« 「四日市とんてき丼」「静岡麦酒」、そして「釜揚げ炒り漬こんにゃく」 | トップページ | 「47都道府県・味めぐり ご当地カレー大全」、そして「したたり」 »

2016年7月18日 (月)

「いただきます 豚こまのおかず」

 今日は7月18日、「海の日」ですね。
 暑いね・・・!!!

 今朝の朝刊「くらし歳時記」に「青柚子の寒天」が載っていた♪
 そろそろ青柚子の時季です。枝をかき分け、とげに刺されないよう実に触れてみるとギュッと固く締まり、冬の柚子とは全く違う顔をしています。柚子胡椒も良いですが、量が十分ないときには青柚子寒天がおすすめ。
 作り方は①青柚子4個のへたを切り中身をくりぬく②①の中身をザル等でこし、搾り汁をとる③鍋に水300ml、粉寒天2g、グラニュー糖大さじ2を煮溶かし、粗熱が取れたら②を混ぜ、少し置く④少し固まったら①の皮に注ぎ、冷蔵庫にいれて冷やす。
 おいしそうに見えるコツは、こぼれない程度にこんもりと注ぐこと。厳しい夏を迎える前の季節の一服に、ちょうどいいおやつです。

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール「ワンランク上のBBQを楽しみたいアナタへ!!バーベキュー特集」♪
http://www.rakuten.ne.jp/gold/suigodori/4-2mm.htm?scid=rm_197493

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「浜松市西区 甘藷(かんしょ)」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<青木農園>
・紅高系
【甘藷の蒸しパン】
『材料』
・甘藷・・・1本
・市販の蒸しパンミックス粉・・・200g
・三温糖・・・大さじ2
・牛乳・・・150cc 
『作り方』
①蒸しパンミックス200gに、砂糖大さじ2、牛乳150㏄を加えよ~くかき混ぜる。
 ※生地の準備はこれだけでOK!
②甘藷1本分を1cm角のサイコロ状にカット。
③カットした甘藷を生地の中に入れ、よく混ぜ合わせる。
 ※甘藷は生のままでOK!
④アルミのケーキカップに分けて入れる。
⑤蒸し器で15分ほど蒸せば完成!
【甘藷のサラダ】
『材料』
・甘藷・・・1本
・サラダ菜・・・数枚
・しょう油・・・大さじ1
・マヨネーズ・・・大さじ2
・レモン汁・・・小さじ1 
・わさび・・・少々
・白ゴマ・・・少々
『作り方』
①甘藷1本分を4~5cmの長さで、スティク状にカット。
②カットした甘藷を耐熱皿に入れ、ラップをして600Wのレンジなら3分加熱。
③ドレッシングは、しょう油、マヨネーズ、レモン汁、隠し味にワサビを少々…これを混ぜ合わせる。
④チンした甘藷をドレッシングの中に入れ、万遍なく絡み合うように混ぜる。
⑤サラダ菜を敷いた器に盛り付け、白ゴマを上からふりかけて完成!

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=49451

 「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「山梨県北斗市」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
・武川米、大滝湧水
・ニジマスのカルパッチョ
・しゃぶしゃぶ
 (甲州麦芽ビーフ、甲州富士桜ポーク)
・特製ローストビーフ(清里高原のペンション シオン ヒル 吉澤さん)
①こんがりじっくり焼き目が付くまで焼いた肉を、北斗市で採れたアスパラ、ブロッコリーなどの新鮮野菜の上に並べる。
※特製ドレッシングをかけていただく
①オニオンドレッシングをベースに、ニンニクやショウガ、ローストビーフの焼き汁を加える。
<まきば公園>
<東沢大橋展望台>
<伊藤さん>アメリカンハウス

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0063/

 テレビの「THEニッポン観光!外国人がハマる日本ツア→BEST10」をやってた。「おおつか」と「新倉山浅間大社」に行ってみたいね♪
http://www.tv-sdt.co.jp/nipponkankou/
・10位:黒門市場。大阪の中心部に江戸末期から続く商店街で300メートルのアーケードに約150軒の店が並んでいる。
 中でも中国人に急増しているお店が「ふぐ・みな美」外国人が自慢したくなる人気のふぐコースは比較的リーズナブルに刺し身・鍋がセットで楽しめる。
・9位:秋葉原ガイドツアー。内容はメイドさんがガイドしてくれるというもの。歴史から最新情報まで英語で案内。人気アニメの舞台にもなっている「神田明神」やコスプレ専門店「ACOS」などをまわった。
・日本に来たらまず食べたい!外国人に人気のグルメ。8位:おおつか。場所は京都・嵐山。ランチタイムにお邪魔すると全員外国人!!オープンから2年半で外国人に人気のレストラン1位を獲得。人気メニューが村沢牛を使った「村沢牛サーロインステーキ」。
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町20-10
TEL 075-864-7989

