« 「日本神話ってなんだろう」、そして「ほやの塩から」 | トップページ | ゴーストバスターズ(Ghostbusters) »

2016年8月22日 (月)

ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 「サッポロビール」より、メール。「「琥珀ヱビス」、間もなく発売! さらに進化して皆さまのお手元に」♪
 11周年を迎える「琥珀ヱビス」、今年もいよいよ発売日が近づいてきました。新しい「琥珀ヱビス」は、クリスタル麦芽を増量し、これまで以上の深いコクを実現。パッケージはキーカラーの赤を使い、麦汁のうねりを表現したデザインに。9月6日(火)より全国で期間限定販売。楽しみにしてお待ちください。
http://d.sapporobeer.jp/c/addSalp3cA773Yab
 「キリンビール」より、メール。「『ビールあた~るアンケート』開催中!」♪
 キリン一番搾り生ビール350ml缶 1ケース<24本入り>を抽選でプレゼント!
http://m.kirin.co.jp/pg/cl.php?qIds=7VofCjmfkDd7CZEFIPifhuEKov&I

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「山梨県 北杜市」
<みくりふぁーむ>稲岡農園
・トマト(桃太郎)
・きゅうり(夏すずみ)
・モロッコインゲン(ヒラサヤインゲン) モロッコインゲンの煮浸し
・枝豆
・ピーマン(京波)
・米ナス(くろわし)
<ひまわり市場>
・ガスパチョうどん(ガスパチョ:スペイン発祥の冷製スープ)
①トマト、タマネギ、キュウリ、ピーマンなどの野菜を一口大に切り、バジルとニンニクを加え、オリーブオイル、麺つゆを入れ、ハンドブレンダーペースト状にする。
②冷蔵庫で冷やす。
③茹でたうどんの麺を冷水でしめる。
④お皿に盛りつけ、素揚げした野菜(インゲン、ニンジン、万願寺とうがらし、ナス、コリンキー(かぼちゃの一種))をたっぷりのせる。
⑤②をつけていただく。
「青森市」
*浅虫温泉花火大会
*青森ねぶた祭り
<佐藤さん>
・ジャガイモすいとん
①昆布でだしを取った鍋に、ささがきゴボウを大量に入れ、しめじ、ニンジン、鶏肉を入れ、煮立たせる。
②お酒と醤油を入れ味をととのえる。
③ジャガイモをふかして、よ~くつぶしながらザルで裏ごしする。布に入れて、水にさらす。
④水気を切ったら片栗粉を混ぜ、丸く形を整え、一口大にし、真ん中をへこませ、湯がいて火を通す。
⑤④を②の汁に入れ、味が少し染み込む程度に火を通す。
・イカのゴロ炒め(イカのゴロ=内臓)
①イカの肝をフライパンで炒め、切った身を入れ炒め、お酒と味噌で絡める。

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0068/

 「ごちそうカントリー」は、「掛川市 イチジク」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
《西洋菓子 卯屋(うさぎや)》
掛川市大池2748-1
TEL 0537-21-3178
・掛川産イチジクタルト 420円(税込み)10月中旬まで
《しばちゃんランチマーケット》
掛川市大和田25
TEL 090-2342-2725
・イチジクソフト 350円(税込み)9月末まで
【イチジクのソース】
『材料』
・イチジク・・・2個
・砂糖・・・24g 
『作り方』
①イチジクのヘタを取る
②皮ごと5ミリ角に切る
③鍋に切ったイチジクと砂糖を入れる
④中火でイチジクが透きとおるまで煮る。アクをていねいにとる。
【イチジクのスムージー】
『材料』(2人分)
・イチジク・・・2個
・飲むヨーグルト・・・200cc
・砂糖・・・大1
『作り方』
①イチジクの皮をむく
②ミキサーに氷を入れて細かくする
③飲むヨーグルトとイチジク、砂糖を入れて滑らかになるまでミキサーにかける

