合は、小麦粉100gに対し、ベーキングパウダー3g以上と砂糖10g以上の両方を必ず入れてください。
・スペイン風揚げ菓子など、熱湯練った生地の場合は、必ず星型の口金で絞り出し、表面をあらくしてください。
《小麦粉を保管する場合》
・開封後は吸湿、虫害などを防ぐため、袋口のチャックをお閉めになり、お早めにお使いください。
100g当たり351kcal
「こむぎ粉くらぶ」

http://www.nisshin.com/info/
日清フーズ(株)
東京都千代田区神田錦町1丁目25番地
TEL 0120-244157

http://www.nisshin.com

 さらに「サツマイモの天ぷら」と「御殿場高原 あらびきポーク」の天ぷら(^^♪

 『Clife』2016年8月号の「あなたのお知恵拝借」の今月のテーマは「お酒のおつまみ」だった。
・容器に、サキイカとスティック状に切ったセロリを入れ、一晩置くだけでおいしいおつまみのできあがり。塩加減はサキイカに対してのセロリの量で調整を。サキイカがセロリの水分を吸い取り、セロリにはサキイカの塩味が絡まって何とも言えないおいしさに。
・たくあんにチーズをのせるだけで、ワインのお供にも最適な一品に。どちらも発酵食品なので、相性はバツグンです。
・鶏もも肉の皮を剥がし、皮のみを油をひかずに中火のフライパンで焼きます。両面がカリカリになったら、フライパンから取り出し、塩をまぶせば、カリッと香ばしい鶏皮チップスのできあがり!
・キムチ、ゆでたオクラ、長イモを刻み、付属のタレで味を付けた納豆と混ぜ合わせます。そこに、ごま油ともんで細かくした韓国のりを入れて、さらに混ぜます。お好みで食べるラー油や卵黄を加えても。
・煮魚の残り汁に、ちりめんじゃこや干しアミエビを入れて煮詰めるだけで佃煮ができます。カルシウムもたっぷりで、わが家の定番おつまみです。
・テフロン加工のフライパンを使い、薄切りレンコンと、同じ大きさに広げた溶けるチーズを焼きます。レンコンに焼き色が付き、チーズが溶けたら、レンコンをチーズの上にのせます。風味付けに乾燥ハーブを振っても。

本日のカウント
本日の歩数:11,510歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)○だけど×

|

« 果実酒でカラダの中からキレイになろう。 | トップページ | 「スペシャルのり弁」「浜松唐揚げ」、そして「お酒後のデトックス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64207437

この記事へのトラックバック一覧です: お酒のおつまみ:

« 果実酒でカラダの中からキレイになろう。 | トップページ | 「スペシャルのり弁」「浜松唐揚げ」、そして「お酒後のデトックス」 »