« 「槇玲先生の 夏の元気ご飯」、そして「かつお角煮」 | トップページ | カラフルな夏カクテルでカーニバル気分を盛り上げよう »

2016年8月29日 (月)

「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

 今日は、8月29日、「焼肉の日」。
【塩だれカルビのサンチュ巻き】(448kcal)
『材料』(2人分)
・牛肉(焼肉用)・・・8枚(180g)
・細ねぎ(小口切り)・・・3本分
・サンチュ・・・8枚
・白菜キムチ・・・80g
・A
 にんにく(すりおろし)・・・小さじ1/2
 塩・・・小さじ1/4
 鶏がらスープ(顆粒)・・・ふたつまみ
 砂糖・・・ふたつまみ
 ごま油・・・大さじ1
・ごま油・・・大さじ1/2
『作り方』
①ボウルにAを合わせ、牛肉を加えてしっかりもみ込む。
②①に細ねぎを加えてサッと混ぜ、ごま油を熱したフライパンに並べ入れ、両面をこんがりと焼いて器に盛る。
③サンチュ、キムチを添え、サンチュで肉とキムチを包んでいただく。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 若いカップルがクラシックの演奏会に向かう。窓口の前には当日券を求める長蛇の列。手持ちのお金はわずかだが、安い席ならなんとか足りる。二人はほっとする
▼ところがである。二人の前に並んでいた怪しい男がその安い席を全部買い占めてしまう。高値で転売する目的である。その値段では、二人には買えない
▼青年が男に注意すると反対にのされてしまう。二人のデートは台無しである。黒沢明監督の「素晴らしき日曜日」(一九四七年)。この場面を見るたびに二人が悲しく、買い占めた男に腹を立てる
▼終戦ほどない時代の映画だが、入場券をめぐる状況は現在もさほど変わっていないようである。サザンオールスターズや嵐など百を超えるアーティストと音楽業界団体がコンサートチケットの高額転売に反対する共同声明を発表した
▼公共の場でのダフ屋行為は都道府県の条例によって禁止されているものの、ネット上では高額転売が公然と行われている。通常で買っても安いとはいえぬコンサートのチケットが買い占めと高額転売の結果、一枚何十万円になっていると聞けば、あの映画の二人は気絶するだろう
▼ファンか転売目的かを見分けるのは難しいが、買い占めを完全に防ぐ方法を考えたい。いつの時代も熱狂の音楽を求め、いつの時代も懐寂しい若者たちの夢を大人の「ぬれ手に粟(あわ)」が奪ってはならない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016082902000099.html

 「ワーキングホリデー飯田」より、メール。「9月のワーキングホリデー募集のお知らせ」↑
http://www.city.iida.lg.jp/site/waki/entry.html
 「キリン」より、メール。「缶コーヒー アンバサダー 3000名大募集」の案内♪
https://m.kirin.co.jp/kirin/SAM20160822/index.html?utm_medium=mail&utm_source=mail_kbc&utm_campaign=kbc_news_160829
 「釜庄」より、楽天メール。「明石だこのたこわさび」の案内♪