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=49797

 先週の「歴史の道 歩き旅」は、「お宝の旅スペシャル 驚きの発見編」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
「奥の細道」
<日光東照宮>
・家康公御位牌 2016年11月30日まで公開
「草加」
《豊納源兵衛せんべい》おせんさん
・手焼きせんべい 1枚 70円
「幸手」
《旅館 あさよろず》
*自動ハエ取り機
「那須高原」黒羽
・太田原牛 150g 5万円のステーキも!
《道の駅 那須与一の郷》
・太田原牛ローストビーフ丼 1,400円
「高久」
*発見 芭蕉直筆の書
「鎌倉街道」
《豊島屋本店》
・鳩サブレー 7枚入り 864円
(八幡宮と書いてある八の字が、鳩が向い合せてなっている)
<鶴岡八幡宮 桜門>
<長谷寺>拝観料 300円
*発見 日本最大級!十一面観音菩薩像
「身延道」
・武田信玄公像
<身延山 久遠寺>
「山梨県下部温泉」
《古湯坊 源泉館》
「甲府」
<武田神社>宝物殿 入館料 300円
*発見 「金に糸目はつけない」の語源となった糸目金

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/987360/

 う~ん!雨も降っていないし、風も吹いていないのに、暴風警報がでているのかぁ~!!!何故だ???
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

 職場にお土産を持って行く。
ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 「能登の恋人(のとのこいびと)」って、北海道のお土産のパクリか??
I love NOTO
ホワイトラングドシャ
NOTO no KOIBITO
White Langue de chat
 It is fit sweets in memories of travel.  Everyone must eat sweets.
 It is very pleased.  It is a present from Noto.
安田屋製菓株式会社HNY
石川県白山市徳丸町428
TEL 076-275-0557
TEL 0120-223110

ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 それに、「のと一番 煎餅」。
(株)だいいち DCF1
石川県加賀市中代町り60-1
能登営業所
石川県七尾市奥原町下376-2
TEL 0767-62-4035
TEL 0120-073113

ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 今日の昼食は「赤からカレー」♪
赤から監修
 辛さを極めたやみつきの旨さ
名古屋名物 本家 赤から
Hachi since 1845
1袋(200g)あたり285kcal
ハチ食品株式会社HK
大阪市西淀川区御幣島2丁目18番31号
TEL 06-6471-3785

 眼科に電話して、予約する。名前も告げなかったのに、「予約で一杯です」って、言われた・・・どんなシステムになっているのでしょう???

 職場に、「日本ベルデック」のクニモトと名乗る女性から電話あり。結局、マンションの案内らしい。迷惑電話だった↓↓↓
http://www.vertex-j.com/

 仕事を定時に終え帰宅。
 スーパーに向かう。家から出ようとすると、車が来ていたらしい・・見えなかった・・・危なかった・・・そんな場合、クラクションを鳴らしてよ!ぶつかりそうになったよ!!!
 道を進めると、前を遅いトラックが走っている・・・追い越せる所に来たら、スピードを上げた!!!!それなら、初めから道を譲れよ・・・迷惑なトラックだった!

 スーパーで「キリン 秋味」を売っていた。もう、そんな季節なのですね!
 売り出しの「かつお土佐造り」100g108円、「トマトケチャップ」98円、「明治ブルガリアヨーグルト」145円、それに「片口イワシ」198円のところ半額の99円、「生寿司」598円のところ30%引きで418円、「ローストビーフ」598円のところ半額の299円を買い帰宅。

ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 帰宅して、「生寿司9貫(中とろ入り)」で一杯♪
 付いている醤油は、「本醸造 しょうゆ」。
三和食品株式会社 I
群馬県太田市清原町1-7

