« ひろしま餃子 226 | トップページ | 4月の旬食材「筍」「鰆」「あさり」、そして【たけのこ田楽】 »

2016年5月 4日 (水)

「土井善晴の料理は楽し」(4-3)「ハヤシライス」

 今日は5月4日、「スター・ウォーズの日」ということだ。
 「May the 4th」が「May the force (be with you).」ということらしい。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 物理学者、随筆家の寺田寅彦が一九三五(昭和十)年にちょっとした「予言」をしている。ある「声」について、やがて消えていくだろうと書いた
▼「いつなくなったとも、わからないようにいつのまにか、なくなり忘れられる」「思い出す人さえもなくなって行くのだろう」。八十年前の「予言」はおおむね当たっている。消える「声」とは「物売りの声」である
▼当時でさえ時代に合わなくなっていただろうから予言的中も当然か。なるほど時折、耳にするのは豆腐屋さんのラッパや竿竹(さおだけ)売り屋さん、焼き芋屋さんぐらいか。大半の「声」はとうに町から消えた
▼売り声のあふれる江戸の昔から「声」だけ拝借できたなら夏も近いこの季節、聞こえてくるのは金魚売りや蚊帳売りか。威勢が良いのは初鰹(がつお)売り
▼「カツオ、カツオ、カツオゥ」。<首夏の頃より鮮魚を選びて街に商ふ。その声高くいさぎよし>(東都歳事記)。今年もやはり漁獲量は少なめで値が張ると聞く。財布のひもを緩めさせるには、声はより高くなるか
▼かつての物売り声は季節の変化を伝える大切な音でもあっただろう。はや真夏日を記録する列島である。町内を回る声は絶えたが高齢者は「その変化」に気づきにくいと聞けば、小欄が代わって声を張ることにする。<熱中症に用心さっしゃりましょう。室温確かめ、適度な水分補給を>と大声で。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016050402000113.html

 またウイルスメールが送られてきた。迷惑なことだ!!!
■ウイルスを検出したメールの情報
 送信元アドレス:
PuckettAddie062@adahl.dk
■検出したウイルス
 ウイルス名  :『"JS/Nemucod.F8F2!tr.dldr"』
 検出ファイル名:『"DOC_813.zip"』
※送信元アドレスを詐称するウイルスも存在するため、上記の「ウイルスを検出したメールの情報」にある「送信元アドレス」の利用者が必ずしもウイルスに感染しているとは限りません。
▼メールウイルスガード

http://www.tnc.ne.jp/mail/virusguard/

 4/29の「おとな旅 あるき旅」は、「水都大阪 華麗なる船旅」だった。
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/
《Drip-X-Cafe》
・コロンビア/ゲイシャ 1,200円
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目16-1
tel: 06-6885-0512
<大阪水上バス アクアライナー>
(大阪城港)大阪市中央区大阪城2番地
tel: 06-6942-5511
《谷口カレー》ヤドカリーのパイオニア
・スパイスチキンカレー ※1日約20食 800円
・麻辣豚腹キーマカレー (1日10食限定) 900円 
大阪府大阪市中央区平野町1-2-1 第2エイワビル 1F
tel: 06-7172-5980
《島之内フジマル醸造所》
・生樽ワイン 白 432円、赤 496円
大阪府大阪市中央区島之内1-1-14 三和ビル1F
tel: 06-4704-6666
<適塾>大阪大学の前身
大阪府大阪市中央区北浜3丁目3番8号
tel: 06-6231-1970
《神宗》
・煮汁ソフトクリームと抹茶ケーキ 500円
大阪府大阪市中央区高麗橋3丁目4番10号
淀屋橋センタービル1階
tel: 06-6201-2700
<造幣局>桜の通り抜け
大阪府大阪市北区天満1-1-79
tel: 06-6351-8509
《スパイス & BAR トムントコ》天満
・鶏なんこつマサラ 380円
・京都の寄せどうふ 380円
・スパイシー長芋 380円
・朝引き地鶏 肝刺し 580円
・ジンジャーポークマサラ 950円
〒530-0033 大阪府大阪市北区池田町12-8
tel: 06-7161-3261

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1238210_6111.html

 日曜日深夜の「博多華丸のもらい酒 みなと旅」は、「築地場外市場 華丸お酒ヌキの旅」。築地は移転しても、場外市場は残るのか?
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
《大定本店》
・ほか玉 120円
《まぐろのみやこ》
・焼きホタテ 700円
・蒸しタラバガニ 2000円
《魚雅》
・いかぽっぽ焼 300円
 TBSの番組「櫻井有吉アブナイ夜会」でロケ中の嵐・松本潤とアンジャッシュ・渡部建に遭遇

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/934983/

 ドラッグストアーに行き、詰め替え用「S&B 一味唐辛子」81円、「ドデカイ焼きそば」84円、「小野万 いか塩辛」213円、「遠州きぬ豆腐」62円のところ20%引きで50円を買い帰宅。
 「かつお塩辛」を買いたかったんだけど、なかったんだな・・・。

