« ゴーストバスターズ(Ghostbusters) | トップページ | さっぱりひんやり涼味麺 »

2016年8月24日 (水)

日本列島 美味しいものめぐり 2016「甲子 純米酒」、「銚子港 オイルサーディン」

 昨日吉野家でもらったレシートに、「アンケートに答えてクーポンをGETしよう!」というのが載っていた。
https://www.myyoshinoya.com/?AspxAutoDetectCookieSupport=1

 「アルプス子ども会」というのがあるんですね!「夏休みこどもキャンプ」というのもやっているらしい!
 子どもたちが仲間をつくる力を育む 質の高い野外教育をめざしています
長野県駒ケ根市東伊那
TEL 0265-82-4414
FAX 0265-83-8792

http://alps-kodomokai.jp/

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」も、「松島」だった。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
《松島さかな市場》
・松島かきバーガー 350円
・五大堂Aセット 1,200円
(カキご飯、カキのみそ汁、焼きガキ5個、漬物)焼きガキやポン酢か塩で食べる。通は塩。
《松島蒲鉾本舗 五大堂店》
・笹かまぼこの手焼き体験 1本 200円
・どらぼこ 2個 324円
《鈴木屋物産展》
・松島こうれん 10袋入り 1,350円
《Cafe & Shop たいかん亭》
・塩釜の藻塩ジェラート 350円
・牛たんサイダー 240円
<瑞巌寺>ガイド料 1,850円(3名まで)
 お寺の開創は828年
・瑞巌寺洞窟遺跡群
 修行と生活のために掘られた
・本堂
 1609年に完成した国宝
・上段の間、上々段の間
 寺の外観に城造りの内観が特徴
《小松館 好風亭》1936年創業
・1泊2食付き 20,000円
・ビール
・和のフルコース
(お造り、名代烏賊の塩辛、気仙沼産 フカヒレと蛤のすまし汁、サーモン・雲丹・蓴菜のバルサミコゼリー掛け、鮑のお造り、松島牡蠣グラタン、旬の紅ずわい蟹、仙台名物 牛たんの塩釜焼き)

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/988388/

 「博多華丸のもらい酒 みなと旅」は、「山形県鼠ヶ関漁港」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
「あつみ温泉」
<たちばなや>創業360年の老舗旅館
・ふるまい酒「雨後の月 特別純米十三夜」
《民宿 咲》
・ガサエビの丸焼き
・甘エビの醤油麹漬け
・〆張鶴
(・初孫 純米吟醸)
・鯛ごはん
「お返し料理人」神室舞依
・スパイス入り海老かき揚げ
①人参と玉ねぎを千切りにする。
②①と紅エビを袋に入れ、米粉を入れて振る。
③コリアンダー、クミン、ガラムマサラを袋に入れる。
④ボウルで米粉と薄力粉を混ぜて、氷水で冷やした衣に具材を混ぜる。
⑤グレープシードオイル、ココナッツオイルで5分揚げる。衣がきつね色になってきたら完成。
⑥最後にガラムマサラを振り掛ければ完成。

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/961879/

 仕事を終え、クリーニングに行く。今日は水曜日だから、ズボンが270円なんだよね♪でも、5分待たされた↓

日本列島 美味しいものめぐり 2016「甲子 純米酒」、「銚子港 オイルサーディン」

 帰宅して、8月の頒布会で一杯♪
「純米酒 甲子」
株式会社 飯沼本家
千葉県印旛郡酒々井町馬橋106

日本列島 美味しいものめぐり 2016「甲子 純米酒」、「銚子港 オイルサーディン」

 おつまみは、付属の「銚子港 オイルサーディーン」(^^♪
青魚まるかじりカルシウム
 Blue-skined fish is eaten and it calcium
 このまま食べて美味しい。くせのない国産オイルサーディン
マイワシ油漬け
 適度に脂ののった銚子港産マイワシをNonGMO菜種一番搾り油と、塩田の天日塩、国産ローリエを使用し素材の美味しさにこだわりました。
こだわり
・マイワシ
 適度に脂ののった銚子産マイワシを使用。(3尾前後入り)
・菜種油
 遺伝子組換えでない菜種油の一番搾り菜種油。くせのないすっきりとした油は素材のイワシを引き立てます。
・天日塩
 昔ながらの塩田で作られた天日塩。
・ローリエ
 純国産有機ローリエをコトコト煮詰めたローリエ水。
固形量/70g
内容総量/100g
1缶分(100g)338kcal
千葉県千葉市若葉区愛生町146-1
TEL 043-254-7791

 2016年夏の頒布会 720mlコース(頒布期間:6月~8月(全3回)の第三回(生貯蔵酒)は「甲子(きのえね) 純米酒」
日本名門酒会

http://www.meimonshu.jp/
 千葉県北部のほぼ中央に位置する酒々井町にある蔵元。町の名は、昔、父のためにお酒を買うお金に困った孝行息子が通りかかった道の傍らの井戸からお酒が湧いたという伝説に由来します。
 温暖な房総とは異なり、寒暖差の大きい北総台地の一角にあるため、酒造りには適した環境と、充実した設備で透明感のあるお酒を醸しています。
「甲子 純米酒」
◆原料米/五百万石(千葉県産)
◆精米歩合/65%
◆アルコール度/15度
◆日本酒度/+2.5
◆酸度/1.8
◆酵母/きょうかい6号・きょうかい901号
◆仕込水/北総台地の伏流水
◆南部杜氏/川口幸一(43歳)
◆お奨めの飲み方/冷◎ 常温○ ぬる燗○
「株式会社 飯沼本家」
◆創業/元禄年間(1688~1704年)
千葉県印旛郡酒々井町馬橋106

