« 6月の旬「梅」 | トップページ | スマホで”美味しい料理写真”の撮り方講座 »

2016年6月15日 (水)

「港の料理人特製 タコのペペロンチーノ」、そして「豚キムチ焼きうどん」「なすと豚しゃぶのぶっかけうどん」

 今日の仕事・・・。
 名簿を送る。高等営業所って、上から目線だよね・・・。こちらは、この忙しい時期に、あたふた・・・。
 名簿が「外字」で作ってあると「・」と表示されちゃうんだよね・・・↓↓↓
 外字のデフォルトの保存先はC:\Windows\FontsフォルダのEudc.tte、Eudc.eufファイルです。これらのファイルをコピーし、他のコンピュータに移行することによって外字を共有できます。
『移行元コンピュータでの操作』
①「スタート」-「プログラムとファイルの検索」ボックスに「
\\PC名\c$\Windows\Fonts」と入力しEnterキーを押す
(★ この方法でFontsフォルダを開くとeudcファイルにアクセスすることができます。)
②Fontsフォルダ内のeudc.tte、eudc.eufファイルを選択し、右クリックして「コピー」をクリック
③サーバー上の共有フォルダに置く、メールで添付する、USBメモリなどのメディアを使う、等して他のPCにファイルを移行する
『移行先コンピュータでの操作』
◆ 方法(1) 特定のフォントに関連付ける(推奨)◆
①入手したeudc.tte、eudc.eufファイルをファイル名を変えてマイドキュメントなどへ保存
②「スタート」メニューから「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「システムツール」-「外字エディター」をクリック(または「スタート」メニューから「プログラムとファイルの検索」ボックスに「eudcedit」と入力してEnterキー)
③外字エディタが起動し、「コードの選択」ダイアログが表示されたら「キャンセル」をクリック
④「ファイル」-「フォントのリンク」から「指定したフォントにリンクする」をクリックしてフォントを指定(MS明朝など)
⑤「名前を付けて保存」をクリックし、1の.tteファイルを選択して「OK」をクリック。外字エディタを終了する
 → Wordなどを起動し「がいじ」と入力してF5キーを押すとIMEパッド(文字一覧)が開きます。文字カテゴリを「シフトJIS」-「外字」とし、4で指定したフォントを選択すると外字を確認・挿入することができます。
◆ 方法(2)  移行先のFontsフォルダにeudc.tte、eudc.eufファイルをコピーする(要管理者権限)◆ 
注:移行先コンピュータのeudc.tte、eudc.eufファイルを上書きするため、既存の外字が削除される可能性があります。操作には十分注意し 上書きしたくない場合は元ファイルを他の場所にコピーしておくなどしてください。 (eudcファイルのコピー方法はこのページ頭に記載)
①全てのアプリケーションを終了し(又は一旦再起動する)C:\Windows\Fontsフォルダを開く
②入手したeudc.tte、eudc.eufファイルをFontsフォルダへコピーする(上書きのメッセージ等が表示されたら全て「OK」をクリック)

※重要:アクセス権がないといったメッセージが表示され、Fontsフォルダにコピーできない場合があります。その場合はFontsフォルダにフルコントロール権限を設定し、ファイルをコピーしてください。方法は下記を参照してください。
1. コマンドプロンプトを起動し以下のコマンドを入力(attribコマンドで読み取り属性、システムファイル属性を解除し「プロパティ」タブを表示させます。)
> attrib -r -s  C:\windows\fonts
※注:ここで「アクセスは拒否されました」と表示された場合はコマンドプロンプトをadministratorで起動しattribコマンドを入力してください。→ runas /user:PC名\administrator cmdと入力しパスワードを入力して起動します。
2. Fontsフォルダを右クリックし「プロパティ」をクリック
3. 「セキュリティ」タブ-「詳細設定」-「所有者」タブ-「編集」をクリック
4. 所有者の変更ボックスに表示されている「Administrators」を選択し、「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」にチェックを入れ、「適用」-「OK」-「OK」をクリック(→ 所有者がTrustedInstallerからAdministratorsに変更される)
5. 「セキュリティ」タブで「編集」をクリックし、Administratorsに対し「 フルコントロール」権限を与える
「Eudc.tteファイルをコピーするには(外字の共有・配布)」

