« 汗をかいて健康に!「エビ」と「生姜」 | トップページ | 2016年夏の頒布会「日本列島美味しいものめぐり2016」7月「秀よし 特別純米酒」、「炙りハタハタ麹漬け」 »

2016年7月27日 (水)

「さいとうラーメン」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-2)「夏野菜のピクルス」

 「アサヒビール」より、メール。ビールが当たる!!
https://www.asahibeer.co.jp/park/campaign/
 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「生ハムユッケ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/107086/?scid=rm_190841
 「遠鉄百貨店」より、メール。「ふるさと納税」の紹介♪
http://www.endepa.com/furusato/hamamatsu

 昨日の「歴史の道 歩き旅」は、「中山道 岩村田宿」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
<なかむら呉服店>
《佐久ホテル》正長元年(1428年:室町時代)創業
*割本(わりもと):大名や奉行などに食事や宿泊を提供した地元の有力者
*佐久鯉:江戸時代から養殖が始まり、殿様にも献上された。
*料理献立表(江戸時代初期):こい、そばきり、吸物こい
・恋(れん)コース
(鯉のあらい(酢味噌、醤油)、鯉のうま煮、鯉こく、鯉の南蛮漬け、鯉のうろこ煎餅)
*神藏:当主以外は立ち入り禁止
¥「百年モノ」竹田信玄直筆の掛け軸(1531年)
<岩村田 寺子屋塾>
<旭理容館>
♪「昨日・今日・明日」井上順(1971年)
<佐久市立中央公園>

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/64247/981304/

 この間の「極上!旅のススメ」は、「草野仁が行く沖縄の旅」。
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/
*沖縄の旅
「国際通り」市場本通り
<平安山宝石店>
沖縄県那覇市牧志3-1-1
TEL:098-861-0636
・サンゴのアクセサリー
「第一牧志公設市場」
《照屋商店》
・らっきょう
《仲田鮮魚》
公設市場内
TEL:098-863-5712
・ヤシガニ 16,800円
・イラブチャー
・ニシキエビ
《マンゴーカフェ 木の葉》
沖縄県那覇市牧志3-2-43
TEL:080-6485-7589
・ミニマンゴー 1350円
(アップルマンゴーがたまたま大きくならずに熟したもの。濃厚な甘みが特徴)
・100%マンゴーかき氷「木の葉」 850円
・ごちそうマンゴージュース 600円
・カットミニマンゴー 900円
<首里琉染>
沖縄県那覇市首里山川町1-54
TEL:098-886-1131
・サンゴ染め体験 大人 3,240円、小人 2,700円
(Tシャツ、手ぬぐい、ふろしき、トートバッグ、コースターの5種類から選べる)
《首里ほりかわ》
沖縄県那覇市首里真和志町1-27
TEL:098-886-3032
・ほりかわそばセット 1,100円
(自家製麺、紅いも炊き込み御飯、もずく、あおさとオクラのかき揚げ)
<沖縄美ら海水族館>
沖縄県国頭郡本部町石川424
TEL:0980-48-3748
・大人 1,850円
《花人逢(かじんほう)》
沖縄県国頭郡本部町山里1153-2
TEL:0980-47-5537
・アセロラジュース 500円
・ミックスピザ(中(3~4人前) 2,200円
《百名伽藍》
沖縄県南城市玉城字百名山下原1299-1
TEL:098-949-1011
・白隠の間 1名 75,000円(2食付き・税抜)
<ブセナ海中公園>
沖縄県名護市喜瀬1744-1
TEL:0980-52-3379
・海中展望塔 1,030円、グラス底ボート 1,540円、セット料金 2,060円)
・魚のえさ 100円
《ステーキハウス 朝日レストラン》
沖縄県名護市為又1219-215
TEL:0980-52-4251
・ステーキセットA(大)200g 2,980円
(テンダーロイン、ニンニクダレ)
<大度浜海岸>

http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/backnumber/0028/

 今日の仕事は、「研修会」・・・。
 自主参加にしたら参加者が少ないから「強制」とか「悉皆」にするんだろうな!!!
 勉強になるんだったら、身銭を切ってでも参加するよ!勉強にならないから、参加しない人が増えるんだるな・・・だから、強制にするんだろうな!!
 オマケに会場が遠い・・・おつきあいの研修会なんて、勘弁だな・・・時間のムダだよ!!!