 付いているわさびは「おろし わさび」。
三和食品株式会社 I
群馬県太田市清原町1-7

ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 さらに「ローストビーフ」。今日は、贅沢だね!!!
スターゼン
 やわらかく仕上げたローストビーフです。そのまま添付のソースをかkてお召し上がりください。
盛りつけ例
・サラダに
・サンドウォッチに
製造者:スターゼン販売(株)関西プロセスセンター
兵庫県伊丹市鴻池1丁目11-22
TEL 0120-048629
 タレは「赤ワインソース(Wine Sauce)」。
販売者:スターゼン販売株式会社
東京都港区南五丁目1番30号
製造者:株式会社ダイショー
東京都墨田区亀沢1丁目17-3

ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ

 デザートは、頂いた「音の郷」と「えびちり」。
「音の郷」
 遠州郷土菓 ケーキのラスク

Takoman Cake Rusk
フロマージュケーキラスク
Premium Rich
 たこまんのふるさと7遠州の地では、たくさんの楽器が作れて、コンサートも開かれるなど四季を通して音楽が流れています。
 そんな郷土への想いを、サクサクと音楽を重ねるような軽快な食感のケーキラスクに重ねました。
 北海道のクリームチーズとバルミジャーノ2種類のチーズを使用したチーズケーキをラスクに焼き上げました。濃厚なチーズの風味豊かな贅沢なラスクです。
株式会社 たこ満
静岡県菊川市上平川565-1
TEL 0120-040-862
「えびちり」

