« 旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」 | トップページ | 「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」 »

2016年6月27日 (月)

奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 十代の女の子がインターネットの動画サイトで、あるロックバンドを発見した。見たことがないので、どうやら新人らしいのだが、実にカッコいい
▼ハンサムだし、第一、こんなに刺激的な音楽を聴いたことがない。女の子はすっかり夢中になって、動画のコメント欄にこう書き込んだ。「この新人バンドについてもっと教えてください」
▼この実話のオチはこうである。女の子を魅了したのは、「新人バンド」ではなく、ビートルズだった。約半世紀前の四人の演奏映像をたまたま見て、新しいと感じたらしい。今なお若者を魅了し続ける音。古いカブトムシファンなら「そうだろう」と胸を張りたくなる話かもしれない
▼一九六六年六月の来日から五十年である。武道館で黄色い歓声を上げていたお嬢さんが当時二十歳だったとすれば、現在は七十歳である
▼当たり前の計算だが、その方が時代を経て今なお「デイ・トリッパー」を聴き、子どもやお孫さんに愛と平和の音楽について語っていると想像すれば、四人の音楽の大きさが分かるだろう
▼若いファンはおばあちゃんやおじいちゃんに聞くといい。ひょっとしたら長年のファンで「武道館ではポールのマイクが振動で動いて大変だった」なんて教えてくれるかもしれぬ。ああ見えて、不良になると叱られても若者の情熱の音楽を愛した、わが国最初のロック世代なのである。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016062702000109.html

 昨夜のテレビ「林先生が驚く 初耳学!」。
http://www.mbs.jp/mimi/
・『料理の四面体』
《芳光》
愛知県名古屋市東区新出来1-9-1
TEL 052-931-4432
・わらび餅 295円

 「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「沼津市戸田」
・神代杉
 長い年月 地中や水中に埋もれ半化石化した物
<伊藤さん>BBQ
・戸田産赤エビの塩焼き
・トロボッチの塩焼き
・高級魚アカムツ(ノドグロ)
<和田家>
・カツオのタタキ
・ニギス(メギス)のフライ
・美樹お手製 サバカツサンド
「山形県金山町」
・ホバークラフト
 除草剤散布用
 山形県のブランド米 つや姫
<佐藤さん>万能鍋ダッチオーブン
・スタッフドチキン
①刻んだタマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニクをチキンに詰める。
②ダッチオーブンに入れ、まわりにジャガイモ、玉ネギを置き、焼く。
*アキタブキ
・フキの肉詰め
・フキのみそ漬け

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0060/

 「ごちそうカントリー」は、「富士宮 セレ豚(ブー)」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
 イノシシに近い品種で肉の色が赤いのが特徴。脂身に甘みがあって、しつこくない。適度な弾力がある。
《和風料理 花月》
富士宮市矢立737
TEL 0544-23-4141
・セレ豚セット 3,240円(税込み)
(セレ豚 トンカツ、セレ豚 柳川風、セレ豚 豚汁)
<農事組合法人 富士農場サービス>朝霧高原
*世界六大原種豚
 ヨークシャー
 バークシャー
 ランドレース
 大ヨークシャー
 デュロック
 ハンプシャー
・セレ豚=ミン豚(満州豚)オス+世界六大原種豚
 セレクトできる豚=セレ豚

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=49264
 「セレ豚・ルイビ豚 詰め合わせ 1kg」のプレゼントに応募↑
https://docs.google.com/forms/d/1pG17EZuUltFgmTmWJ887FZfLnWUrpyR-rV3-MLQUL7I/viewform?c=0&w=1

 「キャイン~ン&おかずクラブ 激ウマ西遊記」。
http://www.ctv.co.jp/gekiuma/
「愛知県」
《麺屋はなび》
・元祖台湾まぜそば
《まぜそば小島屋》
・ベトコンまぜそば
「岐阜県」
《川原町泉屋》
・炭火焼 鮎らーめん
「福井県」
《パラッツォ 美浜店》
《喫茶オーロラ》
・へしこパスタ
「山梨県」
《くれちうどん》
・肉うどん
《桜井うどん》
・元祖キャベツうどん
《手打ちうどんムサシ》
・冷やしうどん(肉・天ぷらのせ)
《焼酎・鉄なべ しゅんちゃんち》
・なべバーグうどん
「長野県」
《蕎麦倶楽部 佐々木》
・鴨つけそば

 「名代 釜庄」より、楽天メール。「桜桃・りんご・みかん 入り シューフルーツ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/c/0000000806/?scid=rm_192960

 仕事を若干遅く終え帰宅。爺婆が垣根を刈って下さっていた・・・ありがとうございます。夏の仕事が減りました♪♪♪
 帰宅して、古新聞・古雑誌を持ってスーパーに向かう・・・懐かしい顔に出会った!
 古紙10.4kgで10ポイントをもらう。
 スー^パーにて、売り出しの「本生 にんにんく」「本生 本わさび」105円、それに「明治ブルガリアヨーグルト」159円を買い帰宅。

 帰宅して「トマトチャンプルー」で一杯♪
奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」

 豆腐は、昨日20%引きで買った「遠州きぬ豆腐」。
奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」

 トマトは、先日無人販売で買った2ヶ100円のトマト・・・これが、美味しいんですよ♪トマトが美味しい季節だね!!!

