« 「寿司の美登利総本店 とろさんま炙り焼寿司」、そして「いただきます サンマを食べ尽くす」 | トップページ | 「山田屋製菓舗」、そして「御前酒」 »

2016年9月21日 (水)

「麺屋こころ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「にゅうめん」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 クマゼミはかつて、インターネットの「お邪魔虫」だったという
▼このセミは枯れ枝に産卵管を突き刺して卵を産み付けるのだが、インターネットに接続するための光ケーブルを枝と間違え、管を刺し入れ傷つけてしまう。そんな被害が続出し、通信会社はケーブルの強化などの対策をとったそうだ
▼ではなぜ、クマゼミは枯れ枝に産卵するのか。どうも湿度と関係するらしい。卵からふ化した幼虫は一刻も早く地中に潜り込まねばならない。それには地表が水分を含み、軟らかくなっている時がいい
▼だから、湿度の変化を敏感に感じるのに適した枯れ枝に産卵しているのではないかと、京都大学の沼田英治教授は近著『クマゼミから温暖化を考える』で指摘する。気温が高く、よく雨が降る。そういう環境がクマゼミのふ化には必要だが、温暖化で分布域は東に北に広がっているそうだ
▼そんなクマゼミの蝉時雨(せみしぐれ)がやんだと思ったら、秋雨前線と台風による大雨続きである。米国の研究チームによれば、二〇一三年までの三十七年間で非常に強い台風が四倍に増えており、温暖化で海面水温の上昇が続けば、日本などを直撃する台風は、さらに激しさを増すかもしれぬともいう
▼温暖化の対策が十分に進まぬなか、台風は凶暴化している。クマゼミのシャー、シャー…というけたたましい鳴き声は、警戒警報かもしれないのだ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016092102000109.html

 「キリンビール」より、メール。「絶対もらえる!」とか書いてあるけど、どう申し込んだらいいのかよく分からない!???
http://serial.bitters.jp/?utm_medium=mail&utm_source=mail_kc&utm_campaign=kc_news_20160921
 「カゴメ」より、メール。「高濃度で抽出したスルフォラファン」の案内・・・どうして、「カゴメ」より、メールが来るのか分からない!???大学の先輩がやっているから???・・・でも、それはないだろう・・・。
 スルフォラファンは、体の内側から健康維持を支える成分です。発芽初期のブロッコリースプラウトは、成熟ブロッコリーの約20倍のスルフォラファンを含んでいます!
※スルフォラファングルコシノレートとしてカゴメのこだわりが結実した健康成分スルフォラファンサプリメント。 

http://i.mag2.jp/r?aid=G0188
 「釜庄」より、楽天メール。「釜庄の実店舗閉店セール」の案内。
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/c/0000000585/?scid=rm_192960
「 メルマガ読者様限定プレゼント」
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/kamasho/diary/detail/201609160000/?scid=rm_192960

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「大内宿」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<本家 叶屋>
・ちりめん お手玉 220円
《南仙院 本家》(なんせんいん)
・玉こんにゃく 100円
・ラムネ イチゴ・ブルーハワイ 各120円
《民宿》
 本家扇屋、山形屋、伊勢屋
 1泊2食付き 7,500円
<きい子おばやのお店>
・ブラウス 4,800円
<塔のへつり>下郷町
 国の天然記念物。100万年前の凝灰岩
 へつり:険しい崖
 仏塔のように見えることから「塔のへつり」と呼ばれるようになった。
《フルーツ 石井》
・黄金桃 1個 100円
(へつり)工房>
《芳賀商店》
・まむし酒(おちょこ1杯) 300円
・味噌汁 無料
・畑のお肉(豆の唐揚げ) 1パック 540円
・イナゴ佃煮 1パック 540円
♪ 黄色いリボン 桜田淳子(1974年)
<藤見橋>
<虚空蔵菩薩>
 虚空蔵尊は、虚空蔵菩薩を祀っているお堂。807年、坂上田村麻呂により創建
・子育観音

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/996202/

「麺屋こころ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「にゅうめん」

 今日の昼食は、「麺屋こころ 台湾ラーメン」。
麺屋こころ 監修
 大将 石川琢磨
名古屋めし
 魚介のきいたピリ辛スープ。
377kcal
食塩相当量 6.1g
明星食品株式会社
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-50-11
TEL 0120-585-328

http://www.myojofoods.co.jp/
 「麺屋はなび」で修業し、台湾まぜそばを首都圏に広めた「麺屋こころ「感謝」」。
”名古屋で生まれた男”麺屋こころ 大将 石川琢磨
 ”感謝”の一杯。是非、お試しください!!
麺屋こころ×明星の台湾シリーズ
・明星 麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛
・明星 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛

http://www.menya-cocoro.com
明星食品株式以外舎
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-50-11

