« レンジでなす料理 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「豚肉の生姜焼き」 »

2016年7月 6日 (水)

トマトの元気レシピ

 「ケンタッキーフライドチキン」が、ツイート。「レッドホットチキン」が1ピース270円という案内♪
http://www.kfc.co.jp/campaign/redhot2016/index.html?utm_campaign=redhot2016&utm_source=twitter&utm_medium=tl&dmai=a57720ccb5a4e9#ContentsProducts

 この間のテレビ「極上☆旅のススメ!」は、「草野仁が行く北海道の旅」だった。
 「ファームレストラン ハーベスト」って、10年くらい前に仕事で行ったよね!懐かしかったな♪
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/
*小樽の旅
<小樽駅>
<三角市場>
・ほっ 700円
・バフンウニ(アカ) 3,500円
・ムラサキウニ(シロ) 2,000円
・八角
・ほや 500円
《さんかく亭》
TEL:0134-23-2446
・カラフル丼 2,160円(税込)
・ぼたんえび 1,080円(税込)
・銀だら 648円(税込)
・甘えび 756円(税込)
・時鮭 540円(税込)
<小樽運河>
<運河プラザ 観光案内所>
・消防犬 ぶん公
<旧北海道拓殖銀行>
<旧第一銀行>
<旧北海道銀行>
<日本銀行旧小樽支店 金融資料館>
TEL:0134-21-1111
「堺町通り」
<小樽オルゴール堂 堺町店>
TEL:0134-31-1110
・ボルタオルゴール 2,500円
《利尻屋みのや 不老館》
TEL:0134-31-3663
・ホラ吹き昆布茶(こんぶちゃ) 780円
<北一硝子 三号館>北一ホール
TEL:0134-33-1993
・月見うさぎ風鈴 花火 2,500円
《小樽洋菓子舗ルタオ本店》
TEL:0120-46-8825
ケーキセット 972円
(生ドゥーブルフォロマージュ、生ショコラドゥーブル、メロンドゥーブル)
《小樽旅亭 藏群》朝里川温泉
TEL:0134-51-5151
 バー クラルテ(8時~24時)
 カフェ クラルテ(8時~24時)
オールインクルージングシステム
 館内の飲みの物は全て宿泊料金に含まれている。
・1泊2食付き 301号室(1室2名利用)1名あたり 39,030円~43,350円(税込)
懐石フルコース
 前菜(厚岸産牡蠣、焼き鱈場蟹、ホワイトアスパラ ピクルス)、刺身(中とろ平造り、牡丹海老、小樽産平目薄造り)、焼き物(小樽の地鶏とフォアグラの鶏すき 東南アジア風)

*夕張・苫小牧の旅
<ノーザンホースパーク>吉田勝己
TEL:0144-58-2116
入園料:大人 500円
・観光ひき馬 900円(税込)
 写真 1000円(税込)
・観光馬車 600円(税込)
・ポニーショー
《THE KITCHEN"K's Garden》
・オニオンブレッド
・真狩産「ハーブ豚」の豚南蛮せいろ 1,400円
・はやきた産黒毛和牛 鈴木牛のとろとろハンバーグ 2,000円(税込)
馬見の丘
《ファームレストラン ハーベスト》
夕張郡長沼町東4線北3
TEL:0123-89-2822
・トマト(桃太郎)
『大和本草』海原益軒 唐ガキ
「トマトの選び方」
①ヘタが張っている
②丸くて重みがある
③放射状のすじがある
・完熟トマトの冷たいスパゲティ 950円(税込)
道産ポークステーキとメークインのニョッキセット 1,480円(税込)
<道の駅 夕張メロード>
 夕張の新鮮な地場産の野菜や果物などを販売している人気の「道の駅」。
・カット夕張メロン 500円 (税込)

http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/backnumber/0026/

 今日は仕事をちょっと遅く終え、帰宅。今、忙しい時期なんですね・・・。
 帰宅して、「レンジチン ナス かつお節醤油がけ」で一杯♪
 さらに「ひき肉とトマトのパスタ」♪ナスとタマネギを入れてみた。トマトを始め夏野菜が美味しいねぇ~!!!
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2015/06/5-5-6174.html
 先日買った「タバスコ」を使う↑↑↑
トマトの元気レシピ

TABASCO BRANDS PEPPER SAUCE
Best For All!
お料理を、ピリッと美味しく!ビリッと楽しく!
 選び抜かれた赤唐辛子と、塩と、ビネガー。このシンプルな原料から生まれたタバスコブランド・ペパーソースはもっとも手軽でポピュラーなスパイス。食卓で厨房で、料理にひとふり。ピリッとお料理の味をグレードアップ。
Enjoy your dishes!
 TABASCO is a registered trademark for sauces and other goods and services; TABASCO, the TABASOC bottle design and label designs are the exclusive property of Mcllhenny Company, Avery island, Louisiana, UAS 70513.
www.TABASCO.com
60ml
<製造元>米国マキルヘニーカンパニー
<日本総代理店>ピービーアイジャパン株式会社
輸入者:ワタル株式会社
東京都港区西新橋2丁目11-9

