« 神社とお酒の楽しい関係(上) | トップページ | JRさわやかウォーキング「浜松が生んだ郷土の偉人「金原明善翁」を訪ねて」、そして「郷土のうまい!宮崎の幸 味わい弁当」 »

2016年6月 3日 (金)

「炙りまぐろと長芋のわさびドレッシングがけ」「かつおのなめろう風」「まぐろのたたき わさびバターソース」「真鯛のカルパッチョ」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 『氷壁』や『天平の甍(いらか)』など数々の名作を残し、二十五年前に八十三歳で逝った作家・井上靖さんは、死を前にお孫さんたちを集め、こう語り掛けたそうだ。「これが死というものだから、見ておきなさい」
▼そんな逸話を思い起こしつつ、ヨシタケシンスケさんの新著『このあと どうしちゃおう』(ブロンズ新社)を読んだ。<こないだ おじいちゃんが しんじゃった>との一文で始まる絵本だ
▼おじいちゃんの部屋を掃除したら、一冊のノートが出てきた。そこには、こんなことが書かれている。天国はどんな所か。どんな神様にいてほしいか。誰にも言えなかったことを聞いてくれる神様に、空の飛び方を教えてくれる神様…
▼そんなユーモアあふれる「終活ノート」を読むうちに、孫の男の子は考える。おじいちゃんは何だか楽しそうだけれど、本当は死ぬのが怖かったんじゃないのかな
▼ヨシタケさんには、悔いがあるという。長患いの末に逝った母に「死ぬのこわい?」と聞き、一緒に本音を話すことで死の恐怖を和らげてあげたかった。しかし、「死」について家族で語り合うのは難しい。だから、普段からふざけ半分に、気楽に話し合うようにできたら。そういう思いを、絵本にしたそうだ
▼家族で、どんな「あの世」に行きたいかを語り合えば、どう「この世」を生きたいかを語ることになるかもしれない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016060302000111.html

 昨日のテレビ「あのニュースで得する人損する人」で、サイゲン大介流「安いうなぎの蒲焼きで高級店の味を再現ワザ」をやっていた。
http://www.ntv.co.jp/tokuson/
<一度水洗いしてほうじ茶の茶葉と一緒に蒸し焼き>
『材料」
・市販のうなぎの蒲焼き 1枚
・酒 小さじ2
・水 小さじ2
・ほうじ茶の茶葉 大さじ2
[タレ]
・付属のタレ 50ml
・レモン汁 小さじ1/4
・醤油 小さじ2
『作り方』
①市販の蒲焼きを、表面についたタレや脂が完全に取れるまで水洗いする
②アルミホイルでうなぎが入るくらいの大きさの器を作ったら、水で洗ったうなぎの皮を上にして置く
③酒と水をうなぎにかける
④ほうじ茶の茶葉(大さじ1)を、アルミホイルの器に入れる(同じものを2個用意)
⑤魚焼きグリルにうなぎをほうじ茶で挟むように置き、一緒に約6分焼く。
⑥市販の蒲焼きに付いている付属のタレに、醤油とレモン汁を加え、ラップをせずに600Wのレンジで1分加熱
⑦焼きあがった蒲焼に、⑥のタレをかけて出来上がり

http://www.ntv.co.jp/tokuson/oa/index.html

 当番なので仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 帰宅して、「じゃがバター塩辛」で一杯♪これが美味しくて、最近ハマっているんだよね♪
「炙りまぐろと長芋のわさびドレッシングがけ」「かつおのなめろう風」「まぐろのたたき わさびバターソース」「真鯛のカルパッチョ」

 さらに先日、100g128円で買った「台湾産太平洋刺身用びんちょうまぐろ」♪
 「おろし生わさび」が付いている。
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

