« 9月の旬「さんま(秋刀魚)」、そして「しょうゆ豆」 | トップページ | 「寿司の美登利総本店 とろさんま炙り焼寿司」、そして「いただきます サンマを食べ尽くす」 »

2016年9月19日 (月)

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 今日は、9月19日、「敬老の日」そして、「彼岸の入り」。
 敬老の日にひと手間かけたごちそうでお祝いしましょう
【鯛と甘えびの昆布締め】(136kcal)
いつものお刺身を料亭メニュー風に
 おめでたい席に欠かせない「鯛」のお刺身と、腰が曲がったその姿から、長寿を願う縁起ものとして食べられる「えび」のお刺身を昆布締めにしました。
『材料』(4人分)
・鯛(刺身用さく)・・・180g
・甘えび(刺身用)・・・20尾
・昆布(5×15cm)・・・4枚
・塩・・・適量
・酒・・・大さじ2
・A
 酒・・・大さじ3
 しょうゆ・・・大さじ1
<つま>
 大根(せん切り)、青じそ、花穂じそ、小菊・・・各適量
『作り方』
①昆布は酢適量(材料外)をかけてしばらくおき、やわらかくしておく。
②鯛は塩ひとつまみを両面にふり、酒大さじ1をかけ、昆布2枚ではさんでラップできっちり包み、冷蔵庫で半日おく。
③甘えびは塩ひとつまみをまぶして酒大さじ1をかけ、昆布2枚ではさんでラップできっちり包み、冷蔵庫で半日おく。
④Aの酒は耐熱容器に入れてラップをせずに電子レンジで約1分20秒加熱して冷まし、しょうゆを混ぜる。
⑤②、③の昆布をはずし、鯛はそぎ切りにして、つまとともに器に盛り、④を添える。
【ぎんなん入りかやくごはん】(340kcal)
『材料』(3~4人分)
・米・・・2合
・にんじん・・・1/3本
・油揚げ・・・1/2枚
・こんにゃく・・・100g
・ごぼう・・・1/2本
・ゆでたぎんなん・・・ふたつまみ
・A
 塩・・・ふたつまみ
 薄口しょうゆ・・・大さじ2
 だし汁・・・1と1/2カップ
『作り方』
①米はといてざるに上げ、約30分おく。
②にんじんはマッチ棒くらいの細切りにする。油揚げ、こんにゃくは短めの短冊切りにして熱湯をかける。ごぼうはささがきにしてサッと水洗いし、ざるに上げる。
③炊飯器に①、Aを入れて混ぜ、②をのせて炊く。炊き上がったらすぐにぎんなんを加えて全体をさっくり混ぜ、しばらく蒸らして器に盛る。
【ミラノ風ミルフィーユビーフカツ】(499kcal)
薄切り肉を重ねてやわらか、ジューシー
 仔牛の肉をたたいてのばし、薄く衣をつけて炒め揚げするイタリアの「ミラノ風カツレツ」をアレンジし、薄切り肉を重ねてやわらかく、噛みやすくしました。
『材料』(4人分)
・牛肩ロース肉(薄切り)・・・16枚(約480g)
・薄力粉・・・適量
・溶き卵・・・1個分
・パン粉(粗挽き)・・・適量
・塩、こしょう・・・各適量
・オリーブ油・・・大さじ4
・レモン、トマト、クレソン・・・各適量
『作り方』
①牛肉は1人分4枚を重ね、軽く押さえて密着させる。塩、こしょうをふり、薄力粉をまぶす。
②①を溶き卵にくぐらせてパン粉をまぶす。
③熱したフライパンにオリーブ油を入れ、②を入れて中火で揚げ焼きにする。両面がこんがり焼けて火が通ったら油をきる。
④器に③を盛り、くし形切りにしたレモン、半月切りにしたトマト、クレソンを添え、塩、粗挽き黒こしょう各適量(材料外)をふる。
【3色おはぎ】(129kcal)
お彼岸のおはぎも手作りで 小さく作って3つの味を楽しむ
『材料』(12個分)
・もち米・・・220g
・あずきあん・・・250g
・塩・・・ふたつまみ
・A
 すりごま(黒)・・・大さじ2
 砂糖・・・小さじ2
 塩・・・ひとつまみ
・B
 きな粉・・・大さじ1
 砂糖・・・小さじ1/2
 塩・・・少々
・水・・・220ml
『作り方』
①もち米はサッと洗ってざるに上げて水けをよくきり、炊飯器に入れて分量の水を加え、約1時間おく。塩を加えて普通に炊飯し、熱いうちにすりこぎ棒で半つきにし、12等分にする。
②あずきあんは12等分にする。
③①のうち4個は丸めて②で包む。残りは薄く伸ばして丸めた②を包み、半分は合わせたAをまぶし、残りは合わせたBをまぶす。
※①でごはんを12等分にする時、あずきあんで包む4個は、ほかの8個より若干小さめにしておくと全体の大きさが揃います。