 テレビの「この差って何ですか?SP」の2016年1月24日の放送で、「ハンバーグ」などの作り方をやっていたらしい。
http://www.tbs.co.jp/konosa/
 今回のテーマはお弁当。主婦歴8年で普段から弁当を作っているという飯田圭織と、「横浜洋食弁当 プクプク亭」の塩見英生さんが、同じ条件でハンバーグ・マカロニサラダ・鮭の塩焼き・竜田揚げがおかずのお弁当を作ってもらったところ、スタジオ出演者が驚くほどの味の差が生まれた。
・ハンバーグ
 飯田は普通にハンバーグを作っていた一方、プロは炒めた玉ねぎを冷蔵庫で十分に冷やすことで、ひき肉から肉汁や水分が出ないようにする。またつなぎには牛乳やサラダ油を入れ、冷めても柔らかくしたり肉汁や旨味が閉じ込められる。
・マカロニサラダ
 飯田は袋に書かれた時間よりも30秒短くマカロニを茹でていたが、プロは逆に長く茹で、あえて柔らかくすることで時間が経っても適度なモチモチ感が出る。さらに茹でたあとはすぐに水で冷やし、ベストな硬さを保つ。そして、パサパサにならないようドレッシングを和えてマカロニにコーティングしておく。
・鮭の塩焼き
 飯田は普通に鮭を焼いていたが、プロは鮭に塩をふったあとに5分置くことで、冷めたとき臭みがなく、隣のおかずににおいが移らない。さらに焼いているときに、魚のタンパク質の構造を変える働きのある日本酒を霧吹きでかけ、身を柔らかくする。
・竜田揚げ
 飯田は下味をつけた鶏肉に片栗粉をつけて揚げたりしていたが、プロは油を吸いづらいコーンスターチと適度に吸う片栗粉を半々で混ぜた衣を鶏肉につけ、ジューシー感を出すため低温で揚げたあとに高温で揚げていた。さらに盛り付けでは、竜田揚げの下にパスタを敷くことで油などを吸ってくれる。
・さつまいもご飯
 皮はむかずに、かつおだしを冷やし、調味料をくわえ、炊飯器へ入れる。水分は少なめ。さつまいもを半分だけ入れ、炊く。のこりは、だしで煮て、ごま油で炒める。炊きあがると混ぜる。
・スイートポテト
 20分蒸し、皮をむき、網でこし、バニラアイスをレンジで溶かし、さつまいもと混ぜ、バターとクリームチーズを入れ、型にいれ、卵黄をぬり、オーブンで20分焼くとできあがり。
・焼き芋
 水であらい、キッチンペーパーでつつみ、上から水をかけ濡らす。電子レンジで2分温め、解答で20分温めるとできあがり。
・親子丼
 プロは、3合のお米をたくときに、水を1割へらすという。そしてお釜にラップをし、冷蔵庫に入れ、冷やすという。つづいて、鶏肉の下ごしらえは、肉はもも肉で、皮は取り除く。一口サイズに切り、みりん、しょうゆ、昆布ダシで割り下を作り、ひと煮立ちし、別の容器に移し、鶏肉に割り下で下味を漬ける。割り下を入れ、普通の鍋で鶏肉をきちんと煮る。
 プロの料理人は、卵は必ず常温に戻すことでふんわりする。卵は4分の1をのこしておき、丼によそってから最後に、生の卵をかけるという。
・カツ丼
 「銀座 梅林」の都澤さんに教わる。豚肉の揚げ方は、普通が豚肉に下味をつけ、トンカツを揚げる。プロは、下味はつけない、衣をつけ油で早めに揚げるという。つづいて、煮込み方、割り下をつくり、三温糖を入れる。かつおダシは旨味が消えるので絶対に入れてはいけないという。トンカツを鍋にならべ、割り下をかけ、火にかけ、卵を用意。卵は、黄身を潰す程度にするという。30秒煮てできあがり。
・牛丼
 岡むら屋の庄田さんに聞く。割り下は、しょうゆと水を鍋に入れ、みりん・砂糖を入れ、あたため、しょうが、赤味噌を入れる。具材は、玉ねぎを切り、割り下に入れる。3分の1の玉ねぎをのこし、シャキシャキの食感を楽しむという。牛肉は常温にもどしておく。煮こむときは1枚ずつさっと火をとおし、半生でごはんに乗せるという

http://www.tbs.co.jp/konosa/archive/20160124.html
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/56457/928774/
http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=56457/episodeID=928774/

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「青森県 浅虫」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
《鶴亀屋食堂》
・名物マグロ丼 中 3,000円(切り身89枚、総重量約1kg)
・縄文かけうどん 400円
・生ウニ丼 2,500円
<源泉混浴足湯公園>
<小熱壷>飲料用の温泉水
 コーヒー、お茶、ご飯をたく
・温泉水のみそ汁
*初期費用 約110万円、月額約5000円で自宅に温泉を引ける。
<北洋硝子株式会社>津軽びいどろ
<青森観光りんご園>
《若手農家の直産市 あおもりマルシェ》
・つがる焼き
(新鮮なイカやホタテが入った青森版お好み焼き。豚肉、紅ショウガを入れて焼く。)
・フジツボの磯焼き
・フジツボ蒸し
・フジツボの天ぷら