 ここで、『田舎暮らしの本』2010年8月号より、「今が旬!医者いらずのパワーがたくさん詰まった トマトの元気レシピ」の引用。
 昔から「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、からだにいい効果がたくさんあるトマト。トマトのパスタをはじめ、トマトの煮物や焼き物、保存可能な簡単トマトソースやジャムなどをご紹介。トマトをたくさん食べて、医者いらずの夏を目指しましょう。
世界各国で愛されている野菜
 トマトの原産国は、太陽の日差しがまぶしい南米ペルー。そこからメキシコを経て16世紀にヨーロッパへ渡り、さらに北米やアジアへと広がっていった。
 その丸い形や色から、フランスでは”愛のリンゴ”、イタリアでは”黄金のリンゴ”と呼ばれ、世界中で食べられている。
 日本では、冷やしトマトやサラダなど、生で食べることが多い。埼玉県の農家「やまた園芸」の関根潔さんは「がぶりと丸かじりがいちばん」と言う。
 だが、日本以外の国では加熱や加工することが主流。これは、日本で食べられるようになった昭和初期に、トマト臭が強くて加工に適した「赤色系」よりも、トマト臭が少なくて甘さのある生食用の「桃色系」が受け入れられたため。最近では「赤色系」も店頭でよく見かける。
リコピンもグルタミン酸もトップクラスの含有量
 真っ赤な色をしているトマト。この色は、トマトに多く含まれているリコピンという色素で、「抗酸化作用」がある。
 私たちの体内の細胞は、「活性酸素」によって酸化し、生活習慣病や老化を招く。その活性酸素を抑えるのが抗酸化作用だ。同じように抗酸化作用のあるほかの成分と比べると、リコピンは、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍も強い。
 また、栄養だけでなく、トマトにはうま味のもととなるグルタミン酸が多い。フランスでは、ミキサーにかけたトマトをサラシで漉した透明な液体を調味料として活用する。日本ではトマトラーメンを出す店もある。
 今が旬のトマト。丸かじりはもちろん、うま味を生かした料理にも挑戦してみてはいかが。
・トマトが、花びらをピンと広げて咲くのはわずか3日ほど。その間に受粉作業をする。
・トマトが水っぽくならないように、余分な水を与えず、日当たりをよくして、じっくり育てると赤くなる。
「トマトの主な種類」
・桃太郎
 生食用の桃色系トマトの代表。ファーストをベースに、品種改良されたもので、甘味と適度な酸味があり、日持ちする。
・ファースト
 果実の先がツンととがった形が特徴で、古くからある桃色系の品種。ドロリとしたゼリー部が少なく、果肉がしっかりとしていて甘い。
・ミニトマト
 直径2~3cmの小さいトマト。航空機の機内食用に栽培されていたものが市場に広まった。赤のほか、黄色、オレンジ色などもある。
・フルーツトマト
 水をやらずに育てることで、糖度を高めたトマト。一般的なトマトが糖度5に対し、フルーツトマトは糖度8以上。
・赤以外のトマト
 オレンジ色や黄色のほか、緑や黒もある。未熟のように見えるグリーントマトは、さわやかな酸味としゃりっとした食感。ブラックトマトは、甘味や酸味が少なく、マイルドな味わい。
・調理用トマト
 甘味が少なく、酸味の強い赤色系トマト。加熱すると、甘味とうま味が引き立つ。サンマルツァーノやボンジョルノなど、縦長形のものが多い。
「トマトの栄養」
 いちばんの注目は抗酸化作用のあるリコピンで、大きめのトマト2個分で1日の摂取目安量がほぼ賄われるほど多く含まれている。ビタミンCはトマト3個分でほほ1日の必要量となる。さらに、体内の余分な水分や塩分を排出するカリウム、水溶性の食物繊維ペクチンなども豊富だ。
「おいしいトマトの選び方」
 持ったときにずっしりと重みのあるトマト、また、お尻側にある放射状の筋がはっきりとしているトマトは、水分が少なくて甘い。また、鮮やかな赤よりも、やや濃いめの褐色がかっているほうが甘い。さらに、ヘタやガクが濃い緑色で萎れていない、全体に皮にハリがあるトマトが新鮮。
「やまた園芸」

