« 強いチームと弱いチームの違い | トップページ | 食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食「あじとトマトのマリネ」「まぐろのごまだれごはん」「落とし とろろ汁」 »

2016年5月22日 (日)

「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」

 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「産地直送!子持ち甘えび」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/amaebi-dai500g-1/?scid=rm_193917
 「クラブツーリズム」より、メール。「大人も!子供も!楽しめる!家族で旅行を楽しもう!」の案内♪
http://www.club-t.com/special/japan/family/index10.htm?waad=gcD7zTIt
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「「父の日は、家でゆっくり、至福の晩酌を楽しんでくださいね♪」。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/suigodori/fathersday.htm?scid=rm_197493

 今日、5月22日は、「たまご料理の日」らしい。
 「たまご(5)」、「ニ(2)ワトリ、ニ(2)ワトリ」の頃合わせから、全日本うまいもん推進協会によって5月22日に制定されました。
【スパニッシュオムレツ】(1/4量分211kcal)
『材料』(16cmのフライパン1台分)
・卵・・・3個
・じゃがいも・・・2個
・たまねぎ、パプリカ(赤)・・・各1/2個
・ベーコン・・・3枚
・塩・・・小さじ1/2
・こしょう・・・少々
・オリーブ油・・・大さじ1
『作り方』
①じゃがいもはいちょう切りに、たまねぎは薄切りに、パプリカは2cm四方に、ベーコンは短冊切りにする。
②フライパンに半量のオリーブ油を入れて熱し、①を入れ、中火で炒めて火を通す。
③ボウルに卵を溶きほぐして塩、こしょうを混ぜ、②を熱いうちに加えて混ぜる。
④フライパンに残りのオリーブ油を入れて熱し、弱火にして③を流し入れ、ふたをして約10分焼き、裏返してふたをし、さらに約5分焼く。
【にんじんとオレンジのスペイン風サラダ】(97kcal)
『材料』(2人分)
・にんじん・・・100g
・オレンジ・・・1個
・にんにく・・・1片
・A
 酢・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/4
 こしょう・・・少々
・オリーブ油・・・大さじ1
『作り方』
①にんじんはせん切りにし、オレンジは薄皮をむき、ともにボウルに入れる。
②フライパンにオリーブ油を入れ、たたいてつぶしたにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出たら①に加え、Aも加えてよく和える。
※お好みで刻んだイタリアンパセリをちらす。

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」で、「かがくの里 2016」」をやっていた。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
*サツマイモ
 熱帯性のため寒さに弱く9℃を下回ると腐る。18℃を上回ると芽が出る。12℃~15℃の間で保存。(冷蔵庫には入れない方が良い。)
「石焼きイモの作り方」(ベニマサリ)
①落ちていた石を洗い、鍋に敷き詰める。
②20分ほど石を熱したらサツマイモを入れフタを閉める。(はぜる石があるので注意!ホームセンターなどで売っている石焼き用の石なら大丈夫。)
②1時間焼く。
「堆肥の作り方」
 堆肥は土の中の微生物が落ち葉などを分解することでできる。落ち葉に米ぬかを混ぜる。米ぬかが微生物のエサとなり、その動きがより活発になる。
 水を加える。1年で堆肥になる。
 堆肥を畑にまけば、作物の栽培に適した土になる。
「サツマイモの栽培」
 たねイモを殺菌する。48℃のお湯(熱湯と水を半分ずつ)にサツマイモをつける。これを保ちながら40分。
 苗床に植える。(サツマイモが芽を出しやすい環境は20℃~27℃の土壌。)

 昨日のテレビ「昼のセント酒」は、「第七湯 練馬桜台 久松湯からの唐辛子餃子」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/
<天然温泉 久松湯>
・460円
《桜台の餃子家》
TEL 3992-1601
・生ビール 480円
・唐辛子餃子 6コ 250円

http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/story/index.html?story=s_07