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0069/

 先日の「博多華丸のもらい酒 みなと旅」は、「茨城県 大洗漁港」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
・モエ・エ・シャンドン モエ アンぺリアル(シャンパン)
・シラウオの天日干し
《大洗町漁協「かあちゃんの店」》
・とうちゃんのスペシャル御膳 1600円
(赤魚の煮付け、釜揚げシラス丼、刺し身(シラウオ、カンパチ、ヒラメなど)、コウナゴの佃煮)
・海鮮かき揚げ 300円
「お返しクッキング」たけだバーベキュー
・缶タン!アヒージョ
①「あさりの水煮」「つぶ貝」の缶詰の汁を切り、オリーブオイルを加える。
②すりおろしにんにく、鷹の爪を加え、火にかける。
③フランスパンを焼く。
・スズキのホイル焼き(醤油、バター味)ネギをふる。
・アクアパッツァ(白身魚を白ワインとバターで煮込むイタリア料理)
①鍋に、メバル、ハマグリを入れ、オリーブオイルで炒める。
②白ワイン、バター、黒コショウを加える。ミニトマト、アスパラ、パプリカ、芽キャベツを乗せる。
③フタをして15分煮込む。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/954990/

 今日の仕事の目玉は、防災訓練・・・暑い中、頑張ったね!

「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

 今日の昼食は、先日敦賀で買ってきた「敦賀 ポートトレインカレー ぼたん亭の列車食堂」648円♪高いだけあって美味しいね♪♪♪
思い出復刻
130th Aniversary 1882-2012 鉄道の夜明け130年!
 敦賀-長浜間開通 130年
 ウラジオ航路開設 110年
 欧亜国際連絡列車 100年
倫敦(ロンドン)=浦塩(ウラジオ)…敦賀漁港駅
Steak & Wine
Chef Kuwana
SINCE 1984
「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

昔なつかしい食堂車の人気メニュー「カレーライス」の思い出をじっくり煮込んで復刻しました。
 明治32(1899)年に初めて「食堂車」が登場して以来、ハイカラな洋食メニューは好評でした。しかし100年以上のときの流れの中で時代は変わり、2006年の特急出雲を最後に食堂車は廃止されてしまいました。でも、日本海側で最初に鉄道が拓かれ、東京とロンドンを結んだ欧亜国際列車の陸海路の中継点となった敦賀駅に到着する列車には、きっと食堂車が連結されていたことでしょう。そこで、食堂車の人気ナンバーワンメニューのカレーの思い出を復刻しました。越前ブランド豚「福井ポーク」を使った、悠久の旅のロマンを味わっていただけたら幸いです。
肉に旨味があり、臭みがない越前ブランド豚「福井ポーク」使用。
 三元豚のブランド豚をして東京一流シェフたちからも愛される福井ポーク。ぼたん亭では畜産農家の方々と心を一つにして。
220g244kcal
製造所/ベル食品工業株式会社
大阪市鶴見区鶴見1-6-117
販売者/株式会社 ぼたん亭 OTB
福井県敦賀市新松島町3-8
TEL 077-^25-8686
定休日 年中無休
営業時間 ランチ 11:00~14:00、ディナー 17:00~22:00

 午後の仕事・・・あれっ!???アポの仕事が始まらない・・・時間になっても来ない!!!こっちは、24時間営業じゃないんだよ!!!勘違いしているんじゃないのか???

 仕事を終え、帰宅途中、スーパーに寄る。
 売り出しの「グリコカレー職人」68円、それに「明治ブルガリアヨーグルト」145円、「納豆」50円、「蒸し焼きそば玉」20円、「お魚屋さんの穴子丼」398円のところ30%引きで278円を買い帰宅。

 帰宅途中、前に信号で止まっていた「クロネコヤマト」のトラックが、青になっても動かない???渋滞しているのか・・・しばらくしたら動いた。んっ!??クロネコ大和の宅急便のトラックの前は、がらすきじゃないか!!!トラックの運ちゃんがよそ見をしていて、信号を見ていなかったね!!!「クロネコヤマト」さん、ドライバーをしっかり指導してくださいよ!!!周りが迷惑ですよ!!!
http://www.kuronekoyamato.co.jp/top.html

