« 「かつおのにんにく醤油漬け丼」「かつおの味噌だれ丼」「かつおの梅とろろがけ」「かつおもたたきのっけ盛り にんにく酢味噌だれ」「ごまかつお丼」 | トップページ | 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」 »

2016年6月26日 (日)

旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」

 イギリスのEU離脱を受けて、円高などの影響が出ているね。スコットランドが分離するかもしれないし・・・今日の朝刊のコラム欄より、引用。
 足を高々と上げながら歩く男がそのまま、崖から転落していく。米雑誌「ニューヨーカー」の最新号の表紙にそんな不思議なイラストが描かれていた。もちろんEU離脱を選択した英国の国民投票への皮肉である
▼うまい題材で、この崖から平然と落ちていく男は、英国のコメディー集団モンティ・パイソンによる有名なスケッチ(ギャグ)の「バカ歩き省」の官僚。EU離脱の選択を気付かぬまま死に向かう歩き方とこき下ろしている
▼もっとも、EU離脱を支持する人びとには、この種の皮肉や警告もまったく効果がなかったのは確かだ。今回の投票結果を残留派による「プロジェクト・フィアー」(恐怖作戦)の失敗とする分析が英メディアなどに出ている
▼EUから離脱すればGDPは降下し失業率は悪化する。英国は貧乏になる。日本人が聞いても震える警告だが、離脱派にはそれが怖くない
▼なぜならその恐怖は自分たちの生活を顧みることのなかったエリートという敵の宣伝にしか聞こえぬから信じるはずがない。異なる意見への不信。敵意。英国の分裂はそこまで悪化していたか。離脱派には移民に職を奪われるという恐怖の方が排外的であろうと現実的に聞こえてしまう
▼さて、「バカ歩き」の行進は欧州全土や米国へ。日本? 互いに聞く耳持たぬ意見対立という意味ならばとうに始まっているか。脅しではなく。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016062602000106.html

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」で。「かがくの里2016」をやっていた。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
・ホンモロコの養殖
島根県益田市「丸茂ホンモロコを育てる会」山根啓輔さん
・ホンモロコの天ぷら
①ホンモロコを生きたまま日本酒に入れる。
②ざるに上げ、塩コショウ、ごま油で下味を付ける。
③卵と片栗粉をといたツナギに浸す。
④高温でさっと揚げる

 昨日のテレビ「昼のセント酒」は、「第十二湯 浅草蛇骨湯からの天ぷら盛り合わせ」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/
《御菓子処 塩埜》
《梅園》
<蛇骨湯>温泉銭湯
 蛇骨長屋があったのが由来
・460円
《天婦羅 多から家》
・ビール 中瓶 500円
・天婦羅盛り合わせB 1,000円
(きす1、えび2、なす1、大葉1)

http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/story/index.html?story=s_12

 「孤独のグルメ」は、「最終話 目黒区中目黒のソーキそばとアグー豚の天然塩焼き」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/
《木山Dining》
東京都目黒区上目黒3-1-13 B1F
・鳥もも肉のステーキ 特製和風ダレ 500円
《草花木果》
東京都目黒区上目黒
・パイナップルジュース
・黒豚アグーの沖縄天然塩焼き 1500円
・にんじんシリシリー
・タコライス
・ソーキ(豚の骨付き肉)そば
・ブルーシールアイスクリーム
☆島らっきょう 500円
☆ビール
☆らふてぃ丼 900円(※ディナー時は1000円)黒米使用

