« 「いただきます 海藻を食べよう」【生ワカメと豚肉の炒めもの】 | トップページ | 「野菜炒め弁当」「ベビースター ドデカイ焼きそば」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-1)「鯛のあら炊き」 »

2016年5月 8日 (日)

「ビワの葉酒」、そして「八戸前沖銀鯖贅沢 りんごワイン煮込み」

 今日は、5月8日、五月の第二日曜ということで「母の日」だ。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 漫画家、エッセイストの東海林さだおさんが「塩むすび」の思い出について書いている。なんでも、小さいころの東海林さんは一日中、お母さんのエプロンの裾をつかんで離さない子だったそうだ
▼台所でも庭でもどこでも一緒。「役得」もあった。お母さんが炊きたてのごはんをお櫃(ひつ)に移すとき、お釜の底に残ったごはんとおこげをしゃもじでこそげ取って小さな塩むすびを握ってくれる。「ホレ」と、手渡してくれる。強い塩気におこげの香ばしさ。おいしくないはずがなかろう
▼作家、向田邦子さんの塩むすびはおばあさんが握った。朝ごはん前に父親に隠れて食べる。塩がきつめで「実においしいと思った」。物理学者の中谷宇吉郎のはお手伝いさん。「幼い頃のおこげのお握りのような温かく健やかな味」には「二度と出会ったことがない」と書いている
▼人の手で直接握り、こしらえる不思議な料理。母の日である。カーネーションを用意する資金も怪しい少年少女に知恵を授けるとすれば、塩むすびはどうか
▼具も海苔(のり)もおこげもいらぬ。小さな手に塩をつけて、力を込めて握ればよい。やけどには気をつけて。小さかった手が塩むすびを握れるほどに成長したことがお母さんにはおいしい味になる
▼お母さんがいないのか。ならば、自分でほおばってみようか。ひょっとしたら、懐かしい味が口に広がるかもしれぬ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016050802000094.html

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「水郷どり まるごと一本」(2本入り1,000円)が美味しそうだね♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/marugoto1/?scid=rm_197493

 「スクリーンセーバー」の設定!
http://matome.naver.jp/odai/2133942232495220401
http://www.morinaga.co.jp/recipe/screensaver/index.html
http://www.softonic.jp/s/windows-8-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」で「パスタ超美味 秘 調理法」をやっていた。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
【驚異の調理法・蒸しパスタの作り方】(1人前) 
『用意するもの』
・フライパン
・フライパンのふた(できれば透明で中身が見えるもの)
・スパゲティ・・・100g
・水・・・400ml
『作り方』
①フライパンに水400mlを入れ強火で加熱します。
②水が沸騰したら半分に折ったスパゲティを入れふたをします。
③しばらくしてフライパンの中が泡でみたされたら焦げ付かないよう中火にします。
④そのままそのスパゲティのパッケージに書かれたゆで時間加熱します。
※加熱している間に水がなくなると焦げてしまうので、水がなくなりそうになったら少しずつ熱湯を足して調整する。
⑤パッケージのゆで時間通りに加熱をしたら完成。
※加熱が終わった際に水気が多く残っていると蒸しパスタの効果が出づらくなります。水気が多く残った場合は弱火か余熱でスパゲッティ表面の水分を飛ばすとよりソースが絡みます。
[上手に作るために…]
※まずは1人前で調理のコツをつかんでください。
※2人前はパスタ200gに水600ml、4人前はパスタ400gに水800mlで調理できますが失敗しやすくなります。

