« 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」 | トップページ | 日本列島美味しいものめぐり2016「萬歳楽 純米酒」&「ぶりっ子ジャーキー」 »

2016年6月28日 (火)

「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ホタルはなぜ、光るのか。発光する生物の謎に挑む中部大学准教授の大場裕一さん(46)の仮説には、驚かされる。それは、我々の遠い遠いご先祖さまのせいではないか、というのだ
▼大場さんの新著『恐竜はホタルを見たか』(岩波書店)によると、白亜紀(一億四千五百万~六千六百万年前)の昔、ネズミのような姿をした私たち哺乳類の祖先は恐竜におびえて、夜中にこそこそ動いていた
▼その哺乳類のえさの一つが、虫。虫が天敵から身を守るには、二つの道がある。まずは擬態などで身を隠すこと。もう一つは、毒などを備えた上で「おれを食べると大変な目に遭うぞ」と派手な色などでアピールすることだ
▼ホタルの幼虫には、毒がある。そのことを夜行性の哺乳類に伝えるには、光で警告するのが一番。そうして、ホタルは光り始めたのではないか…との説である
▼この化石も生きていた時は、ホタルの光を見ていたろうか。国内では初となる白亜紀の哺乳類の骨格化石が福井で見つかった。発見した岐阜の小学生は「恐竜がどんなふうに暮らしていたか、想像するのが面白い。もっといろんな恐竜に会いたいから、たくさん勉強します」と語っているそうだ
▼一億年の時を経て現れた化石が、子どもの心に灯(とも)した知的好奇心の光。その光がやがて、わくわくするような進化の物語を、解き明かしてくれるに違いない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016062802000113.html

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「SAPPORO ボルナバハム」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/103057/?scid=rm_190841
 「ウィふり」から、メールが届いた。なんでこんなに格安なの???
 「株式会社リロバケーションズ」様からのお得な情報をお届けします。
 テレビで話題の「体験宿泊」!箱根、伊豆高原、京都などの人気リゾートに、格安で宿泊できる「体験宿泊」の情報をお届けいたします。日程・施設によっては表記料金より割引になる場合も!  
【 プラン内容/お一人様1泊2食付・1日20組限定 】
■特別キャンペーン ¥100~ (詳細はホームページにて)
≪期間中は土曜もおトクなキャンペーン実施中!≫   
◎期間限定!土曜日も1泊2食¥1,500~!!
  【対象エリア】
箱根、勝浦・鴨川(千葉)、伊豆、軽井沢、京都、白浜(和歌山)
 この「体験宿泊」は1日20組限定で、約50平米~140平米の別荘スイートルームが、直近ならなんと1泊2食で100円。それ以外の日程でも3,000円~と毎回人気のプランです。
 温泉も楽しめる人気のリゾート地において、この価格はまさに衝撃。リゾートシステムの紹介、会員募集のために提供された価格設定のため、「滞在中に説明会に参加する」といった条件が付きますが、これからの休日の過ごし方を考えるには良い機会かもしれません。いずれの日程も1日20組と数に限りがあり、人気シーズンのため、早めのアクションは必須!お急ぎください!

http://cl.freeml.com/g?i=002bf603&u=19bcf3c
 株式会社 リロバケーションズ
(東証1部上場 <8876> リロ・ホールディング100%出資)
○E-mail :
pointvacation@relo.jp
○フリーダイヤル:0120-707-336[10時~19時まで]
○住所(本社) :〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-23

 昨日のテレビ「歴史の道 歩き旅」は、「東海道 府中宿~丸子宿」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/arukitabi/
「静岡 府中宿」
<小山忠次郎商店(もぐさ屋)>
・切もぐさ(中・500粒入) 702円
*もぐさ
 ヨモギの葉の裏側の繊毛を精製したもの
 お灸、水あめにからめて食べる
《》
・安倍川餅
「丸子宿」
《松福園》
*本山地区のお茶が静岡茶の元祖
 聖一国師(1202年~1280年 鎌倉中期の臨済宗の僧)が、1241年留学先の中国からお茶の種を持ち帰り、安倍川上流(本山地区)に蒔いた。
・翠芳 100g 1,080円
《丁子屋》
*松尾芭蕉が「梅若葉 丸子の宿の とろろ汁」と詠んだ。
・丸子 1,440円
《喫茶去 夢想庵》
¥「100年モノ」酒器揃(内金張り)

http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=64247/episodeID=973101/