 「孤独のグルメ」は、「第七話 武蔵野市 吉祥寺 喫茶店のナポリタン」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
《ミートショップ サトウ》
・丸メンチカツ 180円
《ランチ&食事とお酒 カヤシマ》
東京都武蔵野市吉祥寺本町
TEL 0422-21-6461
・ワクワクセット(ナポリタンとハンバーグ) 950円
(ポークジンジャー、ハンバーグ、あらびきソーセージ、シューマイから1品選択、・みそ汁付き)
・ごはん 200円
☆ワクワクセット(ナポリタンとシュウマイ) 950円
(ハンバーグ、豚肉生姜焼き、荒びきソーセージ、シュウマイ(3ヶ)より、1品選択)
 セットメニューでお勧めが、ポークジンジャー。
☆シークヮーサー・サワー

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/story/chapter7.html

 「ごはんジャパン」は、「静岡県藤枝市 新茶 手揉み茶のおいしさの秘密」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《クリオロ》東京都板橋区
<道の駅 玉露の里>
・茶室体験 510円(玉露または抹茶、茶菓子付き)
(50℃以下で淹れる)
<住田茶園>
※一芯二葉(一つの芯から先端の二枚の葉だけを摘みとる)
*手揉み茶工程①蒸し 蒸すことで参加を防ぎ生葉の青臭さをとる。
 (甘涼しい香り)
 焙炉(ほいろ:茶葉を揉みながら形を整え、乾燥させる台。55~65℃に保つ)に移し、手揉みの技へ
*手揉み茶工程②葉振るい 茶葉の表面の水分を飛ばす
*手揉み茶工程④回転揉み 茶葉の塊を転がすように揉む
*手揉み茶工程⑫こくり
※お茶の淹れ方
 約50℃のお湯に入れ、2分30秒蒸らす
 日本茶:甘味(テアニン)、渋味(カテキン)、苦味(カフェイン)
・新茶の天ぷら(抹茶の塩でいただく)
・水だし緑茶
 茶葉に氷・水を注ぎ、約2時間置く。
☆モンパルフェ
①シャンパングラスに、ジュレ煎茶、抹茶ソースを注ぎ、抹茶クッキー、抹茶アイスを入れる。
②イチゴ、餅フレーズ、シャンティー抹茶、メレンゲを入れる。
③飴細工をのせる・
★ルレ・マッチャ 470円

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0054/

 今朝は、ムラの草刈り・・・最初にお茶をもらってもじゃまでしょう!!!それに、草の回収の手筈も悪い。刈っている時に拐取するべきでしょう。そうしたら、草を車に積むのを待っているなんてなくなるでしょう。段取りが悪いよ!!!
「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」

とぴあ緑茶
 JAとぴあ浜松
490g
とぴあ浜松農業協同組合
浜松市東区有玉南町1975番地

 買い物に出掛ける。
 ホームセンターで「レインシューズ」を捜すが、いいものがなかった。靴屋さんに行った方がいいのかな!?
 スーパーで「もやし」10円、「298円和風おろしハンバーグ弁当」298円、それに「オーストラリア産牛肉こま切れ」100g128円313gで400円のものを買う。
 今日は、「一粒万倍日」らしい。
 一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは、たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、写真のような素晴らしい稲穂になることを表しています。
http://www.xn--4gqo86mdy5bh3z.net/

 杏林堂に行く。出入り口でオバチャンが世間話をしている・・・そんなところで井戸端会議をしていたら、入れないじゃないか・・・迷惑な人たちだ!!!
 何とか入店し、「フライビンズ」108円、「仁丹」537円、「サッポロ 黒ラベル」1,078円、「小野万 いか塩辛」213円、それに62円のところ20%引きの「遠州きぬ豆腐」50円を買い帰宅。

 「酒&FOOD かとう」に借金を払いに行く。15,414円払う。しまった、空瓶を持ってくるのを忘れた!一旦、帰宅し、再度空瓶を4本持って行ったよ。

 テレビの「ウドちゃんの旅してゴメン」で「愛知・武豊町」をやっている。竜宮伝説があるようだ。
https://www.nagoyatv.com/tabigome/
《享楽亭》
武豊町池田1-114-3
TEL 0569-72-0064
・チキンミヤビヤ 800円
(鶏肉とタマネギをケチャップと炒め卵を落としたシンプルで懐かしさ漂う一品。語源はドイツ語でメイエルベール)

