« 「タイの磯蒸し」「あじのたたき たっぷりごまだれかけ」「あじのエスカベッシュ」「自家製ツナ」「あじの和風香味だれ」「ツナの冷奴」 | トップページ | 日本列島美味しいものめぐり2016「梅錦 純米酒」&「江戸ッ子煮 牛肉入り野菜煮」 »

2016年7月 1日 (金)

<食卓ものがたり> 稲取キンメ

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「農家のベーコン(札幌バルナバハム)」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/105287/?scid=rm_190841

 「FIT HOUSE」の国内ブランド品10%引き、海外ブランド品55引きの券をもらったけど、使えそうにないな・・・。
http://www.fithouse.co.jp/

 今日は、7月1日、「半夏生」。
 半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたる7月1日頃のこと。古くは、この頃から梅雨が明け、水田にカラスピシャク(半夏)が生えるのを目安に田植えの終期とされてきました。関西地方では稲の根がたこの足のようにしっかりと張り、豊作になるように、と願いを込めて、この日にたこを食べる習慣があります。
 【たこのラビゴットカルパッチョ】(98kcal)
ドレッシングにひと工夫
『材料』(4人分)
・ゆでたたこ・・・200g
・トマト・・・1/2個
・たまねぎ・・・1/8個
・きゅうり・・・1/3本
・セロリ・・・4cm
・A
 酢・・・小さじ1と1/2
 塩・・・小さじ1/5
 こしょう・・・少々
 オリーブ油・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①トマト、たまねぎ、きゅうり、セロリはみじん切りにし、よく混ぜたAと合わせる。
②たこは薄切りにして器に盛り、①をかけて冷蔵庫で約20分冷やして味をなじませる。
※お好みでくし形切りのレモン、チコリーを添える。
 「ラビゴット」とはフランス語で、「元気にさせる」という意味。酢、油などにみじん切りにした野菜などを混ぜたソースは、魚介だけでなく、野菜や肉のソースにも用いられます。
【たこのアヒージョ】(156kcal)
たこ焼き器でかんたんアヒージョ
『材料』(4人分)
・ゆでたたこ・・・100g
・パプリカ(赤・黄・オレンジ)・・・各適量
・じゃがいも・・・1/2個
・ミニトマト・・・8個
・にんにく(みじん切り)・・・1片分
・塩・・・小さじ1
・オリーブ油・・・1/2カップ
『作り方』
①たこ、パプリカ、じゃがいもはたこ焼き器に入る大きさに切る。じゃがいもはかためにゆでてざるに上げる。ミニトマトはヘタを取って半分に切る。
②フライパンにオリーブ油、塩、にんにくを入れて中火にかけ、熱々に熱する。
③たこ焼き器に①を入れて②を注ぎ、弱火で加熱し、煮えたものからいただく。
※お好みでパセリのみじん切り、粗挽き黒こしょうをふり、バゲットの薄切りを添える。

 昨日のテレビ「ワカコ酒 Season 2」は、第10夜「めでタイ日にはキンメの煮付け」
http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake/
《七福神 岩手屋支店》
東京都文京区湯島3-37-9
・きんめの煮付け 2500円
・精粋 七福神 純米酒(岩手 菊の司酒造株式会社)
《御膳処 逢楽(あらく)》長久保邸?
・子持ち昆布(お通し)
・肉豆腐
・竹葉 能登 純米(石川 数馬酒造株式会社)
・伊佐美(鹿児島 合資会社甲斐商店)

http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake2/10.html

 「歴史の道 歩き旅」は、「島田」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
 するがぢや はなたち花も ちゃのにほい 松尾芭蕉
<浄土宗 大善寺>
大井川
 西からの侵攻を防ぐため、橋の建設や渡し船が禁止されていた。鐘を鳴らし、川止めや川あけを知らせていた。
川会所
<島田市博物館>
・観覧料 300円
<島田宿大井川川越遺跡>
・大高欄連台
¥「100年モノ」大井川の川越制度
《川越茶屋 そば玄》
・そば玄ランチ 1,100円
<蓬莱橋>
・通行料 100円
 全長897.4mの木造歩道橋。明治12年、牧之原茶畑で働く農民が茶を運ぶために建設。
・カワラナデシコ
♪天地真理「虹をわたって」

http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=64247/episodeID=973964/