http://www.ntv.co.jp/megaten/topics/160508.html

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「愛媛県 宇和島 新ジャガの常識を覆す味わい」だった。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《レストランよねむら》東京 銀座
☆春野菜のオードブル
☆朝掘り筍と鯛のサラダ
☆新ジャガ蒸かし
「遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうらのだんばた)」
<鳥井農園>男爵いも
※茎が枯れているものが成熟した証
・新ジャガのみそ肉ジャガ
(ぶた肉と新ジャガを煮るのではなく、みそで炒めた新感覚の肉ジャガ)
・新ジャガのネギ焼き
・新ジャガの酢の物
・鯛飯のおにぎり
※潮風に含まれるマグネシウムが作用して新ジャガを甘くする。
★新ジャガのハチミツバター和え 低温ローストポーク添え
①新ジャガは皮付きのまま濃いめのかつお昆布だしで煮る。(おすましより味が濃いくらい)
②油で揚げてフライドポテトにする。
③②を、澄ましバターとハチミツで甘く味付けする。(煮絡める)
④豚肉の両面を先にちょっとだけ焼く。スライスする。
⑤④をフライパンで焼く。
⑥お皿に⑤、③を盛り付ける。
☆3種の食感 新ジャガカレー
(新ジャガの炊き込みご飯、新ジャガのフライドポテト、新ジャガのマッシュポテト)

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0052/

 「孤独のグルメ」は、「第五話 杉並区永福の親子丼と焼うどん」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
<大宮八幡宮>
《つり掘 武蔵野園》1時間700円
「喜びや悲しみは心に沁み込むが、怒りってのは心から溢れ出ちまう。」
・焼うどん
・親子丼
・おしるこ 350円
☆缶ビール(小)
☆でんがく 350円
☆ラーメン 550円
☆オムライス 750円

東京都杉並区大宮 和田塚公園内
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/10502.html

 「昼のセント酒」は、「第五話 上野御徒町 燕湯からのお好み焼き串」♪、『孤独のグルメ』の原作者である久住昌之の作品のテレビ化。
http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/
<燕湯>460円
*わ → わいた
*ぬ → ぬいた
《全国銘酒 たる松 上野店》
TEL 03-3831-7305
・お好み焼き串 300円
・おにぎり(明太子) 280円
・生ビール

http://www.tv-tokyo.co.jp/sentozake/story/index.html?story=s_05
 『昼のセント酒』作/久住昌之、画/和泉晴紀

 自転車屋さんに出掛ける。TSマークの更新のためだ。自転車を預け、散歩がてら歩いて帰宅。
http://nakano-cyc.eco.coocan.jp/
「ビワの葉酒」、そして「八戸前沖銀鯖贅沢 りんごワイン煮込み」

 途中、四葉のクローバーを見つけた。(ラッキー↑↑↑)
「ビワの葉酒」、そして「八戸前沖銀鯖贅沢 りんごワイン煮込み」

 押し花にしてパウチして、栞にしよう!!!

 帰宅して、昨日採って洗っておいた琵琶の葉を使い「ビワの葉酒」を作る。(「びわの葉酒」は、気管支喘息に効きそうだからね!)
 ビワの葉は、5mm幅くらいにキッチンばさみで切ったよ。
 焼酎は、昨日買った「むぎ焼酎 壱岐」25度。
 ここで、ネットに載っていた「びわの葉酒」のレシピを引用しておきましょう!
『材料』
・びわの葉・・・30~35枚くらい
 (びわの葉は冬に採集したものが最適です)
・35度のホワイトリカー・・・1.8リットル
『作り方』
①びわの葉を固く絞ったぬれ布巾でぬぐいほこりを落とします。
(たわしでごしごし洗うとせっかくの成分が流れ出てしまいます。)
②葉を3~5cmに刻みます。 さらに成分が出やすくする為に手で揉んでみました。
③35度のホワイトリカー1.8リットルにつけ3カ月たったら、さらしのふきんでこして出来上がりです。
「医食同源「タオのかまど」」

http://homepage3.nifty.com/plan100/q1.htm

「ビワの葉酒」、そして「八戸前沖銀鯖贅沢 りんごワイン煮込み」

 昼食は「House カリー屋 キーマカレー」♪
人気のカレー屋さんの特製カレー
中辛
29種類のスパイスとチキンの旨み
 29種類のスパイスと鶏ひき肉を煮込み、きざみしょうがで仕上げた香り高くコクのあるキーマカレーです。
ハウス食品株式会社
大阪府東大阪市御厨栄町1-5-7
TEL 0120-50-1231

http://www.housefoods.jp

 夕方は、「豆腐丼」で一杯♪(「豆腐しらす丼」のしらす抜きですよ!)