http://aichi.j47.jp/kyorakutei/
http://www.nagoyatv.com/tabigome/trip/csv-1550.html
【平成流チキンミヤビヤ】
『材料』
・鶏モモ肉  1枚
・エリンギ  1パック(シメジやシイタケなどでもOK)
・タマネギ  1/2個
・卵 1~2個
・バター   大サジ2杯
・ビーフシチューもしくはハヤシの素  1カケ(商品によって適宜調整を)
・トマトケチャップ 大サジ1~2杯
・塩・コショウ 粉チーズ適宜
『作り方』
①鶏モモ肉はひと口大、タマネギは5mm幅程度、エリンギは縦半分くらいに裂いてから2~3cmの長さに切っておく。
②フライパンを強火にかけてバターの半量をとかし(焦がさないように注意)、塩・コショウを振った鶏モモ肉を入れてこんがり色づくまで炒める。
③一旦、フライパンから鶏モモ肉を取り出し、残りのバターを入れてタマネギとエリンギをしんなりするまで炒める。
④再び、鶏モモ肉をフライパンに戻し、ひたひた程度に水を加える。沸騰したら火を弱めてビーフシチューの素を加え、よく溶かしてからトマトケチャップと塩・コショウで味を調える。
⑤耐熱性の器に移して中央に卵を割り落とし、弱火のオーブントースターに入れて4~5分加熱する。
⑥白身が固まってきたら粉チーズを上に振りかけ、オーブントースターの火を強めて焦げ目が付くまで熱したら出来上がり。

http://www.rosetta.jp/cgi-bin/recipe/recipe.cgi

 パソコンが「タップしてください」って出るけど、タップって何だったかな!?
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/touch-swipe-tap-beyond

 「JAF おくに自慢navi」プレゼントに応募↑↑↑
https://jafnavi.jp/present/
 「セブンネットショッピング」で『「龍使い」になれる本』の注文。nanacoポイントが使って、60円引き♪
https://7net.omni7.jp/detail/1106626533

「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」

 夕方は、今日買った「塩辛」で一杯♪先日買った「船中八策」を飲む(^^♪塩辛で呑むと、日本酒が進むよね↑↑↑
三陸 気仙沼 仕込み 塩辛職人
330g
「塩辛職人を使った調理例
・じゃがバター塩辛
・ドライカレー
100g当たり114kcal
株式会社 小野万
宮城県気仙沼市松崎馬場12-1
TEL 0120-750-718

「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」

 さらに298円で買った「298円和風おろしハンバーグ弁当(国産米)」♪
白米(国産米)、ハンバーグ、その他付け合わせ

 ここで、『 やすらぎ通信 』第560号 2015.8.18より、「人は変われる」の引用♪
 このコーナーは、やすらぎの里のブレーン、高原館の治療主任の小針先生が、読者のみなさんに熱く語っていきます。僕(大沢)も分からないことがあったら、何でも彼に聞いています。
 歩く健康辞典、ヨガする哲学者、静かに燃えてる草食男子・・・。今回のテーマは「人は変われる」
 高原館の小針です。今週もよろしくお願いします。高原館にいらっしゃるゲストは、女性が多いです。そんな中、少数派ですが、がんばる男性陣の存在を忘れてはなりません。「メタボ」健康診断で下される診断に、発奮して断食を敢行されます。持ち前のバイタリティで、滞在中も数十キロ歩かれるなど、活動的に過ごされます。もともと体力があって、内臓脂肪の蓄積により、体重が増えてしまった男性の場合、断食をすると自覚として、軽やかに元気になっていきます。このすっきり感は快感で、クセになるものです。
 断食の世界では
 「自己融解」という概念があって、断食中、食べ物からエネルギーが得られない時、体内の余分なものをエネルギーに変えるようになります。脂肪や、血管にこびりついたコレステロールなど。いわば在庫一掃、だぶついた荷物がなくなるのですから、軽快です。
 最終日の検査でも結果は劇的で、3~5kg落ちて、ベルトの穴が来た時と帰る時では、2つくらい違うこともあるくらいです。
 こうした滞在中の成功体験は、帰宅後の生活習慣改善への大きなモチベーションになります。一度きりの滞在でも、帰宅後、着実に結果を出し続けられるのは、男性の方が多いようにも思います。空腹で歩き回ることが、DNAに刻み込まれた、狩猟採集時代の原体験を思い起こさせ、再野生化のスイッチが入るかのようです。
 断食は侮れません。たとえ短期間であっても、生き方を変える力があるからです。「人は変われる」現場にいて、つくづく感じることです。
■ 本館・移転のお知らせ