 2016年9月18日の「土井善晴の料理は楽し」は、【にゅうめん】(254kcal)。
「夏の名残」をリッチに
 涼しさを感じるころに、温かいにゅうめんはおいしいものです。夏の野菜をたっぷり入れた、名残のお料理でもあります。
『材料』(3人分)
・そうめん・・・3束
・鶏ササミ・・・1本(50g)
・キュウリ・・・1本
・ナシ・・・1/2個
・ミョウガ・・・2個
・トマト・・・1個(150g)
<二番だし>
 水・・・4カップ
 かつお節・・・20g
 昆布・・・8cm
・干しエビ・・・12g
・薄口しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2
①二番だしをとる
 分量の水、かつお節、昆布を鍋に入れる。中火弱にかけて、昆布が十分に広がるまで時間をかけて煮立てる。煮立ったらアクをすくって火からおろし、漉す。
②そうめんをゆでる
 湯を沸かして、そうめんをゆでる。煮立ったら差し水をして、一度煮立ちを止め、再び煮立ったらザルにあげる。すぐに流水でもみ洗いし、ザルにあげ、水気をしっかりきっておく。
③具の下ごしらえをする
 ササミはさいの目切りにして、塩少々(分量外)をまぶしておく。キュウリは皮をむき、斜め薄切りにする。ナスは半月切りにし、水に浸してアクを取り、水気をきる。ミョウガは輪切りに。トマトはさいの目に切る。
④つゆにそうめんと具を入れて煮る
 鍋に①の二番だしと干しエビを入れて、中火にかける。だし汁が温まったら、薄口しょうゆ、塩で味つけし、③のササミを加える。
 煮立ったらキュウリ、ナス、ミョウガ、そうめんを入れて野菜に火を通し、アクを取る。
 最後にトマトを加え、トマトに火が通ればできあがり。
《食のこころ》
 冷やしそうめんに対して、温かいだし汁で煮て食べるのがにゅうめん。”煮る麺=みゅうめん”で、もともとは奈良や徳島など、そうめんの産地の郷土料理だという。それが昨今、全国的に市民権を得てきた感がある。
 土井さんのにゅうめんには、野菜がたくさん入る。
 「キュウリなどの夏野菜に火を入れて、具にしました」
 キュウリは煮ると、ほんのり甘くなる。うまみ成分を含むトマトは、だし汁で煮る相乗効果で、つゆにまろやかなコクを与えてくれる。それにミョウガの歯ざわりとさわやかさ。生で食べる野菜が、いつもと違うおいしさで新鮮だ。
 それに、つゆがとてもリッチ。昆布とカツオのだしに、鶏やエビから出るだしが加わる。一口すすれば、暑さ負けした身体に染み渡り、気力が湧いてくるよう。しかもお気づきたと思うが、夏のそうめんの残りをおいしく食べることができるという、ありがたい一品なのだ。

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
「麺屋こころ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「にゅうめん」

 帰宅して「一正 おでん」で一杯♪♪♪
玉子入り おでん
 風味、際立つ かつお一番だしと北海道産昆布の組み合わせ
かつお本枯れ節使用
厚切り大根 厚切りこんにゃく
6種6個
・北海道産昆布
・玉子
・さつま揚げ
・焼きちくわ
「あ!これつくろ!」おいしさひろがるおすすめレシピ
最後のオススメ!
 おでんの後の残りのスープにキムチとごはんを加えて、簡単キムチ雑炊に!
 お好みで卵を加えると、まろやかになり美味しくいただけます。
1袋あたり430g124kcal
食塩相当量 4.2g
製造者 一正蒲鉾株式会社
新潟県東区津島屋7丁目77番地
TEL 0120-023773

http://www.ichimasa.co.jp/

 先日半額で買った「遠州もめん 豆腐」を入れてみた。おでんに豆腐ってアリだよね↑↑↑
内容量 400g
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

本日のカウント
本日の歩数:7,251歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「寿司の美登利総本店 とろさんま炙り焼寿司」、そして「いただきます サンマを食べ尽くす」 | トップページ | 「山田屋製菓舗」、そして「御前酒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64236231

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺屋こころ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「にゅうめん」:

« 「寿司の美登利総本店 とろさんま炙り焼寿司」、そして「いただきます サンマを食べ尽くす」 | トップページ | 「山田屋製菓舗」、そして「御前酒」 »