http://www.iinumahonke.co.jp/
「千葉の里山にある蔵元『甲子』」
 千葉県酒々井(しすい)町にある『甲子』の蔵元は、東京都心から高速道路で1時間あまり、成田空港にも約20分で着く。アクセスが抜群のうえ、里山の自然豊かな環境にある。蔵見学に訪れる人は年間約3万人。先日も外国人女性2人がやってきたと飯沼喜市郎社長はいう。
 「その前日に香港の女性名で『工場見学がしたい』とメールが入っていたため、ご案内することができました。日本もそうですが、最近は女性がアグレッシブですね。空港に朝到着してすぐ、そのままキャリーバッグを引きずって来られました。香港でも日本酒を飲まれているようで、いろいろ試飲もされていましたよ」
 日本情緒を感じるには最適な蔵元だ。雪国の新潟から移築、改装した古民家「酒々井まがり家」が試飲もできる販売所。「曲がり家」は豪雪地帯ならではのL字型の建物である。
 「昔は農業や林業に馬の力は欠かせないものでした。雪深い土地で馬小屋を別棟にすると雪に埋もれて閉ざされてしまいます。人と馬が家族のようにいっしょに暮した家が曲り家なのです。昔の馬小屋で、うちの社員が事務仕事をしています(笑)」
 2階は雰囲気ががらりと変わり、地元のアーティストのためのギャラリーになっている。これまで書画や陶器、ガラス細工や木工作品などを展示してきた。天井の太い梁がむき出しになった空間は、独特なアートスペースとして芸術家や来客者たちにも好評だ。
 「特徴あるいい酒を造る努力をするのは当然です。それ以外にアクセスの良さを活用し、千葉の自然のなかで非日常の空間を楽しんでいただきたい。平成23年からは農業にも取り組み、夏には無農薬栽培ブルーベリーの食べ放題の摘み取りも行っています」
 こうしたフルーツをふんだんに盛り、リキュールを加えて大人の味にした「かき氷」も人気のデザートメニューになっている。
 酒造好適米《五百万石》の自社栽培にも取り組んできた。2反(約20アール)からスタートし、わずか4年で20倍の4町歩(約4ヘクタール)にまで拡大している。
 「千葉でも耕作放棄地が増えています。農家の方が耕作を止める前の田んぼを借り、うちの社員が稲を育てています。夏場は草刈りが大変なので、蔵人たちも毎日のように駆り出されています」
 若い蔵人たちだから可能なのだろう。蔵人4人の平均年齢は20代後半。酒造責任者の川口幸一さんが最年長で43歳。杜氏役になって8年目。今年、日本最大の杜氏組合、南部杜氏による「自醸清酒鑑評会」の純米酒部門で「首席」を獲得。出品酒162点のトップに選ばれ、『甲子』のブランドを全国の名だたる南部杜氏に知らしめた。
 「川口は日本名門酒会の『一ノ蔵』の杜氏だった南部杜氏の菅原昭六さんにも指導を受けています。とても頭の柔軟な杜氏で、その長所をしっかり引き継いでくれたと思います。とにかく私は、若い彼ら自身が飲みたくなるようなお酒を自由に造るよう伝えています」
 平成5年に建てた鉄筋コンクリート3階建ての蔵で酒造りは行っている。蔵元『大山』(山形県)が開発したOSタンクを同蔵元の協力で導入。コンピュータで温度管理や自動櫂入れもできる優れた発酵タンクだ。機械に頼れる部分は任す一方、自家精米にはこだわり続けてきた。
 「蔵人は川口を含む5人ですが、精米担当を置き、ほぼ全量を自家精米しています。人手とコストはかかりますが、酒造りに最適なタイミングでできる精米はつづけて行くつもりです」
 今回の頒布酒も、自家栽培を含む全量千葉県産の《五百万石》を自家精米。『甲子』の若さのエッセンスがぎゅっとつまった1本だ。
◆杜氏のひとこと
 地元。酒々井町産と八街市産で収穫された《五百万石》を使い「酒の井」伝説のある酒々井の地下水にて丁寧に醸した純米酒です。
 昨年までの純米酒は、すっきりとした上品たタイプで食虫酒としては申し分ない酒でしたが、一方で特徴が足りないと感じていたので、今年の純米酒は思い切って酒質に大きな梃入れを行いました。2種類の酵母でそれぞれ仕込んだ純米酒をブレンドすることで、ふっくらと炊き上げたご飯のような重厚で甘い香りで、味わい豊かながら、最後は円みのある酸味で切るので後味はすっきりとした純米酒に仕上がっています。
 冷だと凛としてシャープな印象、常温や燗では香りや味の幅が広がります。夏の食材を使ったお料理と共にお楽しみ下さい。

 さらに、「ナスの電子レンジ蒸し」と「キュウリの塩もみ」♪
 「電子レンジ蒸し」では、百均で買ったものが活躍だね♪

本日のカウント
本日の歩数:6,433歩
(本日のしっかり歩数:1,077歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« ゴーストバスターズ(Ghostbusters) | トップページ | さっぱりひんやり涼味麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本列島 美味しいものめぐり 2016「甲子 純米酒」、「銚子港 オイルサーディン」:

« ゴーストバスターズ(Ghostbusters) | トップページ | さっぱりひんやり涼味麺 »