 ここで、『Clife』2016年7月号の「楽しくておいしく!奥園壽子のスピードごはん」より。「トマト料理」の引用♪
とっても簡単、でも味はお墨付き!思わず家族が笑顔になる、そんなレシピを紹介します。
 トマト好きには、うれしい季節の料理です。今月はいつもの食べ方とはちょっと違う、「トマト料理」を紹介します。トマトをたっぷり食べられるのはもちろん、いつもの料理にトマトをプラスすることで、うま味がアップしておいしくなります。
*奥園 壽子(おくぞの としこ)
 繰り返し食べても飽きない家庭料理に魅せられ、「料理は楽しくシンプルに」をモットーに、いらない手間を省いたおいしい”ラクうま料理”を提唱。
【トマトチャンプルー】(305kcal)
『材料』(2人分)
・A
 豚肉切り落とし・・・100g
 しょうゆ・・・小さじ1
 片栗粉・・・小さじ1
・B
 片栗粉・・・小さじ1
 水・・・小さじ1
 卵・・・2個
 塩・・・少々
・木綿豆腐・・・1/2丁
・トマト(ざく切り)・・・1個
・青ネギ(小口切り)・・・適宜
・かつお節・・・1パック(4g)
・しょうゆ・おろしショウガ・・・適宜
・ごま油・・・適宜
①豆腐は食べやすい大きさに切り、キッチンペーパーを広げたトレーの上に5分ほどのせて水切りする。
②Aの豚肉はしょうゆと片栗粉をもみ込む。
③Bを上から順に混ぜあわせておく。
④フライパンにごま油を熱して豚肉を炒め、いい焼き色が付いたら豆腐を入れる。
⑤豆腐にいい焼き色が付いたら、トマトを加えてさっと炒める。
⑥かつお節を振り入れ、③を回し入れて全体に大きく混ぜる。
⑦卵が好みのかたさになったら器に盛る。しょうゆとおろしショウガを混ぜたものをかけ、青ネギを散らす。
POINT
 トマトは炒めすぎないのがコツ。片栗粉を入れた溶き卵を回し入れることで、トマトの水分をうまくまとめてくれます。ショウガじょうゆが合うので、お好みでかけてください。

【トマトのキムチあえ】(84kcal)
『材料』(2人分)
・トマト・・・1~2個
・白菜キムチ・・・50g
・ごま油・・・少々
・しょうゆ・・・少々
・青ネギ(小口切り)・・・適宜
・いりごま・・・適宜
①トマトは食べやすい大きさに切る。
②全ての材料を混ぜ合わせる。
POINT
 トマトの酸味とうま味で、キムチの辛さがマイルドになりおいしさが引き立ちます。そのままサラダ代わりに食べるのもいいですが、そうめんや冷ややっこにかけてもおいしいです。

【トマトのおひたし】(106kcal)
『材料』(2人分)
・A
 水・・・1カップ
 昆布・・・1×10cmのもの1枚
 しょうゆ・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ2
・トマト・・・2~3個
・かつお節・・・1パック(4g)
・ミョウガ、おろしショウガなど薬味・・・適宜
①トマトは4つ切りにする。
②Aを鍋に入れて火にかけ、沸騰したらトマトを加える。ひと煮立ちしたら火を止めてかつお節を入れ、そのまま冷ます。
③粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やし、食べるときに、ミョウガ、おろしショウガなどの薬味をのせる。
POINT
 トマトは余熱でもどんどん熱が入るので、あまり加熱し過ぎないほうが、きれいに仕上がります。漬け汁ごと、そうめんにかけるのもおすすめ。

【鶏むね肉のトマトチリソース炒め】(239kcal)
『材料』(2人分)
・A
 鶏むね肉・・・1枚
 塩・・・小さじ1/4
 片栗粉・・・大さじ1
・B
 豆板醤・・・小さじ1/2~1
 ケチャップ・・・大さじ1
・C
 トマト(ざく切り)・・・1個
 ショウガ(すりおろし)・・・1片
・D
 水・・・50ml
 砂糖・・・大さじ1
 しょうゆ・・・大さじ1
 片栗粉・・・小さじ1
・長ネギ(みじん切り)・・・1/2本
・水菜(ざく切り)・・・適宜
・ごま油・・・適宜
①Aの鶏むね肉は皮を取り、縦半分に切って一口大のそぎ切りにする。塩と片栗粉をもみ込む。
②フライパンにごま油を熱して、鶏もも肉を両面こんがりと焼く。
③Bを入れて、ケチャップがねっとりするまで炒める。
④Cを加えてさっと炒める。Dを混ぜ合わせて一度に入れ、全体にからめる。
⑤最後に長ネギを混ぜ、水菜を敷いた器に盛る。
POINT
 鶏むね肉をこんがり焼いてからケチャップと豆板醤を入れ、からめながら炒めるのがコツ。ケチャップがねっとりするまで炒めることで、ぐっとコクが増します。

奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」

 デザートは、頂いた「餅のおまつりこまち」。
梅ざらめ味
1m氏10当たり44kcal
「株式会社 もち吉」
福岡県直方市下境2400番地
TEL 0120-12-6311

http://www.mochikichi.co.jp

奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」

 それに「ランゲン(黒ごま)」(^^♪
(株)グーニヒス クローネ」
神戸市灘区浜田町1丁目2-9(浜田工場)
TEL 0120-77-96-02

http://konigs-krone.co.jp/

本日のカウント
本日の歩数:8,669歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)○のようだけど×

|

« 旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」 | トップページ | 「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥園壽子のスピードごはん トマト料理「トマトチャンプルー」:

« 旬「らっきょうの甘酢漬け」、そして「対馬あなご佃煮」 | トップページ | 「アジフライは醤油?それとも、ソース?」、そして「梅錦 純米酒」「萬歳楽 純米酒」 »