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/story/

 「ごはんジャパン」は、「愛知県日間賀島 冷凍でおいしくなるタコの秘密」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《ラ・ロシェル》
・ホワイトアスパラガスとサーモンのモザイク仕立て
※タコは冷凍にした方が繊維が柔らかくなる。
 筋繊維に隙間ができるため食感が柔らかくなる。
 冷凍による細胞破壊でタンパク質が分解され、うま味や甘味が増える。
「久渕港」
<北川さん>タコ壺漁
 内臓をとる
 マイナス28度で冷凍
・生タコ刺し
(吸盤をまな板に吸いつかせ、タコの皮を剥ぐ)
・タコの冷じゃぶ
・タコ飯
(《御やど 乙姫》)
☆フレンチ風たこ焼き
①パンケーキの生地にぶつ切りにしたタコを入れる。フライパンで小さなパンケーキのように焼く(たこ焼きくらいの大きさ)。
②トマトとレモンでマリネしたタコをたこ入りパンケーキで挟み、「バルサミコとマヨネーズ」「アサリのクリームソース」の2つの味でいただく。
<たこ焼きのソース>
・バルサミコとマヨネーズ
・アサリの生クリームソース
(ニンニクとオリーブオイルでアサリを炒める。水を入れる。バター)
★グリーンアスパラガスのシャルロット 真空にしたタコを飾って・・・
(タコと和風だしを入れたパックを真空調理機に入れて、袋の空気を抜いて加熱する)

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0059/

 買い物に出掛ける。
 ドラッグストアーで「サッポロ 黒ラベル」1,058円、それに「豆腐」59円のところ20%引きで50円を買う。「はごろも舞」が204円だと思っていたら、違う商品だと!!!
 「サッポロ 黒ラベル」は、「黒ラベル<黒>が当たる!キャンペーン」を実施中なんだね♪
黒ラベル史上初めての黒ビール!
 抽選で5万名様に当たる!!
《2016年限定・黒》

 「LOTO 7」の6等は、1,2000円なんだね↑↑↑

 スーパーで「納豆」50円、「アメリカ産豚肉ロース生姜焼き」100g98円のもの357gで349円、「オーストラリア産牛肉こま切れ」100g108円のところ375gで405円、「298円和風おろしハンバーグ弁当」を買い帰宅。 

 帰宅してレシートを見たら、杏林堂で買った「小野万 いか塩辛職人」213円のところ2割引きで171円・・・のはずが、値引きしてなかった!!!もう1回お店に行く気力はないしな↓
 杏林堂に電話をしたら、今度行った時にレシートを持ってサービスカウンターに行けば返金してくれるという・・・(ありがとうございます)・・・これから、買った後にレシートはしっかりと見ようっと!
旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」

三陸 気仙沼仕込み 塩辛職人
100gあたり114kcal
株式会社 小野万
宮城県気仙沼市松崎馬場12-1
TEL 0120-750-718

旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」

 昼食は「カレー職人 老舗洋食カレー」♪電子レンジでも温めることができるんだね♪♪
ドミグラスソースの深いコク
本格的なソースが楽しめる
 あめ色玉ねぎやトマトをベースに、ドミグラスソースで仕上げたコクのあるカレーです。
中辛
1人前/170g104kcal
江崎グリコ株式会社
大阪市西淀川区歌島4-6-5
TEL 0120-917-111

http://www.glico.co.jp

 夕方は、まず、「きゅうりの塩もみ」で一杯♪夏野菜がおいしい季節になったね↑
旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」