http://www.steak-otsuka.com/
・7位:「ロボットレストラン」ショーまでの合間、待合室ではロボットぽい人達によるコンサートが行われる。
・6位:富士山静岡空港。この場所から中国人が続々と入国。国内線は4都市しか就航していないが、現在中国だけで10都市以上と結ばれている。
・5位:これぞ日本の風景世界が認めた絶景。富士山をみるための絶景スポットは、山梨県富士吉田市・下吉田駅から徒歩10分、新倉山浅間公園(新倉山浅間大社)。そこにいる外国人は全員がタイ人。みんな五重塔を撮影していた。このスポットはタイで有名だという。そのヒミツは富士山と五重塔の共演がみられるスポットだった。
・4位、雑居ビルに現れるラスト・サムライ。大阪・西区の雑居ビルの一室に外国人が集まる場所が。彼らは和服に着替えサムライ体験をした。
・3位:渋谷にある「スクランブル交差点」。外国人観光客はあるモノにくぎ付け。大勢の人が歩いているのにぶつからない姿に対して感動するという。1日で多い時に3000人が渡る。渡るだけではなく観光として楽しむ世界中が注目する交差点。
・2位:御殿場にある「御殿場プレミアム・アウトレット」、「富士仏舎利塔平和公園」。
・1位:伏見稲荷大社

http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ytv/29718/465005/

 買い物の出かける。対向してきた自動車が右側通行・・・交通量が多くないからって、危ないよ!こちらが、急ブレーキ!!!
 杏林堂で、売り出しのレトルトカレー2ヶ324円を買う。
 帰りに、対向してきた自転車が右側通行・・・しかも運転手は下を向いていて、前を見ていない。こちらがベルを鳴らしたが気が付かない・・・危ない!!!急ブレーキで止まって待つ!!その自転車は何食わぬ顔をして行ってしまった!!!

 昼食は「そうめん」かな。

 「酒&FOOD かとう」に行き、「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円を伝票にて買い帰宅。

 ブルーベリーの収穫。
 昨日の「イエローキング」の種を蒔いてみた。
 春物を干して、しまう。

 「We:la(ウィーラ)」のプレゼントに応募!
http://www.we-la.com/
 「JAFナビ」のプレゼントにも応募!
http://jafnavi.jp/present/index.php

 夕方は、先日100g98円で買った「アメリカ産豚肉ロース生姜焼き用」を使い「豚肉の生姜焼き」で一杯♪暑いから、ビールが美味しい♪♪♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2016/07/6-3-b500.html

 ここで、朝刊の「いただきます 豚こまのおかず」の引用♪
 2015年8月30日の「いただきます 豚こまのおかず」は【竜田あげ】(344kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚こま切れ肉・・・200g
・ショウガ・・・1かけ(10g)
・レタス・・・2枚
・揚げ油・・・適量
『作り方』
①ショウガは皮ごとすりおろし、汁をしぼる
②ボウルに豚肉、ショウガ汁、しょうゆ・みりん・酒各大さじ1を入れてよくもみ込む。10分ほどおく。レタスは細切りにし、水に放してパリッとしたら水気をきる
③豚肉を10等分して、それぞれを軽くにぎるように丸める。かたくり粉大さじ2をまぶす。
④鍋に深さ3cmくらいの油を入れ、170度に加熱する。豚肉を入れ1~2分揚げ、色づいてきたら裏返してさらに1~2分揚げて取り出す。器に肉を盛り、レタスを添える。

 2015年8月31日の「いただきます 豚こまのおかず」は【キノコとジャガイモのバターじょうゆ】(174kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚こま切れ肉・・・50g
・ジャガイモ・・・1個(150g)
・シメジ・・・1パック
・エリンギ・・・1本(50g)
・バター・・・5g
『作り方』
①ジャガイモは皮をむき、5cmの長さ7mm角の拍子木切りにし、水にさらして水気をきる。シメジは石づきをとり、小房に分ける。エリンギは長さを半分にして7mm角の拍子木切りにする
②フライパンに油大さじ1/2を温め、豚肉を色が変わるまで炒める。ジャガイモ、キノコを加え、さらに炒める
③酒大さじ1を回しかけ、ふたをして弱火で3分蒸し煮にする
④ふたをとって火を強め、バターを加え、しょうゆ大さじ1/2を回しかける。

