« 「純米吟醸 無尽蔵」、そして「今、日本酒がSo coolなワケ」 | トップページ | 「スノーホワイト −氷の王国−」、そして「生ままかり燻」 »

2016年5月28日 (土)

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 「オバマ氏27日広島訪問」と新聞に見出しが躍った今月十一日、ある詩人の通夜が東京都内で営まれた。八十四歳で逝った山岡和範さんだ
▼広島市から四十キロほど離れた瀬戸内の島で育った山岡さんは、十三歳だった一九四五年八月六日の夕、通学先で被爆して漁船で運ばれてきた一つ年下の友人の顔を見た
▼<ふくれあがってくずれ/どこが目でどこが口なのか/見分けることができない火傷をしていた/母親が泣きながら/でこぼこになった顔のへこみに/桃のかんづめを おそるおそる/押し込むように食べさせていた>
▼原爆は、そういう顔をいくつ生み出したのだろう。山岡さんが存命なら、オバマ大統領が広島で語った「爆弾が落ちた瞬間を思い起こし、目の前の光景に困惑する子供たちの恐怖を自ら感じます」との言葉に、少年の日に見た光景を思い出したかもしれない
▼山岡さんは被爆した友を何度も見送ってきた。そうして、こんな詩を残した。<ぼくのとなりにいて彼は死んだ/ぼくはむちゅうでにげた/死んだ彼はぼくのかげになっていた/ぼくは彼をふりきるように走ったが/彼はぼくといっしょに走った/ぼくは走った/彼のかげを背負ったまま走った…>(『山岡和範詩選集一四〇篇』)
▼そんな影を背負ったまま、詩人は逝った。それは「核なき世界」が実現せぬ限り、決して消えることのない影だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016052802000105.html

 この間のテレビ「タモリ倶楽部」は、「タモリ電車クラブ 今度は京都へ!いよいよ開業!!京都鉄道博物館」(後編)。
・SLスチーム号
 乗車料金 300円
<京阪電車>東福寺駅
・5000系
<三条京阪駅>京都市営地下鉄 東西線
・うなぎ店 大谷茶屋
・大谷駅 勾配 パーミル‰
<逢坂山トンネル>
 カーブ半径 R-45m
<京阪京津線>

http://matome.naver.jp/topic/1Lwdi

 今日の「孤独のグルメ」は、「第八話 神奈川県川崎市 八丁畷の一人焼肉」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
《焼肉ジンギスカン つるや》
・キャベツ(お通し)
・カルビ
・ハラミ
・コプチャン(小腸)
・キムチ 450円
・ジンギスカン 990円
・シビレ(胸腺) 630円
・チャンジャ
・ライス
・ウーロン茶
☆ギャラ 630円
☆シビレ 630円
☆マッコリ
☆キャベツ(大盛) 290円
神奈川県川崎市川崎区日進町
TEL 211-0697

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume1/

 「北国からの贈り物」より、楽天メール。「オホーツク産 毛蟹」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/snowland/103301/?scid=rm_190841#103301

 今日は、「JRさわやかウォーキング」に参加。
http://walking.jr-central.co.jp/index.html

 7時ごろ新居町駅に到着。toicaに1000円チャージ。
 受付はまだやっていないが、駅のラックにマップあったので、それをもらいウォーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 「新居関所」通過。
 1600年(慶長5年)に徳川家康によって創設されました。国の特別史跡に指定されており、関所建物としては全国で唯一現存するものです。併設された史料館では関所ゆかりの資料や旅の様子を描いた版画などが展示されており、当時の新居町の生活を知ることができます。

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 「紀伊国屋資料館」通過。
 江戸時代中期1703年(元禄16年)には徳川御三家の一つ、紀州(和歌山)藩の御用宿となった旅籠でした。1716年(享保元年)紀伊国屋の屋号をあげ、昭和の戦後まで約250年もの間、旅館業が営まれました。現在は当時の東海道や宿場文化の関連資料などを展示する資料館として往時の雰囲気を残します。

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 「おやんど白須賀」、ここもまだやっていないので通過。
 「東海道五十三次」32番目の宿場町・白須賀宿の歴史文化や東海道の名所潮見坂を行き交う旅模様などの資料を展示すると共に、散策する人々の交流休憩ホールとして活用されています。

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 「道の駅・潮見坂」到着。店の中を見る。買いたいものもあったが、荷物のが重くなるので我慢!
 足湯は、まだやっていなかった・・・。
 潮見坂は「東海道五十三次」の白須賀宿にほど近く、京から江戸に向かうときに初めて太平洋が見られる場所で、街道きってのビューポイントでした。この太平洋の大海原を見ると「江戸の町まであと半分」と言われていたそうです。施設内には、太平洋を一望できる足湯やレストラン、地場産品の売店などがあり、古の旅人を癒した宿場が「道の駅」として現代に蘇りました。

 道を進めると、係りの方が「矢印」をつけていたね。
 海岸沿いを歩く。サーファーや、釣り人がたくさんいるね!
 先を歩いている人がいる・・・このコースに、ショートコースがあるのだろうか???それとも自主的ショートカット???

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 「親水公園」通過。
 園内には、噴水アーチ、太陽時計、水上ステージ等が配置され、1997年に静岡県都市景観賞(優秀賞)を受賞しています。水と花と緑のある公園で、地域住民の憩いの場として親しまれています。

 そして、ゴール。約17kmのコースでした。もうへとへとですよ・・・長かったな・・・見るべきところもあんまりないし、来年は、こんな長いコースは、パスだな!!!
 電車に乗り、帰路に就く。
トイカの残額:850円

 帰宅途中、スーパーに寄る。「明治ブルガリアヨーグルト」159円、「納豆」58円、「緑豆もやし」19円、「ぶなしめじWパック」98円、「うどん玉」20円、「糸こんにゃく」48円、「298円デミハンバーグ弁当」298円を買い帰宅。

 クリーニングに出しておいたものを持ちに行く。途中、セブンイレブンに寄り、「セブンカフェドーナツ 無料引換券」で、「チョコ&ナッツドーナツ」130円をもらう。
 クリーニングに寄り、出しておいたものを受け取り、帰宅。

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 夕方は、「298円デミハンバーグ弁当(国産米)」で一杯♪

JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」

 デザートは、セブンイレブンの「チョコ&ナッツドーナツ」♪
SEVEN CAFE
 Delicious beerages and sweets are made fresh, with only the finest ingredients, to add satisfying moments to your day.

本日のカウント
本日の歩数:31,163歩
(本日のしっかり歩数:24,974歩)
本日:54.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 「純米吟醸 無尽蔵」、そして「今、日本酒がSo coolなワケ」 | トップページ | 「スノーホワイト −氷の王国−」、そして「生ままかり燻」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63695482

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の塩風」:

« 「純米吟醸 無尽蔵」、そして「今、日本酒がSo coolなワケ」 | トップページ | 「スノーホワイト −氷の王国−」、そして「生ままかり燻」 »