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「八戸前沖漬銀鯖贅沢 りんごワイン煮込み」の引用♪
サバ読まぬブランド
 太平洋に臨む八戸は全国有数の漁町。漁港にはイカやサバ、イワシなど多種の魚介が水揚げされる。なかでも自慢は脂がのった大型サバの”八戸前沖銀鯖”。三陸沖以北の日本近海で獲れ、八戸港に水揚げのサバで550g以上を認定したブランドだ。
 この切り身を青森県産のこだわりの素材で煮込んだのがヤマヨの「八戸前沖銀鯖贅沢りんごワイン煮込み」。
 原材料は銀鯖と上品な香りと甘みの下北産ワイン、甘味と酸味のバランスのいい紅玉リンゴジャム、香気と風味に富む田子産ニンニク、倉石産大豆を使用した味噌など。
 サバは箸でほろっと崩れる軟らかさで、生臭さは全くない。味噌ダレは甘・酸・辛など五味が調和してピュアでマイルド。洗練されたフレンチの風味がする。
 「ご飯のおかずやお酒のつまみはもちろん、残った味噌ダレをご飯にかけたり、パスタと和えてもおいしいですよ」と言い添えるのは通信販売担当の田村育子さん。
 発売は5年半前。その翌年に青森県ふるさと食品コンクールで農林水産部長賞を受賞。洋風をまとった新しい八戸名物の贅沢惣菜だ。
【取り寄せ先】
株式会社 ヤマヨ
青森県八戸市江陽4の10の24
TEL 0178(24)3211
FAX 0178(24)1783
8時~17時、日曜・祝日・不定期で水曜休
八戸前沖贅沢りんごワイン煮込み 1箱(2切れ)税込み1296円
※常温で宅送

http://www.yamayo.info/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「アーティチョーク」の引用♪
食わず嫌い もったいない
・和名:朝鮮薊(チョウセンアザミ) キク科チョウセンアザミ属
・英名:artichoke
・食べられる部分:ガク、花托
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維
 書物でしか知らなかった西洋野菜も手に入るようになった昨今。だがこれはまだ珍しい。アーティチョーク。チョウセンアザミの和名通り、野に咲くアザミを巨大にしたような多年草で、若い蕾を食する。
 欧米ではポピュラーな野菜だというが、姿を見ると、ちょっと引いてしまう。硬いウロコのようなガクに覆われた大きな球形。いったいどうやって食べればいいの?
 もちろん今の世の中、そんなことはすぐ調べられる。噂によると、一度食べると病みつきになるおいしさという。旬は春から初夏にかけて。ぜひ挑戦してみたい。
 まずは下ごしらえだ。端をザックリ落とし、切り口は黒ずむのでレモンをなすりつけ、ガクは一つずつ外し、花芯のモシャモシャの雌しべを取り除き、中のやわらかい部分を取り出して・・・。なんと面倒な!と思ったら、もっと簡単な調理法があった。丸のまま蒸し焼きか素揚げ、またはお湯にドボンして、じっくり茹で上げる。
 ガクの部分は一つずつむしりながら、しごくようにして中身を食べる。この食べ方、何かに似ている。そうだ、カニの脚だ。花托のやわらかい部分は、アーティチョーク・ハートと呼ばれ、まさに心臓部。ほっくり甘みがあって、味わい深い。
 古代ギリシャ・ローマ時代から好まれ、かのフランス王妃カトリーヌ・ド・メディシスも大好物だったというアーティチョーク。いずれ日本でも、もっと身近なものになりそうだ。

本日のカウント
本日の歩数:8,582歩
(本日のしっかり歩数:5,427歩)
本日:53.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「いただきます 海藻を食べよう」【生ワカメと豚肉の炒めもの】 | トップページ | 「野菜炒め弁当」「ベビースター ドデカイ焼きそば」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-1)「鯛のあら炊き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ビワの葉酒」、そして「八戸前沖銀鯖贅沢 りんごワイン煮込み」:

« 「いただきます 海藻を食べよう」【生ワカメと豚肉の炒めもの】 | トップページ | 「野菜炒め弁当」「ベビースター ドデカイ焼きそば」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-1)「鯛のあら炊き」 »