「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

 帰宅して「お魚屋さんの穴子丼」で一杯♪

 デザートは戴いたお菓子。
「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

GARDENA FINGERS CHOCOLATE
Loacker
15.5g
0.44OZ
Prodotto da / Hergestellt von
Manufactured by / Fabrique par
1-39054 Unterinn / Auna di Sotto
BZ / South Tyrol / Italy

http://www.loacker.it

「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

「細江銘菓 気賀の関」
(有)外山製菓
浜松市北区細江町加賀129-1
TEL 053-522-0321

 ここで、レシピをいくつか引用↑↑↑
【アスパラガスのビスマルク風】
 ドイツ初代帝国宰相の名前からきているビスマルク風。目玉焼きをのせた料理をこう呼びます。イタリアではミラノ風とも呼ばれています。たっぷりのパルミジャーノと卵の黄身を絡めていただきます。
材料(2人)調理時間20分
アスパラガス一人7本位.卵2個.パルミジャーノ大さじ2.バター20g.塩少々.黒コショウお好みで.
①アスパラガスは塩少々を加え お好みの固さに茹で 水気をよく切り 器に並べ パルミジャーノをふっておく
②フライパンにバターを溶かし半熟目玉焼きを作り塩をふり熱々のとけたバターごとアスパラガスにのせる
③溶けたパルミジャーノと黄身を絡めて召し上がれ

http://recipe.foodiestv.jp/recipe/19006.html
【ギョーザの皮で作るパステウ】(1個分115kcal)
 「ブラジル風揚げギョーザ」ともいわれるパステウ(またはパステル)。小麦粉をベースにした生地で様々な具を包んで作る、ブラジル各地で親しまれている軽食の一つです。今回はギョーザの皮で簡単に作るパステウと、自家製サルサソースのレシピをご紹介します。
『材料』(8個分)
・牛きひ肉・・・100g
・ギョーザの皮・・・16枚
・たまねぎ(みじん切り)・・・大さじ4
・にんにく(みじん切り)・・・小さじ1
・ロースハム・・・2枚
・スライスチーズ・・・2枚
・塩、こしょう・・・各少々
・A
 レモン汁・・・大さじ2
 トマトケチャップ・・・大さじ2
 ピクルス(みじん切り)・・・2本分
 砂糖・・・小さじ1と1/2
・サラダ油・・・適量
・揚げ油・・・適量
『作り方』
①熱したフライパンにサラダ油を入れ、たまねぎ、にんにくを中火でサッと炒め、ひき肉を加えて炒め合わせ、火を通して塩、コショウを混ぜ、冷ます。8等分する。
②ギョーザの皮1枚に①、それぞれ4等分に切ったハム、チーズを等分にのせ、まわりに水(材料外)をつけてギョーザの皮1枚をのせ、端をフォークの先を寝かせるようにして押してとめる。これを全部で8個作る。
③②を160℃の揚げ油でカラッと揚げて油をきり、器に盛って合わせたAのソースをつけていただく。
【焼きなすのカプレーゼ】(165kcal)
 「カプリ島風の」という意味を表す「カプレーゼ」は、一般的にトマトとモッツァレラチーズ、バジルなどの葉を重ねてオリーブ油などで味付けをしたサラダのことを指します。今回のレシピは夏野菜にバジルの葉をあしらったアレンジレシピです。
『材料』(2人分)
・なす・・・2本
・トマト・・・大1個
・バジルの葉・・・適量
・レモン汁・・・小さじ2
・粉チーズ・・・大さじ1
・塩、こしょう・・・各適量
・粗挽き黒こしょう・・・少々
・オリーブ油・・・大さじ2
『作り方』
①なすは斜め切りにし、オリーブ油を熱したフライパンで両面を中火でこんがりと焼き、塩少々、こしょうをふる。
②トマトは半月切りにし、①、バジルの葉とともに器に盛り、レモン汁、塩少々、粗挽き黒こしょう、粉チーズをふる。
【いつもの 手巻き寿司&ブラジル発 自由発想の手巻き寿司 テマケリア】(638kcal)
 「テマケリア」は、ポルトガル語で「手巻き寿司屋さん」という意味。ブラジルで日本の手巻き寿司が、魚介のほかに、フライやチーズ、サラダ野菜などお好みの具材を入れ、サルサソースなどお好みのソースをかけて巻く自由な発想の手巻き寿司として人気となり、欧米にも「テマケリア」としてそのスタイルが広がっています。
『材料』(4~6人分)
・寿司めし・・・600g
・のり(全形)・・・4枚
・しょうゆ、わさび、マヨネーズ、ごまドレッシング(市販)・・・各適量
<手巻き寿司の具>
・まぐろ、サーモン(各刺身用さく)・・・各100g
・いくら・・・50g
・厚焼き玉子(市販)・・・100g
・きゅうり、青じそ・・・各適量
<テマケリアの具>
・えび(殻付き)・・・10尾
・A
 にんにく(みじん切り)・・・1片分
 パン粉・・・大さじ2
 オリーブ油・・・大さじ2
・牛肉(焼肉用)・・・150g
・アボカド・・・1個
・ツナ(缶詰)・・・1缶(80g)
・レタス、にんじん、パプリカ(赤)、サラダ菜・・・各適量
・たまねぎ・・・1/4個
・鶏のから揚げ(惣菜)・・・100g
・焼肉のたれ(市販)・・・大さじ2
・塩、こしょう・・・各少々
・レモン汁・・・大さじ1
・サラダ油・・・大さじ1/2
<手作りサルサソース>
・トマト(さいの目切り)・・・1個分
・にんにく(すりおろし)・・・小さじ1/2
・塩・・・ふたつまみ
・パセリ(みじん切り)・・・小さじ2
<手作りタルタルソース>
・ゆで卵(粗いみじん切り)・・・1個分
・ピクルス(みじん切り)・・・大さじ1
・マヨネーズ・・・大さじ1と1/2
『作り方』
「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」