「炙りまぐろと長芋のわさびドレッシングがけ」「かつおのなめろう風」「まぐろのたたき わさびバターソース」「真鯛のカルパッチョ」

 デザートは、頂いたお菓子3品(^^♪
「餅のおまつりこまち」
サラダ味
1枚約6g当たり30kcal
「株式会社 もち吉」
福岡県直方市下境2400番地 字餅米もちだんご村餅乃神社前
TEL 0120-12-6311

http://www.mochikichi.co.jp
「えだまめあられ」
新潟味のれん本舗
「コーワ製菓」
静岡県浜松市中区葵東2丁目7-67
TEL 053-436-1797

http://kowaseika.hamazo.tv/

 ここで、いくつかのレシピの引用♪
【炙りまぐろと長芋のわさびドレッシングがけ】(246kcal)
 まぐろは全体を軽く炙り氷水に取り、火を通しすぎないように注意しましょう。
『材料』(2人分)
・まぐろ柵(生食用)・・・200g
・長芋・・・100g
・水菜・・・60g
・玉ねぎ・・・1/4個
・オリーブオイル・・・大さじ1
・A
 SSK焼津産かつお節香る和ドレッシング・・・適量
 練りわさび・・・5g位
『作り方』
①長芋は皮をむいて細め拍子木切り、水菜は4cmの長さに切る。玉ねぎは薄切りにして水にさらしておく。
②フライパンにオリーブオイルを熱し、まぐろを柵ごと軽く焼きスライスする。
③皿に水菜、玉ねぎ、長芋を盛り、まぐろを並べてAのドレッシングをかける。

【かつおのなめろう風】(243kcal)
『材料』(2人分)
・かつお(刺身用さく)・・・100g
・アボカド・・・1/2個
・にんにく、しょうが(各みじん切り)・・・各1片分
・酢・・・少々
・味噌・・・大さじ1
・ポン酢しょうゆ・・・大さじ1と1/2
・ごま油・・・大さじ1
『作り方』
①かつおの半量は角切りにする。アボカドも角切りにして、酢をまぶす。
②残りのかつおは味噌とともに包丁で細かくたたき、にんにく、しょうが、ポン酢しょうゆ、ごま油を混ぜる。
③①、②を和えて器に盛る。
※お好みで細ねぎの小口切りをちらす。

【まぐろのたたき わさびバターソース】(263kcal)
『材料』(2人分)
・まぐろ(刺身用さく)・・・250g
・塩、粗挽き黒こしょう・・・各少々
・A
 しょうゆ・・・大さじ1と1/2
 みりん・・・小さじ2
 わさび・・・小さじ1
・バター・・・20g
『作り方』
①まぐろは塩、粗挽き黒こしょうをふる。
②熱したフライパンに半量のバターを溶かし、①の表面を強火でサッと焼いて取り出し、冷ましておく。
③②のフライパンに合わせたA、残りのバターを入れて弱めの中火にかけ、混ぜながら溶かす。
④②を食べやすく切って器に盛り、③のソースをかける。
※お好みでベビーリーフを添える。

【真鯛のカルパッチョ】(121kcal)
 鯛の柵は冷凍庫に1時間くらい入れてから切ると、きれいに切れます。スプラウトは野菜の芽のことです。ブロッコリー、レタスなど何種類かありますが何でもかまいません。
『材料』(2人分)
・真鯛(刺身用 柵)・・・80g
・スプラウトまたはかいわれ菜 2種・・・各1パック
・細ねぎ(小口切り)・・・2~3本
・塩・ブラックペッパー・・・各少々
・SSK オリーブと旨み たまねぎドレッシング・・・大さじ2~3
・レモン(くし形)・・・1/8個
『作り方』
①鯛は薄いそぎ切りにし、軽く塩・ブラックペッパーを振っておく。
②色の違う2種類のスプラウトを皿に広げ①を上に乗せ、ドレッシングをかけて細ねぎを散らす。レモン汁をかけていただく。

本日のカウント
本日の歩数:9,727歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○みたいだけど×

|

« 神社とお酒の楽しい関係(上) | トップページ | JRさわやかウォーキング「浜松が生んだ郷土の偉人「金原明善翁」を訪ねて」、そして「郷土のうまい!宮崎の幸 味わい弁当」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63725825

この記事へのトラックバック一覧です: 「炙りまぐろと長芋のわさびドレッシングがけ」「かつおのなめろう風」「まぐろのたたき わさびバターソース」「真鯛のカルパッチョ」:

« 神社とお酒の楽しい関係(上) | トップページ | JRさわやかウォーキング「浜松が生んだ郷土の偉人「金原明善翁」を訪ねて」、そして「郷土のうまい!宮崎の幸 味わい弁当」 »