 ここで、『くらし良好』2016年7月号の「Fresh Marche NEWS」より引用。
「Vegetable」
*ゴーヤ

 苦みが特徴なので一般的に「にがうり」と呼ばれ、沖縄地方の呼び名「ゴーヤ」としてすっかりおなじみの夏野菜。独特の苦みは、モモルディシィンという苦み成分が含まれるためです。
 栄養が豊富な野菜で、特にゴーヤのビタミンCは熱に強いため、肉や野菜と炒めたゴーヤチャンプルーは、夏に積極的にいただきたい一品です。
「こんな栄養が含まれます」
・ビタミンC
 暑さのストレス対策に積極的に摂りたい栄養素。
・モモルディシン
 抗酸化力を発揮し健康作りをサポートする苦味成分。
・カリウム
 体内の水分(ナトリウム)調整に必要なミネラルの一種。
「ゴーヤがもっと好きになる!おいしいコツ&テク」
・下ごしらえのコツ
わたをくり抜く
 種とわたは、苦みが強いのでスプーンでこそげ取ります。
・保存のコツ
保存する
 種とわたを取り、キッチンペーパーに包み、さらにラップで包む。冷蔵庫で約1週間保存可能。
・苦味を取るコツ
茹でて苦みを取る
 加熱調理やピクルスには、塩もみの後に、サッと茹でると苦みを減らせます。
氷水にさらして苦みを取る
 サラダなどそのままいただく時は、塩もみの後、氷水に取ると苦みを減らせます。
*ゴーヤ
 油と炒めたり、加熱すると苦みが和らぎます。ゴーヤのビタミンCは、加熱しても壊れにくいので、どんどん使って。
【ゴーヤつくね】(399kcal)
ジューシーなお肉のうまみと、ゴーヤの苦みがほどよくマッチ。
『材料』(2人分)
・ゴーヤ・・・1/2本
・A
 豚ひき肉・・・200g
 長ネギ(みじん切り)・・・40g
 卵・・・1/2個
 しょうゆ・・・小さじ1
 片栗粉・・・大さじ1
・トウモロコシ(むき実)・・・40g
・B
 しょうゆ、砂糖・・・各大さじ1と1/2
・サラダ油・・・適量
・スライスチーズ(4等分に切る)・・・1枚分
・塩・・・適量
『作り方』
①ゴーヤは種とわたを取る。2mm厚さの半月切りにし、塩をしてしばらくおき、サッと洗って水けをふく。
(苦みが苦手な方は、茹でて苦みを取ってください。)
②ボウルにAを入れてよく練り、トウモロコシを加え、8等分し、①をのせて丸く形をととのえる。
③フライパンに油を熱して②を並べ、両面焼き色がついたらふたをして弱火にする。火が通ったらBで照りをつけ、半量にチーズをのせ、余熱で溶かす。
【ゴーヤのペペロンそうめん】
棒状に切ったゴーヤは、よりシャキッと食感が楽しめる。
『材料』(2人分)
・ゴーヤ・・・1/2本
・ニンニク(薄切り)・・・1かけ分
・赤唐辛子(種を取る)・・・2本
・シーフードミックス(解凍する)・・・100g
・そうめん・・・2束(1束100g)
・オリーブオイル・・・適量
・塩・・・適量
『作り方』
①ゴーヤは種とわたを取る。5mm厚さの棒状に切り、塩をしてしばらくおき、サッと洗って水けをふく。
(苦みが苦手な人は、茹でて苦みを取ってください。)
②そうめんは茹でて水けをきる。
③フライパンにオリーブオイル、ニンニク、赤唐辛子を入れて火にかけ、香りが出たら①、シーフードミックスを炒め、そうめんを加えてさっと炒め合わせて、塩で味をととのえる。
*みょうが
 薬味などは薄切りにし、水にサッと放してアクを抜いてから使います。
【みょうがと豆の磯辺かき揚げ】(537kcal)
サクッとした食感に、みょうがの香りとちくわの旨みが後を引く!
『材料』(2人分)
・ミョウガ・・・3個
・タマネギ・・・1/4個
・ちくわ・・・2本
・枝豆(塩茹で、むき実)・・・大さじ2
・煮豆(市販)・・・40g
・天ぷら粉・・・1/2カップ
・青のり・・・大さじ1
・天ぷら粉(下味)・・・適量
・揚げ油・・・適量
『作り方』
①ミョウガ、タマネギは薄切りにし、ちくわは輪切りにする。
②天ぷら粉は袋の表示通りの水と混ぜ合わせて衣を作り、青のりを加える。
③ボウルに①、枝豆、煮豆を入れ、下粉をまぶし、②の衣を加えてさっくりと混ぜる。
④③をスプーンでひと口大にまとめ、180℃に熱した揚げ油に入れ、カラッと揚げる。
(煮豆はおたふく豆や金時豆などの甘めの味つけがおすすめです。)
*モロヘイヤ
 栄養豊富でぬめりが特徴。下茹でしてから使うと◎。
「MarcheMEMO」モロヘイヤってどんな野菜?
 アラビア語で「王様の野菜」という意味のモロヘイヤ。古代エジプト時代から重宝され、ホウレンソウの2倍以上のβカロテン、ネバネバ成分のムチンなどが含まれる栄養豊富な野菜です。
【モロヘイヤと牛しゃぶのおひたし】(201kcal)
さっぱりだしのおひたし風。モロヘイヤがるつんとした口あたり。
『材料』(2人分)
・モロヘイヤ・・・1束(100g)
・トマト・・・小2個(1個100g)
・牛肉(モモ、しゃぶしゃぶ用)・・・120g
・A
 だし汁・・・1カップ
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ1
・ショウガ(すりおろし)・・・適量
『作り方』
①モロヘイヤは軸から葉をつみとる。
②鍋に熱湯を沸かし、トマトは皮を湯むきし、①のモロヘイヤの葉を茹で、牛肉をしゃぶしゃぶの要領で火を通す。モロヘイヤは刻む。
③鍋にAを煮立てる。②を加え、鍋底に水をあて、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。器に盛り、ショウガを添える。

