« スマホで”美味しい料理写真”の撮り方講座 | トップページ | JRさわやかウォーキング「舞阪の潮風と旧東海道の歴史を訪ねて」 »

2016年6月17日 (金)

酸化と老化

 昨日は、6月16日「麦とろの日」。6(む(ぎ))16(とろ)ということらしい。
【うなとろごはん】(504kcal)
『材料』(2人分)
・麦ごはん・・・400g
・うなぎ(蒲焼き)・・・1尾
・長いも・・・120g
・きざみのり、三つ葉、わさび・・・各適量
・酒・・・大さじ2
『作り方』
①うなぎはサッと洗って熱したフライパンに入れ、酒を加えて煮立たせ、ふたをして弱火で約2分蒸し煮にし、汁けがとんだら添付のたれを加えて火を止める。食べやすく切り、たれと合わせておく。
②長いもは粗いみじん切りにする。
③器に麦ごはんを盛り、①、②、きざみのり、ざく切りにした三つ葉、さわびをのせる。
【焼きピーマンのおかか和え】(39kcal)
『材料』(2人分)
・ピーマン・・・4個
・かつお節・・・2.5g
・しょうゆ・・・小さじ1と1/2
・ごま油・・・小さじ1
『作り方』
①ピーマンは半分に切ってヘタ、種を取り、魚焼きグリルでこんがりと焼き、あら熱をとる。
②①を食べやすく裂き、しょうゆ、ごま油で和え、器に盛ってかつお節をのせる。

 昨日のテレビ「ワカコ酒 Season 2」は、第8夜「給料日前のツナ缶マヨ焼き」
http://www.tv-tokyo.co.jp/wakako_zake2/
http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake2/
《五丁目大衆酒場 極楽屋 中野店》
東京都中野区中野5-35-8 新東京アパートAB1F
TEL 3(385)1212
・ポテトサラダ 350円
・ウーロンハイ 300円
※ホッピーの心得①三冷の飲み方
 焼酎、ホッピー、グラスをキンキンに冷やして、氷を入れずに飲む
※ホッピーの心得②
 焼酎1:ホッピー5
※ホッピーの心得③
 混ぜるべからず
※ホッピーの心得④
 勢いよく注ぐべし
※ホッピーの心得⑤
 おかわりの時は、焼酎を中、ホッピーを外と呼ぶ
《缶詰BAR キンコンカン》
神奈川県横浜市中区花咲町2-63 ノグ桜木町ビル1F
TEL 241-9550
・富士山麓ハイボール 480円
・ツナ缶マヨ焼
(ツナ缶の油をとる。タマネギスライスをのせ、マヨネーズをかける。バーナーで炙る。)
(バジルとチーズを載せると、イタリアン風になる)
*蒲焼丼
(ご飯の上に、蒲焼きを乗せ、マヨネーズ、青ネギをのせる)

http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake2/08.html

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」の「極上ウニ専門店「むらかみのウニ」」のレシピ♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/105244/?scid=rm_190841
【「うにむらかみ」のうに丼】
『材料』(1人前)
・生うに・・・80g
・大葉・・・1枚
・わさび・・・適量
・醤油・・・1人前
『作り方』
①炊きたてのご飯の上に生うにを盛り付ける。
②醤油にわさびを溶く。
③大葉で飾りつけをし、たれをうにの上からかけて完成。
【うにグラタン】
『材料』(1人前)
・生うに・・・お好みの量
・粒うに・・・おこのみの量
・ホワイトソース
『作り方』
①ホワイトソースに生うにと粒うに(または塩漬けうに)を混ぜ合わせる。
②グラタン皿に盛り付ける。
③その上に生うにをのせ、オーブンで焼きます。
【うにスキ丼】
『材料』(1人前)
・生うに
・すきやきのたれ(市販)
・玉ねぎ
・三つ葉/刻み海苔
『作り方』
①市販のすき焼きのたれ(ストレートタイプ)を水で割り(1:1)スライスした玉ねぎを入れ、火にかける。
②たれが沸いたら、ウニを入れ玉子でとじる。
③あがりに、三つ葉や刻み海苔をのせ、完成。
【帆立のうに焼き】
『材料』(1人前)
・生うに
・帆立(貝付き)
・玉ねぎ
・赤パプリカ
・パセリ
・卵黄
『作り方』
①帆立貝の不可食部分を取り除き、貝柱、ひも、卵巣に分ける。
②貝柱を横半分にカットし、ひもを3等分に切り分ける。
③貝柱、ひも、卵巣とスライスした玉ねぎ、スライスした赤パプリカをバターで炒める。
④耐熱皿に移し、卵黄と生うにに塩少々をまぜたものを帆立の上にかけ、天火で焼き目を付ける。
⑤仕上げにパセリのみじん切りをのせ完成。
【とろーり うにのクリーム煮】
『材料』(1人前)
・生うに・・・20g
・小麦粉・・・20g
・有塩バター・・・20g
・牛乳・・・220cc
・生クリーム・・・20cc
・鳥ガラスープの素・・・5g
・コンソメスープの素・・・5g
・シメジ・・・1/5房
『作り方』
①有塩バター20gを鍋に入れ火にかける。
②溶けたら小麦粉を入れよく混ぜ合わせ、牛乳220ccと生クリーム20ccを入れて弱火でトロトロになるまで良くかき混ぜる。この時にコンソメ・鳥ガラスープの素、各5gずつ入れる。
③フライパンにサラダ油小さじ1杯を入れて、シメジ1/5房を入れて炒める。生うに20gを形を崩さないように焼く。火が通ったら②のクリームを入れてかき混ぜたら出来上がり。
【無添加生うにとトマトの冷製スープパスタ】
『材料』(1人前)
・パスタ(お好みの太さで)
・トマトピューレまたはトマトジュース
・鳥ガラスープの素
・トマト
・シメジ
・アスパラ
・生うに
・オリーブオイル
・塩、コショウ
『作り方』
※まずスープを作ります。
①お湯を沸かす。
②鳥ガラスープをとります。
③トマトピューレ(トマトジュース)を入れます。
④塩、コショウで味を調えます。
(トマトジュースの塩分にご注意ください。)
⑤生トマトをサイコロ状に切り入れます。
⑥ある程度冷めたら、冷蔵庫に入れて冷やします。
⑦輪切りのトマト、茹でたアスパラを盛り付けます。
⑧トマトの上に生うにをのせスープの完成です。
※次はパスタをゆでます。
①パスタを茹でます。
(いつもより30秒~1分程長く茹でて柔らかめ)
②野菜も下茹でします。
③パスタと野菜を水で冷やします。
④野菜に軽く塩で下味をつけます。
⑤パスタをオリーブオイル、塩、コショウで和えます。
⑥きれいに盛り付けて、生うにをのせ完成です。
※スープをパスタにかけて混ぜて召し上がってください。
※つけ麺風にしてもオススメです。