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「山梨県 北杜市」
《ミサワサイナリー》創業1923年 中央葡萄酒
・ワイナリーツアー 4000円(ブドウ畑とワイナリーの見学・ワインの試飲
*甲州
・キュヴェ三澤 明野甲州 5400円
*カベルネ・フラン
・グレイス カベルネ・フラン 5940円
<吉田宅>
・チーズとサラミの盛り合わせ
・ポテトサラダをトッピングしたバゲット
・ボロネーゼのパスタ
・山梨県産黒毛和牛のサーロインステーキ グレイス カベルネ・フランのグレイビービーソース
「青森県 浅虫温泉」
《ゆ~さ市場》
・天然ヒラメ 1.6kg 5000円(県魚)
・天然ヒラメの刺身(南蛮味噌をつけて食べる)
・ヒラメの天ぷら
(ヒラメをぶつ切りにし、塩コショウで下味をつけてから、天ぷらに揚げる)
※南蛮味噌
 青唐辛子と麹を練り合わせ、そこにピーマンなどの野菜を混ぜたもの。お刺身意外にも、ご飯や冷奴などにも使われるピリ辛の調味料。
<理容 ヌマタ>

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0072/

 「ごちそうカントリー」は、「県立静岡農業高等学校」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<静岡県立静岡農業高等学校>
*栽培実習場
・かつぶし芋(さと芋の在来種)
*食品実習棟
・ベーコンエッグパン
・羽衣 糸うどん

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=50079

 今日は、天気が心配されたが、JRさわやかウォーキングに参加。
http://walking.jr-central.co.jp/index.html

 今日の距離は、短めだね。
 ウォーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 「堀留ポッポ道」通過。
 JR浜松工場線の跡地を公園として整備した460mほど続く遊歩道です。「ヶ91」と表示がある大正7年に作られた国産初期の軽便機関車が置かれています。

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 「伊場遺跡」到着。
 弥生時代から平安時代まで長期間存続した遺跡。弥生時代には三重の環濠をもつ東日本有数の集落が営まれていました。奈良時代には地方役所が置かれ、大溝からは、浜松の由来となった「濱津」と書かれた木簡が発見されました。

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 「JR東海浜松工場(さよなら車体上げ・載せ作業実演会場)」には、9時ごろ到着しちゃったよ!もう行列はできていたが、開場は10:00、「車体上げ・載せ作業実演」は、10:20(10:25?)ということなので待つのはやめて道を進める。
 数十年にわたり、新幹線の安全を支え続けた「車体上げ・載せ作業」。検査方法の変更に伴い、公開できる最後の日となります。検査途中の新幹線車両を使用しますので、「新幹線なるほど発見デー」での実演とは、異なり、先頭カバーと床下機器が取り外されていて、普段見ることのできない新幹線車両の姿が見られます。また廃車となった700系車両より取り外した部品の販売があります。

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 「西伊場第一踏切」通過。
 JR東海浜松工場の西側の入出庫線が公道と交差している箇所があり、唯一の東海道新幹線車両が通過する踏切です。

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 「賀茂神社」到着。
 江戸時代中期の国学者・教師・歌人である加茂真淵の先祖が祀られている神社です。

 そして、ゴール。約6.5kmのコースでした。

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 「吉野家」で、「朝食」の「鶏そぼろ飯」(並)290円431kcalを食べる。朝食は、朝4時から11時までということ。
https://www.yoshinoya.com/