http://office-qa.com/win/win104.htm

 外字エディタで作成した外字を他のPCで表示する(移行)方法をご紹介します。簡単に言うと外字ファイルをコピーして特定のフォントに関連づけるだけです。(※外字は同一PCのみで使用することが推奨されていますので操作は御自身の責任で行ってください。)
『移行元(外字を作成する側)コンピュータの操作』
①外字を作成します。(注:既に外字ファイル(*.tte  *.euf)がある場合は操作不要です。)
※重要:作成する際「指定したフォントにリンクする」を選択して任意のファイル名で外字ファイルを保存してください。
 (1) 外字エディタを起動し「コードの選択」ダイアログは「キャンセル」で閉じる
 (2)「ファイル」-「フォントのリンク」から「指定したフォントにリンクする」をクリック
 (3) 外字を表示するフォントを指定し「名前を付けて保存」し任意のファイル名で「保存」-「OK」をクリック
 (4)「編集」-「コードの選択」をクリックし外字を作成したら「編集」-「同じコードで保存」をクリック
②外字ファイル(*.tte  *.euf)を移行先PCにコピーする(メールに添付、共有フォルダなどの手段で)

※注:作成した外字がどこに保存されているか分からない場合は?
 既に外字を作成した後で「どこに外字が保存されているか分からない」という方もいらっしゃると思います。外字の デフォルトの保存先はC:\Windows\Fontsフォルダのeudc.tte、及びeudc.eufです。これをコピーする方法は下記の通りです。
①「スタート」-「プログラムとファイルの検索」ボック ス(又は「ファイル名を指定して実行」)に「
\\PC名\c$\Windows\Fonts」と入力しEnterキーを押す(※ ここでパスワードを聞かれたら管理者のユーザー名とパスワードを入力してください。)
②フォルダが開いたらEudc.tte、Eudc.eufファイルをコピー し任意の場所へ保存する
★詳しくは「Eudc.tteファイルをコピーするには」を参照してください。
『移行先(外字ファイルを受け取る側)コンピュータの操作』
①受け取った外字ファイル(*.tte  *.euf)を任意の場所に保存
②外字エディタを起動し「コードの選択」ダイアログは「キャンセル」で閉じる
③「ファイル」-「フォントのリンク」から「指定したフォントにリンクする」をクリック
④外字を表示するフォントを指定し「名前を付けて保存」し、1の外字ファイルを指定して「保存」-「OK」をクリック
⑤外字エディタを終了する
『外字を入力するには』
①Wordなどのアプリケーションを起動し、「がいじ」と入力して「F5キー」を押します
②IMEパッド(文字一覧)から目的の外字をクリックして挿入します。(文字カテゴリはシフトJIS-「外字」)
「外字を他の パソコンで表示するには (外字の移行・コピー)」

http://office-qa.com/win/win102.htm

 仕事を終え、帰宅して、昨日のテレビ「博多華丸のもらい酒 みなと旅」でやっていた【港の料理人特製 タコのペペロンチーノ】で一杯♪
 玉ネギも入れてみたよ。
 これ、本当に美味しいね♪
①フライパンでスライスしたニンニクをオリーブ油で炒める。アクセントに鷹の爪を入れる。
②うどんの麺に先に、塩・コショウをふりかけ味付けをする。そのうどんの麺を入れて炒める。
③輪切りにした茹でタコを入れて、さらに炒める。お皿に盛り、ネギをのせる。

「港の料理人特製 タコのペペロンチーノ」、そして「豚キムチ焼きうどん」「なすと豚しゃぶのぶっかけうどん」

 うどんは、昨日買った「匠のおいしさ うどん」。
 なめらかで腰があり、煮くずれや茹でのびしにくい特徴をもつ麺です。
200g
藤本食品株式会社
和歌山県岩出市中島928
TEL 0120-88-7704