http://www.eco-yamata.com/
【トマトとベーコンのオーブン焼き】
お酒のおつまみに、バーベキューに
『材料』(2人分)
・トマト・・・1個
・ベーコン・・・2枚
『つくり方』
①トマトはくし形に8等分する。ベーコンは長さを4等分する。
②トマトにベーコンを巻き、ようじで留める。
③オーブントースターで軽く焼く。
【トマトと豚肉とゴボウの煮物】
和風だしとトマトのうま味が意外によく合う
『材料』(2人分)
・トマト・・・1個
・豚肉(薄切り)・・・100g
・ゴボウ・・・100g
・A
 だし汁・・・1カップ
 しょう油・・・小さじ1/2
 砂糖・・・小さじ2
 塩・・・小さじ1/5
『つくり方』
①トマトはくし形に切る。ゴボウはささがきにする。肉は食べやすく切る。
②鍋にAを入れて火にかけ、ゴボウを煮る。
③②に豚肉を加えて火を通し、仕上げにトマトを加えてさっと煮る。
【簡単トマトソース】
生トマトでつくる、さわやかな酸味のソース
『材料』(2人分)
・トマト・・・正味500g(7~8個ほど用意)
・タマネギ・・・100g
・ニンニク・・・1~2片
『つくり方』
①トマトは皮を湯むきして種を取り(一番下参照)、ざく切りにする。タマネギ、ニンニクはスライスする。
②①の材料をフードプロセッサーにかけてピューレ状にする。
③②を鍋に入れ、半量になるくらいまで煮詰める。
※消毒した保存瓶に入れ、冷蔵庫で2週間ほど、冷凍庫で1ヵ月ほどもつ。
【トマトのお浸し】
トマトのうま味がダイレクトに味わえる
『材料』(2人分)
・トマト・・・2個
・だし汁・・・1カップ
・しょう油・・・4~5滴
・みりん・・・小さじ2
・塩・・・小さじ1/5
・削り節・・・少々
『つくり方』
①トマトは皮を湯むきする(一番下参照)。
②だし汁、しょう油、みりん、塩を鍋に入れて煮立てる。
③②が熱いうちに①のトマトを入れ、冷蔵庫で冷やす。
④器に盛り、好みで削り節をかける。
【フレッシュトマトのパスタ】
甘みのある旬のトマトならではの味
『材料』(2人分)
・スパゲティ・・・200g
・トマト・・・1個
・タマネギ・・・20g
・オリーブオイル・・・大さじ1
・塩、コショウ・・・各少々
・モッツァレラチーズ・・・50g
『つくり方』
①スパゲティをゆでる。
②トマトは皮を湯むきして種を取り(一番下参照)、ざく切りにする。タマネギはすりおろす。
③モッツァレラチーズは1cm角に切る。
④トマト、タマネギ、オリーブオイルをボウルで合わせ、塩、コショウをする。
⑤④のボウルに、ゆでたスパゲティと③のチーズを入れてあえる。
<トマト de スイーツ>
【トマトのコンポート】
冷たくてほんのり甘いデザート
『材料』(2~3人分)
・ミニトマト・・・10~12個
・水・・・1カップ
・砂糖・・・60g
『つくり方』
①鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めて冷やし、シロップをつくる。
②ミニトマトは皮を湯むきし(一番下参照)、①のシロップに浸けて冷蔵庫で冷やす。
【トマトジャム】
たくさん手に入ったら、ぜひお試しを!
『材料』(約2カップ分)
・トマト・・・正味500g(7~8個ほど用意)
・砂糖・・・75g
・レモン汁・・・小さじ2と1/2
『つくり方』
①トマトは皮を湯むきして種を取り(下参照)、ざく切りにする。
②鍋にトマト、砂糖、レモン汁を入れ、かき混ぜながら弱火で煮る。
③トロリとしてきたら火を止める。パンやヨーグルトにつけてどうぞ。
「トマトの皮と種を除く」
 トマトヨースやジャムにするとき必要なのが、「湯むき」と「種をとる」こと。このひと手間で、食べたときの滑らかさが違う。
・湯むき
①包丁の刃先を使い、トマトのヘタを取り除く。
②沸騰した湯に入れ、30秒ほどで引き上げる。
③冷水にとると、つるりと皮がむける。
・種を取る
①横半分に切り、スプーンなどで種をすくい取る。
*取材協力
(有)新しい村
 家族揃って田舎が楽しめるアミューズメントパーク。旬のメニューがあるカフェ、新鮮な野菜が並ぶ直売所などのほか、農を体験できるイベントや講座も開催している。
埼玉県南埼玉郡宮代町山崎777-1
TEL 0480-36-3955

http://wwwatarasiimura.com/
 今回のトマト料理レシピを提案してくれた「新しい村」の管理栄養士、持永春奈さん(37歳)。

本日のカウント
本日の歩数:9,239歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« レンジでなす料理 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「豚肉の生姜焼き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマトの元気レシピ:

« レンジでなす料理 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「豚肉の生姜焼き」 »