 そして、「298円和風おろしハンバーグ弁当(国産米)」で一杯♪これが美味しいんです↑
白飯(国産米)、ハンバーグ、その他付け合わせ

 『ふれ愛交差点』2016年6月号に「簡単レシピのお漬け物」が載っていたっけね。この時期は、らっきょうが食べたい雰囲気なんだな!
【らっきょうの甘酢漬け】
 塩で下漬けしない作り方なので、冷蔵庫で保存します。保存状態が良ければ3~4ヵ月保存できます。
『材料』(作りやすい分量)
・らっきょう(泥付き)・・・350g
・A
 赤唐辛子・・・2本
 塩・・・大さじ1
 砂糖・・・100g
 酢・・・2カップ
 水・・・1カップ
『作り方』
①ステンレスかホーローの鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、砂糖が溶けたらボウルに移して冷ます。
②らっきょうはひと粒ずつばらし、きれいに洗って清潔な布巾で水けをきちんとふく。先端と根を切り、薄皮をむく。鍋に入るサイズのざるに入れる。
③鍋にたっぷりの湯を沸かし、②をざるごと入れて30秒数えて引き上げ、水けをよくきって熱いうちに①に漬ける。そのままあら熱をとり、保存容器に移す。2~3日後から食べられます。
【枝豆のピリ辛塩漬け】
 冷蔵庫で保存し、3~4日で食べきりましょう。
『材料』(作りやすい分量)
・枝豆(正味)・・・20g
・昆布(8×4cm)・・・1枚
・A
 赤唐辛子(輪切り)・・・ひとつまみ
 塩・・・大さじ1
 水・・・2/3カップ
『作り方』
①枝豆は熱湯でサッとゆでてさやをむき、昆布は2cm角に切り、保存袋に入れる。
②Aは鍋に入れて約1分煮立たせ、①に加えて冷ます。空気を抜いて密閉し、冷蔵庫に入れ、ひと晩漬ける。
【パプリカの即席ピクルス】
 冷蔵庫で保存し、1週間ほどで食べきりましょう。
『材料』(作りやすい分量)
・パプリカ(赤・黄)・・・各1個
・A
 ローリエ・・・1/2枚
 塩・・・小さじ1強
 砂糖・・・大さじ2
 酢・・・2/3カップ
『作り方』
①パプリカはひと口大の乱切りにし、熱湯に入れてすぐにざるに上げる。
②Aはステンレスかホーローの鍋に入れて約1分煮立たせる。
③①の水けをふいて保存容器に入れ、②を熱いうちに注ぎ入れる。冷ましてふたをし、冷蔵庫に入れ、半日ほど漬ける。
「ジャムも手作りで!」
【夏みかんのマーマレード】

 冷蔵庫で保存し、3週間ほどで食べきりましょう。
『材料』(作りやすい分量)
・夏みかん・・・4個
・砂糖・・・夏みかんの正味重量の50%
『作り方』
①夏みかんは外皮と実に分ける。外皮は白いわたを取る。
②実は薄皮をむいてステンレスかホーローの鍋に入れ、砂糖を加えてひと晩おく。種はお茶パックなどに入れる。
③外皮はたっぷりの熱湯に入れて約20分ゆでてざるに上げ、流水をかけて冷まし、細切りにし、かぶるくらいの熱湯で約20分ゆで、ゆで汁ごとひと晩おく。
④③の水けをよくきって②の鍋に加え、種のパックも加えて中火にかけて煮る。時々かき混ぜ、軽くとろみがついてきたら火を止める。熱いうちに保存容器に移して冷まし、ふたをして冷蔵保存する。
【キウイのコンフィチュール】
 冷蔵庫で保存し、2週間ほどで食べきりましょう
『材料』(作りやすい分量)
・キウイフルーツ・・・6個
・砂糖・・・キウイの正味重量の30%
『作り方』
①キウイは2cm角に切り、ステンレスかホーローの鍋に入れて砂糖をかけ、そのまま約1時間おく。
②砂糖がほぼ溶けてキウイから水分が出たら、中火にかけて煮る。時々そっとかき混ぜ、汁けがなくなってきたら火を止める。
③熱いうちに保存容器に移して冷まし、ふたをして冷蔵保存する。
※レシピの保存期間は、保存状態などによって変わりますので、あくまでも目安とお考えください。
「ポッカレモン100で漬け込みレシピ」
【キウイフルーツのサワードリンク】

『材料』(作りやすい分量)
・キウイフルーツ・・・120g
・ポッカレモン100・・・120ml
・グラニュー糖・・・120g
『作り方』
①耐熱容器のボウルに2cm角に切ったキウイフルーツ、ポッカレモン100を入れ、電子レンジ(600W)でラップをしないで約3分加熱し、グラニュー糖を入れて溶かし、さらに2分加熱する(合計5分間)。
②冷えてから広口ビン等に移し替える。
 できあがったサワードリンクは、水・炭酸水などで4倍に薄めてお召し上がりください。
*アレンジ1
 牛乳を入れてキウイラッシー
*アレンジ2
 炭酸で割ってキウイスカッシュ
*レモンの豆知識
 レモンを入れて漬け込むと、果実の甘酸っぱい風味や香り成分がUPします。