<いつもの手巻き寿司>
①まぐろ、サーモン、厚焼き玉子は細長く切り、きゅうりは細切りにし、いくら、青じそと盛り合せる。
②寿司めし、4つに切ったのり(写真A)、しょうゆ、わさびを添え、お好みで巻いていただく(写真B、C)。

A:食べやすいミニサイズの手巻きにするには、のりを縦半分に切り、さらに真ん中で斜めに切ると巻きやすいです。
B:斜めの辺を右にして手にのせ、寿司めし、お好みの具をのせます。
C:左側を親指で押さえ、右側からくるっと巻けばできあがり。
<テマケリア>
①えびは殻、尾、背わたを取る。フライパンにAを入れて弱火にかけ、香りが立ってパン粉が色づきだしたらえびを加え、強火で炒め合わせて火を通す。
②牛肉は焼肉のたれをからめ、熱して油を入れたフライパンに入れ、強火で両面を焼いて火を通し、塩、こしょうをふる。
③アボカドは1cm角に切ってレモン汁をまぶし、ツナは汁けをきる。レタスは食べやすい大きさにちぎり、にんじん、パプリカは、細切りにする。たまねぎは薄切りにして水にさらし、水けをきる。
④サルサソース、タルタルソースの材料をそれぞれ混ぜる。
⑤器に①、②、③、④、から揚げ、サラダ菜を盛り合わせる。
⑥寿司めし、4つに切ったのり、マヨネーズ、ドレッシングを添え、お好みで巻いていただく。