 この間の「極上☆旅のススメ!」は、「キャイ~ンさんの鎌倉の旅」。
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/
*鎌倉の旅
<鎌倉駅>江ノ島電鉄株式会社
・のりおりくん(一日乗車券) 大人600円、小児300円
「長谷駅」
《三郎丸》鎌倉しらす
・生シラス
・釜揚げシラス
<鎌倉朝市>
 4月から12月の第一日曜日に開催
場所:鎌倉パークホテル駐車場(鎌倉市坂ノ下33‐6)
・マダコ 1匹 300円~
・アワビ
・スズキ 1匹 3,900円
・トビウオ 1羽 300円
・アオリイカ 1杯 1,800円
・シイラ 1匹 500円
・キャベツ 150円
・大根 150円
・鎌倉さざえのわかめバター焼 400円
・カマスの丸干し 1本 150円
<長谷寺>
住所:神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
一般拝観者 大人 300円、小学生 100円
・写経体験 体験料:1,000円(午前9時~午後3時)
<観音ミュージアム>(長谷寺観音堂横)
・入館料:大人(中学生以上)300円、小人(小学生)150円
《鎌倉長谷 栞庵》
住所:神奈川県鎌倉市長谷1丁目16-21 2F
TEL:0467-37-9484
・鎌倉けんちんそば 1,300円
①こんにゃくをごぼうとごま油でさっと炒めて、干ししいたけを日高昆布でとっただしへ入れる。
②炒めたニンジン、大根、シメジ、豆腐などを入れ、じっくり煮込む。
③丼に、茹でたそばを入れ、②をかける。
※けんちん汁の由来
 鎌倉・建長寺で食べられていた精進料理”けんちょう汁”がなかったもの。
※けんちん汁の豆腐が崩れている理由
 落として崩れた豆腐を建長寺の住職が料理に使ったのがはじまり。
《由比ガ浜 こ寿々》
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜1丁目1-9
TEL:0467-23-1192
・わらび餅 540円
<浄土宗大本山 光明寺> 6月5日のロケらしい。
住所:神奈川県鎌倉市材木座6-17-19
・写経体験 1,500円
 毎月第二水曜日(10時~14時)
*江の島の旅
<江島神社>
<弁財天仲見世通り>
《紀の国屋本店》
住所:神奈川県藤沢市江の島2-1-12
TEL:0466-22-5663
・女夫饅頭(めおとまんじゅう) 1個110円
(白まんじゅう・・・こしあん 酒まんじゅう、茶まんじゅう・・・つぶあん 黒砂糖)
《あさひ本店》
住所:神奈川県藤沢市江の島1-4-10
TEL:0466-23-1775
・丸焼きたこせんべい 350円
 イイダコを醤油ベースに味付けして、小麦粉をまぶし、鉄板にのせてプレスして、200℃の高温で50秒挟み焼きにする。
※「江の島周辺のオススメスポット」
①TAKA SLIDE>
住所:神奈川県鎌倉市腰越3-5-26
TEL:0467-32-2012
・ビーチヨガ 70分コース 1,300円(マットレンタル料込み)
②<新江ノ島水族館>
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
TEL:0466-29-9960
・一般入場料:大人2,100円(「のりおりくん」で割引あり)
(ホシエイ、クラゲファンタジーホール(キタミズクラゲ、パシフィックシーネットル)、世界初の3Dプロジェクションマッピングクラゲショー)
③<江の島アイランドスパ>
住所:神奈川県藤沢市江の島2-1-6
TEL:0466-29-0688
<江の島エスカー>
<江の島 サムエル・コッキング 苑>
・入場料 200円
《LONCAFE 江ノ島本店》
住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3-38
TEL:0466-28-3636
・濃厚クリームブリュレ 1,380円(ドリンク付き)
・キャラメルバナナとくるみ 1,100円(ドリンク付き)
※「鎌倉宿泊&夕食情報」
①《IZA鎌倉ゲストハウス&バー》
住所:神奈川県鎌倉市坂ノ下11-7
TEL:0467-33-5118
・ドミトリー 定員6名 1泊 3,500円
・ダブル 定員2名 1部屋 8,000円
・ツイン 定員2名 1部屋 8,000円
・レンタル自転車 1日 1,000円
②《SYMPOSION(シンポジオン)》 
住所:神奈川県鎌倉市長谷2-17-23
TEL:0467-22-0624
・シェフのおまかせディナーコース 9,720円
(和牛のタリアータ、真鯛のヴァポーレ)
③《Restaurant Seedless Bar》
住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜4丁目9-1
TEL:0467-24-9115
・アボカドベーコンバーガー 1,500円
・チキンタコス 850円
<腰越漁協>
<茂左衛門丸>シラス漁漁船
《金子丸直売所》
住所:神奈川県鎌倉市腰越2-7-6
TEL:0467-31-1353
・生シラス 1カップ 500円、5合 1,000円、1升 2,000円
・釜揚げシラス
《池田丸》
住所:神奈川県鎌倉市腰越2丁目12-10
TEL:0467-32-2121
・しらす二色丼(生しらす&釜あげしらす) 1,100円
・アカモク(海藻)
・しらすのかき揚げ 810円

http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/backnumber/0025/

 仕事を定時に終え帰宅。
 スーパーに行く。売り出しの「ポン酢」168円+T税を買うためた・・・でも、188円+税となっていた???レジで聞いてみたら、168円+税の間違いだったと値段を訂正してくれた↑
 ということで「ミツカン 味ポン」360ml168円、「もやし」19円、「しろねぎ」105円、「丸守 きぬ豆腐」62円のところ20%引きで50円、「かつお あら」86円ところ20%引きで69円を買い、フリーマガジンをもらい帰路に就く。