 2015年9月1日の「いただきます 豚こまのおかず」は【変わり豆腐】(376kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚こま切れ肉・・・150g
・絹ごし豆腐・・・1丁(300g)
・キュウリ・・・1本
・長ネギ・・・10cm
・ニンニク・・・1片(10g)
・一味唐辛子・・・少々
『作り方』
①豆腐は八つに切る
②キュウリは千切りにする。長ネギは小口切り、ニンニクは薄切りにする
③砂糖大さじ1、しょうゆ・酒各大さじ2を合わせる
④鍋にごま油大さじ1とニンニクを入れて温め、弱火で炒める。香りが出たら豚肉を加えてさらに炒める
⑤③と豆腐を加え、弱火で6~7分煮る。豆腐に味が染みるように時々汁をかけながら煮る
⑥器に盛り、キュウリと長ネギをのせ、一味唐辛子をふる。

 2015年9月2日の「いただきます 豚こまのおかず」は【トマト豚丼】(595kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚こま切れ肉・・・100g
・卵・・・2個
・トマト・・・1個(200g)
・ミツバ・・・3~4本
・ごはん・・・400g
・だし汁・・・100ml
『作り方』
①トマトは3cm幅のくし形に切る。ミツバは3cmの長さに切り、葉と茎に分ける。卵は溶きほぐす
②フライパンにだし汁、みりん大さじ1と1/2、しょうゆ大さじ1を合わせて温める。煮立ったら肉を入れる。ひと煮立ちさせてアクをとる。トマトを加えて1~2分煮る
③肉に火が通ったら卵を回し入れ、煮立ったら火を止める。ミツバの茎を加えてふたをし、1分ほど蒸らして半熟にする
④丼にごはんを盛り、③をかける。ミツバの葉をのせる。

 2015年9月3日の「いただきます 豚こまのおかず」は【モヤシのピリ辛中華炒め】(221kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚こま切れ肉・・・100g
・ナス・・・1個
・モヤシ・・・1袋
・豆板醤・・・小さじ1/2
・オイスターソース・・・大さじ1
『作り方』
①豚肉は塩・こしょう各少々で下味をつける
②ナスはへたを落とし、5mm幅の半月切りにする。モヤシは洗って水気をきる
③豆板醤、オイスターソース、しょうゆ大さじ1/2、酒大さじ1を合わせる
④フライパンにごま油大さじ1/2を温め、豚肉を中火で炒める。色が変わったら取り出す
⑤続けてごま油大さじ1/2を加え、ナスを中火で炒める。油が全体に回ったら、モヤシを加えて炒める
⑥肉を戻して③を加え、炒める。

 2015年9月4日の「いただきます 豚こまのおかず」は【やわらか肉の酢豚】(329kcal)。
『主な材料』(2人分)
・豚こま切れ肉・・・150g
・タマネギ・・・1/2個
・サツマイモ・・・100g
『作り方』
①豚肉はしょうゆ・酒各小さじ1/2をなじませる。1~2切れずつ軽く丸める
②タマネギは1cm幅に切る。サツマイモは皮付きで1cmの厚さの半月切りにし、水にさらして水気をきる。ラップをして500Wの電子レンジで2分加熱する
③砂糖・酢・水各大さじ1、しょうゆ小さじ2を合わせる
④深めのフライパンに油大さじ1/2を温め、タマネギを中火で1~2分炒めて、取り出す
⑤続いて油大さじ1/2を温め、肉を弱めの中火で焼く。③、④を加えて火を強め、煮からめてサツマイモを加える。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:6,059歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「四日市とんてき丼」「静岡麦酒」、そして「釜揚げ炒り漬こんにゃく」 | トップページ | 「47都道府県・味めぐり ご当地カレー大全」、そして「したたり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 豚こまのおかず」:

« 「四日市とんてき丼」「静岡麦酒」、そして「釜揚げ炒り漬こんにゃく」 | トップページ | 「47都道府県・味めぐり ご当地カレー大全」、そして「したたり」 »