 ここで「全国旨いもん」より、「対馬あなご佃煮」(長崎県)の引用。
ふわふわ蒲焼き風
 2004(平成16)年に対馬島内の六町が合併して生まれた長崎県対馬市。島のほぼ中央部に位置する豊玉町も、合併に加わったかつての自治体のひとつだ。ここは、南に面した壱岐対馬国定公園の浅茅湾など、自然景観に恵まれ、さらに魚介豊富なところでも知られる。
 特に町の西側海域は日本有数のアナゴの産地。対馬海流にもまれ育つことで、肉厚で脂がのって旨いと評判。鮮魚だけでなく煮アナゴや開きなどに加工され、市の推奨品にも指定されているほど。第三セクターの豊玉町振興公社も各種製品を作っており、なかでも同じく推奨品の「対馬あなご佃煮」が人気という。
 「沖合に籠を沈め、魚を傷つけずに捕獲する、籠漁という独特の漁法で捕った天然真アナゴを活き締め。地元の醤油をベースにした独自の調味液で丹念に煮込みました」と、総括マネジャーの日高勝也さん。電子レンジで30~40秒温めれば、ふんわりとした優しい口当たりと、上品な甘辛さの蒲焼き風な味わいを楽しめる。酒の肴にいいが、寿司の具やお茶漬けでもおいしい。販売は直営のとよたま物産展が行っている。
【取り寄せ先】
とよたま物産展
長崎県対馬市豊玉町仁位988
TEL&FAX 0920(58)8030
対馬あなご佃煮1袋(80g)、税込み648円(送料別途)
※商品は冷凍便で発送
※詰め合わせ「対馬からの味便り」(あなご佃煮×2袋、剣先イカ一夜干し2~3枚、スルメイカ一夜干し1枚、アジの開き3枚)税込み3000円も好評

http://www.toyotama-bussanten.shop-site.jp/

 さらに、「旬の野菜遊び・私流」より、「オカヒジキ」の引用。
姿は似ても海藻にあらず
・和名:陸鹿尾菜 ヒユ科オカヒジキ属
・英名:saltwort
・食べられる部分:若葉、若茎
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンA、ビタミンK、カリウム、カルシウム
 鮮やかな緑色のふさふさした姿。数ある野菜の中でも、オカヒジキは独特だ。
 海藻のヒジキに形が似ているから陸のヒジキ。それが名前の由来というが、陸=オカという言葉には、ちょっと残念な響きがある。オカヒジキはヒジキとは全くの別物なのに。
 「海松菜(ミルナ)」という別名もあり、こちらは海藻の「海松(ミル)」に似ているからと。そもそも松葉に似ているから海の松なのに、もうひとひねりというわけだ。
 もちろん、オカヒジキは海藻ではなく、れっきとした野菜だ。しかも、ビタミン類を豊富に含む、優れた緑黄色野菜なのだ。ただし海と無縁ではなく、もともとは海辺の砂地に広く自生していたという。塩分が多い地で元気に茂る多肉植物だから、ミネラル分もたっぷり。次々に出る若芽を収穫することから「若芽ひじき」とも呼ばれる。
 栽培が始まったのは江戸初期。山形県の内陸部が最初とされる。海岸から最上川をさかのぼり運ばれたらしい。今では全国各地でハウス栽培が盛ん。本来の旬は春から初夏にかけてだが、ほぼ通年店頭に並ぶ。
 風味はいたっておろなしく、味や香りにはほとんどクセがない。持ち味はシャキシャキした歯応え。さっと湯がいて、鮮やかな緑と食感を味わいたい。おひたしや和え物、サラダなど、さまざまに利用でき、あらゆる料理のアクセントとしても活用する。それこそ海藻代わりの刺し身のつまにもどうぞ。

本日のカウント
本日の歩数:6,144歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.1kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「かつおのにんにく醤油漬け丼」「かつおの味噌だれ丼」「かつおの梅とろろがけ」「かつおもたたきのっけ盛り にんにく酢味噌だれ」「ごまかつお丼」 | トップページ | 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」:

« 「かつおのにんにく醤油漬け丼」「かつおの味噌だれ丼」「かつおの梅とろろがけ」「かつおもたたきのっけ盛り にんにく酢味噌だれ」「ごまかつお丼」 | トップページ | 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」 »