 ここで『くらし良好』2016年7月号より、「この夏食べたい!南米風Menu」の引用♪
【牛肉のシュラスコ風】(44kcal)
お肉を豪快に焼く、ブラジル風BBQ
シュラスコ
 牛肉や鶏肉を串に刺し、炭火でじっくり焼くブラジル料理。酢と玉ねぎ、ピーマン、トマトを使ったモーリョ・ヴィナグレッチ(お酢のソースという意味)をかけるのがポイント。
『材料』(2人分)
・牛肉(モモ、ステーキ用)・・・2枚(200g)
・アボカド・・・1/2個
・レモン汁・・・適量
・パイナップル・・・100g
・トウモロコシ・・・1/2本
・サツマイモ(輪切り)・・・4枚(60g)
<モーリョ・ヴィナグレッチ>
・A
 トマト・・・1/2個
 赤パプリカ、タマネギ・・・各1/4個
 ニンニク・・・少々
 パセリ(みじん切り)・・・適量
 酢・・・1/4カップ
 オリーブオイル・・・大さじ1
 赤唐辛子(輪切り)・・・ひとつまみ
・塩、こしょう・・・各少々
『作り方』
①<モーリョ・ヴィナグレッチ>を作る。Aの野菜を粗めのみじん切りにし、残りの材料も加え、塩、こしょうで味をととのえる。
②アボカドはくし形に切り、レモン汁をまぶす。パイナップル、トウモロコシは食べやすく切る。
③熱したグリル(またはフライパン)で、牛肉、②、サツマイモを焼き、塩をふる。牛肉は食べやすく切り分け、串に刺す。
④器に盛り、<モーリョ。ヴィナグレッチ>をかけていただく。
【お刺身でセビーチェ風】(289kcal)
口あたrさっぱり、後味がピリッと刺激的!
セビーチェ
 ペルーを中心とした南米で食される魚介のマリネ。玉ねぎやトマトに香草や唐辛子などのスパイスを加え、フレッシュな柑橘を効かせるのが特徴です。
『材料』(2人分)
・サーモン、タイなど白身魚(刺身用さく)・・・150g
・エビ・・・小4尾
・キュウリ・・・1/2本
・ミニトマト・・・4個
・紫タマネギ・・・40g
・A
 ライム(絞り汁)、オリーブオイル・・・各大さじ1と1/2
 ニンニク(みじん切り)・・・少々
 チリパウダー・・・少々
 チリペッパーソース・・・小さじ1/3
 塩・・・小さじ1/2
・酒、塩・・・各適量
『作り方』
①刺身はひと口大にそぎ切りにし、エビは背ワタを取って酒を加えた熱湯で茹で、殻をむき、それぞれかるく塩をする。
②キュウリはピーラーで皮をしま状にむき、斜め半月切りにする。ミニトマトは半分に切り、紫タマネギは薄切りにする。
③①、②を混ぜ合わせたAに漬け、冷蔵庫で約30分マリネする。
④器に盛り、あればパクチーを飾る。
【パステル・デ・チョクロ風】(420kcal)
コーンクリームとひき肉たっぷりのミートグラタン風
パステル・デ・チョクロ
 チリなどで親しまれる家庭料理。パステルはケーキ、チョクロはコーンの意味。
 本来は鶏もも肉の上にひき肉やゆで卵、コーンペーストなどをかけて焼き上げます。
『材料』(2人分)
・牛ひき肉・・・150g
・タマネギ(みじん切り)・・・1/2個分
・ニンニク(みじん切り)・・・小さじ1/2
・チリパウダー・・・小さじ2
・A
 ゆで卵(輪切り)・・・2個分
 オリーブ(黒、半分に切る)・・・4個分
 レーズン・・・大さじ2
・クリームコーン(缶詰)・・・120g
・サラダ油・・・適量
・塩、こしょう、砂糖・・・各少々
『作り方』
①フライパンにサラダ油を熱してニンニク、タマネギ、ひき肉を炒め、チリパウダー、塩、こしょうで味つけする。
②クリームコーンは塩、こしょうで味をととのえる。
③耐熱容器に①を敷き、Aを並べ、②をかける。砂糖をふり、180℃に熱したオーブンで約25分焼く。

本日のカウント
本日の歩数:12,061歩
(本日のしっかり歩数:1,452歩)
本日:53.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「槇玲先生の 夏の元気ご飯」、そして「かつお角煮」 | トップページ | カラフルな夏カクテルでカーニバル気分を盛り上げよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/64127607

この記事へのトラックバック一覧です: 「アスパラガスのビスマルク風」「ギョーザの皮で作るパステウ」「焼きなすのカプレーゼ」「手巻き寿司&テマケリア」「牛肉のシュラスコ風」「お刺身でセビーチェ風」「パステル・デ・チョクロ風」:

« 「槇玲先生の 夏の元気ご飯」、そして「かつお角煮」 | トップページ | カラフルな夏カクテルでカーニバル気分を盛り上げよう »