 「博多華丸のもらい酒 みなと旅」は、「神奈川県 小田原漁港」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
*じゃんけん「イーゴ」と言って出す。
・もらいジュース
《魚市場食堂》
・ビール
・まぐろとブリの刺身定食 1,560円
(アジフライつき、小鉢・あら汁つき)
・アジのたたき 700円
※アジフライにかけるのは「しょうゆ」か「ソース」か?
 西日本は醤油(西日本の甘いしょうゆ)、東日本はソース。
 目玉焼きは「しょうゆ」か「ソース」か?
 西日本はソース、東日本は醤油。
・ふるまい酒 小山酒造「丸眞正宗 純米吟醸」
《寿司屋「万采」》やまや水産
・もらい酒「丹沢山 秀峰 純米」
・アオリイカ、金目鯛、炙り太刀魚、石鯛、黒ムツ、ブリの刺身

http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=59455/
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/955871/

 仕事を定時に終え、スーパーに向かう。売り出しの「太平洋産刺身用びんちょうまぐろ」100g98円415g406円、「納豆」50円、「もやし」19円、「298円デミグラスハンバーグ弁当」298円、それに「国産豚肉バラうす切り(大)」100g198円が481円のところ半額で240円を買う。

 「酒&FOOD かとう」に寄る。
http://slowkato.hamazo.tv/
 2016年夏の頒布会「日本列島美味しいものめぐり2016」の6月「梅錦 純米酒」と「萬歳楽 純米酒」、4,050円を伝票にて買い帰宅。
 このシリーズ、おつまみも付いて、美味しいんですよ♪
http://www.meimonshu.jp
「梅錦 純米酒」(愛媛県四国中央市)
 昭和50年代の地酒ブームをリードした名酒。オールファンのなかには、「吟醸香」をこの酒で初めて知ったという方も多いはず。但島流と熊本流の吟醸造りを融合させ独自の境地を拓いた名杜氏・阿瀬鷹治、そして山根福平、さらに現杜氏・中村博へとつながる梅錦流の技を駆使して、最新の酵母「きょうかい1901号」で仕込んだ純米酒は、さすがの完成度。
「江戸ッ子煮 牛肉入り野菜煮」(愛媛県西予市)
株式会社 アール・シー・フードバック
 醤油の味にカレーのほのかな風味が美味しい牛肉入りの野菜の煮物です。白滝、大豆、筍、牛肉、干瓢で巻いた昆布は、国産原料にこだわり、甘辛く煮た懐かしい美味しさです。お酒のおつまみに、食卓のおかずの品にどうぞ。

「萬歳楽 純米酒」(石川県白山市)
 霊峰白山に源を発する手取川が、金沢平野に注ぎ込む、扇状地の要に位置する鶴来の蔵元。ここは、白山の登山口であり、中世の名酒「加賀の菊酒」の伝説が残るところです。風格ある本蔵から白山麓に向かった森林の中にある白山蔵で晩植の酒米「五百万石」で丹念に醸すのは、「金沢酵母」の使い手、能登四天王の後継者と目される家修杜氏です。 
「ぶりっ子ジャーキー」(石川県七尾市)
株式会社 スギヨ
 40cm前後のブリのことを能登ではフクラギと呼びます。能登産の天然フクラギを、秘伝のタレに漬け込み、じっくりと乾燥させました。脂の少ない天然フクラギは身が引き締まり、ビーフジャーキーのようなしっかりとした歯ごたえが楽しめます。

「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」

 帰宅して、今日買った「アジフライ」を、半分にして、醤油とソースで食べてみる。
 確かに「醤油」だとアジの味が分かるな・・・ソースだとソース味になってしまう!!!アジフライは、醤油の方が適しているということか!!!?

「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」

 さらに「298円デミグラスハンバーグ弁当(国産米)」♪
 298円という値段だから、夕方になって値引きがないんだろうな!

本日のカウント
本日の歩数:8,904歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○だけど×

|

« 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」 | トップページ | 日本列島美味しいものめぐり2016「萬歳楽 純米酒」&「ぶりっ子ジャーキー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63840757

この記事へのトラックバック一覧です: 「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」:

« 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」 | トップページ | 日本列島美味しいものめぐり2016「萬歳楽 純米酒」&「ぶりっ子ジャーキー」 »