http://www.y-sato.com/infomation-moving.html

 さらに今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「いぶりたけのこ スライス」(秋田県)の引用♪
応用自在 春の逸品
 秋田県の中央北部、北秋田市は旧鷹巣町を中心とする人口3万3千余の農山林都市。冬は豪雪地帯だが、5月は新緑とともに山菜の季節。タケノコのシーズンでもある。
 なかでも肉質柔らかで香りがあり、えぐ味が少ないモウソウチクは、ご飯、煮物、焼き物、揚げ物、炒め物などに使われる春の人気食材だ。
 マルイシ食品ではこれを使って7年前にいぶりがっこの秋田らしく「いぶりたけのこ」を発売、評判を呼んでいる。
 一つ一つていねいに炭火でいぶした国産のモウソウチクを、本物の比内鶏スープに漬け込んだものだが、そのままでも、シャキシャッとした歯切れと比内鶏ならではの奥深く染みた旨味に満たされる。
 「タケノコご飯の他に天ぷら、かき揚げに。チーズと合わせてオードブルにぴったりです。ラーメンの具や握り寿司のネタなど幅広く応用できます」と受付の女性社員。
 たしかに控えめな味付けなので他の素材の邪魔をせず、それぞれと折り合ってタケノコの旨味を主張。見た目もプラスにする逸品である。他にスライスしていないハーフサイズもある。山菜、野菜の瓶詰との詰め合わせもお薦めだ。
【取り寄せ先】
株式会社 マルイシ食品
秋田県北秋田市綴子大堤沢37の8
TEL 0186(63)1617
FAX 0186(63)1287
8時~17時、日曜休み、不定休
いぶりたけのこ スライス 1袋(100g)税込み493円
※常温便で宅送

 そして「旬の野菜遊び・私流」より、「アイスプラント」の引用♪
塩味つけておきました
・和名:アイスプラント ハマミズナ科メセンブリアンテマ属
・英名:common ice plant
・食べられる部分:葉
・注目の栄養素・機能性成分:カリウム、マグネシウム、イノシトール、クエン酸
 キラキラ光る氷の粒をまとったような、肉厚の緑葉。アイスプラントは、まさにその名にふさわしい。葉の表面を覆うプツプツはもちろん氷ではなく、水分や塩分を溜める液胞だ。だから、口に入れると、ひんやりして、かすかに塩っぽい。
 原産地はアフリカのナミブ砂漠辺りではないかという。日本で野菜として広まったのは、佐賀大学な昭和60年代に研究を進め、「バラフ」の名で商品化してから。今では各地で栽培されている。
 店頭にならぶ商品名はさまざまだ。ソルトリーフ、ソルティーナ、プッチーナ、ツブリナ、クリスタルリーフ・・・。どれも独自な姿と塩っぽさがポイントというわけだ。
 液胞は、砂漠や塩分が多い土地でも生き延びるために備わったものだという。だから、どんなところで育ったかで、姿や味がだいぶ違う。過酷な環境なら、よりキラキラしてしょっぱくなるし、平穏なところでは、どこかのんびりした姿で塩味も弱い。
 食べ方は生食が主。ざっと洗って、さっと出せる手軽さがいい。もともと塩味があるのだから、そのままでも味わえるが、ドレッシングなどをかけても絡みやすく、サラダ向き。ほかにリンゴめいた香りと、しゃりっとした食感がさわやかだ。
 栽培が容易で、旬は特にないともいえるが、多く出回るのは春から初夏。陽光に映える姿と味を楽しみたい。

本日のカウント
本日の歩数:9,441歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 強いチームと弱いチームの違い | トップページ | 食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食「あじとトマトのマリネ」「まぐろのごまだれごはん」「落とし とろろ汁」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63668067

この記事へのトラックバック一覧です: 「人は変われる」、そして「いぶりたけのこ スライス」:

« 強いチームと弱いチームの違い | トップページ | 食育 後藤加寿子先生に教わるきちんと和食「あじとトマトのマリネ」「まぐろのごまだれごはん」「落とし とろろ汁」 »