 「マツシマさん」と、二人くらいに声を掛けられる・・・自分は「マツシマ」ではない・・・同じ会社に、似た人がいるのか???

「さいとうラーメン」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-2)「夏野菜のピクルス」

 昼食は「さいとうラーメン」♪
 「らーめん(しょうゆ)」並 590円(税込)を注文する♪「大」は750円だね。トッピングの「チャーシュー(2枚増)」は100円!
 平日なのに、混んでいるね・・・12時を回ったら、待たないといけなくなった・・・。
「さいとうラーメン」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-2)「夏野菜のピクルス」

 混んでいるので、ちょっと待ったが、やがて給仕される・・・!「昔ながらの中華そば」って感じで美味しかったよ♪チャーシューは、3枚入りだったね♪
 創業30年、昔ながらの味を守り続ける老舗ラーメン店。いわゆる「屋台ラーメン」がルーツで、奇をてらわないシンプルさが長年人気の秘密。
 夜は向いの姉妹店「草々」でもラーメンが食べられる。
 ほか、ワンタン麺、餃子なども好評。
・ラーメン(並)550円
 鶏・豚・野菜・削り節・椎茸から丁寧にダシを取る、素朴で懐かしい味。
・冷やし中華 750円
 GW明け~9月初めまで販売される冷やし中華は、夏の定番。
「さいとうラーメン」
053-925-3723
浜松市天竜区二俣町二俣1573
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00
火曜定休

 午後の研修が始まる・・・。
 強制で参加させておきながら、分かりきっていることをぐどぐどと話をしている・・・時間を過ぎても終わらない・・・参加者の人権ってないのか・・・!!!???

 仕事を終え、「ビッグ富士」に向かう。売り出しの商品を買うためだ・・・。
 売り出しの「骨付フランクフルト(丸大)」10本入り386円・・・う~ん、紛らわしい・・・ディスプレイが悪い・・・「米久」の842円を間違えて買ってしまうぞ!!!それに、売り出しの商品は、小さい!!!
 売り出しの「焼とり串セット」20本入り537円を捜す・・・肉売り場、お惣菜コーナー、どこを何度も探し回ってもない・・・店員さんに聞いたら、「精肉売り場の人に聞きます」と言って、なかなか出てこない・・・やがて精肉売り場に人が来て、精肉売り場で、「ここになかったら、売り切れです。土日で売れ切れちゃったかな」だって・・・!!!「うりきれ」なら、「売り切れ」って表示してよ!!!探し回ったよ!!!
 「骨付きフランク」386円、「チキン南蛮」321円を買い、帰宅。

「さいとうラーメン」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-2)「夏野菜のピクルス」

 帰宅して「チキン南蛮」で一杯♪
鶏肉、でん粉、小麦粉、しょうゆ、調味料(アミノ酸等)、ピログリン酸Na、ベーキングパウダー、増粘剤(グァーガム)、たれ〔砂糖、しょうゆ、みりん、醸造酢、食塩、にんにく、香辛料、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素〕
(株)ビッグ富士 エブリディー 姫街道店
浜松市中区葵西1-1-1

「さいとうラーメン」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-2)「夏野菜のピクルス」

 そして「かつお塩辛」(^^♪
 かつおの内臓を独自の製法で熟成させ まろやかな商品に仕上げました。
150g
株式会社 ヤマトミ
静岡市清水区蒲原小金147-7
TEL 054-385-3456

