« 「洋風幕の内弁当」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「茄子の田舎煮」 | トップページ | 「キッチンライフ」、そして「9月の旬「きのこ」」 »

2016年9月27日 (火)

「しなしな天ぷらをサクサクに復活!」、そして「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「かぼちゃの海老衣揚げ」

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール♪
 今、私はある美味しいオイルにはまっておりまして。それは・・・ココナッツオイル!このところオリーブオイルを始め、亜麻仁油、エゴマ油などのオイル健康法が話題になっていますが、特にココナッツオイルは脳のエネルギー源になる物質を含んでいて、積極的にとると脳の働きが良くなるらしいので、毎日頂いています。
 ココナッツは、あまりなじみの無い食べ物かもしれませんので、インターネットで検索をすればカンタンに購入出来ますし、最近では ドラックストアでも販売しています!
・集中力
・判断力
・記憶力
を高めてくれたり、免疫力もアップなどなど・・・花粉症等のアレルギー症状も緩和したり、風邪もひきにくくなるらしいです!
 アルツハイマー病に大きな効果があるという研究結果も話題のようですが、健康体の方にもココナッツは摂取すると腸内環境を整えてくれたりアンチエイジングにも効果もあるらしく、早速 私は数週間前から食べ始めているんです。
 基本的にはココナッツ風味のオイルですが、(無味無臭のものもあります。)私はホットコーヒーに入れて飲んだり、バニラアイスに混ぜて食べたり、お米を炊く時に入れたり、納豆にまぜても風味が増して意外と合いますよ・・・!
 気のせいでしょうか。数週間経って頭の切れが良くなったよう感じがいたします。(´ε`;) もう少し様子を見ようと思います・・・(笑)
 この秋は集中的に勉強をスタートしよう!という方にはオススメの食材ですよ!
http://www.rakuten.co.jp/e8010/?scid=rm_191968&scid=rm_191968

 昨日のテレビ、「歴史の道 歩き旅」は、「大山・江の島・鎌倉を巡る旅」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《大山 大山まん志゙う本舗 良辨》創業150年
*良弁僧正(689年~773年)東大寺を創建したことで知られる奈良時代の僧
・大山まん志゙う 1個 85円
<良弁滝>
「こま参道」
※こまはよく回ることから、お金まわりがよく回る、運がよく回る、人生が滞りなくよく回るということで、縁起のいい開運アイテムになった。
<金子屋支店>創業200年
・大山こま 450円~
《和仲荘》
※こま参道には、17軒の豆腐料理を出す店がある。
 大豆を持って来て神社に奉納したり、食事をする代わりに大豆を置いて行ったりした。(大豆がお金の代わりに使われていた)
・山かけどうふ 432円
・ごまどうふ 432円
・とうふグラタン 648円
<大山ケーブルカー>
・往復料金 1,100円
♪ シンシア よしだたくろう&かまやつひろし(1974年)
<阿夫利神社駅(あふり)>標高678m
<大山阿夫利神社>創建2200年以上
*江戸時代、約20万人が参拝
 雨降りから転じたもの。元々は雨乞い信仰が非常に盛んに行われていた場所。
 木で太刀を作って奉納していた。
・納め太刀(重さ100kg)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/997886/

 「今夜解決!噂の健康術 名医のTHE太鼓判!今やるべき10の法則SP」は、「食べすぎをなかったことにする方法!炭水化物を食べても太りにくくする裏技!痩せると信じてやっていること!」だった。
 普段、体に良いと信じてやっていること、巷にあふれる健康法が本当に正しいのかスタジオの名医が自らの見解を「太鼓判」「中太鼓」「ダメ」の3つの解答でジャッジ!
http://www.tbs.co.jp/program/the_taikoban_20160926.html
・冷えた炭水化物は、レジスタントスターチという消化しにくい物質になる。血糖値を上がりにくくしてくれて、食物繊維の様な働きをしてくれる。
http://kinyanpu.hatenablog.com/entry/2016/09/26/193340
・腸に良いヨーグルトの食べ方
 1ヵ月ことにヨーグルトの種類を変える。同じものをずっと摂り続けると菌がさぼってしまう。新しい菌が入ってくると腸内の菌が活性化される。
 ヨーグルトを食べるなら、食後。食前だと乳酸菌が胃酸にやられる。

http://kinyanpu.hatenablog.com/entry/2016/09/26/200817
・1日1分で視力を回復させる方法
①約60℃のお湯にカレー用スプーンを3秒間入れます。
②タオルで水分を拭き取り肌に当てて少し熱いと感じる程度まで冷まします。
③タッピング法と言って皮膚、筋肉、骨を同時に刺激します。
④眉間からこめかみへ1か所10回程度叩きます。これを5回繰り返します。
⑤さらに目の下1㎝のラインも同じように叩きます。
⑥続いて眉の下1㎝、眉、眉の上1㎝を撫でるようにします。これを5回繰り返します。
 血流が改善して酸素不足が解消され、視力が回復するのです

http://kinyanpu.hatenablog.com/entry/2016/09/26/204753

 仕事を遅く終え、帰宅途中、「酒&FOOD かとう」に寄る。
http://slowkato.hamazo.tv/
 「天ぷら盛り合わせ」172円のところ118円だったのが、火曜日だったのでさらに97円、「おでん」321円のところ、300円、「琉球泡盛 瑞泉」43度3,240円を伝票にて買い、帰宅。
「しなしな天ぷらをサクサクに復活!」、そして「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「かぼちゃの海老衣揚げ」

