« 「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」 | トップページ | 海外気分を満喫!アジア麺とりっぷ »

2016年5月23日 (月)

食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食「あじとトマトのマリネ」「まぐろのごまだれごはん」「落とし とろろ汁」

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「浜松のブランド野菜 三方原馬鈴薯のおいしさの秘密」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<長谷農園>
*三方原馬鈴薯の特徴
 皮がツルツルで白い
 豊かな風味
 デンプン価が高い
 ホクホク感がある
・ふかし芋(バターをのせて)
《珈琲・食事の店 こくりこ》
浜松市西区大山町3806-2
TEL 053-420-3030
・三方原馬鈴薯・新じゃが コロッケ定食 1,000円(税込み)
(ふかした馬鈴薯とゆで卵を混ぜて使用)
・三方原馬鈴薯・新じゃが じゃがバターケーキ コーヒーとセットで600円(税込み)
※コロッケもじゃがバターケーキも新じゃがのシーズン(7月末ごろまで)の限定発売

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=48858
 「視聴者プレゼント」に応募↑↑↑
http://group.ja-shizuoka.or.jp/

 「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「山形県金山町」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
《栗田米穀店》
・よもぎ餅
<松の木公民館>《青柳鮮魚》
*カド焼き(東北地方で春の訪れを祝う伝統行事)
・カド(ニシン)春告魚とも呼ばれ縁起ものとして食される
・もつ煮(馬モツ)
・ぼたんこ(鯉の頭の塩焼き)
・鯉のカルシウム煮
・コゴミのゴマ和え
・焼き豆腐
・ぼたんこ酒
<>
・赤コゴミのゴマ味噌和え
①赤コゴミは塩を入れた熱湯で軽く下ゆでしたら、すぐに上げ、水で冷やす。しぼる。
②砂糖と味噌を合わせたすりごまで和える。
・ヒロコとイカの酢味噌和え
①ヒロコ(ノビル)の薄皮をむき、熱湯にさっと入れて辛味を抜いたら、ほそ切りにして茹でたイカをあわせ、砂糖と酢で合わせた酢味噌で和える。
・行者ニンニクの肉炒め
①フライパンに油を熱し、ブタ肉と行者ニンニクを炒める。焼き肉のタレで味付け。
・たらの芽の天ぷら
・きのこの炒り物
・アケビのおひたし
・アイコのおひたし(塩ゆで)

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0055/

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 帰宅して「豆腐丼」で一杯♪・・・「豆腐丼」って、「豆腐しらす丼」の「しらす」抜きのヤツだよ!これはこれで美味しいよ♪
食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食「あじとトマトのマリネ」「まぐろのごまだれごはん」「落とし とろろ汁」

 昨日買った「遠州きぬ豆腐」を使う♪
生だから旨い
 非加熱製法にこだわった大豆本来の旨味と甘味を味わう本格「生」とうふ
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

「豆腐しらす丼」
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2016/04/post-0513.html

 ここで、『ふれ愛交差点』2016年5月号の「食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食」より、引用。
基本を知れば、いつもの料理がワンランクアップ。格別の味わいに変わります。後藤先生の手ほどきで家庭料理をもっとおいしく!
 今月ご紹介するのは、旬の味とトマトをたっぷり使った「あじとトマトのマリネ」と、かんたんなのにごちそうメニュー「まぐろのごまだれごはん」です。お汁は「落とし とろろ汁」。彩りの良い組み合わせで、食卓に笑顔がこぼれます。

http://kazuko-sansyo.com/
【あじとトマトのマリネ】(362kcal)
揚げたあじとトマトの相性がバツグン
『材料』(4人分)
・あじ・・・4尾
・トマト・・・中6個
・ホワイトアスパラガス・・・4本
・青じそ・・・10枚
・天ぷら粉・・・1/2カップ
・揚げ油(サラダ油)・・・適量
<マリネ液>
・A
 酒(煮きり酒)・・・大さじ3
 米酢・・・大さじ4
 薄口しょうゆ・・・大さじ3
 マーマレード(甘さが少ないもの)・・・大さじ5
 レモン汁・・・大さじ2
 オリーブ油・・・大さじ2
『作り方』
①バットに<マリネ液>の材料をすべて入れ、よく混ぜておく。
②トマトは小さく切り、電子レンジに2~3分かけ、①に入れて、フォークの背で軽くつぶしてマリネ液を作る(少しおいた方がおいしくなります)。
③ホワイトアスパガラスはゆでて、食べやすい大きさに切る。青じそはせん切りにする。
④あじは3枚におろし、縦半分に切って薄く塩(材料外)をふりかける。天ぷら粉をはたき、170℃の揚げ油で2~3分カラッと揚げ、熱いうちに②のマリネ液に浸す。
⑤④を器に盛り、ホワイトアスパラガスと青じそを添える。
POINT
 トマトは完熟しているぐらいの方がおいしいです。

【まぐろのごまだれごはん】(497kcal)
ごまだれのコクで、ごはんがよりおいしく
『材料』(4人分)
・まぐろ(赤身)・・・1さく(150g)
・みょうが・・・4本
・ごはん・・・茶碗4杯分
<漬けだれ>
・A
 ごまペースト・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ2
 酒(煮きり酒)・・・大さじ2
 みりん・・・小さじ1
 卵黄・・・1個
『作り方』
①まぐろは1cmの厚さに切る。みょうがは薄切りにする。
②ボウルに<漬けだれ>の材料をすべて入れ、混ぜる。
③②に①のまぐろを入れて和える。
④ごはんを器によそい、③をのせ、みょうがを添える。
POINT
 炊きたてのごはんは、人肌ていどの温かさに冷ましてから混ぜるようにしましょう。

【落とし とろろ汁】(21kcal)
とろろの食感もごちそうです
『材料』(4人分)
・やまといも(すりおろし)・・・大さじ4
・さやえんどう・・・8枚
・エリンギ・・・1本(50g)
・かつおだし汁・・・3カップ
・薄口しょうゆ・・・小さじ1/2
・塩・・・小さじ1/4
『作り方』
①さやえんどうは筋を取り、半分に切る。エリンギも食べやすい大きさに切る。
②鍋にかつおだし汁を入れて火にかけ、温まったら、やまといもをスプーン2本で団子にするようにして落とし入れ、薄口しょうゆと塩を入れて味付けする。
③①を加えて、サッと煮る。
POINT
 やまといもを落とし入れる際、汁が熱すぎると散ってしまうので、沸騰させないぐらいで落とし入れましょう。

本日のカウント
本日の歩数:7,258歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」 | トップページ | 海外気分を満喫!アジア麺とりっぷ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63673488

この記事へのトラックバック一覧です: 食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食「あじとトマトのマリネ」「まぐろのごまだれごはん」「落とし とろろ汁」:

« 「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」 | トップページ | 海外気分を満喫!アジア麺とりっぷ »