 さらに「ジャガイモとモヤシ」の味噌汁♪

 ここで、2016年6月12日の「土井善晴の料理は楽し」より、【夏野菜のピクルス】(56kcal)の引用。
さらっと作ってサラダ感覚
 色とりどりの野菜を、マイルドな漬け汁に漬けます。サラダのようにいただけるピクルス。そのまま食べても、お料理のつけ合わせにもおいしいです。
『材料』(4人分)
・パプリカ(赤・黄)・・・各1/2個
・キュウリ・・・1本
・セロリ・・・1本
・ニンジン・・・1/2本
・プチトマト・・・60g
・塩・・・7g
(野菜の総量350gの2%)
<漬け汁>
・米酢、水・・・各1/2カップ
・砂糖・・・大さじ2と1/2
・レモンの薄切り・・・2枚
・粒コショウ(黒・白)・・・7~8粒
・ローリエ・・・1枚
・赤唐辛子・・・1本
①野菜を食べやすく切る
 パプリカはヘタと種を取りのぞき、縦に1.5cm幅程度に食べやすく切る。
 キュウリは4~5cm長さに切って、縦に4等分ほどに切り、スティック状にする。セロリも4~5cm長さのスティック状に切る。皮をむいたニンジンも同様に切る。
 プチトマトは味が入りやすいように、ヘタを切り落とす。
②野菜に塩をまぶす
 大きめのボウルに①の野菜をすべて入れて、野菜の総量の2%の塩をふり、全体にからめるように混ぜ合わせる。そのまま1時間ほどおいて、味をなじませる。
③漬け汁を作る
 別のボウルに漬け汁の材料をすべて入れる。コショウ(黒、白のいずれか1種類でもよい)は粗くつぶしてから加える。赤唐辛子は丸のまま加える。砂糖をよく溶かしておく。
④野菜を漬ける
 ②の野菜の水気をきって、③の漬け汁を加えて混ぜ合わせる。野菜が浮かないようにするため、落としぶたのようにラップで表面を覆って冷蔵庫に入れる。そのまま1~2日漬けて味をなじませる。
 ボウルから、陶器の保存容器などに移して冷蔵庫に入れておけば、見た目がよく、そのまま食卓にも出せる。
《食のこころ》
 ひとつ食べると、すぐにまた手が出る。ピクルスって、こんなに食べやすいもの?
 「これは完全なピクルスではないのです。西洋のピクルスは、冬の野菜のないころまで保たせる保存食。本格的に作るのは大変です」
 漬け汁に火を入れたり、雑菌が入らないように念入りに瓶を消毒するなど、とても注意深く作らなくてはならないそうだ。そうしたピクルスは瓶の中で発酵が進み、スパイスが利いていることもあり、ガツンと強い味になる。
 その点、この土井さんのピクルスは、フレッシュで軽やか。野菜に塩をなじませたら、漬け汁のボウルに漬け込むだけでいい。
 漬け汁も、酢は日本の米酢、香辛料も赤唐辛子やコショウなど、なじみのあるものばかりで、ホッとする味わい。みずみずしい”日本のピクルス”なのだ。
 「冷蔵庫に3日ほどおけますが、おいしさのピークは2日目ぐらい」
 カレーのお供にも◎。

本日のカウント
本日の歩数:6,021歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.5kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 汗をかいて健康に!「エビ」と「生姜」 | トップページ | 2016年夏の頒布会「日本列島美味しいものめぐり2016」7月「秀よし 特別純米酒」、「炙りハタハタ麹漬け」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さいとうラーメン」、そして「土井善晴の料理は楽し」(6-2)「夏野菜のピクルス」:

« 汗をかいて健康に!「エビ」と「生姜」 | トップページ | 2016年夏の頒布会「日本列島美味しいものめぐり2016」7月「秀よし 特別純米酒」、「炙りハタハタ麹漬け」 »