 帰宅して「天ぷら盛り合わせ」で一杯♪
なす、いか足、国産小麦粉、鶏卵、食塩(海の精)
「しなしな天ぷらをサクサクに復活!」、そして「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「かぼちゃの海老衣揚げ」

 さらに「おでん」♪
低農薬大根、こだわりの(がんも、こんにゃく、練り製品)、三温糖、削り節、丸大豆しょうゆ、みりん、グルメな海水

「しなしな天ぷらをサクサクに復活!」
 冷たいものばかり食べて栄養が偏りがちになる暑い季節。特に麺類が食卓に並ぶことが増えますよね。そこにぜひプラスしていただきたいのが、天ぷらです!特にあなごや野菜の天ぷらはミネラル豊富で、体に必要な栄養をたっぷり取れますよ。
 今日は、時間が経ってしなしなになったしまった天ぷらをサクサク変える、魔法のような方法をご紹介いたします。
 まず、しなしな天ぷらを、フライパンにそのまま置いて、極弱火で片面2分くらい焼きましょう。ひっくり返してもう2分、衣から油がじわっと出てくるので、キッチンペーパーで出てきた油を吸い取ります。たったこれだけで、サクサクに復活!おいしい天ぷらで、元気に夏を乗りきりましょう♪
(クックマート新聞)

http://cookmart-blog.com/index.php?id=157

「しなしな天ぷらをサクサクに復活!」、そして「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「かぼちゃの海老衣揚げ」

 デザートは、頂いた「揚げ一番」と「ウルトラマン Milky」♪

 2016年8月21日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」は、【かぼちゃの海老衣揚げ】(296kcal)だった。
「カリッ」「ホクホク」 食感の妙
 今の時期にホックリとしたカボチャに、香ばしい海老衣をつけて揚げます。しょうゆの味がついているので、そのままつまんで食べたい気分。おやつにもビールのおつまみにも向きます。
『材料』(4人分)
・カボチャ・・・約500g(1/4個)
・小麦粉・・・少々
<衣>
 小麦粉・・・100g
 片栗粉・・・大さじ2
 ベーキングパウダー・・・小さじ1
 水・・・3/4カップ
 サラダ油・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ1
 桜エビ・・・20g
・揚げ油・・・適量
①カボチャを切る
 カボチャは種とワタを取り、硬い皮を下にして、実の側から2cmほどの厚みに切る。皮をところどころむく。
②桜エビを粉状にする
 桜エビはすり鉢に入れ、細かくすりつぶして粉状にする。
③衣を作る
 ボウルに小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダー、分量の水、サラダ油、しょうゆを入れて、よく混ぜ合わせる。
 ②の桜エビも加えて、さっくりと混ぜ合わせる。
④油の中に入れる
 少ない油で揚げてよい。フライパンに揚げ油を1cmほどの深さに入れて、中火で温める。
 菜箸を入れて、泡が出るか出ないかの温度になれば、カボチャを揚げるタイミング。カボチャに小麦粉を軽く打ち、③の衣をしっかりとつけて油の中に入れる。
⑤カリッと揚げる
 衣が固まるまではさわらずに揚げる。色づいてきたら、ときおり返しながら、カリッとするまで中火で揚げる。
《食のこころ》
 油の中で火が入るにつれて、漂ってくるエビのなんともいえぬ良い香り。揚がるのが待ち遠しい感じだ。皿に盛られたのをさっそくひとつ頬ばると、衣がカリッ。カボチャがホクホク。この対比もたまらない。
 「衣に魚介のエビの風味を加えることで、淡泊な野菜の天ぷらをグレードアップしようということです」と土井さん。
 乾物の桜エビの知らなかった使い方だ。3種の粉類を合わせるのもミソ。小麦粉だけでなく、片栗粉を入れることで”カリッ”、ベーキングパウダーで”サクサク”の食感が生まれて、いつもの天ぷらとは違うおいしさになる。
 揚げるときは「小さなフライパンに、めいっぱいに入れてもよいのです」。その際は油の温度が上がりやすいので、まめに火加減を調節する。衣が色づいて、大きな泡が出るようになったら火を少し弱める。香りと色づきの変化を楽しみながら、トータルで10分ぐらいかける感覚で揚げよう。

本日のカウント
本日の歩数:14,558歩
(本日のしっかり歩数:3,075歩)
本日:53.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○のようで×

|

« 「洋風幕の内弁当」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「茄子の田舎煮」 | トップページ | 「キッチンライフ」、そして「9月の旬「きのこ」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「しなしな天ぷらをサクサクに復活!」、そして「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「かぼちゃの海老衣揚げ」:

« 「洋風幕の内弁当」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-4)「茄子の田舎煮」 | トップページ | 「キッチンライフ」、そして「9月の旬「きのこ」」 »