「土井善晴の料理は楽し」(4-3)「ハヤシライス」

 今日の昼食は、「カレー屋ハヤシ」♪
人気のカレー屋さんの評判メニュー
 炒め玉ねぎとトマトのコクをいかしたまろやかなハヤシ
174kcal
 じっくり炒めて甘みを引き出した玉ねぎや、程よい酸味のトマトを加えて煮込みました。
※トマトは、トマトペーストを使用しています。
楽しくアレンジ!おいしさ広がる!
・ハヤシソースのハンバーグ
・オムハヤシ
ハウス食品株式会社 SF
大阪府東大阪市御厨栄町1-5-7
TEL 0120-59-1231

http://housefoods.jp/

 ここで、2016年4月17日の「土井善晴の料理は楽し」より、【ハヤシライス】(298kcal)の引用♪♪♪
煮込み15分の本格派
 切り落としの肉で手軽に作れます。ちょっとした作り方のコツで本格的なおいしさに。
『材料』(4人分)
・牛切り落とし肉・・・20g
<下味:塩小さじ1、コショウ少々>
・玉ネギ・・・2個(400g)
<A:サラダ油大さじ1/2、バター20g>
・小麦粉・・・大さじ4(25g)
・トマトケチャップ・・・120g
・赤ワイン・・・1/2カップ
・水・・・3カップ
・サラダ油・・・大さじ1/2
・グリーンピース・・・正味40g
・ローリエ(月桂樹)・・・2枚
・塩・コショウ・・・各適量
・ご飯・・・4人分
①材料の下ごしらえをする
 牛肉は重ねて3cm幅に切り、塩、コショウで下味をつける。玉ネギは5mm幅に切る。グリーンピースはゆでておく。
②玉ネギに焼き色をつけて、ソースのベースを作る
 煮込み鍋にAのサラダ油をバターをひき、玉ネギを入れて、表面に焼き色がつくように強火で炒める。小麦粉を振り込み、木ベラで混ぜて、炒りつけるように炒める。続いてトマトケチャップを加え、よく焼いて香ばしさを出す。
③牛肉の表面を焼く
 フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱して牛肉を入れる。なるべくほぐさないようにして、強めの火で両面に焼き色をつける。
④牛肉を加えて煮る
 ②の鍋に牛肉を入れ、混ぜてなじませる。肉を取り出したフライパンに赤ワインを注いで煮立て、肉のうまみをワインに移して煮込み鍋に加える。煮立ったら、分量の水を数回に分けて加える。
 ローリエを入れて、塩、コショウし、15分ほど煮る。グリーンピースを加え、味をととのえて、ご飯にかけてすすめる。
《食のこころ》
 「ビーフストロガノフは牛肉そのものをおいしく食べるという意図がありますが、ハヤシライスはソースが主役です」
 カレーもそうだが、”日本の料理”化した洋食は、米飯のおかずなのだ。ハヤシライスも”ご飯をおいしく食べるソース”と考えると、めざす料理のイメージがわく。
 まず肉だが、土井さんは切り落としを重ねた状態で3cm幅に切り、この3cmを「ひとつの肉のかたまり」として、ほぐさないように焼く。「肉をバラしたら、肉に火が通りすぎて、煮込む前にうまみが出てしまう」からだ。
 玉ネギを炒めて小麦粉を入れたら、木ベラで鍋底をこそげるようにして十分に火を通す。次に加えるケチャップも「うまみがでるように焼く」のがポイント。
 このソースのベースに赤ワインなどの水分を加え、牛肉を入れて煮る。洋食屋なら3日間かけて作るソースが、わずか15分の煮込み時間で完成。フレッシュなおいしさの家庭のハヤシライスだ。

 お昼に、FMラジオの録音♪
http://www.fmharo.co.jp/

「土井善晴の料理は楽し」(4-3)「ハヤシライス」

 夕方は、今日買った「塩辛職人」で一杯♪日本酒に塩辛って美味しいね♪♪ハマっているんですよ↑↑↑日本酒が進むわぁ~!!!
三陸気仙沼 仕込み
330g
*塩辛職人を使った調理例
・ジャガバター塩辛
・ドライカレー
100gあたり114kal
株式会社 小野万
宮城県気仙沼市松崎馬場12-1
TEL 0120-750-718

 さらに「豆腐しらす丼」♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2016/04/post-0513.html

本日のカウント
本日の歩数:3,929歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« ひろしま餃子 226 | トップページ | 4月の旬食材「筍」「鰆」「あさり」、そして【たけのこ田楽】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(4-3)「ハヤシライス」:

« ひろしま餃子 226 | トップページ | 4月の旬食材「筍」「鰆」「あさり」、そして【たけのこ田楽】 »