 帰宅途中、「杏林堂」に寄る。売り出しの「駅弁」を買うためだ。「広島駅 あなごめし」1,150円を買いたかったが売り切れ。「西明石駅 ひっぱりだこ飯」1,000円を買うことにする。
 「ジョブチューンSP」の「新企画!プロフェッショナル ぶっちゃけランキングSP!」でやっていた「全国駅弁フェアを開催する“一流デパートの敏腕駅弁バイヤー”と全国の駅弁に精通した“グルメライター”計31人がぶっちゃけ!“本当に美味しいと思う駅弁”ランキング!」第5位のものだね♪♪♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2016/08/post-d64c.html
 それと「もめん豆腐」62円のところ半額で31円を買い帰宅。それにしても、豆腐の消費期限は9月21日なのになぜ半額になっていたのだろう???

JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

 夕方は、「ひっぱりだこ飯」で一杯♪上に、「抗菌シート ワサオーロ」が載せてある!(安心をお届けします)
JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」

~平成10年4月5日 明石海峡大橋開通記念~
明石名物 ひっぱりだこ飯
 「明石だこ」使用
駅弁は、日本の心
 それは、西にある。 DISCOVER WEST
■明石名物■
ひっぱりだこ飯
 名産:明石だこ使用
 この度は、淡路屋の、「ひっぱりだこ飯」をおもとめ頂き、まことに有り難うございました。
 このお弁当は、平成10年、神戸明石と淡路島を結ぶ明石海峡大橋開通を記念して、当地明石の味を、お手軽に、美味しく召し上がって頂きたいという気持ちで、創業百余年の当店が、山陽新幹線・西明石駅の駅弁として、作らせて頂いたものです。
 容器は、実際に蛸漁で使われる蛸壺を模して、独自に焼き上げたものです。明石の、お土産として、是非、お持ち帰り下さい。
 お弁当の中身は、明石海峡近海でとれた希少な「明石だこ」と呼ばれる真だこのうま煮や、穴子のしぐれ煮、「蛸天」(練りもの)などを添えた炊き込みご飯です。
 この、名物明石だこは、明石海峡の速い潮流にもまれて育ったため、足が短く、身が引き締まって、ことのほか美味であると全国の皆様から称賛されています。
 当地、明石の風情を、ゆっくりと、ご賞味下さいませ。
    明治36年創業 淡路屋 店主敬伯
 「ひっぱりだこ」は、(株)淡路屋の登録商標です。
【そのままお召し上がりください】
 そのままでも美味しくお召し上がり頂けますが、電子レンジを使用して出来たての味もお楽しみ頂けます。
【電子レンジでの調理法】
 壺のまま加熱してください。(輪ゴムははずしてください。また、ワサオーロシートが入っている場合は取り除いてください。)
 500W 3分
 600W 2分30秒
※加熱後は壺も暑くなっておりますのでご注意ください。
原材料名:醤油飯(国産米使用)、蛸煮、揚蒲鉾、錦糸卵、味付菜の花、椎茸煮、穴子煮、筍土佐煮、人参煮、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工澱粉)、加工澱粉、グリシン、pH調整剤、ソルビット、リン酸塩(Na)、酸味料、甘味料(ステビア、ソルビット、甘草)、保存料(ソルビン酸(K))、カラメル色素、酒精
JR西明石駅
お弁当の 株式会社 淡路屋
JR西明石駅店:明石市小久保2丁目7番20号
製造者 株式会社 淡路屋
神戸市東灘区魚崎南町3-6-18
TEL (078)431-1682
FAX (078)431-1681

http://www.awajiya.co.jp/

本日のカウント
本日の歩数:17,237歩
(本日のしっかり歩数:9,627歩)
本日:54.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 9月の旬「さんま(秋刀魚)」、そして「しょうゆ豆」 | トップページ | 「寿司の美登利総本店 とろさんま炙り焼寿司」、そして「いただきます サンマを食べ尽くす」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「これで見納め!新幹線の工場に「さよなら 車体上げ・載せ作業実演」を見に行こう!」、そして「ひっぱりだこ飯」:

« 9月の旬「さんま(秋刀魚)」、そして「しょうゆ豆」 | トップページ | 「寿司の美登利総本店 とろさんま炙り焼寿司」、そして「いただきます サンマを食べ尽くす」 »