*夏野菜の下ごしらえ
 お日さまの光をたっぷり浴びた野菜がおいしい季節!ちょっとした下ごしらえで、素材のおいしさが引き立ちます。
「トマトの湯むき」
 皮が取れるので口あたりがよくなり、いろいろな料理に使いやすくなります。
①トマトのヘタを取り、皮に軽く十字の切れ込みを入れる。
②沸騰したお湯に約10秒浸け、皮がむけてきたらすぐに氷水に取ってしっかり冷やす。
③氷水から引き揚げ、皮をむいていく。湯むきしたものはサラダはもちろん、トマトソースやスープなどに幅広く使える。
「とうもろこしのレンジ蒸し」
 お湯を沸かしたりする手間が省け、味もおいしく仕上がります。
①とうもろこしの皮とヒゲをむいて、サッと水洗いし、軽く水けをふく。塩をひとつまみふりかけると、味も色もよくなる。
②ラップで包み、1本あたり約3分電子レンジ(500W)で加熱する。すぐにラップを取らず、冷めるまで置くことで、粒がシワシワになりにくい。
③むき実にする際は、粒と粒の間にタテに包丁で切り込みを入れ、一列を取る。次の一列から、親指の腹で順に押すようにして外していく。
「きゅうりの板ずり」
 表面のトゲが取れて調味料がしみ込みやすくなります。緑も鮮やかに。
①洗って水けをふいたきゅうりをまな板の上におき、塩をまぶし、手のひらで転がすように板ずりする。最後に塩を洗い流す。
「オクラの下処理」
 オクラはガクを切り落とさず、ていねいに削り取ります。
①ヘタに近いところまで食べられるオクラは、ガクを切り落とさず包丁で削る。こうするとムダにならず、茹でても水っぽくならない。

「Meat」
*鶏ささみ

 高タンパクで低カロリー。小麦粉をまぶしてから加熱するとパサつかずしっとり仕上がります。
【鶏ささみと夏野菜の焼きマリネ】(287kcal)
粉のおかげで、お肉がやわらかジューシー。お酢で夏の味わいに。
『材料』(2人分)
・鶏ささ身・・・3本(1本50g)
・ナス・・・1本
・オクラ・・・2本
・カボチャ(薄切り)・・・4枚(60g)
・A
 梅干し(手でちぎる)・・・1個
 酢・・・大さじ4
 しょうゆ・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ3
・塩、こしょう・・・各少々
・小麦粉、オリーブオイル・・・各適量
『作り方』
①鶏ささ身は筋をとって3等分のそぎ切りにし、塩、こしょうをし、小麦粉をまぶす。ナスは1cm厚さの輪切りにする。オクラはガクを取り除き、塩で表面をこすり、洗う。
②フライパンにオリーブオイルを熱して、鶏ささ身を焼き、熱いうちに混ぜ合わせたAに漬ける。続いて野菜も焼き、漬ける。
【ささみときゅうりの夏のナムル】(213kcal)
ささみと漬物を合わせて、和えもの風の一品できあがり
『材料』(2人分)
・鶏ささ身・・・2本(100g)
・A
 酒・・・大さじ1
 塩・・・少々
 ごま油・・・小さじ1
・キュウリ・・・1本
・大根の漬物(市販)・・・60g
・大葉・・・4枚
・B
 しょうゆ・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1/2
 ごま油・・・大さじ1
 いりごま(白)・・・大さじ1
・長ネギ(細切り)・・・適量
・塩・・・適量
『作り方』
①鶏ささ身は耐熱皿に並べAをまぶし、ラップをして電子レンジで約2分30秒加熱し、冷めたら手で裂く。
②キュウリは細切りにし、塩をふってしんなりさせ、洗って水けを絞る。
③大根の漬物、大葉は細切りにする。
④①、②、③をそれぞれ1/3量の混ぜ合わせたBで和え、器に盛り、長ネギ、あれば糸唐辛子を添える。
「MarcheMEMO」ささみの筋を取るには?
 筋に沿って、身にかるく切り込みを入れます。包丁で筋を押さえながら、筋の出っ張ったところを引っ張って取り除きます。