「港の料理人特製 タコのペペロンチーノ」、そして「豚キムチ焼きうどん」「なすと豚しゃぶのぶっかけうどん」

 タコは、昨日買った「生食用蒸しだこ」♪
蒸蛸(むしだこ)
原材料名:真蛸(モーリタニア産)、食塩、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、亜硫化塩、ビタミンC)、ミョウバン、pH調整剤

 ここで、うどんのレシピの引用♪
【豚キムチ焼きうどん】(526kcal)
『材料』(2人分)
・うどん(冷凍食品)・・・2玉
・豚バラ肉(薄切り)・・・100g
・白菜キムチ・・・80g
・にら・・・1/4束
・しめじ・・・1/4パック(約20g)
・A
 しょうゆ・・・大さじ1
 酒・・・大さじ2
・すりごま(白)・・・大さじ1/2
・ごま油・・・大さじ1
『作り方』
①豚肉、にらは食べやすく切り、しめじはほぐす。うどんはパッケージの表示通りに加熱する。
②熱したフライパンにごま油を入れ、豚肉、しめじを強火で炒め、火が通ったらうどん、キムチ、Aを加えて炒め合わせ、最後ににらを加えてサッと炒め合わせる。
③器に盛ってすりごまをかける。

【なすと豚しゃぶのぶっかけうどん】(735kcal)
 大根おろしやミョウガ、生姜、ねぎ、七味唐辛子など薬味を使ってもおいしいです。うどんはぬめりを取ると食感がよくなるのでしっかり水洗いしましょう。
『材料』(2人分)
・はくばく 甲斐地極降うどん・・・200~250g
・豚国(しゃぶしゃぶ用)・・・150g
・茄子(中)・・・1本
・かいわれ菜・・・1/2パック
・片栗粉・・・少々
・塩・・・少々
・サラダ油・・・大さじ1
・揚げ玉・・・適量
・めんつゆ・・・適量
『作り方』
①うどんは表示通りに茹でる。
②豚肉は食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶして熱湯にくぐらせ冷水にとる。
③かいわれ菜は根元を切り落とし、茄子は縦半分に切って6mm幅の斜め切りにする。
④フライパンにサラダ油を熱し、茄子を並べて塩をふり、両面を焼いて取り出す。
⑤うどんをざるにとり、冷水で洗い水気をきって器に盛る。②、かいわれ菜、④、揚げ玉をのせて、めんつゆをかける。

 「讃岐うどん」って、いろいろなバリエーションがあるんだね♪
「熱い麺に冷たい汁」「冷たい麺に熱い汁」など逆バージョンも香川ならではの食べ方!
・ぶっかけ
 ゆで上がったうどんを十分に水洗いし、丼に盛ります。大根おろしやねぎ、天かすなどをのせ、その上からめんつゆをかけてお召し上がりください。
・釜揚げ
 ゆであがったうどんを、そのままゆで汁とともに丼に移し、温かいつけつゆでお召し上がりください。
・釜玉
 ゆであがった熱々のうどんを生卵の入った丼に直接入れ、箸で1~2回軽くほぐし半熟にします。だし醤油、ねぎ、天かすをかけてお召し上がりください。
・ざる
 ゆであがったうどんを冷水で充分に水洗いし、ざるに盛り、つけつゆでお召し上がりください。
・かけ
 ゆであがったうどんを水洗いした後、手早くお湯で温めて丼に移し、熱いつゆをかけてお好みの具をのせてお召し上がりください。

本日のカウント
本日の歩数:11,063歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:2個
(水)×

|

« 6月の旬「梅」 | トップページ | スマホで”美味しい料理写真”の撮り方講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「港の料理人特製 タコのペペロンチーノ」、そして「豚キムチ焼きうどん」「なすと豚しゃぶのぶっかけうどん」:

« 6月の旬「梅」 | トップページ | スマホで”美味しい料理写真”の撮り方講座 »