 「キリンビール」より、メール。「キリンの9つの工場から47都道府県の一番搾り」の案内♪
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/campaign/47ichiban_cp/
 「シマンテック」より、メール。「豪華景品が当たる!?ノートンフェスティバル!」の案内♪
https://www.nortonstore.jp/promo/2016/norton-festival?source=gcp_nortonfestival2016_01_html_160617

 今日は、杏林堂に行き、カレーとかコーヒーとか買おうかなと思ったが、お金がないので、断念↓
 帰宅して、「焼うどん」で一杯♪

 ここで、『やすらぎ通信』第464号 週刊 2013.9.6より、「酸化と老化」の引用。
 この頃、お肌にしみやしわが増えてきたな~。年々、体が少しずつ衰えていくが分かる。40代になると、そんなことを実感する方も多いのではないでしょうか。そんな老化現象は、体の酸化が大きな原因です。これはいわば、体がサビていくこと。リンゴの皮をむいて、しばらくおいて置くと、茶色く変化しますよね。それこそが、まさに酸化です。
「活性酸素と酸化」
 人間が生きていくためには、酸素を取り入れて、食べ物から入った栄養と合わせて、細胞のエネルギーに変えていきます。その際に、活性酸素という物質が生じます。通常は体の抗酸化作用により、活性酸素を処理するのですが、活性酸素の発生量が多すぎたり、体の抗酸化作用が低下すると、体の酸化(老化)がどんどん進んでしまいます。
 活性酸素を増やす原因は、
1、過労や運動のし過ぎ
2、タバコ
3、紫外線
4、ストレス
 運動もがんばってやりすぎると、活性酸素を増やして、かえって老化を早めることにもなりかねません。かといって、運動しないのもダメ。どうすればいいかというと、一度にたくさんやり過ぎないことです。毎日の運動だったら、30~60分。週に1~2度程度の運動だったら60~90分位が理想です。
 紫外線は、神経質になりすぎず、積極的にたくさん浴びることは避けましょう。若いから大丈夫って思っていると、40歳過ぎた頃に、後悔するかもよ。
 ストレスに関しては、なくすのではなく、引きずらないことです。小さなことでも、長く引きずっていると、地道に体にダメージを与えています。ストレスに感じることは、避ける、やめる、棚上げする。一気に解決しようとしないで、とりあえず距離を取る。問題を冷静に見れるようになってから、無理のない解決法を考えるといいです。
 来週は、酸化に強くなる、抗酸化力の高め方を紹介します。
■ 体で覚える食養生

http://www.y-sato.com/diet.html

本日のカウント
本日の歩数:8,282歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.7kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« スマホで”美味しい料理写真”の撮り方講座 | トップページ | JRさわやかウォーキング「舞阪の潮風と旧東海道の歴史を訪ねて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63791824

この記事へのトラックバック一覧です: 酸化と老化:

« スマホで”美味しい料理写真”の撮り方講座 | トップページ | JRさわやかウォーキング「舞阪の潮風と旧東海道の歴史を訪ねて」 »