 コンビニに寄り、「TOTO BIG」を買い、帰宅。

 帰宅して、「きゅうりの塩もみ」で一杯♪
<食卓ものがたり> 稲取キンメ

 塩は、ちょっと前に買った「自然の恵み 赤穂塩 国産」♪
赤穂の海水100%使用
NET 1kg
「赤穂塩の特徴」
・赤穂塩100%使用。義士の町”赤穂”塩の町”赤穂”でまろやかでコクのある味に仕上げました。
・ふんわり、しっとりとした手ざわりで、素材によく馴染み、あらゆる調理に使いやすい塩です。
株式会社 ソルト関西
大阪市中央区本町2丁目5-7
TEL 06-6267-7600

<食卓ものがたり> 稲取キンメ

 さらに、今日買った「御前崎産 かつお あら」の煮付け♪
 ジャガイモとかインゲンの野菜も入れたよ♪美味しいねえぇ~!

 ここで、2016年1月30日の朝刊より、「<食卓ものがたり> 稲取キンメ(静岡県東伊豆町)」の引用♪
 カメラのストロボをたくと、金色の目がキラッと光った。二キロ以上の大物では、直径三センチはありそうなパッチリ目。水圧の高い深海から一気に釣り上げられたためか、少し飛び出しているのもあり、なかなか迫力がある。
 「新鮮なキンメはね、体が銀色なんですよ」。この道四十二年の漁師、鈴木精(くわし)さん(64)がうろこを指さした。キンメダイといえば赤色のイメージだが、確かに腹の部分は違う。釣り上げて氷で締めると、全体が赤くなるのだという。
 静岡県・伊豆半島南東部にある東伊豆町の稲取漁港。一月中旬、脂の乗ったキンメダイを求めて訪れた。強風を伴った南岸低気圧が近づくあいにくの天気で、鈴木さんの釣果は「残念な結果」だったが、中には計百十キロをつり上げた漁師も。「今日は潮が良くなかったけど、たくさん釣り上げた仲間もいる。まあ、こんなもんでしょう」。鈴木さんは日焼けした顔をほころばせた。
 キンメダイは日中、水深三百メートルより深い海にすむ。稲取漁港の漁船約五十隻は早朝から、伊豆大島との中間海域に繰り出す。釣り方は、魚体へのダメージが少ない立縄(たてなわ)(一本)釣り。四十本ほどの針を付けた長さ数百メートルの糸を深海に下ろす。手で持った糸がググッと力強く引かれると、大漁の予感だ。
 港に水揚げされるとすぐ、大きさごとに分類され、その日のうちに小田原や東京・築地などの市場に運ばれる。鮮度が自慢で、三年前には、「稲取キンメ」の名で特許庁の地域ブランド(団体商標)に認定された。
 年中捕れるが、旬は脂の乗りがいい冬と、産卵前の六~八月。調理の定番は煮付け。脂が濃いので、煮汁はあまり身に染み込まず、身そのもののうま味が味わい深い。最近は、刺し身やしゃぶしゃぶも人気だ。いずれも稲取漁港周辺の旅館や食堂で提供されている。
◆歩く
 地元で水揚げされた魚の干物や野菜類を販売する「港の朝市」が毎週土、日、祝日、東伊豆町役場の駐車場で開かれている=写真。営業時間は午前8時から正午。
 伊豆の春を彩る「雛(ひな)のつるし飾りまつり」は3月末まで、稲取温泉の「文化公園雛の館」をメーン会場に開かれている。つるし飾りは江戸時代から受け継がれている伝統行事。娘の健やかな成長を願って、「厄が去る」との願いを込めたサル、遊び道具のお手玉などを、小さな布で作ってつり下げる。イベントの問い合わせは旅館協同組合=電0557(95)2901=へ。
 (文・写真、市川真)

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016013002000007.html

本日のカウント
本日の歩数:9,388歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« 「タイの磯蒸し」「あじのたたき たっぷりごまだれかけ」「あじのエスカベッシュ」「自家製ツナ」「あじの和風香味だれ」「ツナの冷奴」 | トップページ | 日本列島美味しいものめぐり2016「梅錦 純米酒」&「江戸ッ子煮 牛肉入り野菜煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> 稲取キンメ:

« 「タイの磯蒸し」「あじのたたき たっぷりごまだれかけ」「あじのエスカベッシュ」「自家製ツナ」「あじの和風香味だれ」「ツナの冷奴」 | トップページ | 日本列島美味しいものめぐり2016「梅錦 純米酒」&「江戸ッ子煮 牛肉入り野菜煮」 »