「Fish」
*まぐろ

 加熱しすぎると固くなるので中は半生で仕上げると美味。
【たたきまぐろの韓国風】(235kca)
しっとりしたまぐろの旨みをピリ辛ソースで楽しんで。
『材料』(2人分)
・マグロ(刺身用さく)・・・150g
・A
 キュウリ(細切り)・・・1/2本分
 白菜キムチ・・・60g
 長ネギ(細切り)・・・適量
 温泉卵・・・1個
・B
 コチュジャン・・・大さじ2
 調味酢(市販)・・・大さじ1
 しょうゆ・・・大さじ1/2
 ごま油・・・小さじ1
・塩・・・少々
・ごま油・・・適量
『作り方』
①マグロは塩をする。フライパンにごま油を強火で熱してマグロの表面にサッと焼き色をつけ、取り出す。
②①を切り分けて器に盛り、Aをのせ、混ぜ合わせたBのソースをかけていただく。
*いさき
 ほんのり磯の香りの白身魚。塩焼き、煮つけ、から揚げなどに。
【いさきの沖縄風塩煮】(201kcal)
塩と柑橘のサッパリ煮。いさきの持ち味を堪能できる!
『材料』(2人分)
・イサキ・・・1尾(300g)
・ショウガ(薄切り)・・・10g
・A
 水・・・1と1/2カップ
 昆布(5cm角)・・・1枚
 焼酎・・・大さじ3
 塩・・・小さじ1と1/2
・木綿豆腐・・・1/2丁(150g)
・カボス(輪切り)・・・4枚
『作り方』
①イサキはウロコを取り、腹に切りこみを入れて内臓を取り除き水洗いする。盛りつけた時に表になる方に切り込みを入れる。豆腐は4等分に切る。
②鍋にAを煮立て、イサキを入れ、ショウガ、豆腐も入れ、落としぶたをして約20分煮る。途中、煮汁をかけながら煮る。器に盛り、カボスを添える。
*たこ
 固くなりやすいので表面に切り込みを入れ、サッと火通しを。
【たことトマトのガーリック炒め】(221kcal)
 ニンニクとトマトの旨みがタコと合わさっておいしさ倍増!
『材料』(2人分)
・タコ・・・足3本(1本50g)
・ニンニク(薄切り)・・1かけ分
・トマト・・・2個
・カットわかめ・・・3g
・オリーブオイル・・・大さじ2
・塩、こしょう・・・各少々
『作り方』
①わかめはたっぷりの水で戻す。
②タコはじゃばら状に切り込みを入れ、ひと口大に切る。トマトはくし形に切る。
③フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて火にかけ、香りが出たらタコを炒める。続いてトマト、わかめを加えてサッと炒め、塩、こしょうで味をとともえる。
*しじみ
 砂抜きは真水に浸け、新聞紙をかぶせて暗くするのがポイント。
【しじみと枝豆の中華風】(113kcal)
 しじみの旨みがジュワッ。おつまみに最適。
『材料』(2人分)
・シジミ(砂抜きしたもの)・・・150g
・枝豆・・・100g
・ニンニク(薄切り)・・・1/2かけ分
・ショウガ(薄切り)・・・5g
・赤唐辛子(種を取る)・・・小2本
・酒・・・大さじ3
・A
 しょうゆ・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1/2
・塩、ごま油・・・各適量
『作り方』
①シジミは殻をこすり合わせて洗う。
②枝豆はサヤの両端をはさみで切り、塩でもみ、熱湯で茹でる。
③フライパンにごま油、ニンニク、ショウガ、赤唐辛子を入れて火にかけ、香りが出たらシジミを炒める。酒を加え、ふたをして酒蒸しにし、貝の口が開いたら枝豆を入れ、Aで味つけする。火を止め、そのまま味を含ませる。

本日のカウント
本日の歩数:4,136歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「日本神話ってなんだろう」、そして「ほやの塩から」 | トップページ | ゴーストバスターズ(Ghostbusters) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤ、みょうが、モロヘイヤ、鶏ささみ、まぐろ、いさき、たこ、しじみ:

« 「日本神話ってなんだろう」、そして「ほやの塩から」 | トップページ | ゴーストバスターズ(Ghostbusters) »